FC2ブログ

最終進化形は・・・電脳化!?

APPLEが見捨ててしまったと噂される・・・新しい第6世代のiPodTouchが発売されるのを密かに待ち望んでいる・・・世界的に見ても超少数派な紅のドカです

現在使用している現行型の第5世代iPodTouchなのですが・・・バッテリーがヘタってきて・・・ちょっとヤバい感じです

早く新しいiPodTouchに買い換えたいヨ~~
発売するまで我慢だ~~~
・・・と言い続け&願い続けているのですが・・・

前述したように、APPLE的にはもう淘汰される機種に認定されたのか?
もう継続機種は出さない・・・
そんな“すかしっ屁”のような思惑がプンプンしています

よくよく考えてみれば・・・
今まで使ってきたiPhoneが、古くなってきて、新しいiPhoneに買い替えをすると・・・
モバイルデータ通信が出来なくなった古いiPhoneが手元に残り、それがiPodTouchの代わりになるので・・・
わざわざ新しいiPodTouchを購入しなくても、古いiPhoneをiPodTouchの代わりに使えばイイや~~~
・・・という流れが全世界的に広がっていけば

自然とiPodTouchの需要が減る訳ですよよネ

iPhoneと共に、iPodTouchもこよなく愛している紅のドカのようなマイノリティー人種には、本当にツライ状態です

そんな中、ついに、APPLEから満を持して・・・ウエアラブル端末機器である
APPLE WATCHが発表されましたネ!!!



実は・・・困った事に・・・すでに50%ほどの気持ちで、欲しくなっています

腕時計型の端末機器

あの小さな画面で・・・スマホ・ゲームアプリ“盟約のGK”が出来るなら
発売日当日に並んで買います!!!
会社を休みます!

たぶん、あの小さな画面でやれるゲームは、数が限られてしまうかもしれませんが・・・
盟約のGKなら、遊べそうな気がする!!!
ゲーム運営会社さんには、APPLE WATCH対応の作業を頑張って欲しいです

・・・というか、そもそもあの腕時計型端末でゲームアプリが動かせる・・・なんてAPPLEは一言も言ってないから、出来ないかもしれませんネ
ゲームが出来そうもないために・・・実は欲しい気持ちが半分なのです

だったら・・どうして残りの50%の気持ちは欲しいと思うのか???

頻繁にメールをチェックする人でもないし・・・
時計を使うと言ったら・・・お昼ご飯の時に食べる、カップラーメンの3分を測る時くらいだし・・・

どんな機能に惹かれているのか????



実はAPPLE WATCHには、どうやら心拍計が内蔵されているみたいなのです

そう、自転車を乗る者にとっては・・・心拍数管理は、ケイデンス測定より重要だと言われています
自分もそろそろ心拍数を管理して、デジタルにロードバイクを攻略していきたいと思っていた矢先に・・・

APPLE WATCHに心拍計搭載との記事が・・・

HIT!!!!カキ~~~ン!

この腕時計があれば、iPhoneの自転車アプリとの連携もバッチリで、全てが上手くいく
今年の乗鞍大会の記録向上のために一役かいそう~~~

コレは欲しい!!!

でも、心拍計だけで福沢5諭吉も出て行くのは、正直ツライ

内心、1諭吉くらいで心拍計を購入しようと思っていたので・・・
そこから、あと4諭吉ほど出すだけの魅力が、APPLE WATCHにどこまであるか???

あの小さな腕時計の画面で、一体ナニが出来るのか????
どんなアプリが動かせるのか????
どれだ楽しませてくれるのか???
余分に4諭吉を出す理由を、くれれば
マジで買いますヨ

パソコンというネットにつながる入口を、机の上でPCを立ち上げて、手のひらでマウスを握って、指先で操作して、ネットへと入り込んでいく、イスに座っての作業が必要だった機械が・・・

スマホの登場で、手のひらの中にネットがやって来て、指先1つで、出先でも簡単にネットに入れるようになり・・・

ついにはウエアラブル端末機器で、置いたり、持ったりせずに、装着する事で、運動しながらでもネットへの入口に立つ事が出来るようになるのか???

その行き着く先はやはり・・・攻殻機動隊の電脳化か???



電脳硬化症という病気は怖いですが・・・

それでも脳みその電脳化にはワクワクします
早くそんな時代が来てくれるのを待ち望んでいます

とりあえず、APPLE WATCHで一体ナニが出るのかをしっかりと観察しつつ、購入するかどうかを考えていこうかと思います~~~
スポンサーサイト



プロフィール

紅のドカ

Author:紅のドカ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
名言

地球の名言 -名言集-

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR