DIY小屋作り その3

今回は小屋の柱を支える、土台作りに着手していきます

まず、どこの会社にもある・・・ボールペンや、テープや、ティッシュと同じような、ほぼほぼ常備品と言っても過言ではない!?・・・山砂を2㎥ほどを、勝手にいただいて!????頂戴いたしまして~~
骨材置き場から3tダンプを運転~搬入して

今回の小屋の敷地スペースに、ドバァーっと開けて
敷き均します



これで土台作りの準備は完了です

ココで本来なら、会社からレーザーレベルを持ち出してきて、柱の土台となるブロックを置くための、ベースコンクリートを敷くための場を作るのですが・・・

この日はうっかりとレーザーレベルを持ち出してくるのを忘れてしまい
年季の入った水平器1つを頼りに~~
ベースコンクリートの場を掘っていきます

本来なら、ココでしっかりとレーザーレベル等で、どのポイントでも完全に水平なる場を作り上げなければダメなのです
1番始めのボタンをかけ間違えると、どこまでも、そのボタンのかけ間違いが続くのと同じで・・・
構造物を作り上げていくのに、1番始めのベースを間違えると、最終的に迷走をしてしまう結果になっていくのですが・・・
(; ̄ェ ̄)

そこらへんは野生の勘だけを頼りに
原始的な水平器のみでアタックです!
( ̄^ ̄)ゞ

だいたいのコンクリートのベースが彫り上がったら・・・
本来ならRCなどの砕石を10cmほど敷くのですが・・・
今回は流石に砕石までの準備が出来なかったので、飛ばしますです

近所ホームセンターで、1丁約100円のコンクリートブロックを買ってきて



どこの家にもある、左官屋さん道具を使って、現場で砂とセメントと水を合わせて、モルタルを練って・・・



砕石を敷かない禁断の・・・掘削床にダイレクトに、ベースモルタルを打ち
その上にコンクリートブロックを並べていきます



このコンクリートブロックを水平に並べていくのが本当に難しいです
しかも使える測量道具が、原始的な水平器のみ・・・
最悪な状態ですが・・・
((((;゚Д゚)))))))

ヤルしかない!

小屋の骨格を支えるコンクリートブロックを、野生の勘を頼りに設置していくなんて、本当にクレイジーです
真似しないで下さいネ

さてさて野生の勘と水平器のみで、設置し終えた状態がコレです



コンクリートブロックの端と端に、柱を支える羽子板ネジを、モルタルと共に差し込んで、この日の作業は終了です



とりあえずベースコンクリートと、羽子板ネジを差し込んだモルタルが完全に固まるまで、何も出来ないので・・・1週間の養生を取ります

次回はちょっとだけ小屋っぼくなる?
棟上げ?編です
ではでは(=゚ω゚)ノ
スポンサーサイト

DIY小屋作り その2

さぁ、さっそくDIY小屋作りに取り掛かりたいのですが・・・
東京ドーム3個分ほどの広大な土地に住むに紅のドカ
一体、どこに小屋を作ればよいのか、悩みますネ
( ̄∇ ̄)

Σ(゚д゚lll)・・・って
どこから、どこを見ても・・・東京ドーム3個分の敷地スペースはないですYO!!

猫の額ほどの~
東京ドームの男子トイレ1個分よりも、小さなスペースしか、土地がない

それゆえに、新たに建てるスペースがないので・・・
かつてDIYばあちゃんが、農機具をしまうために作った・・・
このDIY小屋のスペースに、白羽の矢が立ちました



この小屋をぶっ壊して~~~
新しいタワーマンション・・・ではなく
自転車小屋を作ろう~~~
(*⁰▿⁰*)

DIYばあちゃんの許可も快くもらって
とりあえず、新しい小屋を作るために・・・
古い小屋をぶっ壊しますwww



屋根と壁を壊して、骨組み状態
この小屋の柱は、地中に直接埋められていて・・・
その埋められていた部分は、3割は腐っていました
((((;゚Д゚)))))))

地中に直接木材を埋め込むのは、木材が腐るって強度が落ちるので、とても危険ですネ
下部に並べられていた・・・コンクリートブロックも撤去です

今回は壊した小屋より2倍くらい大きな小屋を作る予定なので・・・

小屋の横にあった樹木も伐採~伐根です

この伐根作業が・・・見た目以上にハードなのです
( ̄▽ ̄;)

いつもは会社の重機を使って、超強引に伐根作業をするのですが
重機を使っても伐根作業は、いつも大変です

木の根・・・というヤツは・・・見た目以上に四方八方に広がっていて
木の種類によっては、最悪な時には、地下へ地下へと延びている時もあって
いつも伐根作業は時間を費やします

個人のお宅で仕事をしている時に、ついでにココの木を、根こそぎ取ってちょうだい~
・・・と言われると、作業員さんたちの顔色が一気に曇ります
それほど伐根作業は、“ついでレベル”ではなく“追加料金作業レベル”なのです

今回はそんな追加料金レベルな?伐根作業ですが
小さな樹木2本なので、手作業で~~~~何とかなるか!?
・・・と思ったのですが

かなり苦労しました
それほど強烈でシツコイ根っこではなかったのですが・・・
やはり手作業は、大変でした
土木工事経験がない人が真似をしたら、さらに大変だと思います
それほどに伐根作業は、特別にハードな作業なのです

自分の家の庭に木々を植樹するのは自由ですが・・・
将来、その辺りにナニかを建造建築する予定がある場合は・・・
しかりと根がついてしまう木は植樹しない方が良いですYO
完全に別料金で、大変な事になりますから

そして、1日の作業を終えた感じがコレです



サッパリしました~~~~
(((o(*゚▽゚*)o)))♡

とりあえず、やっとDIY小屋作りのスタートラインに立てたような気がします

これからが本格的な?素人DIY小屋作り編のスタートです
プロの方が見たら・・・
オイオイ(汗)・・・とツッコミを入れたくもなるでしょうが!?
温かい目で見守ってやってくださいまし

ではでは~~~(=゚ω゚)ノ

DIY小屋作り その1

どうもです・・・
大地を相手にする・・・土木工事なら(土木1級資格者なので!?)お任せ下さいまし~
・・・なのですが
こと、建築に関しては・・・無資格なので・・・全くもって不得意な分野な紅のドカです
(つД`)ノ

KUOTA 空牙105がガレージに増えて、ロードレーサー風なのも含めて3台も保持しているので、それらを置く場所に困るようになり・・・
ガレージの外に置くための、自転車置き場が欲しくなってきたのもありますが・・・

家族1人1人の自転車のスペースが増えてきて・・・・
今までは玄関前の屋根の下に、3台置いていたのですが・・・
子供たちの自転車が幼児用から、ちょい大きい車体の子供用の自転車になって
置くスペースを今までより取るようになってきて・・・
玄関先の空間が狭くなってきました

そこで自分の都合とも合わせて!?急きょ自転車置き場を~~~

・・・という話しになってきたのです



ここで紅のドカさんのように、アラブに油田を6つも持っている方なら!?
どこかの工務店の社長でも呼びつけて、そこら辺に自転車置き場用のタワーマンションでも作っておいてくれ
費用はお金がかかった分だけ出すから気にするな
とにかく最上階からの見晴らしは最高な・・・自転車置き場を作ってくれ~~~
・・・とでも言うのですが

あいにく紅のドカさんは、そもそも油田なんて持ってないし
ついでに、お金もございません(涙)
|( ̄3 ̄)|

そこそこのお金を出せば・・・
イナバの自転車用の物置とか
自転車用の簡易カーポートとか
見た目にカッコイイ自転車置き場は、どこでも売っていますが・・・
それさえ買う事ができません(涙)
どこまで貧乏なのだ~~~~
。・゜・(ノД`)・゜・。

それでも、お金をかけずに、自転車置き場を作りたい???

とにかく低コストで、自転車を置くスペースを・・・と頭の中で単純に想像すると

ブルーシートと角材と段ボールで、ホームレスのような、簡易小屋なら超低コストで
なおかつ1日で作れそうな気もしますが
さすがに・・・ブルーシート小屋では寂しい気がしますし、周りの目が痛い感じになるるる

お金はかけないけど
ちょこっとだけ本格的に作りたい
相反する2つの意見をハイブリッドに合わせた結果が・・・DIY小屋です

・・・と言う事で
お隣に住む・・・DIYばあちゃんの協力の元・・・低コストDIY小屋作りに、素人な紅のドカが挑みますYO

基本的に週末の天気が良い日に作業は進んでいくので・・・
すぐさま完成~~~~♪
・・・とはいきませんです
σ(^_^;)

ゆっくりペースで、コツコツと作り上げていくので、優しい目で見守ってあげてくださいまし
どんな、掘っ建て小屋が出来上がるのか???
お楽しみに~~
ではでは~~~(=゚ω゚)ノ
プロフィール

紅のドカ

Author:紅のドカ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
名言

地球の名言 -名言集-

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR