FC2ブログ

平和ボケな発言


7月初日に・・・歴史に名を残す公明党の譲歩で、ついに日本代表二枚舌の単独FWアベちゃんが、戦争が出来る日本を作り上げるための第一歩を、踏み出し始めましたネ

実際に戦争をしに出かける訳ではない・・・と得意の二枚舌で言ってますが

日本国憲法第9条には(紅のドカの小学生レベルの国語力だと)戦争はしない、武器は持たないと書いてあるような気がするのですが・・・
現実には戦争が出来るレベルの武器は所持しています

でも、その武器を国外に出さない事が、日本が平和憲法を順守する、戦争をしない国
美しい国のモットウだと思います

秘めてこそ花



持っていても出さない事が美しいのであって、それをわざわざ国外にまで持ち出して、見せつける必要はないと思いますし

間違っても他の国の、どんな理由にせよ、人間を1人でも殺してしまえば・・・
戦争の始まりです

他国にて日本の軍隊が、人を殺さない事が、逃げ腰だと言われようと、美しいモットウだと思うのですよネ
人の命は、自国民、他国民も関係ない
だいたい戦争に大義なんかありません

戦争をしたい人が、己の都合に合わせた理由が大義であって、その大義に人間の命の重さなど少しも考慮されていません

他国にて1人の命が消える事によって、その10倍以上の人数から殺した軍人が所属する国が恨まれ、無差別テロへとつながっていくのだと思います
逆に日本人が他国の者に殺されたら、どうなるのでしょうか?

日本代表単独FWのアベちゃんは、武器を持って前線に出かけた自衛隊員が、絶対に死なないと思っているのでしょうか?
そもそも、自国民の1人や2人、いやいや数千人の規模で死者が出ても、税収入にはあまり影響が無いから、どうでもイイや~
なんて思っているのでしょうネ
戦争はしないけど、他国でも戦争が出来る・・・矛盾だらけの文章ですが・・・そえが意味する事は、自国民に死んでもイイから、俺の代わりに戦地に行ってこい
と言っているよなモノですよネ

絶対に銃弾やミサイル砲撃が飛んでこない安全な場所で、のうのうと集めた税金の使い道だけ考えて、議会中に寝ているは、お休みしてゴルフをしているような奴らの命令で、命を張る自衛隊員の気持ちなんて分からないんですよネ
きっと、福島原発事故を収集するために現場で働く人たちと同じで、うわべだけのねぎらいの言葉で、内心は言葉には出来ない“どうせ金目でしょう?”くらいな魔逆の事を考えているのでしょうネ・・・

紅のドカ的には、戦争を出来る国にした議員さんたちが、(紅のドカは優しいから)全員とは言いませんヨ、その第9条を無視してまで法案を作って賛成した人たち(もちろんガッカリな公明党の人も含む)が、どうせなんだかんだ言って自衛隊が有事の際に海外に出張することになるだろうから、その際には戦地に同行してもらって、最前線で銃を持てばイイと思うんです
賛成した人たちが、自衛隊員のために命の壁となったらどうですか?
別に本人が行きたくなかったら、その息子でもイイですよ・・・得意の秘書はダメです

命を張った事がないから、こんなアホな法案を通そうと思うのです
人の命の尊さが分からなくなっているから、軽んじているから、戦争が出来る国を創りたいと思い始めるんです

紅のドカが完全な平和ボケをしているから、こんな発言をしているのでしょうか?
戦争が出来る国を見せつける事によって、さらなる平和が築けると、戦争容認派は言う事でしょうネ

でも、戦争が出来る国は、いつか戦争に巻き込まれます
今はやらないと言っている政治家たちが、2~3回選挙をやるうちに、あっという間に戦争国家に早変わりですヨ

そもそも政治家さんたちは、戦争がしたくてしょうがないのですからネ
人の命なんて、紙くず1枚くらいにしか思っていない、連中の勝手な判断で、人の命が左右されるなんて・・・どうですか?
戦争を知らない世代だから、ボケボケな発言かもしれませんネ

紅のドカ的には、どんな風に世の中が、政治が転がったとしても・・・結果として人の命が失われない考えを尊重していきたいです
自国民が1人でも戦争に巻き込まれて死んで、あの国が殺したんだ・・・というようなセリフは聞きたくもないです
全ては戦争をやりたい政治家が仕組んでいる罠なんです
我々の人の命を軽んじない考えを強く主張していかないと・・・
危ない国へと早変わりしていきます
復讐のためのテロに巻き込まれます

他国のようテロが無いのは、戦地で人を殺していないからだと思います

古臭いかもしれませんが(もう無理かもしれませんが)・・・日本国憲法第9条は大切にしていきたいと思います
スポンサーサイト



プロフィール

紅のドカ

Author:紅のドカ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
名言

地球の名言 -名言集-

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR