FC2ブログ

びしょ濡れ~~~

昨日の雨の影響で・・・まだまだ路面が完全に乾いていないため・・・今日はバイク朝駆け無念の中止です

・・・というか昨日の朝駆け自転車練習は散々でした(涙)

一応、目的は達成しました
家から29kmの距離にある、ヒルクライム頂上である折り返し地点に到達し、そこから半分だけ下って、山の中腹から再びヒルクライムをしようかどうか悩んでいると・・・
山の頂上でポツポツと雨が降り始めた

何だか嫌な予感がしたので、今回は1.5回目の半分ヒルクライムを中止して、そのまま頂上から下って、家に帰る事にしました

まぁ、分かっていた事なのですが・・・

山を下って、一般道路に合流すると、雨は止んでいました
山の頂上付近だけ天候が悪い・・・そんなのはよくある事ですからネ
自分の判断が間違っていたかな?もう一度一番下から山頂目指してヒルクライムに挑もうかナ・・・なんて思いつつ

でも、何となく帰る方向がどんよりと暗いので、雨が降り出す前に家に戻ってしまおうと、再び山頂を目指すのを諦めて、家に向かってペダルを回します

だが、進めば進むほど、その行く先の雲は黒くなってきて、このまま進むと・・・

ヤバイかな???

なんて思っていると、ポツポツと熱くなっている身体を冷やしてくれるような、優しい雨が降り始めた
これくらいの雨なら逆に大歓迎だ、このまま身体を冷却させながら、走り続けたらかなりの好タイムが出るのでは?
なんて変な気を起しつつ、大きな川を越えて、紅のドカが住む市に突入す

だがその行く先は・・・朝の8時なのに・・・真っ暗

そして2kmほど進むと、身体を冷やしてくれるのにちょうど良い雨は・・・本格的な雨となり
斜め前方を見ると・・・“ピカ~~~ッ(チュー)”・・・と一筋の白雷と共に、ゴロゴロと雷鳴がこだまする

・・・マジでヤバい

そう思っているうちに、雨はドシャ降りと化す

排水が間に合わない路面は、薄く水がはっているような状態で、そんな悪コンディションの中を、前後のタイヤで水しぶきを立ち上げながら突っ走る
自分の横をスイスイと走る、雨など関係ないクルマの運転手から見たら、どうしてこの人は、こんなドシャ降りの雨の中をの中を必死に自転車で走っているのであろうか?と不思議&あわれに思われていたであろう

さすがに走るのを止めて、どこか屋根がある所で、休憩でもしようかと考えるが・・・

家までの距離はあと数km

もうひと頑張りすればこの濡れた身体をシャワーで洗い流せる
そう考えると雨宿りをする気にもなれず

ドシャ降りの雨の中を・・・ひたすら走る

途中、2台の同じ考え?の自転車野郎とすれ違いました

同じような無謀な考えの人はいるのもですネ
お互い雨中での必死の走行のため、挨拶ができませんでしたが、このドシャ降りの雨の中を同じように走っているのだから、その考えは同じはず・・・
早く家に帰りたい・・・

そんな思いでドシャ降りの雨の中を必死に走っていると、普段では一度も体験した事は無かったのですが・・・
路肩に設置されている、排水マスの上部に設置されているグレーチングフタの隙間に、なんとリア・タイヤが取られてしまい
危うく転倒する直前までいきました
すぐさま体勢を持ち直し、事なきを得ましたが
テンションはめちゃ×2下がり

さすがに無理をしたらダメかな・・・
なんて思いましたが・・・
家まで残り3kmの地点まで来ていたので、走行速度を少々落として、安全マージンを多く取って家に戻りました

ガレージに飛び込むと、すぐさまシャワーで身体を洗います
ふぅ~~~~
と安堵のため息を付きながら、窓から外を見ると

雨が超小降りになっていて、それから10分後には雨は止んでいました
・・・なんとなくガッカリ

転倒をするような思いまでして、走ってくる必要はなかったのでは・・・
雷鳴さえ聞こえなくなった窓の外を見ながら、つくづく止まる事が出来なかった事を後悔しました

たった2~3時間のことなのに、この急激な天候の変化には本当にヤラれますネ
とくに朝駆けライダーは、出だしの天候がよく分からない時間帯に発車となるケースが多いから、ハマるパターンも多くなりますネ
今日は一日我慢して・・・明日こそは天候が晴れるはず!
明日こそは・・・バイクで走るゾ!
と今日から明日の朝駆け作戦を練っている紅のドカでした
良い休日を!

スポンサーサイト



プロフィール

紅のドカ

Author:紅のドカ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
名言

地球の名言 -名言集-

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR