FC2ブログ

どこからか謎の使徒がやって来る・・・

これは1ヶ月前くらいの、ちょっと古いお話しです・・・

紅のドカが幼い頃から住んでいる町では、セミ取りは出来ますが(それは日本全国どこでも出来るゾ・・・)
野生のカブトムシを取る事は、夢に見る事はあっても、実際に捕まえる事は出来ませんでした
いや、野性のカブトムシ自体がいません・・・基本的にペットショップやホームセンターなどのお店で購入するモノです

だから夏場に山の方や、キャンプに行くと、(自分が住んでいる町にはいない)カブトムシやクワガタが、木や葉陰にいるかもしれない・・・
などと変に胸を躍らせて、虫取り網(タモ)を持って、カブトムシを探したモノです

そんな紅のドカの固定概念を覆す事件が、このところ会社の倉庫前で起きています

なんと!

朝、会社に行き、倉庫の前に行くと・・・

1週間に1匹の確率で、カブトムシが倉庫の入り口付近に(捕まえてくれと言わんばかりに)何故かいるのです!!!!!!

いつから、この町はカブトムシが異常発生するようになったのだ!!!

去年までは年に1匹くらいの低い確率でした
しかも、ちょっと不人気なメスでした

いや、今年も7月前半はメスでした

やはりというか、当然のように社員にもメスは不人気で・・・誰ももらっていかないので、そのまま野放しにしている間に、どこかへ消えていく・・・そんなパターンが続いていました
最悪な場合・・・ダンプのタイヤに踏まれてペタンコになっている時もありました
(; ̄ェ ̄)


そんな期待ハズレな日々が続くなか・・・

ついに、とうとう、待望のオスがやってきました!!!

もちろん、オスならオレがもらって帰るヨ~~~
( ̄Д ̄)ノ
・・・との事で紅のドカが、頂いて家に持ち帰りました



初代オス・カブト君はかなり体格もよく、堂々した角構えでした
クルマで言えば、ハマーH1クラスの体格でした

家に持ち帰った初日は、エサの準備がしてなかったため、急いで子供が持っていた昆虫図鑑でエサを確認したら・・・

カブトムシのエサにはキュウリやリンゴやゼリー
などと書いてあるではないですか・・・

ゼリーは甘いから分かるけど・・・キュウリって甘くないし、それはカタツムリやカッパを捕まえた時の場合だろ~~~

それでも図鑑に書いてあるのだから、もしかして思いつつキュウリをあげてみたら・・・

恐ろしいほど、めちゃくちゃ食べました

カブトムシってスイカなどの甘い汁が好きなのかと思っていたけど、意外にキュウリもイケル派だったのですネ~
勉強になった~

その次の日に、キュウリだけ食べていては緑色のカブトムシになってしまうので・・・
急いで100円均一のカブトムシ・コーナーで切り株とご飯用ゼリーを買ってきて、家で飼育し始めました

でも・・・家に来て8日目の朝にご臨終していました

ありゃりゃ~

まだ小さい子供に、どのように説明したらイイのだろう
会社に行く前で、ちょっと説明が面倒だったので、見つからないように玄関の外に隠しておきました

そして、その日、会社に行くと・・・

なんと、新たな使徒が現れた!!



OH!!!ジーザス クライ!!!!

まるで、初代ビートルが、永眠するのを待っていたかのような、筋書き通りの登場!!!
ゼーレの死海文書の通りだ!

よくぞ来てくれたオスのカブトムシ君

でも、ちょっと困った事に・・・

初代ほど体格が良くない

買った訳でもなく、自然に飛んできてくれるモノに文句は言えませんが・・・

言ってしまえば、2まわりくらい身体が付きが小さい

う~~~~~ん

初代カブトムシ君が立派だっただけに、2代目カブトムシ君の少し小ぶりな体格に、子供たちの目を誤魔化せるか心配になる

こいつを得意の2Lペットボトル改に入れて、家に持ち帰り、家に入る前に玄関の外に隠していた初代カブトムシ君を土の中に埋めて、虫かごをキレイに掃除してから、何事も無かったように、2代目カブトムシ君を入れてやる



そして、2代目カブトムシ君の入った虫カゴを持つと、何事も無かったように玄関から家に入る
すると子供達がカブトムシがいないと大騒ぎ

ハハッ・・・コレの事かい?
と何事も無かったように2代目カブトムシ君が入った虫かごを渡す

・・・3秒の沈黙
(−_−;)

なんか小さくなった( ゚д゚)

子供たちの率直な意見に、背中に冷や汗
( ̄◇ ̄;)

昨夜から今まで(約丸一日)見ていなかったから、小さくなったように見えるだけなのでは?
などと苦しいウソをつくと・・・

何かを悟ったかのように?・・・苦しいウソを見事に飲み込んでくれた

これで2代目カブトムシ君は、初代カブトムシ君のふりをしつつ我が家で飼育されるハメになるのであった

それにしても、何故、会社の倉庫前に、エヴァンゲリヲンの使徒のように次々と現れるかは不明です

噂では・・・(イマイチ使えない)会長が夏祭りの会場で売るために、倉庫の上でカブトムシの養殖を密かにしていて、そこから逃げ出した“泳げタイヤキ君”的なカブトムシが、次々とやって来ているとか・・・
近所の子供が数年前に育成を諦めたカブトムシの幼虫が、会社の近くの小さな畑で異常発生し、土から出てきたら、何故だかウチの会社に来てしまうとか????

その理由は不明です

なんと言っても・・・この近くに森や林は全くありませんからネ
1匹や2匹の事なら、逃げ出したカブトムシかな~
なんて思いますが、今年だけこんなにたくさんやって来るのは・・・

不思議な話しですよネ

まさか・・・会社の倉庫に(会長が)隠していると噂されている・・・イブに会いに来ているのか?
もし次々と訪れる使徒が、イブに出会ってしまったら・・・セカンド・インパクトの再来となってしまう、これだけは絶対に我々の手で阻止しなくては・・・
・・・との事で、人類を滅ぼしかねないサードイアンパクトを防ぐために、紅のドカは常にオス・カブトムシの侵入を防ぎつつ、捕獲を続けますヨ~
(ちょっとエヴァのネタに頼りすぎですか?)

それから約20日が過ぎ・・・
ウチの2代目カブトムシ君は・・・まだ生きてます



でも最近は会社にカブトムシが現れなくなりました
もうシーズンオフな気配ですかね
来年はビックなカブトムシとクワガタが訪れるのを首を長くして待っていますヨ~

でも、自然に飛んでくるモノに向かって失礼な話しですが・・・そろそろクワガタが欲しいと思っている、紅のドカでした

紅のドカの悩みは深かった

紅のドカのiPhoneが、4から5へと変わり、地球が真っ二つに割れてしまうのではないか???
・・・と思い悩むぐらいに、長らく悩みに悩んでいた事があります

それは・・・

iPhone5が縦長になった事で生じた、磁場の変化が、地球の回転軸に影響を及ぼし、近年まれに見ぬ異常気象が世界各地で起きている

その超常現象の際たるモノが・・・

紅のドカの自転車に取り付けられている、iPhone4用専用カバーに・・・
紅のドカのiPhone5が縦長過ぎて、収まらず
(−_−;)
無理矢理加工したら、今度は入る事は入るけど、ホームボタンが押す事が出来ないと言う笑えないオチに・・・
( ̄◇ ̄;)

それでも、ホームボタンを押さずに頑張って無理矢理使ってきた訳ですが・・・

乗鞍ヒルクライムにアタックするには、さすがにこのままホームボタンが押せないのはマズいであろう~
(; ̄ェ ̄)

・・・と言う事で、2730円で自転車用スマホホルダーを購入してみました~



値段の安さと、手近なお店に置いてあった事が購入ポイントです
何せ購入した次の日には、乗鞍アタックでしたからネ
まさにギリギリすぎる購入
もう少し前から購入して、使い込んでから、乗鞍に挑めばイイのに~
いつも紅のドカの人生と同じで、ギリギリなんだから・・・

それでは、どのようにして、額から流れ落ちる汗から、スマホを守るかと言うと・・・



このように透明なカバーを、ジプロックして、折り曲げて、防水にするという、とても簡易な構造です

夏の海やプールなどで、海女さんゴッコなどする時に、このカバーでは・・・かなりヤバいです
絶対浸水間違いなし?!

それをiPhone4専用カバーのあった位置に取り付けます



なかなかイイ感じです
(^^)

さっそく次の日に乗鞍ヒルクライムで初体験!!!

感想としては・・・汗程度の防水なら完璧です
安心です

タッチ感はかなり押し込む感じが必要です
ちょっと反応が悪いけど、汗がポタリと落ちての誤反応はありませんが
操作する時に端っこの方が、反応が鈍いです

あとガタガタな道でも落下する事はありませんでした

とても良かったのは・・・
iPhone5専用ではないので、普段付けているケースを装着したまま、iPhone5ならこのカバー内に入るので、とても好印象です

以前のiPhone4専用カバーは、毎回使うたびに、普段付けているケースを外していたので、それがとても面倒でした
変に専用品を買うより、汎用品の方が良い場合もありますネ(^^)



自転車乗りでiPhone5使いなら、しかも薄型のケースをしている方なら、なおさらこのカバーはオススメですヨ
もちろんママチャリでも、三輪車でも、ブラケットが付いているから、ハンドル部分に装着は出来ますヨ

もちろん超デカデカな、アンドロイドのスマホでなければ、このカバーはオススメですヨ~

皆さんも自転車にスマホを取り付けて・・・楽しみながらチャリチャリしよう~

1つの夏が終わった

昨日の午後9時ちょい過ぎに、家に帰ってきました

乗鞍から愛知県の家までは、やはり遠いです・・・時間がかかります
(>_<)

乗鞍を昼の1時過ぎに出て・・・

途中で、お昼ご飯として高山ラーメンをいただきました



気が付くと・・・ラーメン大盛りに、ライスを付けて・・・と口が勝手にペラペラと注文しているではないですか

こんな暴食気味な注文をしていると、マッハでメタボになってしまう~
(−_−;)

そんな気持ちが湧いてきたのは、注文した品が出てきてからです
f^_^;)
もう遅い食べるしかない~

ダシの効いた?醤油ラーメン・・・普通に美味しかったです

そこから睡魔と戦いつつ、途中にある道の駅で休憩を取りつつ

夕方の6時過ぎに、愛知県の稲武にある“どんぐりの里”に到着



ココでお風呂に入り、食堂で夕飯をいただきました~



ココの味噌カツ丼、スーパー銭湯内にある食堂にしては、なかなかの美味しさでしたヨ

赤味噌がカツの上にしっかりと載った、ウマウマな味噌カツ
(普通は丼物ではないのですが・・・)
愛知県が誇れる美味しい料理なので、愛知県に立ち寄る事があったら、味噌カツは食べてみて下さいネ~

そして、お風呂で身体がポカポカになり、お腹も満腹になった所で・・・

最後の山道ドライブです!

これまた少し眠かったけど、前を走るクルマがちょっと暴走気味でしたので・・・こちらも離されるモノかと・・・(ちょっとだけ)暴走スピードでした
(^_^;)

なので思ったよりも早く家に着いた訳です
午後9時は回ってしまったけど・・・

そして、今朝、荷物をガレージに運んだら・・・



すごい沢山の荷物にジェジェ( ̄◇ ̄;)

ゴミの山の様にも見えますが・・・こいつらが全てクルマに載っていた訳で・・・
ヴァンガードの積載能力はナカナカのモノです

そして、荷物の片付けをしないといけない
これが一番面倒だったりします

でも・・・とりあえず今日はこのままだ~
( ̄Д ̄)ノ


長いお盆休みは昨日で終わり、今日からお仕事ですネ

紅のドカ的には、乗鞍ヒルクライムが終わり・・・まだ暑いけど夏が終わってしまったようなテンションの下がり具合です・・・

世の中の人々の・・・お盆休みが終わってしまった・・・と言う悲しいテンションと重なり合う所もあるので、何とか世間様と同じ雰囲気で誤魔化せる事でしょう

今日は皆さん・・・適当にお仕事がんばりましょう~
(^o^)/

おはようサンデーモーニングin乗鞍

今朝は岐阜県側から乗鞍山頂を目指す・・・乗鞍スカイライン ヒルクライムです



紅のドカが1泊した、この駐車場からは乗鞍山頂が見えないため、どのような天気なのかよく分からないですが・・・

行く先を眺めると・・・



ちょっと怪しい感じ(−_−;)

岐阜県側からのヒルクライム道は、後半戦がめちゃくちゃ×2景色が良いので・・・

是非とも晴れてもらいたいのですが・・・
山の天気ほど変わりやすいモノは無いと言いますからね・・・

悪魔が微笑むのか?女神が声もかけずにただ見守っていてくれるだけなのか?
昨日のヒルクライムより、さらに厳しい?乗鞍スカイライン アタックしてきます
ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

2013 乗鞍エコーライン

1時間ほどの仮眠を取ると、もう7時

8時から受け付け開始で、9時スタート予定

それに間に合わせるために、大急ぎで朝食を取って、自転車の準備をする



目指すべき乗鞍エコーラインのゴールは、このスタート地点から、とてもよく見える

あそこまで登るのか・・・
(−_−;)

もう、登りきれないかもしれない・・・という不安は無いけど
目標である1時間30分を切る事が出来るのか、やはり不安になる



今日の愛知県サイクリング協会のヒルクライム挑戦者たちは100人越えらしい

すげ~
数年前に出場した時には、これほど人がいなかったような・・・

人が増えるのは、楽しい事だから、イイんですけどネ

さてさて、今回の紅のドカさんの痛い格好を大発表です

フロントはいつもの・・・



一刀流ウサギさん

今回はその後ろ姿にもコダワッテ???みました



((((;゚Д゚))))))) はぁ?!

チョッパー???

そうです、紅のドカを抜こうとする不届き者のヤル気を・・・そのくだらなさで削ぐのが目的です

相変わらずアホですネ
( ̄◇ ̄;)

流石にこんなおバカさんは紅のドカだけでした

こんなおバカさんが、夢の1時間30分を切る事が出来るのか???

乞うご期待!

おはようサタデーモーニング

今日は愛知県サイクリング協会が主催する・・・乗鞍ヒルクライムの日です

昨夜は睡眠時間90分で・・・今朝の0時30に家を出て・・・



5時45にようやく乗鞍スタート地点に到着しました~



長かった~(−_−;)

とにかく眠たかった~
無事にたどり着けてラッキーだった~

今朝の乗鞍は良い天気です!



そして、まだ6時前なので・・・ちょっと寝ます

おやすみなさい(_ _).。o○

ヒグラシが鳴く所

突然ですが・・・ヒグラシ・・・って知ってますか?

都市部には生息しない、バンディット的な野郎です
(・・?)えっ?バンディット???

決して、“その日暮らしで生活しているギリギリな人”ではありませんヨ

紅のドカ・・・ヒグラシという名前は知っていましたが・・・

本当に恥ずかしい事に・・・

山奥に生息する鳥の名前だと思っていました
(; ̄ェ ̄)

・・・と言っても姿を見た事がないので、全くイメージが浮かばない、かろうじて鳥のカタチをした2Dなブラック バードでした

会社の年配の方に、違う違うと訂正されて始めて、鳥では無いと知りました

40年以上もの知ったかぶりとは、恥ずかしいを通り越して、恐ろしい事です(>_<)

でも、その鳴き方は、想像通りで外していませんでしたヨ

独特な鳴き方ですよネ・・・ブログでは擬音化出来ませんが・・・



木々が生い茂った夏の山間部で、しかも夕方近くに、姿もなく鳴き響くイメージですよネ
しかも夏の終わりを惜しむような、とても悲しい感じで・・・

決して紅のドカが住むような町にはいないクールな鳴き方です
紅のドカが住む町のセミは我先にと、ウルサイくらいに鳴き響く・・・ミンミン&ジージー&ツクツク・・・とただウルサイだけですからネ・・・

夏の終わりの夕方のイメージを連想させる正体を・・・紅のドカ探検隊はついに捕らえる事が出来ました

こいつが噂のヒグラシだ!



いや・・・たぶん・・・ヒグラシだ



とてもキレイな色をしていますネ~

こんなキレイなセミは捕まえた事がありませんでした

とりあえず写真だけ撮って、残酷?な子供たちに見つかる前に・・・逃がしてやりました



それにしても・・・この恵那の山は・・・普通にウルサいアブラゼミとかがいないのでしょうか?
朝から昼間を通り越して夕方まで、ヒグラシが鳴き始める前まで、とても静かです

出来れば家の前も、このように静かであって欲しいと思う紅のドカでした


ちなみにヒグラシで、ちょっとググッてみたら・・・
他のセミがミンミンと鳴く仕事を終えて、夏の最後に鳴くセミだそうです
だから、紅のドカがキャンプをしていた山は、これで夏が終わりますヨ~
との合図みたいなものだったようです

そして、ヒグラシとは・・・地面から出て来て、たった1日しか生きられない

まさに“その日(しか)暮ら(せない)し”

と言う言葉から、その名が付いた

との噂がありますが・・・

長い間、地中にいて、外に出て来たら1日しか生きられない・・・そんなの可哀想すぎる!
(>_<)

なんて思ったら・・・

どうやら、一日の夕方に鳴くから、その一日を暮らすモノ・・・と言う意味で、ヒグラシと呼ばれるようになったみたいですヨ

間違っても・・・その日暮らし・・・からなんて言わない方が身のためですヨ~
セミ的にも、“その日暮らし”なんて失礼な話しですからネ~

ではでは~

テント撤収について

昨日、キャンプから帰って来た訳ですが・・・

やはり大きな家族用テントを張るキャンプは・・・



後片付けが超大変
(; ̄ェ ̄)

キャンプ中に張っていたテントが、持って来る時にはテント袋にコンパクトに入っていたのに、テントを撤収してからその袋に入れようとして・・・何故か入らなくなった時には・・・めちゃくちゃイライラします
ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

どうして中に収まりきらないんだ!!!
この3日間でテントが大きくなったのか?
それともテント収納袋が小さくなったのか?
いや、たたみ方が下手なだけだろうけど・・・
本当にイラつく~

もう全然、収納袋のチャックが閉まらないので・・・太って履けなくなったズボンのように・・・チャックを全開のままで、閉めずに持ち帰りです

コンパクトにテントをたためずに、収納袋のチャックが閉めれなかった事に・・・何故か敗北感が漂います
_| ̄|○ 何だか悔しい

この時ばかりは、バンガローにすれば良かったのかな~
・・・なんてキャンプ魂の小さな炎が揺らぐ瞬間です

でも今回のテントサイトは、昼前でも木陰で涼しかったために、汗ダクになる事も無く、無事に撤収に成功しました



これが真夏の太陽光が直に当たる場所だと最悪で・・・
オーブンの中で身体全体をジックリと焼かれているような、テント撤収野郎パイを作られているような気分になり
(何だかマズそう~)
テントを片付けるのが本当に嫌になりますネ

そして、荷物を載せるクルマが、テント横では無く、遠くの駐車場だったりしたら、もう本当に最悪で・・・
こんな不便なキャンプ場には二度と来ないゾ
・・・と思ったりしますが

元々キャンプ場は不便な所に、不便な事をしに来ているのだから、その不便さに文句をたれていたらイケマセン
キャンプ野郎失格です

でも、年々、好条件のキャンプ場になっていくので、ドンドンと気持ちが甘えてきます
北海道をバイクで回っていた時の、あのギラギラとした野生のキャンプ野郎の魂が少しずつ薄れていき・・・
オートキャンプ場的な、何でも揃っていて、とても便利な所に行きたがるようになってきている気がする

まぁ、ソロのバイクのツーリングではないので・・・
荷物だらけの家族キャンプでは、どうしてもそのようなカタチになってしまうのでしょうネ

でも、コンセントまで揃っていて、テントを張る敷地が、100軒ほど区画整理されてキレイに並んで売られている、建て売りの住宅のように・・・やたらとキレイに整地された100%オートキャンプ場的な所には行きたくない・・・
なるべく不便で自然を楽しめつつ、それでもちょっとだけ便利だとイイな~的な感じの・・・ちょっと複雑なキャンプ場探しになりつつあります

早くバイクで不便なキャンプ ツーリングが出来るようになりたいです~

燃える漢だったら

本日で3日目の保古の湖キャンプ場です



最終日です



昨夜は、日付けが今日になるまで・・・漢であり続けるために?・・・こだわりを続けたあげく

結局・・・
自分自身に・・・

負けました
_| ̄|○ オレって根性なし

何に負けたって?

それは・・・漢のキャンプだったら、夕飯にバーベキューをするために必ず野山に生きのよい肉食獣を狩猟しに行くのと同じように・・・

家から用意してきた(正確には会社からパクってきた)・・・ボス級の蒔きを最後まで・・・灰になるまで焼き尽くす事です

今回は10cm×10cm×40cm級のボス蒔き2本です!
通称・・・バタ角と呼ばれるモノです・・・いや双子な蒔きボスです!



かなり手強い相手でした( ̄◇ ̄;)

こいつに火を灯した時には、まだまだ周りは明るい夕方でした

1時間で8cmを灰にしていく計算で、6時からスタートした訳です

炎を見ながら、6時からお酒を呑みつつ、この双子のボス蒔きが焼き尽くされるか、コッチが酒に負けて寝てしまうかのタイマン勝負でもあったのですが・・・

結局は計算違いで、日付けが変わってもカタチが残ってしまい・・・紅のドカの負けがつきました



残念で仕方ありません
漢としての名を上げる最高のステージであっただけに・・・悔やまれます

キャンプ漢の異名を名乗れるようになるまで、紅のドカのくだらない?挑戦はこれからも続きます
(; ̄ェ ̄)何くだらない事をやってるの~


ちなみに・・・
今回2泊させてもらった保古の湖キャンプ場



とても良かったです
これでテントサイトが緑の柔らかい芝だったら、まさに言う事なしのパーフェクトなキャンプ場ですが・・・

そこまで求めるのは無理があります
だいたい名古屋の日中の気温が40度近くの時に・・・夏だから当然の如く暑いけれど・・・キャンプサイトのターフの下にいれば、暑さを忘れていられる
そして、夕方から真夜中にかけては、どんどん寒いくらいになっていく気温は・・・もう名古屋のコンクリートジャングルでは考えられない・・・もう非常事態ですワ~



本当にエアコンがいらない場所が、家から2時間半弱でたどり着けるなんて・・・本当に最高です

とても静かで良い印象のキャンプ場です



そうそう、天の川も見れたし・・・その横を通り過ぎる流れ星も素敵でした
また来年キャンプで訪れたいです
その時には、また2泊ぐらいして、ゆっくりとしたいですネ~

夏のクソ暑さから逃げて、涼しくゆっくりと過ごしたいのなら・・・このキャンプ場はオススメです

割りとイイ感じ

保古の湖キャンプ場
なかなかイイ感じです



予測以上に涼しいです

昼間もテントサイトは木陰で、うだるような暑さは無かったです



ココはなかなかイイぞ~
プロフィール

紅のドカ

Author:紅のドカ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
名言

地球の名言 -名言集-

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR