FC2ブログ

悩める紅のドカ


めちゃ×2悩んでいます~~~
3,000万円をどうしても1日で使いきらないとイケナイので、メルセデス・ベンツAMGを買うか、それともフェラーリ458を買うか・・・
・・・マジで???
もしそんな悩みが本当なら・・・夢のように嬉しいのですが
もちろん、そんな悩みではありません

安城市発の“じゃんだら輪”なる自転車イベントです

とにかく何に一番悩んでいるかと言うと・・・参加するのか、欠席するのかという根本的な所です

実は“じゃんだら輪”のイベント実行日は10月14日の日曜日で、市民の方がとても参加しやすい日にちの設定になっているのですが・・・

実はこの日曜日・・・紅のドカは今日と一緒で・・・悪夢の休日出勤日なのです
ぐぁ~~~~~~ん
ヘビー ショック!!
なんでこんな日が休日出勤なんだヨ~~~

大会の内容を初めて見た時に、これは面白い!
ぜひ参加しなくては!!・・・と、とても意気揚々と参加の旗を揚げたのですが・・・いざ会社のカレンダーを見たらビツクリ
まるで嫌がらせのように休日出勤になっている

はぁ~~~~~~これでは参加したくても、参加できないナ~~~~
気分は急降下です

でも、突然その日に、何かしらの病気になる可能性もあるよネ・・・(苦笑)
病気になる事を見越して、参加費を払い込んでしまおうかナ~~~
なんて考えもフツフツと沸いて来るのです

BUT さらなる問題が、この大会にはありました
それが、時間や速度を競うレースではなく、あくまで自転車に乗って楽しむイベントという事が、大会の内容を読んでいくうちに分かってきました

最近の紅のドカの自転車練習は、ターゲットを乗鞍マウンテンクライムのタイムアタックに焦点を合わせているので、長距離の走行でも、順位やタイムを争う的な要素が無いと、ちょっと気分が乗りませんし、燃え上がりません
(タイムばかり気にしていて、本来の自転車を楽しむという根本的な部分が抜け落ちてしまってきています・・・これはちょっと悲しい事なのか?)



でもでも・・・写真を見てもらって分かる人には分かりますが・・・
(写真が見にくいですか?ゴメンなさい)
大好きな作手村への、バイクで走るようなコースを、自転車で走る設定になっていて、よく知っている道を走る故に、そこをあえて自転車で走るのも楽しそうだし・・・
1人ではとてもこんな遠い所まで走ってこようなんて思いもしないから、この機会を逃したら二度と地元から作手村まで、自転車で走ってみようと思わないだろうし
これを走破したら、何か違う世界が開けてきそうな気がするんですよネ・・・

でも、もしエキスパート部門に参加して、本当にこの道を走りきれるのであろうか??

一番標高が高いポイントである、巴山クライムは紅のドカが練習のために去年までよく走りに行っていたコースである
その麓までは、いつも家からクルマに自転車を載せて走りに行っていたのであるが、今回のエキスパート部門は、そのクルマで走っていた箇所も含めて、自転車走行である!

これはマジで、デンパーク~巴山~作手の道の駅~デンパークと最後まで走れるのか不安になる・・・体力が続くのであろうか???

だけど、やった事が無い、不可能かもしれない・・・と思えば思うほど、挑戦してみたくもなるんですよネ
本当に困った事に・・・

でも、会社の休日出勤という面倒な兼ね合いがあるので、難しい選択を迫られる事になりそうです

そして、10月と言えば・・・セントレア8時間耐久自転車マラソンですよネ
この大会とも時期的にカブリそうで、いやきっと日程は違うと思うのですが、2つもエントリーと言うのは、たぶん大人の事情で出来ないと思うのです

どちらか1つの選択となりそう・・・

会社の休日出勤を無理矢理に蹴り飛ばして、タイムや順位の(競技性が)無い、自分がどこまで行けるかという限界に挑む“じゃんだら輪”に参加するのか?

まだ開催決定の知らせは無いが、去年の8時間180kmという自分の記録を塗り替えるために、そしてソロ成績8位という順位を少しでも上げるために、セントレア8時間耐久マラソンに参加するのか?

AKB48+OJS48?か
SKE48&NMB48&HKT48&アヤマンJAPAN?の4ユニットを足したメンバーと
南の無人島に一緒に漂流するならどちらがイイ???
くらいの究極の選択です
(どうしてOJS48???そんな奴らがいるくらいなら・・・ウ~~~ン ナヤム・・・)

それくらいに本当に悩ましい問題ですワ~~~
スポンサーサイト



プロフィール

紅のドカ

Author:紅のドカ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
名言

地球の名言 -名言集-

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR