おはようサタデーモーニング

西日本の方から台風が迫って来ている・・・
との噂を鵜呑みにして

どうせ今朝は荒れた雨降りで何も出来ないであろう・・・と思い
いつもより長めにベットて寝ていました
(= ̄ ρ ̄=) ..zzZZ

そして、おもむろに起きて外を見てみると・・・

Σ(゚д゚lll)ジェジェ!!

めちゃくちゃ晴れてる!!!
(日の出前ですけど・・・)

すぐさま朝駆けの準備を整え・・・
5時40分には飛びたてました~



ついに、やっと、とうとう・・・バイク乗りライダー復活です!!
☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

自転車ばかりの夏がようやく終わりました~

これから寒くなるに従って、真冬に向かって行くに従って、ドンドンとバイクネタが増えていきますヨ~



でも、今朝のミッションは完全なる思い付きで・・・家族の誰も知らない事なので・・・

家族が起きてくる前に帰らなければなりません

朝、家族が起きて来たら、まるで何事も無かったように、普通に出迎えてあげないといけない・・・
超ミッション インポッシブルなんです
(^_^;)

だから、いつもの峠に行きましたが・・・



リハビリ程度に軽く流してお終いです

すぐさま、家に直行です~
・・・ちょっとさみしい(>_<)
もっと乗りたかった~



それにしても、台風は何処に行ってしまったのでしょうか?
とても天気がイイです

番狂わせで、予定が狂いますが、良い方向に狂うのなら、ヨシとしましょう

明日は乗鞍で、紅のドカは参加出来ない、ヒルクライムの大会があります
この調子なら、無事に走れそうな感じですネ
参加される選手の方、teamK&Sさん頑張って下さいネ~
スポンサーサイト

コレって昔、流行ったよナ~

夏の終わりを惜しむように・・・昼間はセミが鳴き、家の中では子供が宿題の山に泣き、週末の夕方になると・・・8月が終わってしまうヨ~~~と夏祭りが真っ盛りとなってきましたネ

祭り好きな紅のドカとしては・・・雨でも降らない限り・・・夏祭りを盛り上げに行きます

そんな数あるお祭りの中で・・・とあるJAさん主催のお祭りで、ナイスな催し物があったので、ちょっと紹介します

紅のドカ・・・MINI-Zレーシングという、1/27ラジコンにハマりにハマッているのは、もうご承知の事だと思います



最近、ブログに載せてはいませんが・・・このクソ暑い中、冷房のない屋内コースで・・・週1ペースで相変わらず走らせていますヨ~
サウナ風呂ラジコンですよ~~~
ちょっとだけ痩せれますヨ~
(^_^;)

そんなMINI-Zラジコンお馬鹿さんが、3歳の子供を連れて、お祭り会場の中を歩いていたら・・・

子供と同時に足が止まってしまう光景に出会う



なんと・・・地方のJAお祭りで・・・やたらと小さいラジコンカーが走っている!?

いや近づいて行ってみると・・・ラジコンではない・・・やたらとボディーが小さいゾ!?

コレは子供の頃に見た・・・
スロットルのON&OFFだけで車速をコントロールして、コース上の凹状の上を走っていく・・・



え~~~~っと
アレだって~~~
((((;゚Д゚)))))))

名前が・・・思い出せない!!!
( ̄O ̄;)

何だったけ~~~~~~~
ノド元まで出かかっているのに・・・・
( ̄◇ ̄;)

さぁ、懸命な読者の中に、その名前が分かる方はどれだけいるかな?
幼少期を昭和の50年代に過ごした男子なら、何となく分かるはず!
でも名前が出てこない!
(コレだけのヒントで、紅のドカより先に答えが出れば、あなたの脳みそはまだまだ若い!!!)

老化が始まっている紅のドカの脳みそでは、いくら脳みそを絞り込んでも、悲しい事に答えが出ないので・・・

こんな時は・・・スマホでスグにググッて・・・検索ケンサク!!

あっ!!!
Σ(゚д゚lll)
これだ!!!

本当に調べ物が簡単な時代になったモノです
その場で分かるようになったのですからネ・・・

その思い出せない名前は・・・スロットカーです!!!!



そう、こんな地方のお祭り会場の一角で、何故かスロットカーの無料試走会をやっているのです

並んでいるのは(小学生くらいの)子供ばかり

とても大人である紅のドカが、その列に入りこむ勇気がわかないので、ヤりたい気持ちを抑えて・・・子供と一緒にサーキットの横で見ていました
(>_<)

そしたら3歳の子供が自分もやりたい・・・と言い出す

確かにオモチャなラジコンはすでに買い与えているが、上手く操作が出来ないまま、そのまま家の片隅でそのプレゼント・ラジコンカーたちは、静かに余生を過ごしている・・・
そう、ウチの子供にはラジコンは早すぎた
アクセル・スロットのON&OFFだけでも、とても操作なんて出来るレベルではない

しかも、見ているとストレートの後のヘアピンで、速度を出しすぎて止まらないマシンが、次々とレーンから吹っ飛びまくっている
小学生でもヘマしているのに、ウチの子供が出来るわけ・・・

Σ(゚д゚lll)んっ!?

そうか・・・d( ̄  ̄)

ウチの子供が操作しなくても良いのでは?

子供に送信機を握らせて、操縦している気分だけ味わってもらって、自分が操作すればイイのでは???

これで・・・自分も・・・あの懐かしのスロットカーを子供のため風な感じで、操作できるゾ~

ちょっと楽しみ~~~

大量の子供の列に並ぶ大人1名と息子
でもこれは息子のため・・・という大儀があるので、堂々としたものですワ~

待ちに待って・・・やっと自分達の番
コースを5周走ると交代です

初めは子供が操作したがるので、少しだけに自由にやらせましたが・・・
神から授かったような(まるで藤原拓海のような)天才的なドライブをする訳でもなく
(−_−;)
思った通りにスロットル全開でコースから吹っ飛びまくり
こうなったら責任者である親が操作を補助するしかないナ・・・
と息子の指の上から操縦するのですが、すぐにスロットルを全開にする息子の指を制止できないので・・・最終的にはグリップ部分だけ持たせて、自分が完全にスロットルを掌握して

・・・スロットカーの走りに集中&夢中
ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

基本的にアクセルスロットルONとOFFだけで走るのですが・・・

直線などでスピードを出した後の、スロットルOFFポイントが、たった4周くらいでは、ギリギリのブレーキングポイントを見つけ出せれません

ちょっとスロットルを開けて気味でS字カーブに進入すると、車体が吹っ飛ぶ寸前のドリフト横流れ状態になるし・・・
思ったよりも奥が深いですネ~
今日は子供が遊ぶ用の・・・壊れてもイイや~的な・・・まさに生け贄のようなクルマでしょうが
もしかしてちゃんとした細かいセッティングとかがあったら・・・結構楽しいかも
(^ω^)

でも・・・ラジコンのように・・・思ったようなラインを描けないのは・・・
ちょっとつまらないかもです

そして、この後、無性にMINI-Zがやりたくなってきて・・・今週はMINI-Zを2回も走らせてきましたヨ



思う存分走らせすぎて・・・
MR03VEが壊れた・・・トホホ(^_^;)

やはり、自由なライン取りと、スロットルカーよりもさらに速いマシンの動き
そして、ステアリングを切って走らせる感覚
紅のドカは・・・ラジコン派かな~
o(^_-)O

でもスロットカーも少し興味を持ちました



何事もやらないと、その良さは分かりませんからネ
皆さんも、もし機会があったら、スロットカーに挑戦してみるのもアリだと思いますヨ

ラジコンより敷居が低くて、簡単にその世界に入り込みやすいです
そして難しい操作がないので、楽しいですヨ~

自分もちょっと欲しくなってしまいました・・・



サンタさんがウチに持って来てくれないかナ~
ではでは

女人禁制の世界?

ワンコの散歩から帰って来たので・・・昨日の続きを書きます

この漫画のタイトルだけは口にしてはならない

秘めてこそ花
d( ̄  ̄)

そんな花の世界を洗いざらい、公開してしまうという、その世界のスペシャリストが読んだら、そんな裏話をココで公開しないでヨ~~~
と泣いて土下座をしてしまうような漫画の内容なんです

でも・・・紅のドカのように、そのような世界にとても憧れを持ちつつも、決して自分の下にはそのようなチャンスが絶対に来ないであろうナ~~~

・・・でも、いつか来るかもしれない!?

そんな妄想族のバイブルともなりかねない、素晴らしい漫画?・・・

イニシャルDが伝説の走り屋バイブル本となるのなら
この漫画はモテナイ妄想大好き漢たちの世紀のバイブル本となる(かもしれない)

それが・・・



FRINGE-MAN
フリンジマン

Σ(゚д゚lll)・・・えっ!?
カタカナを漢字に直すと・・・
不倫自慢????
( ̄O ̄;)

なんと・・・愛人の作り方を教えます・・・という副タイトル

((((;゚Д゚)))))))なっ!!なんと・・・
青年誌において・・・不貞行為だけど、どこか甘い誘惑の香りがする・・・ラ・マンの作り方を誌面にて教えるという
とんでもないストーリー

そんな神をも恐れぬハウツーを、なんと毎週330円払うだけで教えてもらえるのなら・・・

どこぞの初回180円、2回目からは1980円的な、フェラーリやバイクにラジコンにお城を毎週組み立てる、例のトータルで考えたらめちゃ×2高くつく週刊作り物シリーズより
はるかに現実的で、しかも甘い憧れが叶えられるかもしれないコチラの漫画の方が、部屋にこもって何かを作っているよりかは、はるかに健全だ!!!

(; ̄ェ ̄)・・・んッ??
いや、愛人作りが健全かどうかは、かなり不明であるが・・・
漢の憧れである事は、ほぼ間違いなし・・・なのでは?

さてさて気になる内容は・・・

まさに神父様のお言葉のように・・・ありがたいお言葉ばかりで・・・超勉強になります
いや、笑えます(^^)

なるほど、なるほど、とラ・マンがいない紅のドカは、その世界を知らないがために、とても素晴らしいお言葉の連続だと思えてなりません(笑)

愛人を作るテクニックを中心に、これが野球だったら・・・という変な例えと
これはまさに@@@映画のあの場面の再現ではないか!
と映画ヲタクと野球好きをも・・・なるほどウマイ例えだ!!!・・・・と唸らせるような例えが豊富で、それがまた漫画のシチュエーションに見事に合って、笑えて仕方ない



しかも、ちょっと前には・・・伝説のあの言葉を使ってしまい・・・紅のドカ的にはさらに笑いが止まりませんでした

伝説のあの言葉とは・・・

“愛人の原石”と呼ばれる女性の部屋に、主人公が運よく行く事になった時に放った言葉が・・・



“スピードの向こう側”

そう、かの有名な週刊少年誌マガジンの伝説漫画「特攻の拓」での超有名なセリフ

その神聖なる“スピードの向こう側”を・・・なんと・・・この漫画では・・・



“大人の向こう側”と言っているではないか
( ̄◇ ̄;)

なかなかナイスな例えではありませんか?
紅のドカはこんな変な例えが大好きです~(^ω^)

こんなに素敵な例えが連発するのだから、今さら愛人を作らなくても、用は足りているヨ・・・という方にも、超オススメです

この漫画をやたらと熱心に読んでいる紅のドカに、もし神様がチャンスを与えてくれる事があるのなら・・・
この漫画テクニックを駆使してみますヨ~

・・・・えっ?(・・?)
・・・言いたい事は分かっていますヨ((((;゚Д゚)))))))

どうせ紅のドカは、妄想族の特攻隊長なので・・・
悲しい事にそんなラッキーチャンスは、何年待っても無い事くらい
(^_^;)

紅のドカの事なんてどうでもイイですよネ(汗)
侍に憧れるボーイに、ラ・マンに憧れる漢に捧げる
トロピカル侍
FRINGE-MAN フリンジマン
この2本の漫画はオススメですヨ~

期待?の新作2本

大好きな漫画だった・・・イニシャルDの・・・アトガマの話しです

週刊ヤングマガジンを十数年も支えてきた、まさにヤンマガの大黒柱と言っても過言ではなかった、イニシャルDの連載が終わってしまい



もうヤングマガジンは・・・終わったな・・・
(−_−;)
と購入どころか、立ち読みさえやめてしまった人もいるかもしれない

紅のドカも、イニシャルD読みたさ50%で購入していたので、その購入意欲も一気に半減で、ヤングマガジン・・・風前の灯・・・となっていました
(; ̄ェ ̄)

でも、その50%の風穴をフルにとは言いませんが、40%くらいの勢いで埋めようとしてくれる、なかなかファンキーな連載が2つも始まりました

このうちの1つは女性にもオススメですが、最後に紹介する1つは・・・申し訳ありませんが女性にはちょっとオススメできない?・・・妄想好きな漢にだけ捧げる?憧れの漫画です
(>_<)

なので、もし奇跡的にも(このブログに)女性の読者の方がおられましたら、下記の1作品の紹介で今日はオワリにして下さいネ

男性諸君は当然の事、(お笑いが好きな)女性にもオススメ出来るのが・・・トロピカル侍



トロピカルな侍?????
なんじゃソレ~~~~( ̄O ̄;)

この作品の絵は、なかなか大雑把な感じで、女性には取っ付き難い感じもしますが・・・内容がなかなかトロピカルで笑えて面白い侍の話しです
d(^_^o)

まさに歴女の方のための漫画!?

設定としては、もし、剣豪の宮元武蔵が日本で人斬りに飽きて・・・(何故か?)現代のハワイに携帯電話を携えて、バカンスに出かけたら・・・というファンキーな設定
(^_^;)

人斬りに飽きた宮元武蔵と、ハワイ感?たっぷりのファンキーなノリと、現代的な携帯電話やネットを駆使したリアルな感覚のミスマッチが、とても面白い

あの宮元武蔵が、携帯電話を片手に、腰に刀を2本携えつつ、サングラスをかけてハワイのトロピカルな海岸線を歩く
そこに時代錯誤の日本の侍たちが、飛行機に乗って?わざわざ初めてのハワイにやって来て・・・敵討ちをしにやって来るけど、初めての海外旅行で変なテンションになっていたりして、めちゃ×2笑える内容に仕上げられています
(^ω^)

まさか、あの公道最速イニシャルDのアトガマに、こんなにファンキーな内容のギャグ漫画が、穴を埋めてくるとは思わなかった

まさに思わぬ重箱の隅を突くような、お笑い路線に、その手があったか~~~と膝を叩いてしまいました

ヤンマガ編集さんもなかなかヤルな~~~と思わせてくれます

でもさすがにヤンマガ編集長もこの1本だけでは、イニシャルDユーザーをつなぎ止めるには力不足と感じていたのか・・・
一気に新連載を2本もぶち込んできました

それが・・・まさに女人禁制の世界です

そして漢の甘美な憧れ????
(・・?)

おっと・・・清楚で美しいレディーたちは、ここでお別れだぜ~~~
だって、ここからは妄想好きな漢な世界だからネ~
o(^_-)O
そんなの関係ね~~~
・・・って方はどうぞ、このままお進み下さい

もう1つの、イニシャルDの連載終了の穴を埋める、恐ろしい新連載とは・・・

週刊漫画史上類を見ない、新機軸のストーリー展開の話しです
d( ̄  ̄)
初回数ページを読んだ時に・・・この手があったか~~~
凄い着目点だ!!!
と紅のドカは叫んでしまった

その漫画の紹介をしようと思ったのですが、もうワンちゃんの散歩に出かけないといけない時間なので、この続きはまた明日~
ではでは~

香港からマカオへの地獄旅 5

久しぶりの香港ネタです
楽しい旅も、1つ間違いを犯すと、とんでもない地獄の旅へと変貌します・・・
(−_−;)
今日はそんな地獄旅へとご招待です~

香港からマカオへは高速フェリーで約60分の船旅です
見た目にかっちょ良い高速フェリーに少しワクワク



でもこの日の天候は・・・雨で海はシケている状態
何か嫌な予感がする
(; ̄ェ ̄)

こう見えても紅のドカは・・・触ればすぐに割れてしまうような薄い氷のように・・・とても繊細な体質で出来ています

遊園地でグルグル回転なコーヒーカップに1回乗っただけで、その場から動けなくなるくらいに、思わず救急車を呼びたくなるくらいに・・・酔いまくる紅のドカは・・・

荒い波がたつ海での船旅は・・・180%酔います
d( ̄  ̄)自信があります!

そんな船酔い宣言をしてしまう紅のドカでもわ長年のイメージトレーニング???で、少々の柔らかい波なら、なんとか酔わずに耐えれるくらいになったのですヨ
器いっぱいイッパイの表面張力でギリギリ酔わずに耐えれている感じですが・・・
(^_^;)

己の超ウィーク・ポイントを熟知している紅のドカは、こんな荒波に向けての船旅で唯一耐えれる方法まで・・・すでに編み出しています

それが・・・

ひたすら寝る事!!!
(= ̄ ρ ̄=) ..zzZZ

寝ていれば酔わない・・・言葉をひっくり返せば・・・

寝ている間は酔いを感じない!!!
d(^_^o)

これは学生時代に北海道へ行く時のフェリーであみ出した究極の扇?いや奥義です



香港からマカオに行く時も、もちろんすぐさま寝てやりましたヨ
酔う前に寝る!
これが船に弱い奴が生き抜くただ1つの道です
船酔い止めなんて・・・ただの気休め・・・中身はビタミン剤みたいなモノ
そんなモノを飲んでいても、気が緩めば一気に酔ってしまう

だから寝るしかないんです!!



BUT・・・世の中うまく行かないモノです・・・思わぬ伏兵が船揺れに弱い紅のドカを襲うのでした

なんと、後ろの席に座った同僚が、自分の隣の席に座る後輩に大きな声で呼びかけてきたのです

その声で目覚めてしまった紅のドカ・・・
( ̄O ̄;)

そこはまさに地獄の1丁目でした

シケている海は荒れに荒れまくり

乗っている船は、どこかの遊園地のアトラクションかと思うほどに、恐ろしいほど揺れまくり、その終わりが全く見えない・・・

5つくらい後方の席に座る1~2歳児は、恐ろしいほどの船揺れに大泣きをし続け・・・
早く助けてくれと言わんばかりに「ママ!!」「ママ!!」「パパ~!!」と断末魔の叫びのような声と共に泣きまくる始末
( ̄◇ ̄;)これではとても眠れない

確かにこの状況は大人でも辛いのだから・・・それを我慢できない子供はもっと辛いであろう

でも、いくら辛くても、誰も助ける事は出来ない
誰にもどうにかする事が出来ない残酷な状況

まさに生き地獄

同僚の声で目覚めてしまった紅のドカは
もう二度と、やすらかな睡眠の世界に戻る事は出来ずに・・・着々と船酔いしていく自分の体調が手に取るように分かる

ヤバイ・・・早く港に着いてくれないと・・・オレも・・・あの子供のように泣き叫んでしまいそう・・・いやゲロゲロになってしまいそう
((((;゚Д゚)))))))

そんなこんなで地獄の1丁目は20丁目くらいまで続き・・・
マカオの港に着く頃には・・・紅のドカは完全船酔い状態
_| ̄|○・・・死にそう

この後のツアーは船酔いが続き最悪でした

海外の食べ物を、暴飲暴食するためにやって来たと言っても過言ではない紅のドカが・・・あまりの気持ち悪さのために

なんと昼食を食べなかった事は
もう事件です
ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

それでも夕方くらいには、なんとか復帰して、夕飯はしっかりと食べれましたけどネ


マカオからの帰りも香港からの高速フェリー船なので、今度はどんな事があっても目が覚めないように・・・それこそ船が沈没しても目覚めないように・・・

その前日は午前2時まで遊んでいました
そして朝6時に起きたので・・・睡眠時間はたったの4時間!!!

この寝不足状態なら絶対にフェリー内で眠れるはず!

フェリー乗り場の待合室などで、居眠りをこかないように努力して・・・



無事に帰りの高速船内では爆睡成功!!!!

酔わずに香港に着けました~

本当にホッとした瞬間でした
(^_^;)

途中、ハエ?小さな虫?がブンブンと顔の周りを飛んで数度目が覚めたけど・・・睡眠不足のおかげで、酔いを感じる前にすぐに眠れたのはラッキーでした

シケている時の船酔いだけは、いつまで経っても馴れないモノですネ・・・
(−_−;)
絶対に海の男にはなれないと思った、すぐに船酔いする悲しい感じの紅のドカでした

来たるべき銃社会に向けて、我々は何をしなくてはならないのか・・・

突然ですが・・・(アメリカとかではなく日本の)新聞の広告欄に・・・ライフル銃の通信販売の広告が、偶然にも載っているのを見つけたら、あなたはどうしますか?



とりあえずビックリするでしょうネ

・・・とうとう日本もアメリカのような銃社会となてしまうのか?
と頭を抱えるのか

それとも新聞屋さんが隣のヤクザ屋さんが取っている、日刊ヤクザ新聞を間違って、ウチに配達してしまったのか?
と疑いますよネ

どちらにせよ、その価格が破格の・・・9,800円ポッキリだったら・・・

来たるべきアメリカのような銃社会を予知して・・・日本の自衛隊式に専守防衛のため・・・と考えて購入する人もいることでしょうし

やはりライフル銃を撃ってみたい・・・という野生的な興味だけで、通信販売元に電話をかける人もいることでしょう

どちらにしても9,800円なら買わぬが損
d( ̄  ̄)

でも買うならスピード勝負!
きっと世にも恐ろしい広告に気が付いた良識者が、すぐさま警察に連絡して、販売が中止になるでしょうからネ

ライフル銃を普通に売ってしまうだけでも凄い事なのに、その値段が驚きの9,800円だったら、何も悩む事無く、警察が乗り込んでくる前に、通販に電話して、超速達で私書箱留めで送ってもらいましょう!!!!!

そんな恐ろしい事態を招きかねない広告が・・・コレだ・・・



・・・・あれ?( ̄◇ ̄;)

ライフル銃・・・だけど・・・

なんか・・・ちょっと前述してきたような物々しいリアル感が無いような・・・
(−_−;)

・・・って、だいたい“迷惑動物おどしてっぽう”って書いてあるじゃん!
ニセモノじゃん!!
ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

あちゃちゃ~~~
またしても紅のドカの勘違いでしたか~

ライフル弾で300m先の的を狙撃する訳ではなく・・・
地球に優しいバイオ弾(BB弾)で30m先の、迷惑動物を狙うだけのモノであるらしい

でも、今なら吊るしておくだけで害鳥対策が出来る、あの!カラスモドキが2個ももらえるなんて・・・超太っ腹~~
誰もがカラスモドキを、ノドから手が出るほど欲しいもんネ~
(あれ?誰も欲しくない?マジで?・・・・って紅のドカも欲しくないです~)

ちなみにこの“おどしてっぽう”射程距離は50mらしい

ではなぜ?広告表示の飛距離が30mなのか?
この20mの差は何なのか?
不思議と腑に落ちない謎が残ったままです
(・・?)
もしかすると・・・ゴルゴ13のような、その道のプロが購入した時に、47m先のターゲットを狙ったのだが、ちゃんと狙撃できないではないか!と怒られるのを避けるために、50mは飛ぶけど、的を射抜くなら30m以内だよ・・・と逃げの歌い文句なのか??
(そもそもゴルゴ13がこんなモノを・・・いやいや昔からこう言うでしょう?・・・デューク東郷、筆(銃)を選ばず)



いや、そもそも30mという自信満々の射程距離で、ちゃんと狙った所にBB弾を飛ばす事が出来るのか・・・
そこら辺はかなり怪しい臭いがしますネ~
( ̄O ̄;)
昭和の時代にテレビ映画の西部劇で育った農家のおじさんたちが、若かりし頃に憧れたGUNマン魂を熱くしそうなこの商品の人柱レポート・・・特にお金が余っていて、使うのに苦労している方がいたら、お金を溝に捨ててる気分で購入してみて下さい・・・その時はゴミ箱に捨てる前に、その結果を教えて下さいネ~

一本橋・・・

おはようサンデー・モーニングなのですが・・・
今日は朝から・・・昨日に引き続き・・・降ったり止んだりの雨ですネ
(−_−;)
8月前~中半に、ほとんど雨が降っていなかったので、しかもお盆休みも雨降りが全くなかったので、今週末の2日間くらいの雨は、我慢しなくてはならないのかもしれませんネ

バイクにも、自転車にも乗れないそんな雨降りな休日に送る、今日のテーマは・・・初夏に出会った光景です
それでは、どうぞ~~~~
(^o^)/

真夏の太陽が降り注ぐ・・・田んぼの中の一本道



街のパトロール中?にフラフラと自転車に乗っていて、こんなに細くて、長いモノに遭遇すると・・・アレを思い出さずにはいられない
( ̄◇ ̄;)

身体の隅々どころか、それこそ身体を構成する細胞どころか、人間の根幹であるDNAに深く刻み込まれてしまった記憶・・・とも言うべきモノでしょうか
きっと来世でも紅のドカは、この細くて長いモノを見る度に、訳も分からずにブルーな気分になるのでしょうネ・・・

現世だけでは収まらず、来世にまで影響を及ぼすくらいの・・・

他に逃げ道の無い・・・細くて・・・長い・・・モノ
(・・?)

その正体は・・・かつて紅のドカが中型免許しかなくて・・・ビックバイク乗りたさに、会社をわざわざ休んで、家から1時間以上もかかる辺境の地?(その周辺に住まわれている方、ごめんなさい)にある、運転免許試験場に通った日々を思い出すのである

そうあの頃は(教習所でお金を払っても大型バイクの免許は取得できず)、ビックバイクを乗るためには、唯一無二の“限定解除”という弁護士の国家試験と同じレベル位に難しいと言われた、実地の1発試験を合格しなくては、乗ることが出来なかった

それは全世界に向けて、ビックバイクを作り続ける4大メーカーがあるお膝元で、まるで日本国内ではビックバイクを購入させようとしない不買運動のようなモノを、国家が推進していたのである
日本政府がそんな異常な事をしていた時期に紅のドカは・・・KAWASAKIの逆輸入車であるZX-9Rに乗るために・・・試験場に通っていた訳です

その試験場で、紅のドカを大いに悩ませてくれたモノの1つが・・・一本橋走行でした

一本橋と波状路の後の直角左小回り

こいつらは難しかった~~~~~
(>_<)

だいたい、ちょこっと片側のつま先を地面に着いただけで・・・「ハイ、転倒です、試験終了~、こちらに戻ってきて下さい」・・・って一体何だったの!?????
お金を払って、わざわざ平日に試験を受けに来ているのに、転倒扱いになると、コースを全て走らせてくれなかったし・・・
今考えたら・・・イジメかイヤガラセかパワハラの世界
(T_T)

まさに落とすための限定解除の一発試験は、とにかく通いつめて、顔を覚えてもらうくらいになったら、そろそろ合格

そんな試験管の気持ち1つで、ビックバイクに憧れるライダーの、バイク人生が左右されてしまう時代は・・・今の教習所に通えば取れてしまう時代から見れば・・・まさに暗黒の時代でしたネ

でも両方の指で数えられる位になってきて、ようやく「また来たね」・・・と言われるようになる頃には、確かに一本橋も直角コーナーも軽々とクリア出来るようになっていました

そして、紅のドカもごたくにもれず・・・10回通えば、合格がもらえる・・・と言われていた限定解除試験の都市伝説の通りに10回目で、見事に合格しました~
☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

そんなビックバイク暗黒時代に・・・嫌な記憶としてしっかり身についてしまったのが・・・やはりイロイロと悩ませてくれた一本橋



だから、写真のような細くて長い道を見ると・・・限定解除の一本橋を思い出して、気分が少しブルーになるるる
_| ̄|○

まぁ、出くわした時には自転車だったから、あまり関係ながいのですが・・・
約20年以上経って、自転車に乗っていても、あの忌まわしい記憶がよみがえって来るのだから、やはりあの限定解除試験は異常だったのでは?と思わざるをえない

だから・・・一本橋を思い出すような道に出くわすと・・・あの頃の嫌な思い出を払拭すべく、果敢に挑んでしまうのです(ちょっとアホです)

そして、この一本橋が行き着く先には・・・
こんなモノがありました



夏の光景でした

そして、その夏も・・・あと少しで終わる・・・24時間テレビと夏休みの宿題と共に・・・

PS.昨晩8時からの、24時間テレビ 対抗番組の“めちゃイケ”・・・毎年恒例のエスパー伊東の超能力で挑戦?のコーナー・・・最高に面白かったですネ~



どんなシチュエーションでも、あのディズニーの曲が流れると、“パブロフの犬”のように、あのアホシーンがすぐに思い出されてしまうになってしまった~
そんなエスパー伊東さん・・・年収は1千万円越えらしいから、やはりエスパーですネ~
ではでは(^O^)/

朝食に付いて語る・・・最終回

昨日までで、知りたくも無かった?紅のドカのバターとマーガリンの深い深いキズナの歴史を、わざわざブログで語ってきた訳ですが・・・

実は今日の内容が本編です・・・

エッ!?今さらですか!?((((;゚Д゚)))))))

そう、昨日までは・・・ただの伏線・・・今日の内容を書く前に、ちょっと書き出したら、長く長くなってしまった訳で・・・お恥ずかしい話しです
f^_^;)
それでは本編のスタートです!!!



実はトーストに塗るモノを出すために、冷蔵庫をちょっと開けてみたら・・・

見慣れぬ変わったモノが入っていた

・・・しかもソレはすでに封が開けられていて、中身がかなり無くなっている
家族の誰かが、それを塗って食べた形跡があるという事である

コレは・・・トーストに塗って美味しいモノなのか???
( ゚д゚)

いや、コレを塗ってマズかったら・・偉大なるメロンパンの存在が危うくなるよナ・・・
(; ̄O ̄)

冷蔵庫から出てきた新手の刺客とは・・・

メロンパン風 トースト スプレッド
(塗って焼くだけ)


実はメロン大好き人間である紅のドカ
メロン農家に婿入りしてもイイと思ったくらいです~

そんなメロン大好き人間である紅のドカは・・・腹違いの姉妹と呼ばれる・・・メロンパンもゴタクに漏れず・・・大好きなのである

そんなメロン好き紅のドカの口を納得させる事ができるとでも言うのか?
漫画「美味しんぼ」の“海原雄山”



・・・並に、この件に関しては五月蝿く譲れない気持ちが強いであります・・・

さっそく軽く焼いたパンの上に塗ってみる



う~~~~ん
メロンパンよりメロンぽい色だゾ~

この状態でも美味しそうだけど・・・さらにサクッと焼いてみる



こっ・・・コレは・・・とてもイイ香りがするゾ~
さらに美味そうになった~
(≧∇≦)

さっそく、(マーマレード・トーストを食べる前に)お先にメロンパン風味のトーストを食べてみる

・・・・!!!
Σ(゚д゚lll)

うっ・・・美味い!!!
☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

本家メロンパンより、はるかにメロンの味がする

あれ?( ̄◇ ̄;)

その前にスタンダードなメロンパン・・・ってメロンの味がしたっけ?

見た目がメロンなだけだよネ・・・本家のスタンダードなメロンパンって・・・

それに比べたら、トースト上の色合いもだし、その味もまさにメロン・・・風味

コレはイケる!!!!(^O^)/

これなら、あの小難しい海原雄山先生も納得してくれる・・・はず?

しばらくの紅のドカの朝食は・・・バーター風マーガリンは当然の如く毎日毎朝連投

そして中継ぎ投手として、マーマレードと、メロンパン風 トースト スプレッドの2人でローテーション決定だナ・・・
d( ̄  ̄)

このメロンパン風 トースト スプレッドを紹介したくて、関係ないバターとマーガリンの話しを長々としてきた訳です

ずいぶんと前フリの長い遠回りなお話しでした
最後まで読んでくれてありがとう~~~
バイクや自転車に乗れそうも無い、天候の良く無い週末となりそうですが・・・良い休日を~(^O^)/

まだまだ朝食について語るゾ~

昨日の続きです・・・

紅のドカに衝撃の事実と、またしても巨大な革命が起きます

それが・・・・

体内メタボ汚染である
(; ̄ェ ̄)

そう、長年におよぶバター生活と、その高カロリーを代謝出来なくなってきた(老化する)身体に襲いかかってきたのが・・・メタボ汚染であった

まるで環境に全く配慮せずに第一次産業革命を推し進めてきた結果のようであった
あまり太る事が無かった紅のドカに、目に見えぬ中性脂肪の影が・・・
全てバターだけのせいでは無いであろうが、そろそろ体調を気にしないといけないお年頃になってきたたのである

ファミマのチキンとマックのハンバーガーを止める事は出来ないので・・・
代わりに毎朝のバターの断絶を迫られた

((((;゚Д゚)))))))えッええええ~~~~~~ッ!

今まで長年食べ続けてきたバターをやめろ・・・と言うんですか~~~

それはイタリア人にパスタを食べるな
インド人にカレーを食べるな
アメリカ政府に紛争地帯にわざわざ顔を突っ込むな
・・・と言うくらいに無理な話しである

でも、バターよりもっとローカロリーなマーガリンにすべく、冷蔵庫の中に手配がまわる

だが・・・紅のドカ・・・実ははマーガリンが30年来の・・・苦手塗りモノのベスト3に常にランクインするくらいの、ベスト3常連組の苦手モノでした
(^_^;)

それは振り返ること・・・小学時代の頃です・・・
あの頃に学校のお昼の給食で出た、パンに塗るマーガリンがともマズくて、口に合わなかった
(−_−;)

それ以来、マーガリンを口にする事は無くなった
(あと八宝菜と、味噌和えの変てこな麺類も食べれませんでしたネ~)

だからマーガリンは小学校以来の、何十年ぶりに出会う宿敵みたいなモノでした

あの頃は幼くて、ただそのマズさに耐える事しか出来なく、そこから反撃に出る事は出来なかった・・・悔しい事に
_| ̄|○

だが、現在のオレなら、あの頃よりもっと上手く戦えるはず!
( ̄Д ̄)ノ

そして、紅のドカは30年来の宿敵を迎え撃つべく、いくつかの死闘を繰り返してきたリングの上に立つのであった

なんとなく“アリス”の「チャンピオン」がテーマソングです

そして、挑戦者サイドから現れたマーガリンは・・・
なんと・・

バター風味のマーガリンではないか!?



こっ・・・こいつ・・・
こちらのウィークポイントを調べきっている・・・ヤバいぞ
( ̄◇ ̄;)

手ごわい相手になりそうだ

開始のゴングと共に、チャンピオンであるオレは不覚にも、若い挑戦者のストレートパンチを・・・まさに正面から食らってしまった

マーガリンが・・・オレの口中に入ってくる・・・ウウッ

マーガリンが体内に入りこんだら・・・もしかするとショックで死んでしまう・・・身体になっているかもしれないのに・・・

死をも覚悟した瞬間・・・

そこに奇跡が起きた

あれれれ?

このマーガリン・・・結構オイシイじゃん~

ちょっと薄めのバター???的な感じ

コイツとなら仲良くなれそうだ

12Rを互い戦い抜いた2人は、リングで共に手を取り、お互いを称えあった

後に関が原決戦と呼ばれる事になる、世紀の戦いを終えた後は・・・

今までのバター生活が嘘のように・・・
突然、マーガリン生活と一変するのである
でも、あくまでバター風味なだけで、決してバターが入っている訳ではない・・・

それなのに、バターの味がするなんて・・・何かすごいモノを加えて無理矢理バター的な味付けにされているんだよネ
冷静に考えると・・・狐に騙されているような感じ?

バターへのコダワリも無くなり
(バター風味の)マーガリンを普通に食べれるようになった紅のドカ
次は、一体どんなステージに突入していくつもりなのか?
朝食トーストに何を塗る編は次回が最終回!!!!

朝食について・・・

このブログを読んでいる時間が・・・朝でも昼でも夜でも・・・グッドモーニーング~!えぶりヴぁでぃ~



今日は朝食について、浅く狭くピンポイントで迫ってみようと思います
d( ̄  ̄)

突然ですが・・・
皆様の朝食は何を食べていますか?

朝から何も食べないというニュータイプな方もいるでしょうが・・・

今回は紅のドカのように絶対3食主義(朝食を食べなくて昼まで働けるものか~~~)という方に向けてピンポイントに発信します

紅のドカの朝食と言えば・・・99%トーストです
たまに朝ラーメンもありますが・・・
(^_^;)

もし準備さえしてあれば・・・朝食からキーマカレーでも、吉野家牛丼でも、肉汁したたる厚切りステーキでも、何でも食べれますが・・・

でも、そんな朝から食費がかかるモノを食べれるほど、ちびまる子ちゃんの花輪君の家みたいな生活をしていないので、ほぼ9割9部9厘トーストです

そこで、トーストに塗る定番と言えば・・・バターですかね

バターって本当にトーストに合いますよネ

バター単体で食べたら、マズくはないけど、それほど美味しいモノではないのに・・・焼いたトーストに塗ると、この上なく美味しいんですよネ~
(≧∇≦)その香りからして超美味しそうだもんネ~

紅のドカも若かりし頃はバターをトーストに塗っていました

もちろん定番の黄色い箱に入った・・・雪印のバター



あの固いバターが、トーストの上に置いて温まって少し柔らかくなってから塗りだす・・・このバター作業の一連が、本当に面倒だと思っていた、10代の頃に・・・

ある革命が起きました

まさに独立革命とも言うべき・・・バター革命です

マーガリンのように・・・冷蔵庫から出して、柔らかくなるのを待たずに・・・すぐに塗れるようにソフトタイプになっているのである!!!

これは衝撃でしたネ!
((((;゚Д゚)))))))こんな事があってイイのか!!!
天変地異の前触れなのでは!?と思うほどでした
さすが人類が月に行けるほどになれば、バターも手軽に塗れるように進化するのですネ

これからの人類は固いバターを経験しなくて済むのか・・・と未来のバター党員になるべく予備軍である子供たちの苦労が無くなる事に感激したものです

それからは当然の如く・・・トーストには“とろけるバター”を塗りまくり・・・気が付いたら30代

一体いくつのトーストにバターを塗ってきた事であろう
数えきれないヨ( ̄◇ ̄;)
おかげで・・・剣豪・宮本武蔵もビックリのバターナイフ使いに成長しました
今なら宮本武蔵とはいかなくても(二刀流は無理かもしれないが)・・・一本使いの佐々木小次郎くらいなら、対等にバターナイフ1本で戦えそうな気がする

何でもすぐに飽きてしまう、この紅のドカが、約20年近くにも渡って、続けれられるなんてバイクとバター塗りくらいですワ~

ここで紅のドカに再び衝撃と、またしても革命が起きます

それが・・・・

次回に続きます~
また明日~
プロフィール

紅のドカ

Author:紅のドカ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
名言

地球の名言 -名言集-

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR