FC2ブログ

竹取物語

昨日は・・・ブログの更新も、自転車練習も、バイクも全てサボって・・・ゆっくりでマッタリな一日を過ごしてしまいました~
いやでも・・・実を言うと・・・そんなにゆっくりと時間を過ごしていた訳ではありません

ひたすらプレイし続けている・・・スマホのゲームアプリである・・・盟約のGKのイベントに、寝起きから必死にINしてました
ボスの目が届かぬ場所でポチポチ、子供に公園へ遊びに行こうと連れ出して屋外でポチポチ、昼寝をしているふりをしてポチポチ、犬の散歩中にポチポチ、風呂場で、トイレでポチポチ、ベッドで寝落ちする瞬間までポチポチと、とにかくポチポチとゲームをプレイし続けていました
本当にもう立派な・・・ネトゲー廃人です

こんな寝落ちするまでゲームをしているネトゲー廃人的な大人が、子供にむかって“ゲームはほどほどにしなさい”なんて言っても、その効果は薄いでしょうネ・・・
アンタがゲームをやめなさいヨ~なんて目で見られてしまいます

どうしてそこまでネトゲーを、プレイし続けないといけなかったのか?

それは・・・前日の土曜日が、子供の運動会で、そちらの運動会にリアルINしていたため、ゲームのIN率が極端に落ち込んでいて、お仲間のプレイヤーに差をつけられていたからです(汗)

なんといっても、今回のイベントの報酬は、喉から手が出て、足先までもが出るくらい欲しいカードが3枚もありまして・・・
どうしてもIN率を高めないと、そのカード3枚をコンプリート出来る可能性が低くなってしまうので、必死になっていました

無課金でその報酬3枚をコンプリートするには、とにかくIN率を高めて、ゲームを先へ先へと進めていくしかないのです

そんな事に必死になれている大人・・・って中身はほとんど子供レベルですネ

そんな子供レベルな紅のドカが、土曜日の運動会に参加して、すごいゾ!このリアルなゲームは!と思わせた事を今日明日の2日で紹介したいと思います

今日紹介する運動会の競技は・・・小学校の全女子生徒が参加する競技です
(ちなみに明日は男子です)

その名も・・・竹取物語・・・です
・・・?かぐや姫でも出てくるのか?
その名前だけでは、競技の全容が全く想像ができません

小学校の運動所に(小学生用)サッカーコートくらいの広さで、四角く白い線をひき

その中央に9本の竹の棒(長さ6mくらい)を置きます

そして、サッカーコートの両端に赤組、白組に別れた女子生徒達が、競技開始の時を待ちます
1・2年、3・4年、5・6年の3つのクラスに分かれて、その競技は行われます
さすがに1~6年生の全てが同時に参加しては危険な種目みたいです

最初はコートの中央に置かれた、その竹の棒を引っ張り合って綱引きをするのか?・・・それを竹取物語と呼ぶのかな?
綱引きという名を変えた、ネーミングのヒネリは面白いけど、内容は普通じゃん!

・・・なんて思っていたら、スタートの号砲が鳴り響きました

するとどうでしょう!
最初のクラスである1・2年生の子たちが、自分の陣地から一斉に、しかもバラバラに走り出すと、それぞれ思い思いの9本の竹の棒の所に走って行くではありませんか!?

オイオイ、そんなバラバラで一体どんな綱引きをするつもりなんだヨ~
なんて、思って観ていると・・・

サッカーコート中央で9本の竹の棒を、赤組と白組が互いに引っ張り合う、一見、綱引きのような、竹の棒の引っ張り合いをするのでが・・・
この競技の面白い所は、その竹の棒を己の陣地まで、ひっぱり込んだら、その竹の棒をチームの手柄として貰えるらしいのです

そして、引っ張り合いで勝った側の陣地には、その戦利品が誇らしく立てられていくのである

そう、これは本当に竹取り(物語ではなく)合戦であったのだ

なかなか戦術的な要素が多いです

ある程度相手の陣地に引き込まれ始めると、負けている側はその竹の棒に見切りをつけて、他の棒の引っ張り合いの方にドンドンと移動していくのである

これがなかなか面白い
相手の陣地にちょっと引き込まれ、負けそうなのに、いつまでも己の竹の棒を引っ張っていると、他が人員不足になって、チームが負けてしまう
己の竹の棒だけではく、全ての竹の棒の引っ張り合い具合を見切っていかないと、チームが負けてしまう
たぶん、競技の前には、いろいろな作戦を練るのでしょネ・・・楽しそう~
こんなチームで一丸になって、勝利を目指して頑張れる楽しい競技があるんですネ~
時代が変われば、運動会の競技も頭を使う、楽しいモノへと進化していくのですネ
ちょっと驚きました~

大人でありつつも、脳みそが子供な紅のドカは、競技に混じりたいくらいでした
自分が子供の頃には、こんな戦術的な競技は無かったですからネ

竹取物語は大人でも十分楽しめそうな競技でした
というかマジで1回やってみたいです~

でも、そんな戦術的な競技は、まだまだ続くのであった・・・進化する運動会競技・・・それはまた明日~


スポンサーサイト



プロフィール

紅のドカ

Author:紅のドカ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
名言

地球の名言 -名言集-

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR