FC2ブログ

ヒグラシが鳴く所

突然ですが・・・ヒグラシ・・・って知ってますか?

都市部には生息しない、バンディット的な野郎です
(・・?)えっ?バンディット???

決して、“その日暮らしで生活しているギリギリな人”ではありませんヨ

紅のドカ・・・ヒグラシという名前は知っていましたが・・・

本当に恥ずかしい事に・・・

山奥に生息する鳥の名前だと思っていました
(; ̄ェ ̄)

・・・と言っても姿を見た事がないので、全くイメージが浮かばない、かろうじて鳥のカタチをした2Dなブラック バードでした

会社の年配の方に、違う違うと訂正されて始めて、鳥では無いと知りました

40年以上もの知ったかぶりとは、恥ずかしいを通り越して、恐ろしい事です(>_<)

でも、その鳴き方は、想像通りで外していませんでしたヨ

独特な鳴き方ですよネ・・・ブログでは擬音化出来ませんが・・・



木々が生い茂った夏の山間部で、しかも夕方近くに、姿もなく鳴き響くイメージですよネ
しかも夏の終わりを惜しむような、とても悲しい感じで・・・

決して紅のドカが住むような町にはいないクールな鳴き方です
紅のドカが住む町のセミは我先にと、ウルサイくらいに鳴き響く・・・ミンミン&ジージー&ツクツク・・・とただウルサイだけですからネ・・・

夏の終わりの夕方のイメージを連想させる正体を・・・紅のドカ探検隊はついに捕らえる事が出来ました

こいつが噂のヒグラシだ!



いや・・・たぶん・・・ヒグラシだ



とてもキレイな色をしていますネ~

こんなキレイなセミは捕まえた事がありませんでした

とりあえず写真だけ撮って、残酷?な子供たちに見つかる前に・・・逃がしてやりました



それにしても・・・この恵那の山は・・・普通にウルサいアブラゼミとかがいないのでしょうか?
朝から昼間を通り越して夕方まで、ヒグラシが鳴き始める前まで、とても静かです

出来れば家の前も、このように静かであって欲しいと思う紅のドカでした


ちなみにヒグラシで、ちょっとググッてみたら・・・
他のセミがミンミンと鳴く仕事を終えて、夏の最後に鳴くセミだそうです
だから、紅のドカがキャンプをしていた山は、これで夏が終わりますヨ~
との合図みたいなものだったようです

そして、ヒグラシとは・・・地面から出て来て、たった1日しか生きられない

まさに“その日(しか)暮ら(せない)し”

と言う言葉から、その名が付いた

との噂がありますが・・・

長い間、地中にいて、外に出て来たら1日しか生きられない・・・そんなの可哀想すぎる!
(>_<)

なんて思ったら・・・

どうやら、一日の夕方に鳴くから、その一日を暮らすモノ・・・と言う意味で、ヒグラシと呼ばれるようになったみたいですヨ

間違っても・・・その日暮らし・・・からなんて言わない方が身のためですヨ~
セミ的にも、“その日暮らし”なんて失礼な話しですからネ~

ではでは~
スポンサーサイト



プロフィール

紅のドカ

Author:紅のドカ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
名言

地球の名言 -名言集-

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR