FC2ブログ

ヒルクライマー

蛍の墓(ジブリ作品)&忠犬ハチ公(映画)を観ても・・・二度と涙を流さない!!!!

オマエのために流す涙など、持ち合わせてはいぬ!我は覇王道を突き進むため、涙を捨てた!
・・・とラオウのように非情な誓いを立てた紅のドカでしたが・・・

不覚にも、たかが自転車小説である、“ヒルクライマー”を最後まで読んで・・・思わず涙してしまいました(グスン)
・・・やはり紅のドカには、ラオウのような覇道を突き進む資格など無かったみたいです



自転車を題材にした小説は数あれど、山を自転車で登るヒルクライムに関して書かれた小説は、珍しいと思われます

ちなみに自転車で山を登るヒルクライム系の漫画は多いです・・・
現在は空前の自転車ブームですからネ

紅のドカをヒルクライムの世界へと、さらに夢中にさせた・・・“シャカリキ”(ちょい古い漫画)・・・から始まり
現在ではチャンピオンで週刊連載されている主力作品“弱虫ペダル”なんかが有名ですかネ~

漫画ではとても描きやすい世界観なんですが、小説となると、これと言ったバイブル的な作品は無かった・・・と思われます

今回、このブログで紹介する自転車ヒルクライムの最高峰と言うべき小説は・・・

小学館から発売されている

ヒルクライマー

著者:高千穂 遙



5年くらい前に発売された小説です・・・ちょい古いです
だいたい1500円くらいです・・・文庫版はもっと安いです

ちなみに、ちょっと前にブログで書いた・・・オークションで小説を落としてみたら、トータルで結構高くついてしまった・・・ちょいショック(でしたが)
でもトータル996円という超ラッキー・ナンバーだった
・・・といった経歴がある小説です

でも読み終えた後の結果として自分的には・・・996円でこの本を買った事は・・・大変お安くお得な買い物でした

現在では996円以上に価値がある、まさにバイブル的な本と化してしまいました

事の始まりは・・・自転車が好きなバイク屋であるテックモーターサイクルの店長が自分を坂バカ洗脳する?ために送り込んできたシャカリキ(漫画)の後に、オススメしてきた本です

坂バカのバイブルだから、貸してあげるから読んでみて~
何度もレンタルのお誘いを受けて、断り続け、ようやく手にしたこの小説は・・・

まさに神でした

たぶん、かなり読む人を限定する、超マニアックな小説だと思われます

この小説を読んで、思わず“神”降臨と口にしてしまう痛い人は・・・

とりあえず文字が読める→ まだ人間→ 自転車が好き→ 肉体的に疲れる競技をかろうじて好きだと言える変な人→ ロードバイクに乗る事もある→ ヒルクライムもわりと好き→ 登り坂を見ると自転車でアタックしたくなる

上記の→の最終形まで迷わず行けた人は・・・
絶対に読むべきです!
読んで後悔する事があったら、紅のドカに文句を言って下さい
普通にペコリと謝ります

それくらい坂バカと呼ばれる、特殊な人類だけをターゲットとした、バイブル小説なんです

紅のドカ的には、バイク漫画キリンと、自転車小説のヒルクライマーと、菊池秀行の魔界都市シリーズ小説と、ドゥカティ996の一部は棺桶の中まで持って行きます
一緒に墓場まで行きたいですネ
それくらいに神的な存在と化してしまいました

バイク屋さんが、何度も、何度もオススメしてきた気持ちが、痛いほどよく分かりました

自転車でアタックを続ける坂バカには、これ以上ない栄養剤です、ドーピング剤です、モチベーションをかなり上げてくれる小説です

そんな神的な小説“ヒルクライマー”には何が書かれているのか?

その詳細は書けませんが・・・
自分がかなり共感した部分について、熱く語っていきたいと思います

熱い内容なので、長くなりそうなので、次回更新に続きを書かせてもらいます
ではでは~
スポンサーサイト



プロフィール

紅のドカ

Author:紅のドカ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
名言

地球の名言 -名言集-

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR