FC2ブログ

これからの時代の流れ・・・なのでしょうネ

どうもです
乗鞍ヒルクライムが終わると
1年の目的が達成されたのだ~~  
(((o(*゚▽゚*)o)))♡

・・・的な感じで?!
少しの間だけ
トレーニングに身が入らない!?
ちょっと太り始めた?
紅のドカです
Σ(・□・;)



さてさて
今年の乗鞍トレンド??
・・・と言うか
例年とは違う?流れを感じたので
少々書き残しておこうと思います

コロナ禍の影響で
県越えの旅行を控えた方が
めちゃくちゃ多くて??

今年の乗鞍は
自転車乗りな人が少なくて
本当に寂しい感じでした

いつもは
乗鞍観光センター前の駐車場なんて
昼間は~~
登山客や
自転車ヒルクライム野郎たちの
クルマで第一駐車なんて
入れないくらいなのに・・・

今年は空車スペースが目立ちます



それでも
紅のドカのような・・・
自転車で登りたい!!

そんな熱いハートの人たちは
ちらほらといて・・・

密にならないように???!!!
そもそも数が少ないから
絶対に密にはならないですが・・・
( ̄▽ ̄;)

パラパラと・・・
ヒルクライム スタート地点を
発車していきます



ヒルクライム時には
片手で数えるくらいの方しか
追い抜き&追い抜かれ
・・・されませんでしたが

ゴール地点で写真を撮っていると



それなりの間隔で
平均して3分に1人くらいは
自転車で登ってきます

そこで驚いた点は・・・

去年よりも増して!!

電動アシスト自転車での
乗鞍ヒルクライム
・・・をしている方が
多いのに驚きました

下手をすると
ロードバイクの数を越してしまうのではないか???

・・・とハラハラしてしまうくらいに!?

電動アシスト自転車の数が多いです
(~_~;)

自分も
年老いて
どれだけ時間をかけても
ロードバイクでは頂上にたどり着けなくなったら・・・

最後の手段で!?
電動アシスト自転車で
乗鞍ヒルクライムをアタックするつもりですが~~

そんな想いを乗せたかのように??
かつてはロードバイク乗りだったかもしれない!?
白髪のご老人な方が
電動アシスト自転車で
頑張って頂上まで走ってこられる姿は
なかなか勇ましいモノです

何歳になっても
電気のアシストを借りてでも
自分の脚で
乗鞍の山頂に行きたい!!

その気持ち・・・
年を追うごとに
分かってきます
( ̄∇ ̄)

そんな体力が落ちてきたご老人でも
楽では無さそうでしたが
山頂まで走って来れるのだから
電動アシスト自転車の進化は素晴らしい!!!

自分もいつかは
その恩恵にあやかりますよん
(*゚▽゚*)

でも
電動アシスト自転車に乗る方は
そんなご老人ばかりではなく

意外にも
若い人たちが
サイクリング気分で
電動アシスト自転車で走っていますネ

どれだけ楽なのかは
本当に分かりません
いや、知ったら最後
元には戻れなくなりそう
((((;゚Д゚)))))))

でも
10キロ地点の~~
いろは坂のような
地獄坂を鼻歌まじりで~~
勾配が地獄なイン側を
軽々と通過していくのでしょうか???

今回は・・・
電動アシスト自転車に追い抜かれる事は無かったですが~~

10キロ地点を超えた先からは
フラフラになってくるので~~

そんな時に!?
お散歩帰り♪な感じの~~
電動アシスト自転車に
軽々しく追い抜かれるのは・・・
なんか悔しい気もします
(>_<)

それこそ・・・
俺、何、ヤッテんの???

・・・と電動アシスト自転車集団に
軽々しくブチ抜かれたら
心が折れそうな気がします



年々、進化の一途が絶えない
電動アシスト自転車・・・
90歳のご老人に
乗鞍のヒルクライムで
鼻歌混じりで
追い抜かれる日が来るのか!?

電動で走らない意味は
そこにあるのか?!

これから先の時代は
今までに無い
新しいタイプの葛藤が
乗鞍ヒルクライムには付いてまわるかもしれませんネ

それこそ
今どきガラケーですか???
・・・・的な感じで

今どきロードバイクですか???
どうして、そんなに苦しい思いをするの??
ただの・÷・マゾですか???

そんな問いかけを
一番苦しい10キロ地点で
電動アシスト自転車に乗る~~若者にされてしまい
答えに困りそう~~

年寄りは
あえて・・・いばらの道・・・を進みたがるモノなんだよ
お前には真似できないだろ~~
・・・と
額から汗どころか
鼻からも汗のような鼻水をダラダラと流しながら
若者に向かって
ヒルクライムの苦痛で死にそうな顔で
あえて笑ってみせる
そんな紅のドカが
そこに居るかもしれませんネ

たぶん
一回、電動アシスト自転車の楽なヒルクライムを体験してしまったら
もう二度とロードバイクには
戻れなくなるでしょうネ

だから
しばらくは
電動アシスト自転車でヒルクライム体験は
なるべく避けるような
人生になりそうです
時代遅れの~~カタブツ・・・呼ばわりされそうです

ではでは(=゚ω゚)ノ
スポンサーサイト



乗鞍山頂からの帰り道~~

どうもです
この乗鞍ヒルクライム3日間で・・・
いろいろな場所に行って
イロイロな方と出会い~~
何となく・・・
コロナに感染していてもオカシクナイ~~
最近話題の~~コロナの後遺症で・・・
死ぬまで無味な人生を味わいたくない!?
美味しいモノは、美味しく味わいたい~~紅のドカです


さてさて
タイムがドカンと下降して
気持ちが折れそうな紅のドカに
乗鞍の山の神は
トレックさんという
粋な出会いを与えてくれて

新たな方向性を教えてもらった

そのトレックさんが
乗鞍岳の頂上を目指して歩き出し
その背中にエールを送ってから



マジで頑張ってネ~~
♪───O(≧∇≦)O────♪

紅のドカは
乗鞍神社にて



来年こそは・・・
キッチリとタイムを80分台に乗せたいです!!!
・・・と知り得たばかりの~
新しい方向性とは真逆な!?
従来通りのお願いをしつつ



あいるびーばっく
(`_´)ゞ

・・・と心で誓って



乗鞍 畳平駐車場を後にして

下山開始です



日曜日の午前中なのに!?
晴天なのに!?

本当に自転車で登ってくる方の数が少ない!!



コレでは・・・
紅のドカのような~
前を走る選手を抜くことで
闘争心の炎が燃え上がり
知らず知らずのうちに
タイムが早くなる
そんな・・・へそ曲りさん・・・には
ちとキツい状況です
( ̄▽ ̄;)



来年は
沢山の選手の中で
お互いに切磋琢磨しつつ
タイムを削って
その結果が80分台
そんな記録を目指したいものです



・・・なんて言っている間に~~
乗鞍山頂ははるか彼方~~



あぁ、今年もこれでオシマイか~~
ちょっとだけ
おセンチさんにもなりますが



まだ気は緩めません
何せこの日を含めて
3日間で3本のヒルクライムをこなしたので~~
身体がボロボロでクタクタです



それでも
誰かが片付けを手伝ってくれる訳でもないから
一人で愛機KUOTA空牙105を~



片付け

周りを清掃して

また来年、ココで会いましょう~~
その時は
オンボロやペイローラーが
新品に変わっていると良いネ
なんて
3日間も共に過ごした
お隣のペイローラーにお別れの挨拶をして~~



最後に乗鞍山頂の写真を撮って~~

腹ごしらえで~~
今年最後の
喫茶店メープルです



本当に今年最後だと思うと
何を頼もうか
めちゃくちゃ迷いますが~~

すでに1日前に食べている
から揚げ定食を
再び注文です



俺・・・どんだけ!?
メープルさんのから揚げ定食が好きなんだろう???
・・・と自分自身でさえビックリしてしまうくらいに



ココのから揚げ定食が大好きなんです

そして特別シチュー・・・美味しかったです



食後のコーヒーで
おまけでスイカまで付けてもらって



本当に感謝です

メープルさん無しでは
自分の乗鞍ヒルクライムは不可能です

来年もこの時期に
またやって来るので
よろしくお願いします
m(_ _)m

・・・と店長さんに
しばしのお別れの挨拶をして
メープルさんを後にします


途中、圧巻のダムに寄り~~



写真をパチリパチリ



とても天気が良いので

本当にダムが生えますネ~



自分が住んでいる地域で
一番近いダムは
こんなにもデカくないので 



思わず見惚れてしまいます
何十分もボォーッと出来そうですが
そんな事をしていたら
帰りが遅くなるので
帰路につきます

でも・・・
お腹がいっぱいになって
圧巻のダムも見れて~~
そもそも身体も疲れているから~~
物凄く・・・眠たくなるるる

途中、20分ほどトイレがある休憩所で寝てから
(( _ _ ))..zzzZZ

ひたすら走りに走って~~

ようやく汗だらけの身体をサッパリできる
温泉施設
せせらぎの湯
・・・に到着です



いつもは
駐車場が無いくらいに
クルマがいっぱい止まっているのに
今日は何故だかガラガラ

あれ???どうした?

施設内は普通にオープンしているけど
お風呂場はガラガラ

そうかココは・・・
お年寄りさんが多い温泉施設だから
コロナの影響で
お年寄りさんがいないから
珍しくガラガラなんだ~~

浴室内も露天風呂もガラガラで・・・

とてもゆっくりと露天風呂を満喫でしました



ココの温泉施設は鉄分が多いのか??
まっ茶色の温泉湯なのです
(*゚▽゚*)

乗鞍の乳白色な硫黄の匂いがない
無臭な温泉なので
家に帰る前に
硫黄の匂いを洗い流すのに
ピッタリなんです~~

お風呂上りは
お約束の~~



コーヒー牛乳飲んで
休憩室の畳の上で
少しだけ睡眠を取って~~
鋭気を養ってから!?

帰り道を
GOOOOOO!!!!!!ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

途中の道の駅で
一日の終わりを
コーヒーを飲みながら
あぁ、俺の乗鞍が本当に終わってしまう~~



このままどこか遠くに
行ってしまいたい気分♪

バイクだったら
なおさら思うだろうな~~
・・・と思いつつ

夜が迫ってきているので
帰ります~~

そして夜の8時過ぎ
かなり家が近付いてきたので
乗鞍ヒルクライム最後の〆で



来来亭で・・・

ガッツリラーメン定食



美味い!!!

毎回、乗鞍からの帰りは
この来来亭のラーメンを食べていますので



このラーメンを食べると
乗鞍が
今年の夏が
24時間テレビが
終わってしまう~~

・・・と少し寂しくもなりますが~
次の日から会社なので
いつまでも、ゆっくりとしてはいられない
食べ終えたら

また来年♪
・・・と心で誓いつつ
店を出て
家に戻っていくのであった~~
ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

イロイロあった乗鞍ヒルクライムでしたが
3日間で3本のアタックは
体力的に~~
あまり良くない事を知り

ライバル不在の孤独なヒルクライムでは
タイムが伸びないことも知りました

でも一期一会の出会いで~~
新たな方向性の楽しみを知り

振り返れば楽しい
乗鞍3日間でした

さあ、これから
来年の乗鞍ヒルクライム向けて~~
練習スタートです
ではでは(=゚ω゚)ノ

頂上で・・・一期一会

その出会いは
ゴール地点から
1キロくらい手前でありました~~



自分がブラインド左コーナーを
死にそうな表情で駆け抜けると
目の前に先ほどまでいなかった!?

同じ頂上を目指す
ヒルクライマーが突然、現れる!!

あれ?
先ほどまでの直線では
全く姿が見えていなかったのに
どうして
突然、自転車乗りが目の前に現れる???

そんな謎をふと思いましたが・・・
完全に酸素不足な状態の~紅のドカの脳みそは
それが意味する事を理解するだけの
頭の回転力もなく
起きた事を起きたまま受け入れるだけ・・・

とにかく
突然、現れたライバルに
意味もなくボルテージが上がる

ヘナヘナな状態なのに
抜いてやろう!!!

・・・・とほとんど消えかけていた
闘争心にゴール手前で火が点いた!!

このライバルの登場がなければ
正直に言うと
ゴールタイムが
40秒ほど遅れていたかもしれません

それくらいに
最後の気力を振り絞って!?
前を走るライバルを抜きにかかる

とても低いレベルですが
まさに・・・

限界突破!!

その方を後ろから抜きざまに・・・
ゴールまで頑張ろう!
・・・と声をかけると

そのライバルも自分の声に応えてくれて
いや
ウサギ耳な姿に応えてくれて

後ろからナニか声をかけてくれているのだが

残念ながら
ナニを言っているのか
よく分からない

限界突破な状態の紅のドカ・・・
脳みそが回っていなくても
なけなしのプライドだけはある!!

それは・・・

1回追い抜いた自転車乗りに
逆に、追い抜き返される事ほど
ヒルクライマーとしての屈辱はない



1回追い抜いた以上は
絶対に抜かれてはダメなんだ!!


そのプライドが
残っていないはずの
未知なる領域のパワーを引き出し!?

ヘナヘナなのに
スタンディングして・・・るつもりで!?
ラストスパートです

いや、このライバルがゴール前にいたからこそ
ラストスパートが出来たのです

やはり一人でコツコツと走るのではなく
追いつき、追い越す、そんなライバルも必要なんです

そして、最後の最後の急勾配な地獄坂を上り終えて

ゴール

死にそう!!!

マジで死にそうだった

そして、追い抜いたライバルも
自分のすぐ後からゴール

レースでも無いのに
ゴール前にて
とても盛り上がれた
最後の最後で闘争心に火が点いた

そして、そのTREKに乗る方は・・・
以降・・・トレックさんと呼びますが

ゴールした直後にすぐさま
自分に近寄ってきて

こんな姿で走っている方なら
きっと話し合えると思って~~
・・・と声をかけてきた

確かにストイックに自転車に乗る人や
元からクールな人は
無口な方も多く
話しが続かない事もあるのだが

誰か声をかけてヨ~~
このウサギ耳の事をツッコミ入れてYO!!
・・・的な???
自分のような異質な姿で
地獄坂に挑んでいる人なら~~~~

最初に話しかける勇気さえ持てば!?
そこが一番の努力箇所???
見るからに?話しの引き出し箱だらけなので
いくらでもトークを盛り上げますよん

その方は地元の方らしく
たまたま天気が良いから来てみた~~
・・・という坂道がない所で育った自分からしたら
羨ましいくらいの方でした

自分と同じように???
話し好きな方で・・・
ちょっと話して意気投合すると

トレックさんの方から写真を撮ってあげますよ
・・・と言ってくれて
とても嬉しかったです



自分のような内気なおっさんボーイは
なかなか他人に写真を撮って下さいと言い出せなくて
1枚撮ってもらうだけでも
いつも感謝なのですが



心優しいトレックさんは
背景を変えて
何枚も写真を撮ってくれて
本当の本当に嬉しかったです



大大大大感謝です
ヾ(≧▽≦)ノ

それから
自転車を並べて一緒に写真を撮ったりして
とても楽しかったです



自転車で山を登って
同じ苦しみを味わい
ゴール地点で
たまたま出会えるなんて
本当に偶然の偶然
一期一会の出会いだよネ~
・・・とトレックさんは言っていましたが

確かに・・・
一期一会だよナ~~

楽しい出会いに感謝です



その後、頂上休憩ポイントの畳平で落ち合い
最高に美味しいオレンジ味のなっちゃんを飲みながら~~



お互いの自転車話しで盛り上がる

そして、トレックさんは
自分がタイムを測って
乗鞍ヒルクライムを走っている事に感心していました

どうやらトレックさんは
タイムなんて測らずに
純粋に・・・いろんな意味で
“乗鞍を登る”ことを楽しんでいるようで~~

ココまで自転車で地獄坂を登ってきたのに!?
これから
自転車用のビンディングシューズを脱いで
スニーカーに履き替えると
山を登ると言い出した

マジですか!?

マジでこれから山を登るの???

凄い体力ですネ~~
・・・と感心しつつも

自分とは違う
自転車での乗鞍の楽しみ方を
知ったような気がした

自分がココで出会った方の多くは
その走行タイムに縛られていた

自分なんて
ベストタイムの87分というタイムに
がんじがらめに縛りつけられていて

せっかく頂上までj自転車で登ってきたのに
タイムが良くなかったから
・・・と残念がっている

これって・・・おかしくないか???

乗鞍はタイムが全てではない・・・のでは?

タイムに縛られずに
頂上を目指して自転車を走らせ
その後に
登山までしてしまう
そんな楽しみ方もアリなのでは????

自転車で頂上まで走りきるだけで
体力を使い果たしてしまった自分には
到底マネのできない芸当だ

そもそも荷物に山登り用のシューズを入れる事が
タイムアタックが全て・・・・と言わんばかりの
乗鞍ヒルクライムには無かった
新しい要素であった

タイムが伸び悩み
今後、劇的にタイムが向上する可能性もなく
(;´Д`)
これからの乗鞍ヒルクライムを
どのようなモチベーションで挑めば良いのか?

暗中模索で迷走状態な紅のドカに
タイムをあえて測らない!
そんな乗鞍ヒルクライムのスタンスがある

その楽しみを
トレックさんとの出会いで
教えてもらっただけでも
今回の3本目のヒルクライムは
成果があったのかもしれません

タイムだけが全てではない

トレックさんとの出会いが
今すぐにではないかもしれませんが
今後の乗鞍ヒルクライムへの
取り組み方の軌道を変えていく

そんな大きな分岐点だったかもしれません



頂上で出会った
トレックさんとの一期一会の出会いに感謝です
ではでは~~~(=゚ω゚)ノ


乗鞍ヒルクライム3本目を走り終えて

ヒルクライム アタックの基本的な攻略法の勘違いと
マネージメントの計算違いで~~
スタートから
薔薇の道を選択してしまった
紅のドカ・・・



その間違いに気が付いたのは・・・
21キロ続く地獄坂を
13キロも走ってきた地点

・・・残り8キロ
そこから軌道修正をするも

間違った選択から
すでにスタミナも想定外の消費で~~

かなりのヘトヘトなペース

完全にヤッチマッタ感に打ちひしがれつつも
足だけは地面に着けずに
ゴールまで走りきりたい!!
その一心だけで

最後まで心を折らずに!?

ヘトヘトながらも~~ゴール
ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘

その走行結果は・・・



2日目よりも22秒遅い・・・

98分14秒

13キロ地点からの軌道修正で
何とか100分以内はキープできたが~~

前日よりもヘナヘナでクタクタなのに
22秒も遅いとは

情けない
(ノ_<)



そもそも
3日間(6時間の徹夜の移動時間を含む)で
3本の21キロ ヒルクライム アタックをすると
最終日にはスタミナが完全回復をしていないかも?
・・・という問題があるのかもしれませんが~~

そもそも正攻法を無視して
無謀な計画を立てた時点で
自滅のパターンだったのかもしれませんネ

1年前のベストタイムから
11分も遅い結果です



たった1年で11分も走行タイムが落ちるか???

もしかして
走行タイムを測っていた
スマホか、サイコンか、アプリの不具合か???



何度もスマホを確認したし
写真の撮影時間などで
走行タイムを割り出してみたりしましたが

どこにも時間的な狂いはない・・・
( ̄▽ ̄;)

もしかして・・・
どこかの区間で10 分間だけ宇宙人にさらわれていたのか???

・・・もう辞めよう
そんな自己擁護の妄想は・・・
虚しくなるだけだ
(ノ_<)

1年間をかけて
室内でのヴァーチャル トレーニング
Z会ズイフトをのワークアウトをこなしてきた
その結果がコレでは

本当に・・・情けない
(つД`)ノ

たった1年で
ちゃんとトレーニングしていたのに
このテイタラク

もう何ともフォローのしようがありません

コレが・・・

認めなくないモノだな・・・現実という
己の老化現象を~

・・・と嘆いてしまいますよん
。・゜・(ノД`)・゜・。

でも
乗鞍岳にたまに現れ~~
選手を惑わす!?
時間の歪みスポット
そんな路線にたまたま迷い込んでしまったーー
そんな事は現実的にないし
そんな訳は無い・・・

たった1年で
11分もタイムが落ちたのは
事実です
もう、抗うことができ無い~~歳のせい!!
タイムが下降することはあっても
短縮される事はないのか~~

トホホ~~

・・・と自転車師匠に嘆いたら

師匠は・・・
1人で走る時よりも
大会などで沢山の選手の中で走る方が
タイムが良くなる

・・・と励ましてくれました

確かに
コロナ禍の影響なのか???

金曜日、土曜日、日曜日と
めちゃくちゃ~~
走っている人は少なくて・・・

当然ながら
自分を引っ張っていってくれる
ちょっと速いペースの方なんて
超偶然に出会えなかったし

前の人を追い抜こう!!
・・・という闘争心が沸く事もなく

ひたすら1人で
目には見えない~~
去年のベストタイムの自分の背中を追うだけだったので

その点では・・・
タイムが向上しない理由にもなりますが~~

でも11分は酷いよね
ちょっと無いでしょう~~

ちなみに
心拍数のアベレージは175を狙っていたのに
160アベレージでした



上り坂が苦しいので
心臓は物凄く早く鼓動している感はあるのに
何故だか
心拍数は上がらない

心拍数アベレージが160で良いタイムが出るのが一番なのですが~~

前日よりも心拍数は低いのに
疲れ方は
半端ないとは~~

一体ナニをやっていたのか???
理解に苦しみます~~

そんな訳で
沢山の応援をいただいのに

俺!凄いだろ~~
・・・的な事は1つもなく
(ノ_<)

まだ伸びしろが有ると勘違いしていた人が~~
痛いくらいに
現実を叩きつけられる・・・

そんな痛い結果だけが残ってしまった

残念な乗鞍ヒルクライム3回目でした

足を着かずにスタートからゴールまで
ちゃんと走りきれけど

思わず泣いてしまいそう~~
。・゜・(ノД`)・゜・。

・・・となった時に
山の神は
自分の気持ちが折れないように??
ちょっとだけ素敵な???巡り合わせを用意しておいてくれました

それは次回のブログにて
ではでは(=゚ω゚)ノ



乗鞍ヒルクライム アタック 3本目

どうもです
乗鞍ヒルクライムアタック
3本目を終えた結果は・・・

認めなくないモノだな・・・でも・・・
(ノ_<)



さてさて
午前7時半前~~



今回3本目となる
乗鞍ヒルクライムアタック
スタートです
ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

ギアは4
心拍数はアベレージ175

・・・という今回のマネージメント予定



結果から言うと・・・

全然ダメでした
。・゜・(ノД`)・゜・。

大失敗でした
_| ̄|○

いや、そもそも連続3回の乗鞍ヒルクライムで
基本的なスタミナが満タンになっていなかった
・・・かもしれませんネ
(かなりの言い訳)

もう若くないのだから~~
(; ̄ェ ̄)

3日間で本気のアタックを挑めるのは
自分の体力的に・・・
2回だけかもしれませんネ



何が1番の間違いだったかと言うと

恐ろしいくらいに!?
心拍数が全然上がらない!!!

とんでもなく急な地獄坂でもない限り

心拍数はほとんど160



たまに150台にまで落ちていた

170台なんて、たまにしか入らず
175アベレージなんて
とても無理
:(;゙゚'ω゚'):

どうなってるの???

1日目の心拍数アベレージが171
2日目の心拍数アベレージは165
3日目の心拍数アベレージは160

ドンドン下がっているるるる

心拍数アベレージが低くて
速く走れているのなら
何も問題は無いのですが~~

現実はあまり速く走れていない



1キロずつのラップタイムは
ベストよりも毎回遅く

87分で頂上まで走り終えた
去年の自分の背中は
ドンドン先に行ってしまう~~

。・゜・(ノД`)・゜・。 トホホ



そして
1番の選択ミスは
ケイデンス(回転数)で坂道を登ろうとせずに

トルクで勝負と言わんばかりに!?
ギアを2日目よりも1つ重いギアにしてしまった事

この失敗に気が付いたのは~~

悲しいかな
13キロ地点であった



その13キロ地点で初めて後ろから来た若者に抜かされた

その若者は確実にケイデンスで坂道を駆け上がっていた

そうだ!
坂道はギアを軽くして
回転数で乗り越えるモノだ!!

俺・・・重たいギアで無理して
トルクで走ろうしているけど
それは違う!!

少しでも軽いギアで
回転数を増して
少しでも楽に坂道を
1つずつクリアしていくのが正攻法だ

しまった~~
13キロも無駄に重いギアで
スタミナをロスしながら走ってきてしまった



13キロ地点から
ギアを3や
キツい坂では2や1にまで落として
場しったが・・・

完全に・・・あとの祭り
。゚(゚´ω`゚)゚。

もう自分のスタミナは
無駄に重いギアを回し続けた事で
どこにも余裕はなく

あとは頂上まで
残り少なくなったスタミナを
無くならないように
無理せず少しずつ使っていくだけ

最悪だ~~



これなら
昨日の走りの方がまだマシだった~~
とにかく最後まで余裕があったしネ
今はどこにも余裕がない

最初からギア3を基本形にして
その前後を上手く使い分ける
そんな戦法で行けば
もっと速く走れたかもしれない



あぁ、今さら何ともならないが
昨日より少し遅いくらいのペースなので
最悪なタイムにならないように
軌道修正をしつつ

最後はラストスパートをかけて

ゴール!!!



ひぇ~~
死にそう~~

もしかすると暴走だった初日よりも
キツいかも!?

その結果は!?

次回、ブログにて~~
プロフィール

紅のドカ

Author:紅のドカ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
名言

地球の名言 -名言集-

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR