FC2ブログ

牡蠣食べ放題・・・の前に (前篇)

牡蠣食べ放題の前に告げなければならない話があります・・・

実は紅のドカ

20年くらい前に・・・
ナマ牡蠣に大当たりした事があります
(>_<)



その時の思い出は・・・まさに瀕死の状態・・・としか記憶がありません

振り返りたくないけど、過去の話を振り返ってみたいと思います

20年くらい前の紅のドカ
まだまだ若くてイケイケなおバカさんだった頃です

金曜日の夜、会社の飲み会で、いつも行く居酒屋さんに集合!
居酒屋の店長が、生きのいい牡蠣が入ったから、生牡蠣で出しますよ!
・・・なんて言葉に騙され、紅のドカは馬鹿みたいに生牡蠣を食べまくったのです

普段はそんなに牡蠣なんかに興味を示さないのですが、何故かこの時だけは、悪魔の誘いでも受けたかのように、本当にバカみたく食べまくった・・・

今、思えば、普段そんなに食べないモノをどうしてアレだけ食べたのか不思議でしょうがない・・・
まさに地獄の門の鍵を自ら壊して、奥へ奥へと意気揚々と突き進んでいた感じ
・・・その先に閻魔様がいるとも知らずに
(−_−;)

金曜日の夜に食べて、その後の数日間は、何の異変もありませんでした

そして、日曜日の夜に、スペアリブを食べました
すると、その次の日である月曜日の早朝、まさに草木も眠る丑三つ時に、突然のゲロゲロな吐き気と、土砂降りのような猛烈な下痢

何度もトイレで便座に座ったまま、そのまま死ぬかと思うような地獄の苦しみ
まさに瀕死の状態

ベッドにいるよりトイレにいる時間の方がはるかに長く、そのまま地獄の苦しみを味わいながら月曜日の日の出をトイレで迎えました

こんなに強烈な下痢と嘔吐は始めてであった

いや死ぬかと思ったこと事態が始めてであった

トイレの中にいる間じゅうは、何が原因だったのか、ひたすら考え続けていた
そして思い当たったのが、前日の夜に食べた・・・スペアリブ



((((;゚Д゚))))))) あのスペアリブの野郎が、俺をこんな苦しめているのか~
クッソ~、今度会ったら絶対に叩きのめしてやる!

そんな誓いを立てながら、トイレから出て病院に向かう頃には、嘔吐をしても胃液しか出ず、下から出るモノはもう何も無い
でも腹は痛い
体重も10キロくらい落ちた・・・イメージ
でも気持ち悪いは、腹は痛いはで最悪な状態は変わらない
まさに瀕死の状態

9時になるのを待ち、病院に行き、症状を話すと、これはヒドい食当たりですネ~
・・・的な感じ

とりあえず腹の中に何も無くなり、瀕死の状態のピークを少し超えたあたりだったのと、胃と腸が空っぽで体調が戻るのに不安があったので、栄養注射を打つと・・・
今度は急に身体に栄養が回ったのか?突然回りの景色が白くなり、そのまま意識を軽く無くして倒れてしまいました

気になる続きは・・・次回です!
スポンサーサイト



プロフィール

紅のドカ

Author:紅のドカ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
名言

地球の名言 -名言集-

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR