FC2ブログ

自転車のチューブと原発は同じ?


仕事を終えて、会社から帰ろうと、通勤用MTB自転車に近づいて行ったら・・・

((((;゚Д゚))))))) あれれ?
なんだか様子がオカシイぞ・・・

こっ、コレは・・・

クルマで言うなら・・・自転車がシャコタン状態になっている!?

・・・と言うか、自転車のリアがメチャ×2下にダウンしている!

(; ̄O ̄)なんじゃ~!こりゃ~ぁ~!!

と言いつつ、さらに近づき、よくよく見てみると・・・
Σ(゚д゚lll)あっ!

リアのタイヤがパンクして、空気が抜けているではないか?!

やられた~

_| ̄|○ ガックリ

仕事を終えた後に、また一仕事かヨ~
疲れる~~~

とりあえず、タイヤを外して、チューブを取り出し、パンク箇所を特定するために空気を入れてみると・・・

なんと、100円均一のパンク修理材では直せない、空気バルブの根元が、ゴムの劣化からか亀裂が入っていて、そこから空気が漏れてくる~

手元の修理材では直らない・・・
_| ̄|○ さらなるショック

多分、ちょっと前にタイヤを交換した時に、チューブも外したので、その時に無理な力が加わって、亀裂が入ってしまったのでしょう・・・

もう、どうにもならないので、この日は会社のクルマで家に帰り、途中のホームセンターで、新しいチューブを購入しました

買って分かったのですが・・・チューブも実は微妙な進化を遂げているんですネ~

なんと!今度のチューブの空気バルブは虫ゴムを使わない、空気漏れしにくいチューブなんです!

Σ(゚д゚lll)えっ?何それ?!虫ゴムって?

・・・って方のために説明します!

タイヤに空気を入れる時に黒いキャップが付いている金属の空気入れ口がありますよネ・・・
そこからチューブの中に空気を入れるのですが・・・
その空気入れ口の先にバルブがあってその側面の穴からチューブ内に空気が出たり入ったりします
その穴を原始的に塞いでいるのが、虫ゴムと呼ばれる直径2ミリほどの、これまたゴムのチューブです

自転車用の虫ゴムは(安いモノを使っているせいか?)すぐに劣化してきて、空気がどんどん抜けるから、なんとかならないかナ~

なんて前から思っていたのですが・・・

そこらへんの需要を見込んだ、アフターパーツ メーカーがやはり、そのような需要や見込んだモノを作るんですネ~

と言うか、チューブや何やらの前に、発泡ウレタンのような素材のパンクしないタイヤチューブにすれば、空気入れや、パンクの危険性から解放される訳ですが・・・
何せ値段が高いから、二の足を踏んでしまうんですよネ~
(^_^;)

だって、この写真のチューブ・・・690円ですヨ!
お財布事情が厳しい時には、どうしてもこのような安価なモノに手を出してしまうんですよネ~

まぁ、たいがい何か起きた後に、あの時、お金をかけてより良いモノにしておけば良かった~
と後悔するのがオチなんですが・・・
(; ̄O ̄)

コレが日本人の後悔パターンとするならば、今回の原子力の再稼働問題も、同じですナ~

紅のドカの低レベルな考え方の持ち主と、一国の首相が同じ考え方の持ち主では、政治家さんちもたかがしれていますネ~

新しいチューブを装着した感じは・・・
当たり前ですが、何も変わりませんネ
(?_?;)

それでイイんです・・・もうこれ以上、何も起きなければ・・・

自転車で何か起きても、せいぜいパンクぐらいですから・・・

でも、原子力発電所が再びパンクしたら、どうするつもりなんでしょうかネ~

自転車のパンク修理のようには、行きませんで~
第一、福島原発は未だに修復のメドが立たずに、手をこまねているのに・・・

日本地図にまたしても、立ち寄り禁止地区を作るつもりですかネ~~~日本国のお偉いさん

本当にこの国の首相は、好き勝手な事をしてくれるから、たまりませんワ~

現段階では最終処分出来ない核廃棄物をどんどん作り出して、将来にツケを回すのは、もう嫌なんですけどネ・・・
スポンサーサイト



プロフィール

紅のドカ

Author:紅のドカ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
名言

地球の名言 -名言集-

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR