FC2ブログ

こっそり堂 の前身

日本人なら一度はその光景を目にした事があるはず!

“こっそり堂”と言われて、すぐに何の事かピンと来ない人が、日本人の7割だと言われていますが・・・

実は知らず知らずの内に、それが視界に入る確率は、7割以上とも言われています

7割以上の人々がその存在を見ているのに、7割以上の人々がその存在を無きモノとして、頭の記憶から消してしまうモノ

哀れな存在・・・それが・・・“こっそり堂”

海外から来たミーハーな外国人は、とりあえず東京&京都に行く前に、“こっそり堂”に行って・・・
思わず・・・ファンタスティック!!
と叫んでから、日本の観光に回ると言われるくらいに、外国人から見たら、ちょっとあり得ないファンタスティックな存在らしいです

紅のドカが幼き頃は、“こっそり堂”なんてかわいい名前は無かったですネ~
ただのエロ自販機と呼ばれていましたネ(笑)

悲しい事に家の近所には、“こっそり堂”の前身であるエロ自販機は皆無で、そこでファンタスティックと叫ぶ事は出来ませんでした

でも、高校生になり、活動範囲が広がると、とある友人の家の近くに、こっそり堂の前身であるエロ自販機があって・・・

決死の覚悟で、夜中に見に行った事があります

でも決して昼間には行けません

昼間にエロ自販機の前で、突っ立っていること自体が恥ずかしい行為でしたし・・・
その光景を他人に見られでもしたら、超恥ずかしかったし、運の悪い事に知り合いにでも見られたら・・・人生の終わり・・・それくらいの恥ずかしさMAXな、命がけなポイントでした

しかも・・・知っている人だけは知っている事実なのですが・・・
なんと!
昼間はガラス部分が銀ギンになっていて、中身を見る事が出来ないのです!

それを知らず、昼間に中坊がその前に立ち、愕然としている姿を見た事があります
(下調べ不足だな、中坊、出直して来い・・・そんな自販機から嘲笑う声さえ聞こえてきそうでした)

下調べがバッチリな友人と共に、銀ギンな幕が消える夜中に、“こっそり堂”の前身であるエロ自販機に自転車で行き・・・

自販機の中身を食い入るように吟味して、それぞれとある本を買うことに決めて、勇気を出してお金を投入!

その本を購入するための意志決定ボタンを押すと・・・

ガタァーン!!!

と凄まじいBIGな音と共に本が落ちてきて
心臓が口から飛び出てしまうのではないか?!
・・・と思えるほど驚きました

1km先までエロ本を買う音が響いてしまったのではないか?!
と思える位な大きな音にビビって、暗闇の中で、唯一光を灯し明るい存在の自販機から、肝心なモノを取るのを忘れて、思わず物陰に瞬時に隠れてしまいました

エロ自販機の周りは一切、民家が建っていない、全くの障害物が無い田んぼのど真ん中・・・・

その 田んぼの中を1本の道が、ドカンと走り

何も障害物が無いため、2km先からでも、その自販機の明かりはよく見えます

結局、自販機で凄まじい音を、2回させて我ら探検隊は、獲物を自転車のカゴに入れて、すぐさま逃げ帰りました

もの凄いドキドキの体験でしたが・・・

テンションが高かったのは、自販機から家に帰るまでですネ

家に帰り冷静になって、よくよく本を見てみると・・・
数ヶ月前の、たぶん売れ残りの雑誌でした
しかも・・・
まぁ、細かい事はどうでもイイですネ

“こっそり堂”の前身であるエロ自販機は、とてもこっそりとは帰れない・・・心臓が口から飛び出るくらいのドキドキを体験しつつ、家に帰るとアレ?みたいな
残念な想いでいっぱいになる、所でした

さてさて、21世紀の“こっそり堂”について語ろうとしたら、その前身の話しで、もうこんな時間!

次の機会には、必ず気になる“こっそり堂”をこっそり大探検してみますネ~




スポンサーサイト



プロフィール

紅のドカ

Author:紅のドカ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
名言

地球の名言 -名言集-

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR