FC2ブログ

銀河英雄伝説

昨日までのブログで、運動会の競技である騎馬戦などで、陣形から始まる戦術を考えて戦わないと、負けてしまう
そんな事を書いていましたが・・・

戦略と戦術の違いって分かりますか?

なんとなく似ているけど・・・違うような・・・

正直、若かりし頃の紅のドカ君は、その違いがよく分かりませんでした・・・お恥ずかしいばかりです

そんな教養不足の紅のドカに、戦略と戦術の違いを教えてくれたのは・・・学校の教育ではなく、近所のヤンキー兄ちゃんでもなく、ちびまる子ちゃんの学級委員長で、メガネの下は実は切れ長で、爽やかな目をしている丸尾君でもなく・・・小説からDVDアニメ化されて、一部のマニアで爆発的ヒットした・・・

紅のドカ的には、社会の荒波をを生き抜いていくためのバイブルと化している作品

銀河英雄伝説
・・・です



実はこの小説版“銀河英雄伝説”は今は亡き高校時代の友人にオススメされ・・・ものの見事にハマり・・・ずいぶんと読みふけったモノでした

ですが、その小説の巻数があまり多くて、しかも受験を控えた状況もあいまって、途中で断念してしまいました

それから十数年が経ち、銀河英雄伝説は全編がDVD化され、小説の外伝までもが、全てDVD化されました
その事は知っていたのですが、なかなか観る機会がなく、時間がだけが過ぎていき・・・

数年前に、レンタルDVD屋で偶然出会い・・・
銀河英雄伝説 第1巻を観たら・・・そのあとは坂を転がり落ちるようにハマっていき

気が付けば、全てを一気に見てしまいました

小説も楽しかったのですが、DVDアニメはさらに分かりやすく仕上がっていて、とても面白かったです
あまりに面白くて、2回も見てしまいました(汗)

銀河英雄伝説は、やはりストーリーと、登場人物に深みがありすぎです

帝国主義と民主主義

その上に立つ者の、思考1つで、すべてが変わってしまう

それを、これほど楽しく分かりやすく、アニメ化された作品は、他には無いのではないでしょうか・・・

社会科の授業か、道徳の授業で放映しても良いくらいだと思います

つい1ヶ月くらい前に、韓国の海で、フェリーが沈没しましたが・・・
それと重なるようなストーリーも、まるで何かを予測していたかのようにあります
そのストーリーでも船長は船員と民間人を置き去りにして逃げてしまいます
そして、船に残された者は・・・若かりし頃の主人公ヤン・ウェンリーに助けられます・・・そしてその逃げ出した船長は腐っていきます

あの韓国のフェリーにも、ヤンウェンリーのような船員がいれば、最悪の惨事にならなくて済んでいたのかもしれません

話しを元に戻しますが・・・

その前半の主人公である、無敗のヤン・ウェンリーと、常勝のラインハルトの2人の生き様と考え方は、その手段こそは違うが、目指すべきところは同じだったのではないのか?
いろいろと考えさせてくれます

そんな、矛盾する2人の天才・・・無敗のヤン・ウェンリーと、常勝のラインハルトが、政治・経済・戦争の日々の中で、頭の中で常々考えているのが・・・戦略と戦術

民主主義の元、本当は自由なはずなのに、気が向かない政治に足元を鎖で縛られて、思い通りの戦略が立てられずに、戦術だけで無敗の数を増やしていくヤン・ウェンリー

帝国軍のラインハルトはあらゆる戦略の手を繰り広げて、その地位を確固なるものとして、思い通りの戦術を展開しつつも、戦略上の1つのボタンの掛け違いから、己の中に影を作ってしまい苦悩する常勝のラインハルト

この2人の主人公の置かれた立場は、我々社会人が、似たような状況に置かれている場合が多いです
紅のドカの言葉足らずの文章では上手く伝えられないのが、本当に残念ですが・・・
社会人になって、ちょっとした役職が付き、少しは立場というモノを気にし始めた30~35歳位になった時に、1度は観た方が良いと思われるDVDです

何というか、物事を大局で見つつ、戦略と戦術を考えれるような、ちょっとした心境の変化を与えてくれる作品ですヨ

小説が発売された時期を考えると、もうかなり古い作品ですが・・・紅のドカ的には超オススメです!

ちなみに戦略と戦術の違いとは・・・ググってみてください
それでも、その真意がよく分からない場合は、銀河英雄伝説を第1巻から観ることです!

社会の荒波の中で生き抜く大人のアナタにおすすです!

進化する運動会

昨日からの引き続きです・・・
進化する運動会の競技編

ついに我らが漢の種目です!

はるか昔の、我々、小学生時代は・・・
ケガ人が出てもお構いなしの・・・

棒倒しがメジャーでしたよネ

あれは・・・今思い返すだけでも・・・過激すぎ!?な内容でした

よってたかって、あらゆる手段を使ってでも、敵陣にある棒をなぎ倒す!
もちろん守りの人間の上に、無理やり上って、さらにそそり立つ敵陣の棒によじ登って
倒していく・・・という

近頃の過保護な親が見たら、失神状態になりそうなくらいの過激な競技でした(笑)

あの棒倒しには、緻密な戦術など存在しません

守りの要(かなめ)も必要ですが、ひたすら敵陣になだれ込み、勢いと人の数で敵を圧倒して、身軽な奴から、敵の守りの中へと潜り込み、そして素早く棒に登って、棒を倒す

それこそ北斗の拳の黒王号に跨るラオウが1人でもいれば、全て終わってしまうような
弱肉強食な競技でした

そんな過激な競技でしたので、やはりケガ人も出るために・・・

少しでも安全な、互いの赤白帽子を取り合う、騎馬戦へと競技は移行していきました

騎馬戦の記憶と言えば・・・紅のドカは5月生まれのため、意味もなく身体が大きかったので、必ず下側の騎馬の方でした
上に乗らせてもらえる機会は無かったです(涙)
やはり騎馬の上に乗れる奴は、騎馬の機動力重視と動きが軽くて早い、身軽な子が選ばれていましたからネ
一度でいいから騎馬の上に乗って、帽子を取あってみたかった~

そんな時代の騎馬戦は・・・やはり大した戦術もなく
皆でわぁ~~~~~っと走って、ひたすら帽子を奪い合う
そんな競技でした

それが、今の時代は、かなりの進化を見せていて、正直、驚きました

今の時代の騎馬戦は・・・もちろん紅白に分かれて下は3人の騎馬で、その上に1人の帽子を被った子を乗せて、その帽子を取り合う
もちろん赤白の帽子が取られた時点で、戦線離脱は変わりません・・・そこまでは同じなのですが

現代の騎馬戦はその赤白の帽子をいくら数多く取っても、チームの勝ちにはならないのです

なんと・・・大将なる・・・紅組は金色、白組は銀色の角付きヘルメットを被った者がいて
その大将が被るヘルメットを奪った組が勝利なのです

それなので、しっかりととした知恵者がいた白組は、大将騎馬を360度、下々の騎馬隊が囲み、左右に鶴の羽を広げたように騎馬隊を展開させつつ、数騎の騎馬隊を、全面に展開させて紅組を迎え撃ったのであった

そこまでの陣形を組めなかった紅組は、ジワリジワリと白組の術中にハマっていきます
ココまでは完全に白組のペースでした

それを外野から見ているこちらは、まるで戦国時代のイクサを見ているようで、とても楽しかったです

戦術的な陣形を組まれて、ジリ貧で数を減らされる紅組は、作戦を急きょ変更し、左右に展開する翼の弱い部分に、動きの速い騎馬が単騎で特攻をかけます
まさに一発勝負のゴリ押し作戦でしたが、その動きの速い騎馬は翼の中央を突破し、なんと裏側から白組大将を狙います

その紅組の単騎の勢いに押されたのか?
それとも今が勝敗のチャンスと見切ったのか?
なんと白組の大将は敵に背後を突かれる前に、すでに白組の2騎が紅組の大将と戦っている場所に走りだした

そして、紅組大将が白組の2騎と戦っている、背後に一気に攻め込み
なんと紅組の大将の金色のヘルメットを、見事に奪い取ったのであった

あまりに見事な戦術プレイに、見ているこちらが鳥肌が立ってしまいました
絵にかいたような白組の大将の戦術と、遅くてもダメ、早すぎてもダメという、勝敗を見切る勘がとても素晴らしかったです
これが白組の大将の指示なのか、諸葛孔明のような軍師がいたのかは不明ですが・・・
白組の中になかなかのキレ者がいたのは間違い無いですネ

大将のヘルメットを奪ったチームが勝利するという騎馬戦は、本当に面白いです
戦術なくして勝利なし

近頃の運動会は、男子も女子も頭を使う楽しい競技になってきましたネ
また来年の運動会が楽しみです

竹取物語

昨日は・・・ブログの更新も、自転車練習も、バイクも全てサボって・・・ゆっくりでマッタリな一日を過ごしてしまいました~
いやでも・・・実を言うと・・・そんなにゆっくりと時間を過ごしていた訳ではありません

ひたすらプレイし続けている・・・スマホのゲームアプリである・・・盟約のGKのイベントに、寝起きから必死にINしてました
ボスの目が届かぬ場所でポチポチ、子供に公園へ遊びに行こうと連れ出して屋外でポチポチ、昼寝をしているふりをしてポチポチ、犬の散歩中にポチポチ、風呂場で、トイレでポチポチ、ベッドで寝落ちする瞬間までポチポチと、とにかくポチポチとゲームをプレイし続けていました
本当にもう立派な・・・ネトゲー廃人です

こんな寝落ちするまでゲームをしているネトゲー廃人的な大人が、子供にむかって“ゲームはほどほどにしなさい”なんて言っても、その効果は薄いでしょうネ・・・
アンタがゲームをやめなさいヨ~なんて目で見られてしまいます

どうしてそこまでネトゲーを、プレイし続けないといけなかったのか?

それは・・・前日の土曜日が、子供の運動会で、そちらの運動会にリアルINしていたため、ゲームのIN率が極端に落ち込んでいて、お仲間のプレイヤーに差をつけられていたからです(汗)

なんといっても、今回のイベントの報酬は、喉から手が出て、足先までもが出るくらい欲しいカードが3枚もありまして・・・
どうしてもIN率を高めないと、そのカード3枚をコンプリート出来る可能性が低くなってしまうので、必死になっていました

無課金でその報酬3枚をコンプリートするには、とにかくIN率を高めて、ゲームを先へ先へと進めていくしかないのです

そんな事に必死になれている大人・・・って中身はほとんど子供レベルですネ

そんな子供レベルな紅のドカが、土曜日の運動会に参加して、すごいゾ!このリアルなゲームは!と思わせた事を今日明日の2日で紹介したいと思います

今日紹介する運動会の競技は・・・小学校の全女子生徒が参加する競技です
(ちなみに明日は男子です)

その名も・・・竹取物語・・・です
・・・?かぐや姫でも出てくるのか?
その名前だけでは、競技の全容が全く想像ができません

小学校の運動所に(小学生用)サッカーコートくらいの広さで、四角く白い線をひき

その中央に9本の竹の棒(長さ6mくらい)を置きます

そして、サッカーコートの両端に赤組、白組に別れた女子生徒達が、競技開始の時を待ちます
1・2年、3・4年、5・6年の3つのクラスに分かれて、その競技は行われます
さすがに1~6年生の全てが同時に参加しては危険な種目みたいです

最初はコートの中央に置かれた、その竹の棒を引っ張り合って綱引きをするのか?・・・それを竹取物語と呼ぶのかな?
綱引きという名を変えた、ネーミングのヒネリは面白いけど、内容は普通じゃん!

・・・なんて思っていたら、スタートの号砲が鳴り響きました

するとどうでしょう!
最初のクラスである1・2年生の子たちが、自分の陣地から一斉に、しかもバラバラに走り出すと、それぞれ思い思いの9本の竹の棒の所に走って行くではありませんか!?

オイオイ、そんなバラバラで一体どんな綱引きをするつもりなんだヨ~
なんて、思って観ていると・・・

サッカーコート中央で9本の竹の棒を、赤組と白組が互いに引っ張り合う、一見、綱引きのような、竹の棒の引っ張り合いをするのでが・・・
この競技の面白い所は、その竹の棒を己の陣地まで、ひっぱり込んだら、その竹の棒をチームの手柄として貰えるらしいのです

そして、引っ張り合いで勝った側の陣地には、その戦利品が誇らしく立てられていくのである

そう、これは本当に竹取り(物語ではなく)合戦であったのだ

なかなか戦術的な要素が多いです

ある程度相手の陣地に引き込まれ始めると、負けている側はその竹の棒に見切りをつけて、他の棒の引っ張り合いの方にドンドンと移動していくのである

これがなかなか面白い
相手の陣地にちょっと引き込まれ、負けそうなのに、いつまでも己の竹の棒を引っ張っていると、他が人員不足になって、チームが負けてしまう
己の竹の棒だけではく、全ての竹の棒の引っ張り合い具合を見切っていかないと、チームが負けてしまう
たぶん、競技の前には、いろいろな作戦を練るのでしょネ・・・楽しそう~
こんなチームで一丸になって、勝利を目指して頑張れる楽しい競技があるんですネ~
時代が変われば、運動会の競技も頭を使う、楽しいモノへと進化していくのですネ
ちょっと驚きました~

大人でありつつも、脳みそが子供な紅のドカは、競技に混じりたいくらいでした
自分が子供の頃には、こんな戦術的な競技は無かったですからネ

竹取物語は大人でも十分楽しめそうな競技でした
というかマジで1回やってみたいです~

でも、そんな戦術的な競技は、まだまだ続くのであった・・・進化する運動会競技・・・それはまた明日~


ブラック微糖

最近、会社でコーヒーメーカーを買ってくれて・・・
美味しいコーヒーが飲めるようになりました~
ヾ(@⌒ー⌒@)ノ



そこで分かったのが・・・とても当たり前の事ですが

インスタントのコーヒーは美味しくなく
(; ̄ェ ̄)
コーヒーメーカーで作ったコーヒーは、とても美味しい!!!
(≧∇≦)

こんな、コーヒー好きな人なら誰でも知っているような事を、何十年も生きてきて、今さらのように知りました~

お恥ずかしく、ずいぶんと遠回りな人生でした
(−_−;)

今までの紅のドカ的なコーヒーに対するスタンスは・・・

コーヒー牛乳・・・大好き~お風呂上がりなら、なおさら大好き~
カフェオレ・・・まぁOK
インスタントのミルク&砂糖入りコーヒー・・・たまに飲めない時がある
ブラックコーヒー・・・バイクに乗った時に、ナルシスな気分にひたりたい時に飲む
コーヒーゼリー・・・ミルクを入れれば大好きです~

こんな感じで、長い長い人生を過ごしてきた訳です

どうしてコーヒーがあまり飲めなかったのか・・・

それは小学生の時に、大しけの時に乗ったフェリーで事件は起きました・・・
いつ沈没してもおかしくないような大しけで大揺れの時に、何故かコーヒーを飲んで・・・そのあとすぐにゲロゲロピーと吐いてしまい・・・それ以来、コーヒーを受け付けなくなったのです

だから、仕事先で、休憩時に缶コーヒーなどを出されると、結構厳しいものがありました
( ̄◇ ̄;)

特に真夏のノドがカラカラの時に、普通に缶コーヒー(微糖)を出された日には、そして、それを飲まざるを得ない状況下の時は・・・

サハラ砂漠の中央で彷徨っている時に、激辛のキムチスープ500mlペットボトル入りを、一気飲みするのと同じくらいに・・・死を覚悟するような気持ちで・・・一気に飲み干していました

もちろん、その後にお客さんの視界から離れたら・・・大変失礼な話しですが・・・すぐに次なるジュースを求めて、自販機でジュースを買って、口の中に残るコーヒーを、かき消していました

そんなコーヒー嫌いな紅のドカでも、コーヒーメーカーが作り出す、美味しいコーヒーを飲むようになってからは、少しだけコーヒーに対して優しくなってきました

と言うかコーヒーには、美味しいモノと、美味しく無いモノの2種類がある事を知りました
d(^_^o)

いや、紅のドカは、偶然にも美味しくないコーヒーに出会いすぎていたのかもしれませんネ
完全にコーヒーを否定し、紅茶派と化していました

最近では、ブラック微糖(ミルク無し)がマイブームです
・・・?
ブラックで微糖???
微糖な時点でブラックではないような気がしますが・・・
( ̄O ̄;)

ブラック微糖コーヒーが飲めるようになっても、缶コーヒーは美味しいとは思えません
やはり別モノなのですネ~缶コーヒーは・・・

そして、もう1つ変わってきたのは・・・
自販機の中でも、カップのタイプですネ

最近では、カップタイプの自販機を見かけると、積極的にコーヒーを選らぶようになりました
いや、ブラック微糖を飲みたくなります
以前までは、コーラとか、甘い甘いコーヒー牛乳だったんですけどネ~

今では甘いコーヒー牛乳ではなく、普通の値段のカップのコーヒーより20円くらい高くしてでも、ちゃんとその場で作ってくれる?コーヒーブラック微糖を選んで購入しています
砂糖の分量を選べるタイプは、大歓迎です~

カップのコーヒーは、少し高いだけあって、普通に美味しいと思えますよネ~
最近のコンビニで売られている100円~からのカップ売りの、ブラック微糖コーヒーも、普通に美味しいですネ~
最近、ハマっています
ちょっと中毒のようになってきていまふ
(; ̄O ̄)

後は早く砂糖はいらないゼ~
とカッコ良く言える大人になれるように頑張りたいと思います~

ピカピカのコーヒー1年生の紅のドカ君でした~

これは奇跡か悪夢なのか?

今回のブログで何度めの掲載となるであろうか・・・
ニュータイプ的に勘の良い読者なら、この時点で・・・またアレですか?
と苦笑しつつ、気が付いてしまうかもしれませんネ

世の中、二度あることは三度ある
仏の顔も3度まで
5秒に1人増えているのは楽天カードマン・・・???

とある女神に愛されている紅のドカは、またまたやっちゃいました
いやヤられちゃいました・・・

もうコレをブログの記事として載せる事を、最近では郵貯・・・いや躊躇しつつあります

だって、最近の紅のドカのブログは、コレばっかりじゃん!
・・・的な流れになってきているからです

もしかして、ブログのネタに困って、わざと自分でヤっているんじゃないの?
まさに自傷行為をネタにしているのではないか?
との疑いさえ考えてしまうくらいの頻度です

何をヤってしまったかと言えば・・・

またまたロードレーサー風自転車の・・・今回は初めてとなりますが・・・・リアタイヤのパンクをしてしまいました~



どんだけタイヤのパンクネタが多いのですか~???

もしかして、画びょうや、針や、細かいガラス破片が、たくさん落ちている道を選んで走っているのですか?
いえいえ、至って普通の道を走っています

実は今回もリム打ちパンクなのです

でも、このごろではちょっとした段差がある場合は、極力スピードを落として、ノロノロ運転でその段差を越えているのに・・・リムを打っている
実は今回はどこでリムを打ったのか、全然心当たりがないのです~(涙)

これは安物買いの銭失いパターンかもしれません

ちゃんとしたロードレーサーであるSCR1号は、リム打ちパンクなど1度もありませんし
同じ通勤路を走った事もありますが、何も起きていません

たぶん、ホイールの内側が耐パンク処理されていないのと、タイヤが安物なのでしょうネ

ブログのネタには困りませんが、こんなにパンクが頻繁に続くと、本当に怒りを通り越して、笑えてきてます
すごいナ~
人生の中で、こんなに連続フィーバーでパンクするなんて、初めてだぜ~
いっその事、どれだけパンクが連続するか試してみようかナ~
・・・なんて気さえ起きてきます

しかも、チューブ交換ではなく、穴をふさぐパンク修理が30分以内に、出来るようになってきました

きっと神様は、自分にパンク修理のテクニック向上のための試練を与えてくれているのかもしれない
たかが片手で数えれないパンクの修理だけで、耐パンク用材料に頼ってはいけないかもしれない

この連続する悪夢のような奇跡を、心から受け入れ、チューブにこれ以上、パンク修理剤が貼り付けれなくなるまで、今のままでパンクと格闘し続けようか
それとも、お金をかけて耐パンク材料でカスタムするか

神が与えしチャンスを棒に振るのか
全てをお金で解決するのか

もうあと数回、パンクの修理をしたら、どちらか決めようと思います
しばらくは・・・パンク修理技術をさらなる向上させるために、現状のままでこの試練に立ち向かっていこうと思います~
パンクなんかに負けないゾ~

続 ベトナム

どうして急に、紅のドカがベトナムに興味を持ち始めたのか?
( ? _ ? )

実は・・・仕事で、ベトナム支店に転勤する事になりました



長らく続いたこのブログも、全く更新が滞っているHPも、ベトナムからの更新は出来そうもありません

ベトナムに滞在している期間に、ひたすらネタを見つけて、それを文書にして書き留め・・・
厳選された優秀作品だけを集めた

紅のドカ inベトナム
ブログのネタを集めていたら、本になってしまいました~(=゚ω゚)ノ

・・・を日本に帰ってきたら、電子書籍として販売する予定なので、皆さん、紅のドカの事を忘れないでネ~
(T_T)

出発は6月4日の午前中くらいを予定しています

めちゃ×2急です!特急です!
ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘
自分自身が驚いています
あまりに突然の事で・・・出発の準備さえ出来ていません(>_<)

そして帰って来るのは・・・たぶん・・・

6月8日の早朝です

Σ(・□・;)早ッ!

いや、朝早いという意味ではなく・・・

たった1年と5日間・・・

・・・ではなく

本当にたったの5日間の話しです

Σ(゚д゚lll)えっ?!それって・・・

海外転勤ではなく・・・社会見学という名の・・・ただの社員旅行です~
(^_^;)

ベトナムに本気で転勤して、このお仕事をしようとしたら、作業内容としては最先端過ぎて、たぶん欲しい材料が手に入らないと思われますネ~

期間としては5日間だけど、超安物ツアーなので、まともにベトナムに滞在出来るのは、3日間程度でしょう
あとの2日間は、安物ツアーだけに、空港での乗り換えで、時間待ちとかでしょうネ
( ̄◇ ̄;)

今、一番気になっているのは・・・
iPhoneでプレイし続けているゲームアプリ
盟約のGK



の連続ログインが途切れてしまう事です~(>_<)
これには本当に困りモノです

何と言っても、去年のこの時期に行った、香港・マカオのツアーのおかげで・・・盟約のGKの連続ログイン記録が途絶えていますからネ
(−_−;)

それはそれは、めちゃ×2悔しかったですョ~

今年はもうじき連続ログイン365日になります
そして、またまた社会見学のために、それが一旦途絶えてしまうのか~
_| ̄|○ ガックリ

いや、連続ログインも悔しいですが、ゲーム内で行われているであろう、イベントに参加出来ないのが、本当に悔しい
ログイン以上に、涙がちょちょぎれそうなくらいに、悔しいッス!
(T ^ T)

もしゲーム内で、お仲間を助け合う、レイドボス戦だったらどうするつもりなんだ~

この1年間、本当に盟約のGKと共に歩んできました
まさに、このゲームアプリ無くして、紅のドカが語れない位に、日常生活の一部分と化しています

紅のドカの身体を、動かす心臓の左心房くらいに、無くてはならないモノとなっています

そんな盟約のGKのイベントに参加出来ないと思うだけで、盟約のGK禁断症状が出てきそうな感じがします

スマホのゲームアプリ
盟約のGK

風邪を引いた日も、仕事がクソ忙しい日も、お正月でも、1日たりとも欠かさずにプレイし続けています

そんな生活の一部、身体の一部と化している、盟約のGK無くして、日々の生活がマトモに出来ないのでは??
と心配だけが募ります

無事に短い期間ですが、ベトナム生活を過ごす事が出来るのか?

それでは皆さん、またベトナムの分からない事をUPしていきますので、よろしくお願いします
(=゚ω゚)ノ

未知なる世界・・・ベトナム

いきなりですが・・・ベトナム

・・・って国を知ってますか?

もちろん、その国の名前を知ってますか?
・・・なんて小学生レベルの話しではありませんョ
(;^_^A

実は紅のドカ・・・国の名前こそギリで知ってはいたものの・・・そこがどんな所なのか、よく分かっていません
本当にお恥ずかしい話です

そこで、紅のドカがベトナムのイメージを、貧相な脳みそ12M記憶デバイスにアクセスしてみて、ベトナムのイメージをダウンロードしてみると・・・

交響曲?ワルキューレを鳴り響かせながら、戦闘ヘリで空から攻め入るアメリカんアーミーが印象的な・・・
地獄の黙示録



シルベスターローンの主演作
ベトナム戦争帰りの孤独な元グリーンベレー特殊部隊兵士
ランボー



子供の頃には、その深い意味がよく分からなかった・・・
プラトーン



もし、ベトナムに飛行機で着いたら、空港で・・・

赤のハチマキを額に巻き、サバイバル(通称ランボー)ナイフを腰に装着し、身体にはM16ライフル銃用の銃弾をX字に巻きつけ、顔は迷彩カラー塗装を施し、ズボンも迷彩カラーのアーミーズボンに、皮の軍靴、上半身は裸で、その上に手榴弾らしきモノをポケットに入れたアーミーベストを着て
入国審査を受ければイイと思っていました



ベトナムの入国審査官が、その格好の異様さに驚きながら、何をしに来たのか?と問われたら

一言・・・WAR

コレでベトナムに無事に入国できる~


うわっ!
紅のドカのベトナムのイメージって、ベトナム戦争の頃の、しかも作り物の映画のイメージしかない
((((;゚Д゚)))))))

なんて貧相なのでしょうか?
本当にお恥ずかしいばかり

現在の ベトナムは、そんなベトナム戦争時代のような所ではありませんよネ
本当に失礼な話しです

ベトナムの方々、本当にすいません

どうして、急にベトナムが気になり始めたのか?
その真相はまた明日~
(^O^)/

地球外生命体との遭遇

このブログを読んでいる心優しい方々なら、必ず共感してもらえると思うのですが・・・

街角のコンビニに立ち寄るくらいの頻度で・・・
知り合いのお宅の庭先を掘る機会って、本当によくありますよネ~

まぁ、とりあえずお茶でもどうぞ・・・
くらいのレベルで・・・まぁ、とりあえずスコップでもどうぞ~
と剣スコップを渡されて

( ̄◇ ̄;)はぁ?!訳わかんね~

なんて、言っては決してダメですヨ!

紅のドカが体験してきた、地底人共和国では、スコップを渡されて、その家の庭先を掘る事が最高の・・・

お・も・て・・な・し

となるみたいです
(あくまで地底人共和国の話です)

それをブチ切れながら断ろうものなら・・・
泣く子も黙って、オシッコとウンコをダブルで、思わずお漏らしてしまうと噂される・・・
スフィンクスの刑なる、処罰が即座に決行されるらしい

その世にも恐ろしいスフィンクスの刑を、何とマトモに喰らって、不思議と五体満足で帰って来れた、ジブエ料理の第一人者であるジブエ君いわく・・・

スフィンクスの刑ほど、人類史上最悪で悲惨で、恐ろしい刑は他にはないネ!
人間以外の生き物が考え出す拷問は、もう人類の思考の範囲を超越してしまってるネ、流石の俺でも相当ビビったもんネ~

と自称・拷問愛好家のジブエ君でさえ、思い出すだけで、思わず震えが止まらなくなるスフィンクスの刑

結局、その刑ほ全貌を聞き出す事には、失敗してしまいました
人間は己の尊厳を根底から、くつがえされそそうな行為をされそうな時は、多くを語らなくなるみたいですネ
きっとジブエ君は、その愛好家としての拷問が、思わず嫌いになってしまいそうなくらいの、とんでもなく屈辱的な拷問を受けて帰ってきたのでしょうネ・・・たかが穴を掘らないだけで
それがジブエ君が地底人共和国に、紅のドカと共に潜入した時に体験してきた事の1つみたいです

その前に紅のドカとジブエ君はどうやって地底人共和国に潜入出来たのか?

その地底人共和国へ潜入話しは、また次回にしましょうネ


とりあえず、深さ15~20cm位で、距離にして10m位を、ひたすらスコップで掘りまくっていた時の事です

剣スコップで、掘り上げた土の中に・・・
何と地底人がいたのです!

地底人を偶然にも捕獲してしまった写真があるので、それを掲載します



(−_−;)えっ!何処に地底人がいるの??
全然分かりませんヨ~

もう、本当に手間のかかる人ですネ~

もうこれ以上のサービスショットはありませんからネ!

これが太古の地球に、宇宙から完全支配を目論んで攻め込んできたけど、あまりに力不足で、地底へと逃げ込んでしまった、元地球外生命体でありながらも、今は地底人の姿だぁ!!!



・・・元地球外生命体で、今は地底人って・・・ただのセミの幼虫じゃん!
(−_−;)

ハイ、そうですヨ!

穴を掘っていたら、まだまだ・・・春眠暁を覚えず・・・なセミの幼虫を掘り起こしてしまいました~
(⌒-⌒; )

とても眠たそうな目で・・・地底人はまだ寝てんだヨ!
眠りの邪魔をするんじゃない!

と睨みをきかしてきたので・・・
思わず別の箇所を新たに掘って、そこへ埋めてあげました

紅のドカ的な経験でいくと・・・セミの幼虫(地底人)がいる庭先は、とても良質な土を使った、とても良い生活環境だと思われます

たまに、いや、最近の安い埋め立て地に、新しく建てた家だと、土が腐っていて、地底人さえ住めない土があります

ごく稀に腐敗臭さえする土の上に、堂々と家を建てている所もあります

そんな足元の土が腐っているような所では、いくら頑張っても、良い生活環境は出来上がりにくいと思われます

この先何十年もその場に住むのなら・・・よく風水や、吉凶をとても気にする方がおられますが・・・その前に見えない足元を気にした方が、健康的に過ごしていけるのでは?
なんて思いますネ

そんな健康環境のバロメーターとなる元地球外生命体の地底人君を見かけたら、優しく土の中に戻してあげましょうネ!
ではでは
(=゚ω゚)ノ

ジビエ

ジビエ料理って聞いた事あります?

そうそう、小さい頃に親の都合でフランスから日本に引っ越して来て、何故かフランス語が全く話せなくて、だけどサッカーとラップがやたらと上手かった、あの団地に住んでいた、ジビエ君が作った料理ですヨ~
d(^_^o)
(間違ってもglobeのマークパンサーの事では無いですヨ~)

ついに、ジビエ君も、ジビエ料理という店のオーナーになったのか~
あいつも出世したよナ~
一国一城の主か~
( ̄O ̄;)

オイラは未だに、しがないサラリーマンだヨ
σ(^_^;)

小学校の頃、近所の空き地で、一緒にサッカーをやっていた頃は・・・ジビエ君は・・・いつかはキャプテン翼になるんだ!



なんて、幼稚園児が大きくなったらウルトラマンになるんだ!・・・的な訳の分からない事を言うから・・・

自分も負けずに、いつかキン肉マンの(中国三千年の技で、ブロッケンマンをラーメンにして、なんと食べてしまった)闘えラーメンマンになるんだ!



・・・なんて熱く語りあっていた、あのジビエ君の料理です!

・・・あれ?Σ(゚д゚lll)

何か違うような気がする(−_−;)

そんな誰も知らない、ジビエ君の事を語れとは、誰も言っていませんよネ

だいたい本当にジビエ君がいたのかも怪しいしネ~(; ̄ェ ̄)

そろそろ本題へ行きますヨ~
ジビエとは・・・狩猟などで得た天然の野生鳥獣の食肉の事です
d(^_^o)

知らなかった人は、インテリ度レベルUPで、ちょっと賢くなりましたネ~

ジビエ料理とは、山や畑を荒らす、猪や鹿などを捕まえて、お肉料理にしてしまう一石二鳥な事なのです



紅のドカも、鹿や猪の肉は食べた事がありますが・・・
まさかジビエ料理なんて、フランス語で言われていたとは、知りもしませんでしたが・・・

鹿も、猪も、素材の味がそれほどなのか、もしかすると臭みがあるためか?お味噌や、焼肉ソースなどで、肉本来の味を味わうような食べ方では無かったです

こんなに強烈にな個性を持つ調味料を、後から追加したら、本来の肉の味なんて分からないヨ~(>_<)

・・・というか本当に鹿や猪のお肉なの?
・・・って疑いたくもなってきます

たぶん、家畜のように、人様が食べるために生かされている牛や豚とは違い、本当の意味での野生の生き物ですからね

口に合わなくても仕方ないですよネ
家畜とは違い、人間様に食べられるために生きている訳ではありませんからネ

でも、ジビエ料理の恐ろしい所は、鹿や猪だけに止まらない所です

とある新聞記事には・・・
カラスのモモ肉や、脳みそも食べられると書いてあるではありませんか?!



もし、カラスがこの新聞記事を読んだら、目を丸くして驚き、震え上がる事でしょうネ
なんて迷惑な記事を載せてくれるんだ!と

人間は、ただ駆除するだけの目的だと、それほど本腰を入れないけど・・・
口に入れたら、実は美味しいかもしれない?!
なんて事を本当に知ったら・・・カラスが絶滅危惧種になるまで、徹底的に捕獲に励みますからネ
現在、捕獲し放題です
ビッグなビジネスの予感さえします

そんなターゲットにされたくない!
カラスはこの新聞記事を書いた記者を襲うでしょうネ(笑)
実はカラスの肉が美味しく食べれる
なんて余分な事を書くのではない!
・・・と怒りながら

でも、カラスの脳みそは置いておいて
(さすがの紅のドカでも、カラスの脳みそを食べる勇気は湧きません)
紅のドカ的に許せる食べる脳みそは・・・カニみそだけです~
(中国では生きたままの猿の脳みそを食べると美味しい・・・と、聞いた事があります・・・究極のジビエ料理ですネ・・・恐ろしすぎます~)

でも、カラスのモモ肉は興味がありますネ~

このジビエ料理の記事を読んでから、カラスを見る目が少し変わりました
(^◇^;)

歩くフライドチキンに見えて来るようになってきました

そんな心変わりを知ったら・・・カラスもビビって・・・人間の近くで生活しているスタンスを変えて来るかもしれませんネ~

カラスも・・・フライドチキンなんて、なりたくないョ~カーカー
なんて叫ぶ日も近いかもしれませんネ~

そして、ファミマのプレミアム チキンが・・・
プレミアムのカラス プレミアム チキンになる日が近いうちに来るかもしれませんネ~

そしたら、食べますヨ~
ちょっとカラスのモモ肉が気になり始めている紅のドカでした~
(=゚ω゚)ノ

パンクに路線変更しようかナ~

今までノリが良く、クールな(ヒム)ROCK系(古い?)な曲が好きでしたが・・・

ココらで心機一転で・・・パンク路線に、身も心も変更しようかと・・・

((((;゚Д゚)))))))パ?・・・パンク路線???
どうして急に???

イメージは・・・80年代に流行った・・・リンダリンダで有名な・・・

THE BLUE HEARTS
のようなパンク路線に変更しようかと

もちろん普段着は、北斗の拳のジャギ様を連想させる・・・



銀色の棘トゲが革ジャンに刺さった革のダブルのライダースに、頭は気合いのモヒカン

うぉ~パンクだゼ~~
ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

なんて定番パンクの格好と、上記のような発言を、わざわざするような、回りくどいパンクの方はいませんよネ・・・

紅のドカの目指すべきパンク路線も・・・実は少々違います
(−_−;)

紅のドカが目指すパンク野郎とは・・・

自転車パンク野郎です~
V(^_^)V パンク!イェーイ!

何を隠そう・・・
先週末にリム打ちパンクのブログを載せましたが

その次の日の夕方に、またまた新たにパンクをしてしまいました~
♪───O(≧∇≦)O────♪キターーー



これだけ短い間で、パンクが連続すると・・・流石に笑えて来ますネ

いや、もう笑うしか無いでしょ~(≧∇≦)

凄くないですか??
たった24時間以内に、同じ自転車のパンクを、2回もやっているんですヨ~

もうパンクの呪いのレベルを通り越して・・・
パンクの女神様に惚れられてしまったとしか思えない~(>_<)

凄すぎ~\(^o^)/

あまりにパンクの確率が高すぎで・・・

泣けてきます~
(T_T)

会社からの帰宅途中で、疲れていたし、あまりに連続しすぎて、直す気がしなくなって・・・

パンクしたままのタイヤで、家まで3キロを走りました

そして・・・ロードの自転車って・・・意外にもタイヤに空気が入っていなくても、パンクしたタイヤとホイールだけで走れてしまう事を知りました

いや・・・そんな発見はしたくなかったです
(T_T)

その次の日の朝方に、ガレージにてパンク修理材を使用してパンク箇所を直しました

とにかく、パンクの確率変動が来すぎで・・・ドンドンとパンク修理の手際が良くなってきて困ります~
パンク修理屋さんになれそうです~(>_<)

あっ!
皆さんもパンク修理で困ったら、ひと声かけて下さいネ
近くにいたら、すぐに直してあげますヨ~

次なるパンクがいつ来るのか?
そんな変な期待?を胸に、今日もパンクの女神様に愛されてしまった、ロードレーサー風な自転車で会社に向かう紅のドカでした~

パンクなんかに負けないゾ~
( ̄Д ̄)ノ
プロフィール

紅のドカ

Author:紅のドカ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
名言

地球の名言 -名言集-

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR