FC2ブログ

ついにこっそりDOUに突撃す!

とある場所にて、まさに無心でクルマを軽快に走らせていると、突然、そいつはこっそり現れた!!

うわっ!Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

どうしてこんな場所に!!!(−_−;)

スピード違反の車両を捕まえるために、路肩から突然飛び出してきた警察官・・・のように

そいつはいきなり、目の前に現れた

あまりに突然な遭遇に、毎回、ドキっとさせられます
(物陰から突然現れる警察官よりかは100倍マシですが~)

でも、あまりに突然な遭遇なために、毎回、そのまま素通りしてしまいます
(突然見かけて、すぐさまその前に、走っているクルマを止めて、堂々と中に入っていける豪傑のような人がいたら、紅のドカはマジで尊敬します~)

豪傑のような決断力と勇気もない紅のドカは、遠ざかっていくこっそり堂を、バックミラーで確認しながら・・・



いいのか?このまま何もしないで通り過ぎて・・・
今こそ(1人だし)行動に移すべきチャンスなのではないか???

内なるリトル紅のドカがザワザワと騒ぎだす・・・

そして、まるで測ったかのように・・・悩んでいる人を取りこぼさないように・・・こっそり堂まで歩いて行ける適度な距離の所に、クルマを停めれるスペースがあるのです
これは本当に不思議なスペースですよネ~
(−_−;)

こっそり堂がるあから、このスペースがるのか?
このスペースがあるから、あの場所にこっそり堂がるのか?

見事に計算されつくした駐車スペースにクルマ停めると・・・

なんと日中にもかかわらず、紅のドカ探検隊はこっそり堂がある峠の頂上を目指して、山を登り始める



近づけば近づくほど、その謎のプレハブ小屋は、怪しいオーラを放っています

まるで死神にでも誘われているかのように、日中からそこへ向かってフラフラと歩いていく紅のドカを見た、その横を走る道路を通り過ぎていくクルマの運転手たちは・・・

“マジでこんな昼間から行くんか~????”
( ̄◇ ̄;)

そんな冷たく痛い視線を飛ばしてきますが
そんなのいちいち気にしていたら、探検隊は目的を達成をする事ができません

峠の頂上にこっそりと立つプレハブ・ハウス

そのプレハブを覆い隠すかのように貼られている看板は、全てに目が奪われます



高田純二?風なオジサンが、かわいいお姉さんに囲まれてニッコリと微笑む光景は、こっそり堂の代表看板ですネ
高田純二はこの看板を見て、一体ナニを思うのでしょうか?

そしてTE@GAならダイジョウブ・・・って
一体ナニが大丈夫なのでしょうか???



気になります~
・・・って今さらそんなモノを知らない人もいないですよネ

外回りの看板を見ているだけで、結構楽しくなります
さすが世界中を探しても、他には決して存在しないファンタステッィク・エリアだけあります!

さてさて、肝心な入口はどこにあるのかな?
なんて看板を見ながら、うろついていると・・・
ありました・・・入口が

こっそり堂らしく

道の正面からではなく・・・裏からのこっそり裏口入学ですワ~
(つД`)ノ



果たして、その中は一体どうなっているのか???
いや、本当にそのファンタステッィクな中身を公開するつもりなのか???
紅のドカの勇気と決断が試される
次回、更新をお楽しみに~~
スポンサーサイト



プロフィール

紅のドカ

Author:紅のドカ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
名言

地球の名言 -名言集-

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR