かなり待ち遠しい・・・です

どうもです・・・
フランクフルトとコーヒーが飲みたいナ~~~
・・・と思って、ファミリーマートに行き
レジ横のフランク保温棚を見ると・・・

売り切れ状態

思わず店員さんに、フランクフルトないですか?
・・・とたずねると
5分ほどお待ち頂ければ、作れます
・・・との返事が

忙しそうな店員さんに、急いで作らせてまで、食べたいか?5分も待つけど食べたいか?フランク以外ではダメなのか?
・・・と問われれば、そこまで強いフランクに対する執着心もなく(汗)

ただ、なんとなく・・・フランク食べたいな~~~レベルだったので
思わず・・・フランクが無いなら、つくね棒でイイです
・・・と、ついついお店の残り物商品の中から選んでしまう
根性なしの紅のドカですwww

気合いの入ったフランクフルト王子だったら・・・

私のためのフランクフルトが、この店に用意されてない時点で、この店との縁はなし・・・
我がために用意されたフランクフルトを求めて、次なるファミマへと旅立つとしようか
馬を用意せぃ~~~すぐに出発じゃ~~~

・・・となるのでしょうが
気合いがないので、次なるお店まで探しに行きません

ちなみにかつて、本当に5分ほど待って、フランクフルトを作ってもらった事があるのですが・・・
5分と言う短い時間ですが・・・・
コンビニで待っていると、とても長く感じますし
なんか店員さんに無理を言っているような感じがして、気が引けました(汗)

実は前々述の、ファミマでのフランク無い~事件?は昨日の自転車トレーニングの休憩ポイントでの出来事でした

家まで後7分くらいのゴール前での休憩場所では、サラッと小腹を満足させて、すぐに旅立ちたいシチュエーションなので・・・
なおさら5分という短い時間ですが・・・待つことが出来ませんでした

フランクの代わりに食べたつくね棒・・・
思った以上にパサパサで1口かじったら、棒に残ったつくねが、バラバラ殺人事件な状態になって、床に崩れ落ちていくではないか~~~
うわぁ~~~なんじゃコレ~~~
ほとんど水分が無い、パサパサなつくねは・・・あまり美味しくないです
これは・・・廃棄処分前の完全なる残り物商品なつくねでした・・・残念
ファミマのつくね棒は大好きな商品なのですが、昨日のフランクフルトの代わりのつくね棒は大ハズレでしたwww
やはり5分待つべきだった・・・と少し後悔ですwww


さてさて、昨日も相も変わらず・・・
午前5時から自転車ヒルクライムトレーニングに挑んできましたYO
いつもと同じ・・・湾スカ峠への往復です



矢印の場所が目的地のUターン地点である、峠です



復路は・・・かなりの向かい風で・・・タイム的にはイマイチでした

ヒルクライム トレーニングで待ち遠しい・・・と言えば

NEWマシンです

KUOTA クーガー105



いつになったら、日本に届くのでしょうか????

お店の方の話では・・・早くて5月末、6月中には日本に届くかな~~
・・・と言っていた、5月末にようやくなったのですが

お店からの音沙汰が全くありませんwww

早く手元に届かないと・・・梅雨の季節になって・・・乗れなくなってしまうヨ~~~

毎週のように週末に自転車ヒルクライム練習が出来ているので、余計に新車が待ち遠しくなってきている、紅のドカでした

それでは今週も、元気に頑張っていきましょうネ~~
ではでは~~~(=゚ω゚)ノ
スポンサーサイト

最強のウェポンとは!?

どうもです
昔懐かしの~~~キン肉マンの対戦相手・・・アシュラマンを見た時に
うわっ!!!Σ(゚Д゚)



これは・・・画期的!!!

もし腕が六本もあったら・・・
ゲーセンのワニワニ・パニックで正面の穴から出てくるワニを全て叩けるヨ~
ハイスコア、間違いなし!!!

でも、ピッタリ似合うサイズのTシャツを探すの大変だろうな~~
そもそも腕を通すための穴が、6個も開いているシャツなんて、無いし~~
普通の人の3倍腕があり、肩の部分も6箇所もある?と・・・普通の人の3倍、肩こりになりそうで大変だ
・・・と思った、かつてクソガキだった~~今でも変わらず?クソガキな紅のドカです

でも、6本も腕があったら・・・クソ忙しい時には、きっと仕事がはかどるだろうな~~
例えば・・・160部屋ある高層マンションのポストへの・・・ポスティング・・・2本の腕だけだと、心が折れそうになります
あと、水泳での自由形・・・主にクロールで泳がせたら・・・オリンピック記録間違いなし!?
・・・と常にオリンピック記録に挑むアスリートとしては!?羨ましくも思う時もあります
(どこがアスリートやねんwww)


さてさて最近になって、小学校に上がった、ウチの息子ですが・・・

幼稚園の年少さんの時には・・・

サソリのような・・・毒の尻尾(シッポ)が欲しい・・・と訴えかけてきた事があります

鳥のように自由に大空を飛ぶための、翼とか・・・
水の中をスイスイと泳ぐための、尾びれとか
徒競走で速く走るための、チーターの足とか
たいがいの人間なら一発で破壊できる、アラスカに生息するグリズリーの熊爪と手先
・・・ではなく!?

よりにも、よって・・・毒の尻尾

趣味が悪すぎる
( ̄▽ ̄;)

一体ナニと闘うつもりなのでしょうか?

とりあえず、毒の尻尾は、間違って自分の身体を刺してしまって・・・
自分の毒で、苦しんで痛い思いをするから、辞めておいてくれる~~
と、その願いを断った事があります

毒の尻尾・・・発想が怖すぎます


毒の尻尾を諦めたかと思ったら
今度は・・・

ドリルが欲しいと言いだした

多分右手の先とかに装着する・・・子供が見るロボットアニメ等に出てくる・・・ドリルの事だと思うのだけど

ドリルがあれば、何でも壊せると思っているらしい
ドリル最強らしい
穴も掘れて、地中を進めるらしい

・・・なるほど
ドリル最強か

確かに硬い岩盤をも削って・・・トンネルも作れてしまうしネ
ドリルは強くて・・・凄いかも

でも、手の先にドリルなんて装着してしまったら・・・普段の生活が大変だぜ~~
また今度にしよう~~~
トイザらスで売っていたら考えてあげる
・・・と逃げさせてもらいましたwww


でも紅のドカ的に、一番最強だと思う息子の武器は・・・

自分に向かって発せられる・・・恐ろしいひと言

ママに言うからネ
( ̄+ー ̄)


くはっ!?∑(゚Д゚)

うわ~~っ、それだけは勘弁~~
((((;゚Д゚)))))))

頼むから、言わないで~~
チョコボール買ってあげるから~~
・・・とモノで買収した事もありました

でも、何を買ってあげても、最終的には・・・チクるんですけどネ
大人を陥れる!?その悪意に満ちたひと言・・・恐るべし

ペンは、剣よりも強し
ネ申様への告げ口は、毒の尻尾やドリルよりも強し
・・・です

最強のウェポンとは・・・
物理的な破壊を主に目的とした、超攻撃的な装備ではなく
相手の精神をズタズタに破壊し、戦う気力を無くさせてしまう・・・TENGA・・・ではなく
弱みに付け込んでくる、恐怖の“ひと言”である・・・と思う紅のドカは

どうか世界とウチの家の中が、平和でありますように・・・と日々願っています!?
昨夜の木曜バドミントンで、足の裏が筋肉痛になって、歩行が大変な状態な紅のドカでした
ではでは~~~(=゚ω゚)ノ

バンドで汗を~~

どうも、自転車で使うヘッドなバンドの話しをしていたつもりだったのに~~
何故か!?懐かしのロックなバンドの話しになっていたwww
エアーなロックバンドなら、エアーなギターを担当する漢!紅のドカです

さてさて、今回は脱線無しで、いきなり本番ですヨ!

真夏のヒルクライム
真夏のフルマラソン
真夏の24時間耐久~1人で盆踊りダンス

水泳以外で、あらゆる真夏のスポーツで、選手を不快な思いにさせてくれるモノが・・・

額からタラタラと流れ落ちて・・・
頼んでもいないのに!?目の中にダラダラと入り込んで来る~~

汗ですよネwww

自分がこれまで見て来た汗の中でも・・・
ジャニーズのNEWSのコンサートで見た・・・
手越祐也が、歌って踊ってかくキラキラな汗は・・・たぶん、ファンにとっては聖水扱いで、若い女子たちは、その汗を逆に私に浴びさせて~~
・・・的な勢いを感じましたが

そのような日本を代表するような男性アイドルは例外中の例外で・・・
普通の人がスポーツをしている時にかく汗や、根性ナシがヤセ我慢でかく脂汗は・・・

ハッキリ言って、誰にも有り難く受け取ってもらえないし
意味もなく、やせ我慢の時にかく脂汗は、時に女子からは、大変嫌がられます

そんな他人からも嫌われる汗ですが・・・

スポーツを真剣にプレイしている時に、目の中に入り込んで来る汗は、当の本人にとっても本当に厄介です
集中力が一瞬途切れます

フェンシングなら、目の中に汗が入り込んで、一瞬、まぶたを閉じた瞬間に・・・
相手にのど元を串刺しにされる事でしょう
目の中に入り込んで来る汗は、そのスポーツの勝敗をも左右するくらいに邪魔物です

そして、自転車でヒルクライムに挑んでいる時に、ダラダラと流れ落ちてくる汗を、その手で拭う動作は・・・
地味にかなりスタミナを消耗します



以前のブログにて、自転車用帽子(白)や、額から頭全体を巻く頭巾的な布(黒)を使っても、額から流れ落ちてくる汗は止められませんでしたし

昔からよくあるタオル生地のヘッドバンドは・・・その汗を吸い込む許容範囲を超えると・・・ダムが決壊したかのように、ダラダラと流れ落ちてきます

だからと言って、普通の人より新陳代謝が活発な、自分の身体から流れ出る汗を止めるような~~人体改造が出来る訳でもないので・・・

ヒルクライム時に流れ落ちる汗は、眉毛に流れ落ちてきた時点で、サングラスを外して、腕に巻いているリストバンドで毎回拭き取っていました

普通に生活している状態で・・・サングラスを外して眉毛に溜まった汗を拭き取る動作なんて、超カンタンな事ですが・・・

ロードレーサーという超前傾姿勢のバイクに座っている状態で、上り坂の途中で、心拍数が限界域付近で、上半身の体重を少しだけ預けているハンドルから手を離して、乗車姿勢を起こして、サングラスを外して、汗を拭き取る動作は・・・

空気の薄いチョモランマの頂上付近で、50mを全力疾走するくらいに大変なのです

なんて事のない日常の動作が、これほどキツいと思ってしまう・・・
これが非日常的とも言うべき、心拍数がマックスな状態の世界なのです

だから、少しでもスタミナを余分に消耗したくない
そう思うと、この無駄に流れ落ちてくる額からの汗をどうにかしたい~~と思うようになるのです



そこで、今回、流れ落ちる汗とは~~永遠にオサラバしたいアナタに朗報です

これから紹介する商品は、実は今年の3月に名古屋サイクルトレンドで売られていたモノです

その名は・・・

・・・

・・・あれ?

よく分かりません

どうやら日本製ではない海外モノみたいですが~~

ちょっとしたコロンブスの卵・・・的な発送のヘッドバンドです



この黒いヘッドバンドの内側・・・
額に当たる部分に、黄色の細いゴムが仕込まれていて



この黄色のゴム部分から下に、汗を流さないようシステムになっています

サイクルトレンドに置いてあったディスプレイがコレです



どちらも頭から水を噴霧しているのですが・・・

左が何もナシで・・・水がダラダラに目に入り込んでしまう~~普通な状態

右がこのヘッドバンドのおかげで、水が目の中に入り込んで来ずに、左右に逃げている状態

なっ!なるほど~~
・:*+.\(( °ω° ))/.:+

・・・と、超感心してしまった紅のドカは、即買いしてしまいました

そして、5月になって使い始めたら



凄いです!
(*´∀`*)

汗が全く目の中に入り込んで来ない!!!

長年に渡り装着してきた~~汗を拭き取るための、リストバンドの必要性が無くなりました

コレは自転車ヒルクライム競技だけではなく・・・フルマラソンや、フェンシング、剣道、プロレス等の汗をかくスポーツだけではなく~~
たこ焼き、お好み焼き、等々の夏祭りの屋台で働く人たちにもオススメな汗対策グッズになりそうですwww

目の中に入り込んで来る汗を不快に思うような事があるのなら、このヘッドバンドはかなり有効かと思います
このヘッドバンドを装着すれば、汗による集中力の途切れ問題は、かなり軽減されるかと思いますヨ
オススメです

紅のドカは、コレで今年の夏のヒルクライム レースに挑戦です!!
ではでは~~(=゚ω゚)ノ

ロックなバンド?!

どうもです
伝説のロックバンド・・・と言えば

つボイノリオ先生・・・のキンタの大冒険



・・・ではなく
そもそも、キンタの大冒険は・・・ロックでもなければ、バンドでもない?!

ただただ・・・ラジオのパーソナリティーとして・・・長年に渡りリスペクトしていますwww


今日はここから脱線気味に!?つボイノリオ先生のラジオな話しはしませんヨ~~
話題はバンドですからネ!


そうバンド・・・
伝説的ロックバンドと言えば・・・やはり

クールな氷室ロックと、熱いギターさばきが最高にカッコ良かった!いや、今でもカッコいい布袋寅泰さんの2人がやたらと目立っていた~~



BOOWYですネ!

LAST GIGS のライブ映像です
・・・最高です
一度見始めたら、聴き始めたら・・・懐かしくて止まらなくなりますネwww

当時は、この音楽性に、チタン製の金属バットてブン殴られた時くらいの衝撃がありましたネ
カッコ良すぎでした~~~~

紅のドカ的には・・・今までのチョンマゲ文化を捨てて、散切り頭となった~~日本の文明開化並み!?古い表現な衝撃でひた

昨日までの、イモ欽トリオのハイスクール ララバイが良いと言っていた己を・・・



瞬時に恥ずかしく思い、そしてそれらを軽く捨て去り・・:
これからはロックに生きる事を心に決めた瞬間でもありましたネ!!!

さてさて、それから布袋寅泰を目指して、ギターの練習の日々で中学~~高校~~大学と軽音楽部で時は過ぎ~~



・・・って
アナタの習ったギターは、中学でのアコースティックギターで
“禁じられた遊び”(古いッ!!)
それの出だしのみをギリで弾いただけwww

後は・・・掃除中に手にした・・・ホウキをギター代わりに、エアーギターをやっていただけ~~

そう!
女々しくて~~



・・・の、ゴールデンボンバーの先を行っていた
エアーギターの先駆者でもある、紅のドカです

話しは戻りますが・・・
ちなみに布袋寅泰さんは大好きですwww



そして、こんなコラボ?
布袋ミクの存在まで許してしまう、布袋さんの心の広さが・・・素敵すぎる
しかもMVが・・・完全パクリなコピー????
上部の動画と、下部の動画の同時再生で見てくださいまし♪



クハッ!!! Σ(゚Д゚)

・・・そんな音楽的なバンドの事は、どうでも良い話しでしたネ

自転車のバンドの話しをしようとしたら
全く違う意味の バンドで!?
ブログが止まらない方向性に進んでしまぃした~~

次回こそは!汗かきさんにもオススメな・・・ロックバンド
・・・ではなくバンドを紹介するので、明日も懲りずに会いにきてネ
ではでは~~~(=゚ω゚)ノ

使えるバンドは~~~

どうもです・・・
バンドと言えば・・・

ダウンタウンのまっちゃんがCMで出演している・・・バンド



時代の流れに置いていかれっぱなしの紅のドカ

このバンド・・・実は有名な方たちだったんですネ・・・恥ずかしながら知らなかったですwww
( ̄▽ ̄;)

先週のミュージックステーションを見ていたら・・・ゲストで出てきて

あっ!Σ(゚Д゚)

・・・て感じで、ようやく音楽業界の時代に追いつきました

WANIMA

・・・というバンドなのですネ

一瞬、イルマニアを思い浮かべてしまった人は・・・マツコデラックスさんと村上の番組を見過ぎです
・・・自分の事ですが (^^;;

もうこれで、期末テストで出題されても、イルマニアとWANIMAを間違えずに、ちゃんと答えられますヨ


さてさて、ハッキリ言って、今日はその音楽のバンドの話しではないですwww

先週末の日曜日も・・・朝の5時から~~~自転車ヒルクライム練習で



ガレージから64.4km・・・走行時間2時間52分の旅に出かけてきましたヨ



そんなヒルクライム練習の中で、自分的にとても不快で嫌な所があります

それは、外気温が上昇してくると共に、自然と流れ出す・・・汗

午前5時に走り出しなので、日中のクソ暑い時間帯ではないので、平坦な道を走っている時には、それなりに速度もほどほど出ているので・・・暑くて、暑くて、汗がダラダラという状態にはなりませんが・・・



山岳のヒルクライム区間にさしかかると・・・その走行速度も一気に時速10km以下となり・・・体内温度もグングンと上昇して
汗が出てきます

自分、自慢ではないですけど・・・良い言い方をすると、新陳代謝が良すぎる・・・悪い言い方をすると、結構な汗かきさんです

だから、スポーツをしても、あまり汗をかかないクールな体質の方に、憧れを抱いてしまうくらいな~
恥ずかしながら・・・結構な汗かきさんです

ヒルクライムの走行時に、額から流れる落ちる汗が・・・眉毛を通り越して
目の中に流れ落ちてくる事がとてもイヤなのですwww

ただでさえヒルクライム走行で、フラフラになりながらも?限られたスタミナを消費しつつ、必死にペダルを回している時に・・・
額から流れ落ちてくる汗を、ハンドルから片手を外して、わざわざサングラスを取って、汗ふき用のリストバンドで拭う作業が、とても面倒なんです

このヒルクライム走行時に、わざわざ汗を拭う作業というのが、意外にスタミナを消費しますwww

この額から流れ落ちてくる汗をなんとか出来ないか???

かつてはヘルメットの下に、リストバンドのような、汗止め用ヘッドバンドを装着していましたが、ダメでした
逆に言うと・・・どんだけ大量の汗を流しているの!?という感じですが(苦笑)
生まれ持っての自分の身体なので、そのポイントに文句は言えませんです

なので、以下の写真のようなグッズに手を出してみました



自転車用のヘルメットの下に被る、(白い)キャップを被ってみたりしましたが・・・やはりダメでしたし

(黒の)頭に巻くタイプのモノも試しましたが・・・・ダメでした

どれもこれも、自分の大量?の流れ落ちる汗を止める事は出来ず・・・
ヒルクライム走行時のたびに、サングラスを取り外しては、汗を拭き拭き、ご苦労さん・・・という面倒で地味にスタミナを奪う作業をしていました

もう、どうにもならないのか????

・・・と思った所に、奇跡のバンドが現れました!!!

その出会いは、自分の音楽センスに革命を起こしてくれた・・・BOOWYとの出会いと同じ位の
素晴らしいバンドとの出会いでした

自分と同じように額から流れ落ちる汗で、各種スポーツをしている時に、集中力が途切れてしまう
そんな悩みを抱えている人には、ちょっとした朗報になるかもしれませんです

気になるそのバンドの紹介は・・・次回ブログにて
ではでは~~~(=゚ω゚)ノ
プロフィール

紅のドカ

Author:紅のドカ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
名言

地球の名言 -名言集-

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR