FC2ブログ

妄想GKサイドストーリー

最近はネット小説にちょっとハマりこんで、iPhoneでちょくちょく読んでいる紅のドカです

縦書き文庫という、自作の小説を公開する場にある・・・
カテゴリー:SF
タイトル:マザーレスチルドレン
にハマってます



結構面白いです

その時代設定が結構リアルで、それだけでハマリこんでしまい・・・ついつい読んでしまっています
スマホ専用のアプリは無いので、ネット経由での閲覧となりますが・・・

タイトル通りの縦書き文章なのと、スマホの画面にピッタリと小説の表示が対応してくれて、文庫本のページをめくるようにスイスイと、次のページに進んで行っていくれるので、とても読みやすいです

どうして、この縦書き文庫に行き着いたのか?

それは、紅のドカの自作小説を、縦書きで公開したいと考えていて・・・
何やら簡単な手段はないかと、検索に検索を重ねて?ようやくたどり着いたアルカディアなのです・・・それは、ちょっと言い過ぎかな?

この縦書き文庫の場にて、例のバドミントン小説を公開しようかと、悩んでいます

ココで公開すると、自分のブログやホームページにも、その縦書き文章が埋め込みリンク出来るみたいで、そこが願ったり叶ったりなポイントであったりします

そう、結局、いろいろ調べてみましたが・・・
パソコンの技術力が低い紅のドカでは、自分がパソコンで書いたtxtファイル文章を、縦書きにして、なおかつブログや、ホームページに公開して、誰でも、どんな機器からでも、不便なく読める・・・
そこまで行き着く事ができませんでした(涙)

このイクジナシ!!

だから、他者に頼って、楽してUPしようかな?
なんて考えに落ち着いてきた訳です

そんな、バドミントン小説をなんとかしようとしている間に、実は短編小説がもう1つ出来てしまいましたwwww

それを今回はすでに公開?してる分まで、このブログで・・・縦書きではなく・・・横書きにて公開してみようと思います

そのタイトル名は・・・

妄想GKサイド・ストーリー
「その名はG4・・・」

実はこの作品・・・
スマホのゲームアプリ
盟約のガーディアン・ナイツ
・・・で自由に投稿できる掲示板にて、小出しに掲載してきたモノを一気に集めた前半部分です

ネタ元はもちろんゲームからです

ゲーム・アプリ内で開催されているイベントから、ストーリーを無理矢理派生させて作っています
ゲームに深くかかわり合いを持たせていないため、完全独自路線でつき進めているため・・・
ゲームをプレイしていなくても、気軽に読める、ハチャメチャな?奇想天外なストーリーと化しています

それでも、一応ゲームを知らない人のために、大まかな説明を・・・

盟約のGKで遊んでいるプレイヤーを、大きく3つの魔・天・幻のチームに、無作為に分けて
その3つのチームがそれぞれBOSSを倒した時に貰える得点の総計を競うイベントが、昨夜まで開催されていました

紅996(紅のドカ)が配属された“幻”チームは・・・なぜか最下位で、なかなかBOSS撃破の数が上がらず、上位に上がれませんでした(涙)

その獲得ポイントの少なさを嘆きつつ、冗談で訪問販売でチームTシャツを売りつける仕事に、BOSS撃破数をダブらせて、奇想天外な話に持ち込んでいきます

それでは、気力が続く方だけで結構ですので・・・
読んでみて下さい~~~
無理はしなくてイイですヨ
ではでは~~~

@@@@@@@

妄想GKサイド・ストーリー

@125

昨日からチーム幻(株)に派遣されたGK派遣社員の紅996です(=゚ω゚)ノ

今回だけのイベント限定グッズ幻Tシャツ・・・通称“幻T”を売るため、飛び込み営業でクマノ第一シェルター内を回っていますが・・・

思ったより人気がなく、売れ行きが悪くて困っています(~_~;)

こんなTシャツ、季節外れだし、初めから売れる訳が無いと言ったのですが・・・
冷静な判断を失ったチーム幻(株)の役員たちは、派遣営業社員の言う事など聞いてくれません(T_T)

ただただ売ってこい、他の会社は売れているとの一点張りで、

本当に使えない役員ばかりだ・・・

でも営業ライバル会社である、チーム魔(株)の通称“魔T”を売っている者は、ドンドン成績を上げて、差を広げられつつあります
(>_<)

どうか紅996を助けると思って、クマノ第一シェルターで見かけたら、“幻T”を買ってやって下さい(>人<;)

よろしくお願いします


@126

チーム幻(株)で“幻Tシャツ”をシェルター内で訪問販売している・・・派遣社員の紅996です

相変わらず・・・“幻Tシャツ”・・・売れません

営業成績が伸びません

何が原因なのか!?

とても売れ行きの良い、“魔Tシャツ”と製品の違いを調べてみたら・・・
とんでもない結果が・・・

@126+1

我らがチーム幻(株)が訪問販売している製品は・・・ありえない軽量化を目指したあまりに・・・新素材の超薄い素材を使用したばかりに・・・
目には見えないくらいの薄さと、軽さを奇跡的に両立させてしまったのでした!!!

まさに幻(マボロシ)的な商品に!?
!?(・_・;?
・・・それって大丈夫?

・・・だから訪問販売時に、いくらお客さんに商品を見せても、あまりの薄さと軽さのために、手に取ってもらっても、その商品を感じてもらう事さえ出来ず、しまいには・・・

「裸の王様でもあるまいし・・・そんな見え透いたウソ商法に騙されませんヨ!」
と玄関先で靴を投げつけられて、追い返される始末

@126+2

それに比べてチーム魔(株)の商品は・・・普通のTシャツの中央に丸で囲まれた“魔”の一文字がプリントされているだけ

それは・・・明らかにドラゴンボールのパクリだ~~~

あんなの中国に行けば1枚100円で手に入るTシャツだ~~

とウチの会社の役員どもは叫んでいます

しかし、ウチの会社の役員はピーチクピーチクと叫ぶばかりで、行動が伴いません

チーム魔(株)はそれを、どんどん売りさばいて・・・その差は広がるばかり

チーム幻(株)の幻Tシャツの方が、目には見えないくらい!?に、そして重さも感じないくらい!?に、高性能なTシャツなのに・・・なぜ売れない!?

・・・と言うか、やなり商品は見えないんだ?
( ̄O ̄;)

@127

そうそう
今回の妄想GKサイドストーリーには
珍しくタイトルがあります
( ̄+ー ̄)

“その名はG4・・・”

こんなタイトルで、ストーリーは展開していきますので、最後までお付き合いのほどを、よろしくお願いします

@128

あれ?そもそも・・・
この自分のバックの中に入っている幻Tシャツって本当に・・・存在しているのかナ???
(; ̄ェ ̄)

・・・ちょっと不安になってきた
( ̄◇ ̄;)

ピザーラ・ブラックの社長のような顔をしたチーム幻(株)の役員達は、派遣社員に一人ずつに幻Tシャツが100枚も入ったカバンを、軽々と手渡しして、こう言った・・・

「今、諸君たちの手元には目には見えない程の薄くて軽い、NASAとの共同開発で生まれた、超新素材のTシャツを100枚渡した!それを全て売りさばくまで帰ってくるナ!!あと、一人暮らしのおじいさん&おばあさんの家があったら必ず電話番号だけは聞いてこい?必ずだぞ?」

何だ?最後のクダリは?ちょっと意味不明です

それと、NASAとの共同開発って・・・そのクダリ文句も古すぎないか?!

@129

そもそも大丈夫か?
チーム幻(株)の経営陣

なんか幼稚なウソをついてないか?

まだチーム魔(株)の方が、手に取り、目で見える品を売りさばいているだけ、マシなのでは???

チーム幻(株)はウチラのような訪問販売社員にさえも、見え透いた嘘をついているのではないのか!?
もともと目に見えないこのTシャツは・・・本当に幻(マボロシ)なのでは???

実質が伴わない、利益100%のこの販売に不審を抱いた紅996は、訪問販売社員が出て行った後も、密かに会社に残り・・・潜入捜査を行ってみました

チーム幻(株)の役員達が集まる、役員室の扉は、中の音が一切漏れ出さない鋼鉄の扉で出来ていた。
その物々しい鋼鉄の扉に手をかけると、鍵をかけ忘れたのか、重々しくゆっくりと動きそうだったので、役員達に気が付かれない程度に少しだけ開けて、中を覗いてみた・・・

その部屋の中では、とんでもない事が起きていた!?

@130

鋼鉄の扉の先にある役員室の部屋の中では、異様な光景が繰り広げられていた

ある者は携帯を片手にタバコを吸い、ある者はワイドーショー番組を見ながら携帯で誰かと話し、ある者はパソコンでソリティアをやりながら携帯で話しをしている

そう、役員室にいる全ての者が、携帯電話で誰かと何かを話しながら、それぞれ好きな事をやっているのである・・・

部屋の扉がこっそりと開いているのにも気が付かずに、全ての者が何かをさかんに話している

これは本当に異様な光景であった

あまりに多くの者が同時に話しているので、声が混ざり合って、何を話しているのか、よく分からない

号泣議員の野々村さんのように、耳に手をあてて、まさにダンボにして、その話し声の1つの内容を拾うと、さらにとんでもない事が判明する

@131

「オレだよ、オレオレ、おばあちゃんビックリしないで聞いてネ、やっと就職できた会社の中で、密かに付き合っていた彼女に子供が出来て・・・それはおばあちゃんにとっても嬉しい話しだと思うんだけど・・・実はその彼女は、ウチの会社の社長令嬢で、お父さんである社長に、妊娠した事がバレてしまい、“物事には順序というモノがああるだろう!相手の男はどこにいるんだ、早く顔を見せろ・・・”と相当怒っているみたいなんだ、でも、今、僕は就職したばかりで、手元に全くお金がないんだ、彼女を安心させるためにも、そして将来おじいちゃんになってもらう、彼女のお父さんのためにも、それなりの身なりと服装で、彼女をやしなっていくにも、これだけの貯金があって、社長令嬢に苦労させる事無く生活できますと、安心させてやりたいから、申し訳ないんだけど、今から言う銀行口座に、とりあえず100万円を入金してくれないかナ?必ず返す!今の会社なら月収50万円もあるから、すぐに返せるんだ、本当に今、手元に無いだけなんだ、おばあちゃん、馬鹿な孫を助けると思って、一肌脱いでくれないかな?」

@132

・・・何を言っているんだ・・・この役員は・・・
これはどう見ても・・・オレオレ詐欺の電話発進現場だよネ~~~

荒神や幻竜が暴れまわるGKワールドでも、オレオレ詐欺だけはカタチを変えずに、今でも残っているなんて・・・ある意味究極の最終進化形なのかもしれませんネ

でも、これは・・・マズいぞ

・・・自分たちも騙されているんだ

・・・詐欺の仕事を肩代わりしているにちがいない・・・たぶん、手元の鞄の中に入っているという、目に見えない超薄くて軽い幻Tシャツは、本当に幻(マボロシ)で存在しないんだ・・・

だから、いつも訪問販売していても、商品を売っている実感がわかなかったんだ

・・・というか存在しない商品を何も知らずに売りつける詐欺の仕事を、知らず知らずのうちにやっていたんだ・・・

早く仲間の派遣訪問販売社員たちに知らせなくては・・・

床に付いていた膝を上げて、静かに後ろを振り向にて逃げ去ろうとした瞬間、黒く冷たい何かに全身でぶち当たった

・・・痛ッ!!!

@@@@@@


・・・前半部分はコレで終了です
最後まで読んでくれてありがとうございました

また機会と需要があったら、続きを掲載するかもしれませんが・・・
そこらへんは不明です

たぶん、長すぎて、ここまで読んでくれる人は、いないかもしれませんからネ

それでは今日はココまで!
良い一日を!
スポンサーサイト



プロフィール

紅のドカ

Author:紅のドカ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
名言

地球の名言 -名言集-

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR