FC2ブログ

塩作りって・・・思ったよりも大変ですネ ( ̄+ー ̄)

どうもです
塩作りマスターこと!?
塩を手作りで作っていた時代に生まれてなくて・・・普通にスーパーに行けば、工業製品だけど?!お手軽に買えてしまう & スマホがある時代に生まれて良かった~~
・・・とつくづく思う~~紅のドカです



さてさて、前回の塩作りブログの続きです

マンガという熊手のような道具で、碁盤の目状にした(海水を含んだ)砂は、真夏の太陽を普通に浴びていれば~~
4時間くらいで、完全に乾燥します



(この体験の日は、ちょい曇りで、乾燥とまで行かなかったので~~乾燥したテイで、話しを進めますヨ)

海水を含んで乾燥した砂は、ちょい白い感じのパサパサな砂になっています
それを木製のトンボやクワのような道具で、ばら撒いた砂だけを、下の地面を掘り起こさないように、平らにすくって~~



コンクリートで出来た・・・洗い場のような所に集めます



最初にばら撒いた海水含みの砂を、取り残しなく、全て集め終えたら~~



今度は集めた砂の上から、海水をサラサラサラ~ッと全体にかけていきます



海水を含んだまま乾燥した砂の上に、さらに海水をかけ、その砂の層に浸透させる事によって、さらにさらに濃い塩水・・・

かん水



・・・というモノが、出来ます

海水の塩分濃度が2~3%だとすると

かん水の塩分濃度は・・・

30%くらいあるそうです

砂を集めた洗い場の底にパイプがあり、砂の上からかけた海水が、海水含みの砂の中を通ってきて~~

かん水・・・となって

このように洗い場の下にあるパイプから、かん水が、出てきます



この塩分濃度30%のかん水は・・・当然のことながら・・・砂の中を通ってきているので、かなりの砂混じりな状態なので

濾過用の布と、ドリップコーヒーを作る時の、フィルターをろ過材として使って



出来立てホヤホヤの、砂混じりかん水をろ過します



するとすると~~砂の無い透明なかん水に早変わりです

昔は麦とか、布とか、色々使ってろ過していたみたいです
現代はコーヒーのドリップ フィルターで安易にろ過が、出来てしまうので、便利な時代ですよネ



ろ過されたかん水は、今度は水分を飛ばすために、鍋でグツグツと煮込みます

煮込むと、水分が飛んで、黄ばんだ塩と、真っ白なカルシウムに分離します



鍋の底についたカルシウムは残して・・・黄ばんだ、塩だけを取り~~



お手軽な遠心分離機で~~
くるくるヌルヌルクルクル~~
・・・と回すと~~

黄ばんでいた塩は、真っ白な塩と
黄色い液体とに分離されます

その黄色い液体が・・・
豆腐作りに欠かせない!?にがり汁です

体験で、にがり汁を指先につけて舐めてみましたが

激!激!!× 5 マズいです!!!
(;´Д`)

指先につけただけの、ほんのわずかな汁だけでも、激ゲキ不味いのだから・・・それを罰ゲームとかでコップ1杯も飲んだら

・・・死ぬかもしれません

マジで

いや、これはリアルに不味すぎるので・・・罰ゲームにも使えませんネ

それくらいに・・・にがり汁は・・・マズかったです

さてさて、余分なモノが、全て無くなった真っ白な塩は

約1週間、キッチンペーパーの上に置いて、乾燥させると、出来上がりです



自分たちの手で作り上げた・・・塩

大変美味しい塩でした
(((o(*゚▽゚*)o)))♡

美味しい塩ですが・・・

その分の手間が、半端ないですネ
(;´Д`)

ある意味、砂を扱う作業と考えると・・・塩作りは土木工事に似てもいます
・・・という事は、やはり重労働ですよネ

こんな塩田が1つだけではなく、何個も何個も、昔はあったみたいで・・・
この作業をあらゆる塩田でやっていたかと思うと・・・その苦労は計り知れませんです



今回の塩作り体験は、とても良い経験を積まさせてもらいました

にがり・・・は、この世のモノとは思えないほど不味い!!!

・・・ではなく (/ω\)


美味しい塩は、沢山の時間と手間をかけて作られている
そして、いつか紅のドカが、無人島に漂着するような事があったら~~

その無人島で、美味しい塩作りの職人の道を極めるために、きっと精進する事でしょう
そして、いつか、無人島で作られたこだわりの“俺の塩”的な感じで・・・ネット販売と口コミで話題になって・・・ムフフフ
妄想が止まらなくなる~~~

まぁ、そもそも無人島に漂流してしまう事、それ自体がかなりのショッキングな話しになるので・・・
そんな事態が起きない事を祈りながらも~~
いや、ちょっとくらい、有って良いかな~

無人島で孤独な職人の塩作りライフワーク



まぁ、そんなこんなで、基本的に漂着などしないように気を付けましょうネ~~
そして、塩作り体験は・・・結構、面白いです
オススメですYO
ではでは(=゚ω゚)ノ

スポンサーサイト

塩作りって・・・思ったよりも大変ですネ (;´Д`)

どうもです
常日頃から、想定できる非常事態に、いつでも対応できるように、サバイバル能力だけは常に磨き続けたい
なぜなら・・・いつ何時・・・いきなり・・・

無人島に漂流してしまう

・・・か、分かりませんからネ~~
:(;゙゚'ω゚'): マジっすか?!

漂流先の無人島でも、元気に生活できるように
サバイバル戦闘能力を高める努力は怠りませんです

BUT!!
どこかの海洋上に緊急着陸しそうな~飛行機や
どこぞの海で難破して船が破壊され、海上に振り落とされるかもな~船などに
ほとんど乗らない・・・人生なので

無人島に漂流する可能性が・・・内陸部に住んでいる故に・・・ほぼほぼZEROな~~紅のドカですが・・・

それでも?!
無人島に漂流する・・・いや、してしまう・・・いやいや、目が覚めたら無人島!!
(´⊙ω⊙`)

そんなシチュエーションを想定して!?話しを進めていきますYO
d( ̄  ̄)


無人島に漂流して、まず最初に困るのが・・・スマホのゲームアプリが出来なくなる!!!
毎週購読しているヤンマガの続きが読めない~~
ウンチしたらトレイレットペーパーとウオシュレットが無くて、お尻がキレイにならない!!
・・・ではなく!!

人間が生き延びるために必要な・・・飲み水と、塩分の確保ですよネ

周りは海だから・・・海水飲んでれば、塩分取れるんじゃん~~
・・・的な、身も蓋もないような事を言わないでネ

やっぱり人間である以上~~~海水ではなく・・・固形物的な~~塩を食したいモノですよネ!!!

しかも、どうせ口にするのなら・・・スーパーで売ってる安い食塩ではなく

無人島でも・・・美味しい塩・・・を食したい

それが・・・食にコダワル・・・サバイバル野郎ってもんですYO!!

それゆえに、今回体験した塩作りは、今後想定される無人島生活で、相当役に立ちそうな訓練???でした


それでは、きっと何となく~こんな感じ??でしか思い浮かばない?!
昨日までの自分のような方に送る
サバイバルな?美味しい塩作り~~
スタートです
╰(*´︶`*)╯♡



まず、塩田に砂を撒きます
出来れば海水を少しでも含んだ、乾いた砂がベストです



濡れた砂だと、重くて、撒き散らそうとしても、砂どうしが固まって、上手く投げれません



なるべく薄く平らに、均一に撒き散らします



下の塩田が見えないくらいに~~薄く平らに撒き散らし終えたら

今度は海水よりも、塩濃度の濃い、かん水を作るために、撒き散らした砂の上に、水たまりが出来ないように、均等に海水を撒きます



海水を全体に撒き散らし終えたら~~



今度は海水を含んだ砂を乾燥させるために、熊手のような・・・マンガと呼ばれる作業具で細かい線を引くように、引っ張っていきます



細かい碁盤の目状になるように、縦横、しっかりと線を引きます

このマンガで、線を引く事によって、平らに撒き散らされた砂は、小さな山と谷に別れます
それによって、海水を含んだ砂の表面積が増え

平らなままな状態よりも、はるかに早く乾燥してくれます

天気の良い日なら、4時間くらいで、しっかり乾燥してくれるそうです



とりあえず、水分が飛んで、乾燥をするまで待ちます

でも、ちょっと長くなってきたので・・・
今日の美味しい塩作りブログはココまでです

続きは次回のブログをお楽しみにです
ではでは(=゚ω゚)ノ

カニ

どうもです
寿司屋(もちろん1皿100円な回転寿司屋)で、食べる好みのネタは~~
カニよりも~~
マグロとエビ系な寿司ネタばかり食べている~~
超エビ好きな~紅のドカです

さてさて、昨日の事ですが~~
天気予報では夕方から雨が降る~~
・・・という予報を信じて、日中は大丈夫だろう~~と思って・・・
後輩の現場の応援に行ったら・・・

朝、ダンプで現場に向かって走っている時から、小雨が降り出し~~
結局、夕方まで小雨の中での作業となり
見事に天気予報にダマされた1日となってしまった~~紅のドカです


昨日はウチの会社にしては珍しく???
2時間もダンプを運転して、結構な山奥まで、工事をしに行った訳です

行きの運転で2時間
現場での作業は4時間
帰りの運転で2時間

1日の仕事の約半分が、ダンプの運転という~~
あまり仕事をした気にならない?そんな感じのお仕事でした

そんな感じの現場で~~

運命の出会いがありました???


それは、こんな感じのいかにもナニか出てきそうな?!川が流れている、すぐ横のU字型側溝の真横を、掘っていた時の事です



たまたま自分が、埋設物の確認のために、人力のスコップで掘っている時に~~

U字型側溝の下から・・・そいつは現れた!!!

えええっ!?

どうしてこんなU字型側溝の下に隠れているの!?

思わずビックリした紅のドカは、即座にスコップを投げ捨てて
ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

軍手を着けた手で、いきなりそいつをゲット~~!!
\\\\٩( 'ω' )و ////

地面から50センチも下の、U字型側溝の下にいたモノは・・・

サワガニです

しかも、1匹!

2匹!!



3匹!!!

・・・と立て続けにゲットです
(((o(*゚▽゚*)o)))

確かに、綺麗な川がすぐ横に流れていますが~~



まさか、まさか、U字型側溝の下に、川辺の生き物であるサワガニの巣があるなんて、思いもしなかった~~


かつて、かなり前に~~
同じように現場で、穴を掘っていたら
生後1~2ヶ月の日本クサガメの赤ちゃんを2匹ゲットした事があります

その光景を思い出しましたよん

現場から持ち帰り、ウチの家で飼っていた、そのうちの1匹である、日本クサガメのアプーちゃん(亀の名前)は・・・
猫にも襲われないくらいに?!かなり大きくなって、外で飼うようになってから、ある朝、突然・・・
脱走をして、それきり姿を見せてくれません
きっと、家の前の水路か田んぼに隠れているのかもしれませんが

そんな事まで、思い出させる~~!?



突然のサワガニの出現にビックリでした

とりあえず~~
現場に行く途中で買った、朝マックの、飲み終えたジュースの入れ物に確保~~



そして、重機を操作していると
今度は何処からか現れた、小さな小さなサワガニを発見!!!
∑(゚Д゚)

すぐさま重機から降りて捕まえようとしたのですが、U字型側溝の上のフタの穴が開いている箇所に逃げ込まれて
ゲットならず

ガックシ _| ̄|○

でも、この現場には一体何匹のサワガニがいるんだろうか???
都会暮らし???でサワガニなんて、幼少の頃に見たのが最後だったので
3匹のサワガニを捕まえただけでも
何かテンションだけは上げ上げになってます
╰(*´︶`*)╯♡

そして、重機を降りて、今度は穴の中に入って、再び埋設物を探すために、スコップで穴を掘っていると

何か・・・自分を見つめる・・・クールな視線を感じる
( ̄▽ ̄;)

誰かが、自分の背後から、冷たい視線で見ている!?

ふと、振り向くと
∑(゚Д゚) あっ!?

そこには・・・あの先ほど逃げられてしまった~~
小さなサワガニが、またまたU字型側溝の下のすき間にいて

まるでサワガニ仲間を、傍若無人に捕まえていった、巨人がココにいる!!

・・・と言わんばかりに!?自分をジッと見ているではないか?!
(; ̄ェ ̄)

巨人を見つけ、ガクブルして動けないちびサワガニを見つけて~~紅のドカは

ちはやぶる~~的な速度で!?
そいつをゲット!!!

計4匹のサワガニをゲットです!!



子供の頃、以来のサワガニの大漁に
気分は超アゲアゲですワ~~

さてさて、でも、紅のドカ
子供の頃に捕まえたサワガニは
家で飼っていても・・・

すぐに死んでしまったイメージしかありません
( ̄▽ ̄;)

どうする紅のドカ!?
キャッチ & リリース・・・という手もありますが~~

サワガニの飼育という、新たな路線を開発するという

そんな岐路に立った、紅のドカ・・・



とりあえず、サワガニの飼育方法をネットで研究してみます~~
ではでは(=゚ω゚)ノ

いつかは自分も・・・乗鞍 車中泊 ライフ

どうもです
何ごとにも縛られずに、一人で過ごす自由な時間
ブルースハープを吹きながら、ウイスキーをシェラカップで飲みつつ、満天の星空を眺める~~
お金が無くとも楽しめる!?
アウトドアで優雅な時間を過ごしてみたい

そんな憧れを、いつか実現するために?!
お金がある時に、コソコソとソロキャンプ道具を、仮面ライダーAmazonで揃えている~~

バイク ソロキャンプ ツーリングには10年以上も出かけていないし、この先10年くらいも、出かけるメドさえ立っていない
悲しき(かつて)バイク ソロ キャンパーだった・・・紅のドカです


そもそも現在、所有しているバイクたちは~~
2台とも、キャンプ ツーリングには不向きな!?

荷物を積むためのリアが・・・ツインテール UPサイレンサー状態の・・・

ドゥカティ996

ヤマハYZF-R1



ドゥカティ996に関しては・・・
荷物を載せるためのタンデム シートさえないから~~キャンプ ツーリングなんて壊滅的です

ツーリングを楽しむために~~
イナズマ1200エンジンのユニコーン製スズキ刀1200が欲しいですYO

いや、いつかは本家1100刀ではない・・・
模造品 刀に乗りたいと常々、思っている訳です

紅のドカ・・・結構な根性ナシなので
(つД`)ノ
本家1100刀は扱いきれそうもない
・・・と言うのが本音です


さてさて、ユニコーン製スズキ1200刀を語るのは、またいつかの機会としましょう

今回は、優雅にアウトドア ライフの話です


それは・・・乗鞍ヒルクライム アタックの時の事です
自分は2泊3日の予定で、車中泊をしていた訳ですが・・・



自分がクルマを停めた駐車場スペースの・・・・隣の隣の隣の隣の隣くらいに・・・

自分が金曜日の朝に到着した時から、すでに車中泊をしている方がいて・・・
真っ白な三菱のアウトランダーで、すでに何泊かこの地で過ごしている感じでした

その時は駐車場もすきすきで(3台くらいしかいない状態)、どこに停めても管理者に怒られない感じだったので
その方とは適度に間隔を開けて、自分のクルマは木の枝の下に隠れる位置に、停めて車中泊をし始めた訳です



それから、土曜日にかけて、クルマが増えていき、日曜日の大会当日には、駐車場はめいっぱい~~



そして、ヒルクライムのレースが終わり、家に帰るために、愛機 空牙105で駐車場に帰ってくると~~



その真っ白なアウトランダーさんが、自分のお隣にクルマを移動されていました
どうやら久しぶりの晴天で、木陰がある、自分の駐車場エリアに移動してきたみたいです

自分はレースを終えて自転車を片付けて、家に帰るだけでしたが~~

その方は、木陰に椅子を出して・・・
3列目?リアに設置された14インチのテレビを観ながら~~
クルマの後ろで、マッタリと座っていたので・・・

テレビが見れてイイですネ~~
・・・と声をかけた所から、話しが始まり~~

帰り際にイロイロと、楽しいお話しが出来ました

その方は、すでにお仕事を定年退職をされた方で、奥さんは家に残し(誘ったけど来なかったらしい←このパターンが一番最高♪)
1人で乗鞍で車中泊を、すでに1週間くらいしていて、これから1週間くらいココで過ごしてから、自宅に帰る予定らしい

なっ・・・なんて、自由な生活♪

羨ましい~~
(/ω\)



話しを聞くと、その方のクルマはアウトランダーPHEVな・・・EV車らしく
この駐車場から20mくらい先に(乗鞍の駐車場内に)EV充電 スタンドがあって
そこで、電気が減ったらクルマを充電しているから
山あいの乗鞍であっても
電気は使いたい放題~~

確かにテレビを観ながら、ホットプレートで、コーヒーを飲むために、お湯を沸かしている~~

そもそも乗鞍は・・・大きな声で言えませんが・・・基本的には火を使う行為はダメです

それゆえに料理をする時は、いつもホットプレートで、作っていると言っていました
車中泊のマナーはしっかりと守れている方でした

よくよく見ると、クルマの上には、何かの無線を傍受しているのでは?!・・・と思えるような、アンテナが3本くらい立ってい、ます

・・・テレビを見るためだけでは無い事は一見して分かりますし
この方は、きっと以前の仕事で、電気を扱う事をやっていたんだろうな~~
・・・と思わせる
アウトランダー内の家電&電気装備でした

クルマがEV車だと、ここまで普段の生活のような事が、アウトドアでも不便なく出来るんですネ~~
羨ましい~~

ちょっとだけEV車が、羨ましく思えました

EVスタンドが近くにある場所なら、EV車は車中泊 最強かもです!

そして、乗鞍は日中でもエアコンはいらないから
下界とは違い、過ごしやすい~~



自転車を片付けている自分に~~
これから下界に降りるの?
テレビを観ていると、下界は連日35度越えの灼熱地獄が続いているヨ
・・・と、あまり聞きたくない、リアルまで教えてくれました
(;´Д`)

そして、この乗鞍には・・・無料の露天風呂温泉もあるから、洗濯物さえクリアすれば、本当に楽園のような場所だとも思います



自分もこんな楽園のような、車中泊ライフをしてみたいです~~
 
バイクでのキャンプ・ツーリングもイイですが・・・

クルマで、余裕のマッタリな車中泊も悪くない~~
新たな(定年退職後の)放浪生活の憧れな姿をココに見てしまいましたYO



やはり、夏の日中でも気温は高くなく、過ごしやすくて
近くにキレイなトイレの施設があり
無料の露天風呂温泉もあって・・・
ヒルクライム・アタックが出来る!?山があり
マッタリと1週間くらい過ごせる場所

これらの条件を満たせる場所は・・・なかなかナイですよネ

この乗鞍と、(北海道)知床の熊の湯くらいしか、紅のドカのショボイ見識ではHITしません
他に好条件な車中泊ポイントをお知りの方がいらっしゃいましたら
教えて欲しいですヨ

でも、そのような素敵な場所は、教えれば、教えるほど、人が増えて・・・
マナーが悪い人も増えてきて、かつての自由な良さが無くなってしまう
そんな悲しい事態もありますからネ・・・
他人にドンドン教えるのも、気が引けますよネ

まぁ、そのような場所は・・・自分のチカラで見つけるべし!!!
・・・といったところでしょうか

どこかの素敵な車中泊&キャンプ天国エリアで、いつかは一緒に焼肉でもやりながら、お酒を飲みましょうネ~~
ではでは~~~(=゚ω゚)ノ

漢なら常に備えYO

・・・という事で~~
得意のネット通販のお話し~~ですネ
(*^ω^*)

いやいや、違いますヨ
(;´д`)

前回のブログで、Amazon人工知能AIさんが、自分にハスクバーナの手斧をオススメしてくる
異様な事態を紹介しましたが



いきなり、Amazon AIさんが、何の脈絡もなく!?
ごく普通な生活をしている安月給サラリーマンなんかに、いきなり手斧なんて紹介してきません

何かの残虐的な犯罪に手を染めろ~~
・・・と、AmazoAIが催眠誘惑効果を出しつつ、このような商品のオススメをしてきているのなら~~
自分は犯罪者になれる可能性が・・・アカンあかん~~

・・・そんな可能性ではなく

普通にアウトドア商品を、次々と購入している君になら?!
そろそろ、この手斧なんか欲しくなるのでは???
・・・的な憶測によるモノなのでしょうが~~

確かに、最近の紅のドカ・・・
Amazonさんのネット通販に頼りすぎた生活をしています

そして、そのAmazonさんで、マニアックなアウトドア商品を購入しているのも事実です

きっと、前回・・・このような商品をAmazonさんで購入してしまったから~~

そろそろ、君も、こちらの商品が欲しくなるのでは??
・・・と、手斧をオススメしてきたのだと思います

そんな・・・コレを購入したら、次は必ず欲しくなるのは手斧だろ~~
・・・と、Amazon AIさんを勘違いさせてしまう?!

今回、購入した一品は~~



HOVNEE マルチツール13

です

以前のブログでも、この手のマルチツールを紹介しましたが・・・

加藤茶ではないけど・・・

本当にアナタも好きネ~~

・・・って思われて仕方ないくらいに?!

紅のドカ・・・マルチツールが大好きです

いやいや、漢なら、この手のギミック感が満載なマルチツールって、好きな人が多いですよネ~~

実際にそれが使える!使えない?は別として~~
その手のツールを常に備えているだけでも、いざという時に役に立てそうな安心感は半端ないです

まぁ、そのイザ!!・・・という時は、なかなか来ないのですが・・・
(; ̄ェ ̄)

・・・だから、そんな危なかしいモノを常に携帯している方が、危険な人かも???
・・・と逆に思われてしまうかもですが~~

自分のような半分アウトドアな~~お仕事である~~

山での狩猟を仕事にしているような者なら、この手のマルチツールを持っていれば、もし、何かあって山で遭難してしまった時に役立つかもしれませんからネ

・・・って、いつから、アナタのお仕事は、山で狩猟になってしまったの???

違うでしょう~~
((((;゚Д゚)))))))

半分アウトドアな~~半分ヤクザな?土木工事をやっているんでしょう???

ヤクザではないですが
(; ̄ェ ̄)

お天道様が見ている場所でのお仕事ですからネ~~
このようなマルチツールは、結構、役に立ちます

以前、購入した青色マルチツールは、小さめなモノでして~~
持ち運びには便利でしたが
使う時に、ちょっと小さすぎた~~

それを踏まえての、今回のHOVNEE マルチツール13 です



大きさは以前のマルチツールの1.6倍で、大人の手にピッタリくるサイズです

紅のドカのマルチツールの種類別の使用頻度でいくと~~

1番が モノを切断するナイフ
2番が針金を切断するニッパー
3番が爪先を整える??ヤスリ



4番が閉まっているフタをこじ開けるスクレーパー
5番が硬く締まっているモノを回すプライヤー
6番が缶切り
・・・くらいでしょうか



そのほとんどが仕事で使うため、会社の経費でお金を払ってもらいたいくらいですが~~

流石にマルチツールは、経理が相手にしてくれそうもないので
口にさえしていませんヨ
(-_-;)



今回のマルチツールの良いポイントは~~
収納状態から、ナイフやスクレーパーやドライバーがすぐに取り出せる事です

以前のマルチツールは、一回開いて、プライヤーを出さないと、ナイフなどのツールが出せない構造だったので、ちょい不便でした

そして、今回のマルチツールはナイフに安全ロックが付いているので、使用時に突然、ナイフ降りてくる事もないので、安心感が高いです



あと、プライヤー状態の時の、手のフィット感がとても良いです
手の甲の形に合わせて、軽く弧を描いているフレームが良いです



あと、ナイフの切れ味も、最初から抜群です
今までのマルチツールのナイフは、まず初めにナイフの刃先を研がないと、新聞紙さえ切れませんでした
刃先を研いで、ようやくモノが、少し切れるようになる
面倒くさー
( ̄▽ ̄;)

・・・・でしたが、HOVNEE マルチツール13の黒光りするナイフは、抜群の切れ味で、思わず納得です



値段も2,000円を、切るお安さで・÷・
アウトドア キャンプ用 & 仕事用・・・としてイザ!という時のために持ち歩くのなら、良いのでは??

平成も最後の年になって、天災が多くてなってきまひた
いつ何時、自分が住んでいる地域が、想定外の災害に見舞われるか、分かりません
そんなイザ!という時は、明日来るかもだし、10年後かもしれません

そんな非常事態の時にきっと役立つのは、この手の怪しげなマルチツールだと思います
全ての方にオススメはしませんが~~
気になる方には、結構オススメですヨ
ではでは(=゚ω゚)ノ
プロフィール

紅のドカ

Author:紅のドカ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
名言

地球の名言 -名言集-

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR