FC2ブログ

その後のさらなる悲劇とは・

あの後のさらなる悲劇とは・・・

パンクを直して、2mと進まないうちに・・・またパンク

((((;゚Д゚))))))) えええええええええッツ!!!!

なんで~~~!?

チューブは新品に替えたばかりだゾ~~~

全ての事実が冷静に受け入れられない心理状況で、まず最初に疑ったのが・・・

空気を入れ終えた際に、仏式バルブを閉め忘れたのでは・・・



との考えで再び自転車を止めて、空気を入れる

そして、三度走り出す
ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘

今度は10mといかない距離で・・・
タイヤの空気が抜けてしまう

Σ(゚д゚lll) マッ・・・マジで!?

何がどうなっているのか、冷静な判断が出来ない

とにかく訳も分からず空気を入れて、その場を誤魔化そうとする

きっと、悪い夢でも見ているんだ・・・と現実逃避をしてみる

だが、またしても20mと行かない内にタイヤはペッチャンコ

こうなると根本的に何かを変えないと、この空気抜けトラブルは直らない・・・と分かりつつあるのだが・・・

スペアのチューブはもう1本しかなく、それを使ってしまったら、もう後がない・・・
そんな事を考えてしまうと、なるべく使わずに取っておきたい・・・

疲れと焦りで、もう思考回路がグチャグチャになってます
( ̄◇ ̄;)

根本的解決をしないまま、空気を入れてまた走り出す

すると第一関門である無人の料金所が見えてきた

そこを通り越して数m先で・・・またしても空気がゼロ状態

さすがに泣きたくなってきます(T_T)

どうして新品のチューブなのに空気が抜けてしまうんだヨ~~~

流れ落ちる滝のような汗は、ヒルクライムの疲労による汗か、早く頂上まで登りたいという焦りの汗か、空気をいくら入れても抜けてしまうリアタイヤのトラブルからくる恐怖の汗か、それとも最後の予備チューブを使わないといけないという後が無くなってしまう冷や汗なのか・・・
(−_−;)

とにかく異様にボタボタと汗が落ち、焦りだけがつのる
たまらず、ヘルメットとサングラスを外して、今度はその場でタイヤを車体から外し、空気をちゃんと入れてみる

だが、ココまで来ると・・・いくら空気を入れても、最高圧力までチューブが膨らまなくなっていた

コレは・・・

完全にパンクしている・・・(>_<)
(当たり前~)

ヽ( ̄д ̄;)ノ なんじゃ!?こりゃ~ぁぁあぁぁ~~~~~

思わず大声で叫びたくなる気持ちを抑えて、ようやく冷静に物事を考えられる
いや現実を受け入れられる気持ちになってきた

先ほどクリアした料金所手前に、駐車スペースがあったから、そこでじっくりと修理をしよう・・・

自転車を押しつつ、5mほどバックして駐車スペースの隅で、またまたタイヤを車体から外して、先ほど装着したチューブをタイヤ内から取り出す

そして、最後の1本である予備チューブを手にする

この1本を使い果たすと(もし次にパンクしたら)もう家に帰れない
絶対にパンクはさせられない
(; ̄ェ ̄)

だが、今の原因不明のパンク状態のまま装着したら・・・120%先ほどと同じようにパンクしてしまう・・・どうすればイイ

しばらく手を止めて、生きて帰るためのいろいろな試行錯誤を繰り返す・・・

タイヤの外側をいくら見ても、何も異物は刺さっていない

何がいけないのか?

ふとタイヤの内側をくるっと1周見てみると・・・

Σ(゚д゚lll) あっ!!!

オッ・・・オマエが原因かぁ~!!!!

なんとタイヤの内側に1~2mmの細い針が飛び出ていた

この外側からは判断しにくい、針が刺さっていたために、交換したチューブがすぐにパンクしてしまったのだ・・・

なんてことだ・・・

こんな初歩的な人為的ミスで・・・予備のチューブを無駄に使ってしまい、なおかつ何度も空気を入れるために脚を止めた・・・ヒルクライム・アタック的には痛いミスである

それに、もう予備のチューブが無いという、まさしく背水の陣的なプレッシャーも大きくなってしまった

こういう小さくて細い針を・・・道路に捨てるんじゃない!!!!!

と心の中で大声で叫びながら、地球の端っこまでブン投げてやりましたワ~



気が付けば時間は7時20分

おいおい、どれだけ無駄な時間を過ごしているんだヨ~

早く走り出さないと有料道路の料金所がスタートしてしまうヨ~

いや、それより、これから頂上を目指すより・・・少しでもタイヤに負担をかけないように・・・ココで折り返してガレージに向かった方が、次なるパンクのリスクも減るのでは????

だいたい走り出して7kmくらいで、フロントの変速機の調子が悪くなり、アウターが全く使えない状態で、ここまで走って来た時点で、トラブルを押して無理して来ている
それに加え2度の連続パンク
( ̄◇ ̄;)
 
もうこれ以上ないくらいに不幸が続いているのだから、これ以上の無理は、さらなる不幸を呼び寄せるかもしれない・・・
帰りにさらにパンクでもしたら・・・どうやって家に帰るつもりだ・・・誰も助けに来てくれないゾ

などと後ろ向きナ考えも当然の如く浮かびましたが・・・

登りかけのヒルクライムを目の前にして、背を向けて引き返すような・・・
紅のドカはお利口さんではありませんよネ

弱気な心にドロップキックを食らわして・・・
頂上まで走っていった訳ですワ~
ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘

途中、8時オープンの料金所に向かう、有料道路のおじさんに出会ってしまい・・・

この時間は通行止めだから走ったらアカンぞ

・・・などと言われましたが

そうだったんですか~~~
などと、とぼけて何とかやり過ごせました

第一、通行止めと言う割には、バイクもクルマも走りたい放題ですからネ
100%通行止めにしたいなら料金所を開けておくなよ~~
クルマが入れるスペースがあれば、サルでも犬でもネコでもタコでも入ってくるぞ

そんなアクシデントをたくさん乗り越えてたどり着いた頂上は格別なモノ・・・



でもなく、予定より1時間以上、パンク修理で時間を潰してしまったので、頂上でBBQをしながら余裕をかます事も無く、すぐさまUターンしてトンボ返りですワ~
朝駆け門限の9時に、間に合わすように必死な帰宅走行でした

まぁ、なんとか門限から2分ほどのオーバーでゴールできたので、富士山大爆発は避けれました

今回学んだ事は・・・
そうそう天災なるパンクは連続して起きない
人災なるパンクはすぐに起きる
最初のパンク修理でタイヤの内側もしっかり確認する事

トラブルは人を大きく成長させる・・・その最中は悪夢だが・・・
(−_−;)

これからは予備のチューブを3本持つ事にします
大変で散々な思いだけが残った三ヶ根山ヒルクライムでした
スポンサーサイト



プロフィール

紅のドカ

Author:紅のドカ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
名言

地球の名言 -名言集-

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR