FC2ブログ

2014 乗鞍ヒルクライム 番外編

ゴール地点である頂上付近から、スタート地点の下界に降りてくると・・・

そこは・・・スタート時の悪天候がウソのように・・・下界も晴れていた



リンゴ食べ放題を頂きつつ、すぐさま公式タイムが貰える、引換所に行ってみる

今回の乗鞍マウンテンサイクルの公式タイムは・・・



1時間28分07秒

Σ(゚д゚lll)・・・・ゲゲ!!!!

自分のサイクル・コンピューター・タイムよりさらに悪い

ゴール地点でガッカリして、下に降りてきて、さらにガッカリ
_| ̄|○

ドンドン1時間30分の壁から離されていく~~~

もう、どうしようもなくガッカリなタイムに言葉も出ない
(; ̄ェ ̄)

スタート地点で、お仲間である、Team K&Sさん達と合流し
互いの健闘を喜びあいつつ、この場でお別れです

そして自分は今年最後となる、またまたメープルに昼飯を食べに行きました

今回は前から気になっていた・・・山賊焼き定食を頂きました



なかなかのボリュームで、レースでペコペコになったお腹は、すぐに満腹になりました

美味しかったです、ご馳走様でした

そして、店長さんに昨日もらったクッキーのお礼を言うと・・・

なぜか・・・秘密ですよ・・・と、特別に美味しいプリンを出してくれました~

店長さんとは金曜日の夜にイロイロありましたからネ~~~
でも、そんな事は忘れてくれて結構なんだけど・・・なかなか義理堅く優しい方です店長さん

また来年、必ずお店に来ます!と笑顔で最後の別れの挨拶をしてきました
(=´∀`)人(´∀`=)


そして、帰り道の道中
ちょっとガッカリだった、“ウッディー・もっく”なる銭湯で身体を清めた?あと・・・

師匠に教わった19号線を順調に南下しつつ飛ばしていると、前方左手に道の駅が現れてきました
自分のクルマの前には大きなトラックが走っていたのですが、その前からヒョコリとTeam K&Sの大将であり、さらに自分の自転車師匠でもある、ルーフ3台の自転車を載せた、やたらと目立つクルマが、道の駅へと入って行くのを発見!!!

弟子としては、これは見過ごす訳にはいきません
自分としては予定外でしたが、師匠と話しをしたかったので、そのまま道の駅へ突入~

そこで、ジュースをおごってもらい、今回のレースの反省会をやらせて頂きました

今回のレースの反省&今後の作戦から、ちょっと前に能登半島を自転車で周った話しなど・・・やはり師匠は凄すぎです
自分も定年退職したら、師匠のようなワイルドな生活がしたいです
憧れます
でもそれをするには、定年退職後でもバリバリと動ける体力作りが必要ですよネ
(あとお金も必要ですネ・・・そこが一番難しい~)

本当に師匠は目標となる人物です
とても楽しかったです
時間を忘れて話しに夢中になっていました

最後にお疲れ様でした~
と別れを告げて帰路に着きました
ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘


正直に言えば・・・
Team K&Sの師匠との出会いがなければ、ここまでヒルクライムの自転車レースにのめり込まなかったと思うし
このロードバイクにさえ乗っていなかったと思います
(バイク一筋だった)紅のドカの人生を大きく変えてしまった人物でもある師匠には、最後まで面倒をみてもらいますからネ~(笑)覚悟しておいて下さいネ~
そして、これからもヨロシクお願いします



今回の乗鞍ヒルクライムに関して、ネットを通じて応援してくれた方々、現地で直接声をかけてくれた方々、レース中に励ましてくれた方々に・・・本当に感謝です
(^人^)

タイムこそ目標に及びませんでしたが・・・
皆さんの声は、心が折れそうになるツラい登り坂で、紅のドカがペダルを踏み込むチカラの原動力となって、支えてくれたと思います

自転車レースは孤独な個人戦ですが、たくさんの方々の気持ちが、その孤独なスポーツを、団体戦のように後ろから支えて、押してくれているようにも思えました

本当に、本当に、ありがとうございました
*\(^o^)/*

これで、本当に・・・2014 乗鞍ヒルクライムを終了させたいと思います



また来年、乗鞍で会いましょう!!!
スポンサーサイト



プロフィール

紅のドカ

Author:紅のドカ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
名言

地球の名言 -名言集-

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR