FC2ブログ

いよいよ本番、ユーザー車検スタート!

車検書類一式を全て揃えて提出&確認をしてもらい、シトシトと雨が降る中・・・人的検査を受けるために、車の列に並ぶ

並んでいる間も、弱ったバッテリーを充電するために、左側スイッチ類(ライト)のケーブルをカットして、無駄にライトがつかないようにしてバッテリーの消費を抑え、アイドリングで充電をひたすら続ける



雨の中、カッパを着てクルマの列の中で並んで待っていると・・・自分より後ろの方で並んでいた、車検慣れしたバイク屋さんらしき人が、直接、車検場の人に交渉してきてくれ

二輪専用の屋根がある建屋の前で、バイクだけ単体で、人的検査をやってもらえるように頼みに行ってきたらしく・・・自分にもクルマの列から出て、建屋の屋根の中に行くように教えてくれた

これは本当にありがたかった

雨の中で待つのは、本当にツラいですからネ
( ゚д゚)助かった~

人的検査が行われるまで、エンジンを切らずにアイドリングを必死に続けたおかげで・・・

右側ウインカーの怪しいパカパカ点滅は収まってくれた

良かった~ホッ( ̄◇ ̄;)

バッテリーが少し復活してきたみたい

次は建屋の中で機械検査の番です

前後ブレーキ&スピードは一発合格

でも・・・

次なるハイビーム検査は・・・最悪でした

とりあえず例の裏ワザを発動するため、ライト検査の前で、係員を呼び出す

そして、駆けつけた係員に耳元で光量に関する裏ワザをゴチョゴチョ

すると、了解OK

マジで~

でも、本当に効果があるかは検査をやってみなければ、マジかどうか分からない

そして、検査は始まる

・・・

・・・・・・

・・・・・・・・・

検査終了・・・ペケです

((((;゚Д゚))))))) えっ?!え~
やはり裏ワザはダメだったのか~

_| ̄|○ ガックリ

WHY?

検査官いわく
光量はイイのですが・・・
ライトが左に寄ってます

・・・との事

何?!

光量は大丈夫なのか~
裏ワザが効いた~
\(^o^)/ ヤった~

でも、左右の調整が出来ないライトをどうやって、右に光軸を向けるのか?

コレは大問題が発生です
(−_−;)

とにかく、気が動転して、どうしてイイのかよく分から無いので・・・
とりあえず整備工場に戻る

整備工場で光量はイイけど、ライトが左に寄っている事を言うと・・・やはりか~

さてさて、どうする?

雨が降っていなければ、電球を取り出して、無理やり向きを変えてみるのだが、雨が降っていて、電球が切れてしまう恐れがあるので、それは出来ないとの事

とりあえずカウルとライトを固定しているボルトを2本外して、ライトを右側に押しながら、カウルとライトの間にダンボールを挟み、押しつけたままボルトを締め込む



これで少し光軸が右側寄った
テストをしてみると
少しだけ中央に近づいた
でもギリギリ
光量は相変わらず150ホニャララに達していない

やはり裏ワザの効果はあったのだ・・・

2回目のテストを受けてもダメだったら、カウルを外して、ライトを固定している部分のボルトを緩めて、右側に押しつけつつ再びボルトを締め付けなおす

そんな最終手段を教えてもらいつつ、再び紅のドカ996号は雨の中を車検場に向かうのであった

今日も長くなってしまいました
もう読み疲れたよネ・・・

この結果はまた明日~
ではでは~
スポンサーサイト



プロフィール

紅のドカ

Author:紅のドカ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
名言

地球の名言 -名言集-

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR