FC2ブログ

危険です!近寄らないで下さい!!続編

話しを引っ張ってしまってすいません
σ(^_^;)

昨日の話しの続きです

安くて、軽くて、施工が簡単という夢の配管資材から、悪夢の配管資材へと姿を変えてしまった、写真の水道管の名前は・・・

その世界では通称・・・APと呼ばれる
(アプリでは無いですヨ)

石綿管です



そうです・・・あの中皮腫問題で、訴訟問題にまでなっている・・・あのアスベストが含まれた、水道管です

中皮腫と言う名の、肺ガンの一種になる最大原因が主材となっているモノです
(; ̄ェ ̄)

正確に言えば・・・
潜伏期間は30~40年で、肺膜に腫瘍が出来て・・・大変苦しむみたいですネ

そんな危ないアスベストで出来ている、石綿管ですが・・・
水道管として使っている分には、それほど影響は無いと思います
まだ、嫌でも自然に浴びてしまう、東京電力の福島原発事故による、大気汚染と海中汚染の方が、影響は大きいと思われます

石綿管の中を通って来る水道水の中に、溶け出すアスベストなんて、ほぼゼロです
そんなに溶け出していたら、石綿管自体の肉厚が無くなって、すぐに破裂してしまいますからネ
だから、石綿管の中を通って来る、水道水を怖がらなくても大丈夫です

一部では、これも撤去が進んでますが、鉛管もありますからネ
こいつも人体に影響がある・・・とかで見つけ次第、徹底徹底の対象です

昔はある意味、何でもアリの所がありましたが、今は可能性が絶対的にゼロと言えないモノは、ゼロと言えるモノに交換していかないと、その消費者がうるさいですからネ

・・・と言っても、水道管から送られてくる水道水は、あらゆるルートを通って送られて来るので、石綿管だけは嫌だ!と言っても、嫌でも通って来てしまうんですけどネ

では、どうして、見つけ次第、全管を撤去するのか?
それは、完全に風評被害だと思われます

アスベストの中を通って来る水は飲みたくない!
そんな事を言う何も知らない人が増えたのでしょうネ
石綿管を通る水は嫌だ!と言いながらタバコを吸っていたら、100億倍の勢いでタバコの方が危ない!
と言い切れるくらいに、まだ石綿管の水の方が安全です

現に石綿管を撤去する工事は、何度もやっていますが、その石綿管の内側がすり減っていたり、溶け出してカサカサになっているモノは無いです

だいたい、そんなすり減るようなモノを水道管として使っていたら、ダメでしょう

でも、問題は他にあるんです・・・


スポンサーサイト



プロフィール

紅のドカ

Author:紅のドカ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
名言

地球の名言 -名言集-

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR