イニシャルD復活?!

どうも、まだまだお尻の先が青かった~若かりし頃
峠の走り方の“イロハ”も知らないのに・・・

今考えればとっても恐ろしい事に!?
勢いだけでR30スカイラインで、峠のコーナーに進入し~~
見事にドリフトを失敗して・・・クルマのフロント部分を大破させてしまった痛い経験がある
悲しき黒い歴史を持つ・・・紅のドカです

それ以降、根性ナシの紅のドカは・・・クルマでの峠走行は、“イロハ”の“イの字”の意味も知らないまま・・・入学してすぐに、すぐに退学してしまう感じで、峠を卒業しました

それ以降は・・・
バイク1本での峠アタック人生となりましたwww

ちなみに
クルマでの峠RUNを卒業した後のクルマLIFEは・・・
修復されたR30スカイラインで
週末の深夜になると、警察が来るまで開催されていた・・・“港の夜のお祭り”・・・ゼロヨンに参戦していました

そんな痛い過去があっても、まれにクルマで峠を攻めてみたい
不意にそんな想いが募る時があります

そんな気持ちにさせる代表選手が・・・
ヤンマガで連載されていた
イニシャルD
ですネ

イニDは・・・最高でした
☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

漫画から派生した
オリジナル DVDシリーズも
回を重ねる度にCGが素晴らしい出来栄えになっていき・・・
とても楽しかったですよネ

今でもイニDを忘れられない人は多いはず
( ̄▽ ̄)


そんな伝説のクルマ峠バトル漫画の・・・イニシャルDが終わって、もう何年経つのでしょうか???

イニシャルDの続きが読みたくて、読みたくて、毎週の月曜日の朝が待ち遠しかった日々が懐かしく思えます
ギギギー
グワッーーー
フワッーーースゥーー

クハッ!∑(゚Д゚)

会話もなく
擬音だけの10ページだけで、今週のイニシャルDが終わってしまった~
・・・こんな、凄い連載の時もありましたネ
まさに漫画界のレジェンドです~

ヤンマガにて、イニシャルDとほぼ同時期に連載していた
湾岸ミッドナイト
・・・もほぼほぼ同時期に連載を終えてしまい

2本の縄文杉のような大黒柱を失ったヤンマガは、ちょっとした暗黒時代が始まりました

イニDを連載していた、しげの秀一さんは、その後にヤンマガで2作品(「高嶺の花」・「セーラーエース」)ほど出しましたが
悲しい事に・・・イニDほどのHITは生み出せませんでした

BUT,セーラーエースに限っては・・・実は最近、とても面白くなってきていて・・・

毎週購読しているヤンマガですが、紅のドカはまるで子供のように?
好きな漫画の順番から、わざわざ選んで読んでいくのですが
( ̄◇ ̄;)

セーラーエースを読む順番が、少しづつ前の方に来ていますwww
しげの秀一さん・・・イニDほどではないですが、スーパーエースの活躍に、(野球の試合なのですが)ワクワクさせてくれます

セーラーエースが、かなり面白くなってきた~~
次週はどうなってしまうのか???
・・・と思っていた矢先に

突然の最終回!!!



流石に・・・・エエエエエエエエエエエエっ!!!
((((;゚Д゚)))))))

・・・と驚きました

だって、ようやくライバル高校のスーパーエースのピッチャーが、やっと肩を温め始め
これから2人のピッチング・バトルが始まる~~~~
めっちゃ×2 楽しみ~~~
(^ω^)

・・・と思っていた矢先の突然の最終回

自分的には・・・漫画テロですwww
_| ̄|○

かつての・・・少年ジャンプの・・・さぁ、これからが本当の闘いだ~
皆さんサヨウナラ~~~
・・・で連載が打ち切られてしまう漫画より、さらにヒドイ打ち切り方で
ビックリしました
。゚(゚´Д`゚)゚。

どうして、突然の終わりなの~~~
・・・と嘆いていたら

次のページに衝撃の告知が・・・



一瞬・・・

イニシャルDの続編が連載!?
((((;゚Д゚)))))))

・・・されるのか????と喜んでしまいました

でも、その漫画の内容を読むと



202X年・・・
クルマの自動運転が普及した日本に
英国レーシングスクールを
トップの成績で卒業した
天才ドライバーが帰国する

・・・・とのコメント書きが

・・・だっ、大丈夫ですか???
( ̄▽ ̄;)

数年先の微妙な近未来世界の話?
しかも・・・イニシャルDの続編ではない・・・みたいだし

バリバリ伝説→イニシャルDと走り屋系の漫画を描かせたら、絶対に大HITを生む
走り屋系の漫画を描かせたら、天才・・・いや“神”な漫画家・しげの秀一さんが
大ゴケ・・・する事はないでしょうが

何故か・・・・心配になりますwww
( ̄▽ ̄;)

微妙に近未来な設定が気になります
イニシャルDのように20年近くも連載が続いたら・・・連載当初は近未来だった設定が、あっという間に過去の話し設定となってしまうし

何十年も先の近未来設定ならイイですが・・・

すぐに訪れる近未来設定は、北斗の拳のように、199X年が過ぎても、ケンシロウは出てこないし、それほど暴力が支配する世界になってないし~~~
ラオウいないヨ~~

・・・みたく、その時が本当に来た時に、漫画の設定と現実の近未来が微妙にズレていたら
なんかリアル感が失われていくような・・・

まぁ、下種の勘繰り(ゲスのかんぐり)・・・というヤツなのでしょうか
(~_~;)

きっと、天才漫画家のしげの秀一さんが、紅のドカが心配するような、誰でも予測できるオチには、オチていかないでしょう

バリバリ伝説
イニシャルD
・・・の2作品を超える

めっちゃ×10 面白い作品を描いてくれる事を、心から祈ります
\\\\٩( 'ω' )و ////

でも、連載は夏からみたいです

う~~~ん、待ち遠しい

その夏の連載まで、せめてセーラーエースの続きを描いて欲しかった
・・・と思う紅のドカでした

あと、ついでに
バリバリ伝説かイニシャルDの続編を描いて欲しいとも思っている
紅のドカでした
ではでは~~~(=゚ω゚)ノ
スポンサーサイト

強すぎるモンスター化したマシン!?

前回のブログから、思い出してもらえたでしょうか?
ストリートファイター2の最終ステージに突如として現れたボス



ベガの・・・最悪最強なまでの卑劣な強さを



あの人間技と、万有引力の法則を無視した、トリッキーな動きと、躊躇ない連続技に・・・
ここまで頑張って、ようやくサガット様を倒したのに~~
さらにこんな強い奴が相手だなんて・・・
絶対に倒せないヨ~~

思わず泣きを入れたくなる・・・間も無く、アレヨアレヨと言う間に、KO負け~~



スト2のベガに最初に出会った時の印象は、他に類を見ない衝撃でしたよネ

その興奮と衝撃が・・・ついに!?2017年の名古屋に再び降臨す!!!

もしかすると・・・

オートトレンドのスタート地である、東京
もしくは次に開催された、大阪でも
この恐怖のモンスター化した大魔王は、いなかったかもしれません

名古屋だけに!?突如として現れた???
東京~大阪に出展されていた、どのマシンよりも抜きん出たアイデア満載のマシン
究極のオートトレンドなマシン?!
ヤンキー3人乗りの小型宇宙船が・・・

コレや!

しかとその目で見るがイイ!!!



ベニヤデスアルト

ベニヤです~アルト・・・なのか?

ベニヤ DEATH アルト・・・なのか?

その深い意味は不明ですが

きっと、広大な銀河系空間では・・・メルセデスベンツ・・・並みに有名な小型宇宙船のメーカーなのかもしれない!?

逆に、彼らヤンキー宇宙人からしたら~~地球に来たら、ベニヤデスアルトのパッチもんが幅を利かせているぞ~~
オイオイ、宇宙裁判所に訴えた方が良いのでは??ん
本当に地球は中華製のようなパッチもんが好きやな~~
ベニヤデスアルトの本家が困るよナ~~
・・・と嘆いているとか、いないとか



違う!
問題はソコではない!

何が凄いって、このヤンキー小型宇宙船

外装が全てベニヤか、未知なる宇宙素材のどちらかです
もし、ベニヤなら・・・釘で固定されていると思われます

フェラーリF40を彷彿させる、フロントの曲線は・・・並大抵の素人大工技術では出来ませんよ
宇宙的な匠の技量を感じずにはせんいられません

そして外装がホームセンターで売られているベニヤだけに??
宇宙を安定飛行できる様に、その場に合わせて、ベニヤとノコギリと釘とカナヅチがあれば、自由に外装をカスタマイズ追加できますヨ~~

多分、現在のスッキリとした状態は、余計なモノが付いていると、警察に止められて面倒な事になるから?日本の車検事情に合わせたスタイルになっているかと思われます



そして、オープンカー化?された天井の屋根を支えるパイプは、下水道工事で使われる塩ビパイプで補強されてます!!
しかも、その天井が高すぎる!!!
コレは、日本のヤンキー暴走族のバイクのライトが、ネッシーのように高くなっている事に対抗した手段かと思います

でも、せっかく天井があるのに、こんなに高い位置にあったのでは、雨が降ってきたら、すぐに中が濡れてしまいそうな気がする~~
でも、そんなの気にしない、雨が降ってきたら、気合いでカバーするのでしょうネ



運転席のハンドルが・・・タイヤ・・・というポイントはツッコミ箇所なのでしょうか???
何かタチの悪い間違い探しゲームでもしているかのような錯覚に陥ります

そして、3人目のヤンキーが座る?後部座席が何故か・・・三脚椅子??
快適性など一切無視した、究極の軽量化に脱帽です
もしかすると、取り外し可能で
クルマ(小型宇宙船)をパーキングエリアに停めた時に、外でタバコを吸う時に取り外して、座れるようになっているかもですヨ

どこまでもリアルを追求したモノ作りに、舐められたらオシマイと言うヤンキーの気合いが満ち溢れたアイデア満載のマシンとしか言いようがありません



今回の名古屋オートトレンドの中でも、指折りのカスタム マシンだったと思われます
ハッキリ言って凄いです!
来年はさらなる進化を期待していますよ
ではでは(=゚ω゚)ノ

ヤンキーに気軽に近付けれる場所

どんな困難でも・・・気合い!という言葉だけで、全てを解決してしまう
日本の昭和の時代になってから、突然変異で現れた生き物?昆虫?地球外生命体?・・・それがヤンキーだ!

その呼び名こそ一緒ではあるが、アメリカに生息する🇺🇸ヤンキーとは、全くの別物です

海外のヤンキーは、気合いなる未知なる世界のパワーなどミジンコたりとも使えません
気合いの無いヤンキーなんて、バスクリンを入れないお風呂のようなモノで、特別感がゼロですワ~~

ハッキリ言って、日本固有種が持つヤンキーの気合いパワーは・・・
曲がりそうも無いスプーンさえも!?その気合いだけで、強引に曲げてしまうチカラを持っていますヨ~~

それは・・・ただのチカラ技というヤツなのでは?!
( ̄▽ ̄;)

何ともならないモノは、気合いでカバー
まさに未知なる生命体にはピッタリな生き様です

そんな、普通の生活をしていたら、出会えないヤンキーに・・・

普通の生活で、もし出会ってしまったとしても、きっとその半径2m以内には意図的に近付かない
遠回りしてでも、その近くに、近付きたくない・・・
何せ気合いが違いすぎて、普通の人間生活を送っていると、なかなか近付きたいとは思えません

でも、1年に1回だけ開催される~~
彦星様と織姫様か出会える七夕イベントのように?!
このオートトレンド名古屋では、普通の人間でも、普段では近付き難いヤンキーさんの半径1mくらいまでは近付けます

なんと言う幸運なイベントなのでしょう~~

ヤンキーさんたちが乗っている、地球外からやって来た~~小型宇宙船に今回も接近する事が出来たので?!
早速、写真を撮りましたヨ~~



この光景は、ヤンキーたちが地球の衛星上で、このオートトレンド会場を監視しているヤンキー母艦と、無線連絡をしている光景です

宇宙へと向けて突き上げた、無線用の数々のアンテナは、まるで大和魂のかたまりのような、見事な竹ヤリで・・・
本当に恐れいります
( ̄▽ ̄;)

でも、これは全くもって通信用のアンテナですから、勘違いしないで下さいネ
マフラーではない・・・はずです

中には、地球上で何かのトラブルに巻き込まれて?!ヤンキー母艦と連絡を取るのに困ったあげく???どこかのボットン便所の煙突部分だけを借用している!?



地球のボットン便所煙突コラボ通信用アンテナもあったりして、意外にヤンキー宇宙人たちは、器用に地球で汎用性のあるモノを見つけ出す才能もある事を教えてくれます



この異様なまでに前に飛び出たフロント リップスポイラーも、きっと広大な宇宙を疾走する時には必要不可欠な装備なのでしょうネ

宇宙を意識した5人乗り用の小型宇宙船と考えれば・・・見た目は地球にかつて存在していた昭和のクルマのカタチに似ていますが・・・
れっきとした宇宙船です
そもそも日本の交通規制に合わせたような、車検など通すつもりもないから~~
まさに自由な発想のモノづくりをしていますよネ



中には天井もないオープンカーぽい、ヤンキー小型宇宙船もありますが
宇宙をオープンカーで走ると一体どうなるのか???
とても気になります
かなりの気合いゲージが必要な気がしますネ

そして、宇宙からやってきたヤンキーたちに触れ合える駐車場にて、何と、最大のモンスターが現れました

こっ・・・こいつは・・・強すぎる!?

初めて、スト2のボスである、ベガに出会ってしまった時と同じ衝撃を久々に再体験しました
こいつは・・・強すぎる!!!
果たして人類はベガを倒せるのか???



このような問答を、初めてベガと対戦した時に誰もが思う戸惑いを・・・

次回のブログにて、体験してもらいたいと思いますので、次回の更新ブログまで、気合いゲージを満タンにして待ち構えていて下さいまし
ではでは~~

気合いだけなら、富士山にも負けません!

どうも~
今や日本のドラマ等で、立派な俳優となってしまった・・・江口洋介・仲村トオルが
元はヤンキー漫画の代名詞とも言えた~伝説の~
ビーバップハイヒール
湘南爆走族
・・・なる伝説のヤンキー漫画の映画版の主人公役で大抜てきされて
その主人公の名前のまま、俳優さんとなってしまった過去をリアルタイムで知っている
・・・人が減って来ている事に、得体の知れない不安を感じる、紅のドカです

もしや、その過去を知っている者を、or 過去を語る者を、人知れずゴルゴ13に抹殺させているのではないか????
・・・という不安が、常に付きまとう
今日この頃です

不意に見上げたビルの屋上に、人影を見つけると~
次は自分かも?!と物陰に隠れる日々を過ごしおります
危険なのは自分だけ??
いやいや
その事実を知ってしまった、アナタもですヨ
( ̄+ー ̄)


さてさて、そんな昭和の時代には
ヤンキーなる生き物が普通に、野山だけではなく、街中にも生息していました

昆虫記を書いたファーブルも一目置いてしまう?!日本独自の進化を遂げた!?新種の昆虫ヤンキー!?

昔は夜の街灯の明かりの下等に、よく生息していましたが

今では絶滅危惧種として、その生存が危ぶまれつつあります

最近ではシーシェパードが、日本の固有種のヤンキーを守れ~
・・・と、イルカとクジラと同じ扱いにまで保護レベルを引き上げてきているとか、いないとか~

基本的にシーシェパードは、陸の生き物には興味はないのですが~~
何故かヤンキーという、人間のカタチをした生き物には興味があるみたいです

世界的にみても・・・かなりの独自の進化ですからネ
海外のセレブの間では、ニューヨークヤンキースのベースボールカードと肩を並べるくらいの人気で?!ヤンキーカードが高値で売買されている事を
未だに気合いだけで生きているジャパニーズなヤンキーたちは知りません

それゆえに?!
世界的にもヤンキーを生け捕りにして、生きたまま標本にして、海外の見世物小屋に売り飛ばす~
というトンデモナク~ヤバいバイヤーまで現れて
成田空港では、数体のヤンキーを海外に持ち出そうとしたバイヤーが、捕まっている映像が、たまにテレビでも放映されていますよネ

気合いだけで生きている日本固有種ヤンキーも
警察よりタチが悪い奴が現れたと
ビクビクしているみたいですが・・・

そこらへんは気合いでカバーしているみたいです

さてさて、そんな日本固有種であるヤンキーにも触れ合えるイベント・・・
それがオートトレンド名古屋なのです~~



どんな風に触れ合えるのか?
それは・・・

Σ(゚д゚lll)あっ!?
もうこんな時間!
早くしないと~~コンビニのおでんが新しい具材に入れ替えられてしまう時間だ!
長時間漬かり漬かった、出汁がよく染み込んだ、入れ替え直前のおでんが最高に美味しいんだよネ~
早くコンビニに出かけなくては~~
ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘

それでは、この名古屋ヤンキースのネタはまた明日です
気合いを入れて待っていてネ~~
ではでは~(=゚ω゚)ノ


86のアイデンティティーとは?

どうもです
昔はアンチ・TOYOTA車派だったのに・・・
気が付けばTOYOTAのクルマに乗っている・・・という典型的なミイラ取りがミイラになってしまった!?タイプの~紅のドカです

昨日のブログにて、ちょっとだけ向こう側?にイッテしまった脳みそを元の(オートトレンドな)路線に戻しますYO



トヨタ セリカ GT-FourRC カストロール仕様

これは・・・マニア泣かせの展示車両です
本当にラリーを走っていたのか!?
ところどころの歴戦の傷が・・・

ピカピカに光るオートトレンドな車両ばかりの中で、逆に輝かしい光というか、本物のオーラを放っていました

懐かしいですネ
このタイプのセリカ・・・

は~ぁい、シモシモ?
・・・とOK!バブリ~な芸人・平野ノラのモノマネをしたくなりますYO

このような最新車輌ではないマシンも、そっと展示車両として出して来るトヨタさん・・・嫌いではないです

そして、トヨタと言えば・・・86



この一番カワイイキャンギャルちゃんの86も良いですが・・・

86と言えば、パンダトレノでしょう~~~



Σ(゚Д゚) クハッ!!!!

86で一番重要視される、そのマシンの愛称の由来ともなったAE86エンジンが!?



銀色の謎のシルバーボックスで覆い包まれているではないか!?

中に小さなおっさんが入っていて、そのオッサンがペダルを回すと、クルマが前に動き出す地球にやさしく、オッサンに厳しい、脱ガソリンなエコな86なのか???

いやいや、本来なら“藤原とうふ店(自家用)”と書いてないとダメな所に



EV・・・のマークが!?

もしや、このクルマ・・・エヴァンゲリヲンのような小さな小さな使徒をついに捕まえて・・・この小さな箱の中に閉じ込めて、その使徒のパワーを使って、エコでありつつも凶暴的(暴走モード有り)に走らせているのか????

・・・それは絶対にナイです・・・ね

ということは・・・やはりEVとは・・・エレベーター????
もう、クダラナイぼけは止めときましょう

この86トレノ・・・完全なる電気自動車なのですwww

すげ~~~~

でも、愛称でもあるAE86エンジンが無く、心臓部分が電気モーターということは
もはや・・・“86”トレノとは呼べないですよネwww

まぁ、イイか~
漫画イニシャルDも、最後まで“86トレノ”と呼ばれていましたが・・・
実は、そのエンジンはエンペラーのランエボⅢとバトルして壊れてしまい、AE86ではなく、101のレース仕様のエンジンを載せていましたからネ
(レース仕様の超高回転型のエンジンを公道で載せるなんて・・・夢がアリすぎる話しですよネ~)
それでも、“86トレノ”と呼ばれていたので、もう何でもアリでしょう~

86とはエンジンの名前ではなく・・・
(自分の友達の親戚が経営していた、絶対に温泉が出ない場所での~太陽温泉という、温泉まで名前という奴と同じですよ)
86そのものがクルマの名前なのですよネ
初めに載せていたAE86エンジンの名前なんて、どうでも良いのですよネ~~~

ある意味、ポリシーが無い・・・ような気がしますが・・・

(ニッサンGT-RもV型6気筒なのに、GT-Rと名乗っているのと同じか~~~)

そのポリシーの無さ?が・・・現在の水平対向4気筒のスバル製のエンジンを載せた、トヨタ86がいる訳ですからネ

紅のドカ的には・・・現在の86を購入できるチャンスがあるのなら・・・絶対にスバルのBRZを買いますYO
だって、心臓部分であるエンジンがスバル製なら、スバルの車両を選ぶでしょう~~
でも、今の時代はエンジンにさほど興味がないのか?どうでも良いのか?ボーダレスな感じになってきていますよネ
紅のドカ的には、スバル・ブルーなBRZが欲しいくらいです!!!

スカイラインGT-Rから始まり、スバルBRZに落ち着いた所で、今回のブログはそろそろ終了ですwww

次回、ブログは・・・さらに紅のドカ気合い大爆発~気合いだけなら富士山にも負けません!編です
(なんだソレ~~~~)
ではでは(=゚ω゚)ノ


プロフィール

紅のドカ

Author:紅のドカ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
名言

地球の名言 -名言集-

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR