KUOTAでアタック!18

岐阜県側・・・乗鞍スカイライン
ヒルクライム



午前10時に発走です!

岐阜県側の天候は・・・マズマズと言った所でしょうか~~
目指すべき山頂が見えないのが、とても残念です

タイムにこだわり?1年の目標としてのメインディッシュは、今朝までいた~~乗鞍エコーライン側コースのヒルクライム

今日の乗鞍スカイライン側のコースは、エクストラ コース扱いです
苦しい苦しい乗鞍の地獄坂を、存分に味わうためだけのレースですので



存分に楽しみたいと思いまする
スポンサーサイト

KUOTAでアタック!17

乗鞍3日目・・・ついに・・・
最終日です
。゚(゚´Д`゚)゚。

今朝の午前5時の乗鞍岳は・・・



超快晴です~~
╰(*´︶`*)╯♡

早朝からゴール地点が拝めますYO

今日もバリバリと走れそうな予感がします

とりあえず目が覚めて、最初にやる事は・・・

朝風呂です~~

無料の露天風呂温泉で、しっかりと身体を温めて、本日のアタックに備えます



この温泉を使うのも、今年はコレで最後になりそうです

この3日間で何度も使わせてもらい、大変気持ち良く入浴させてもらいました

ここを無料で管理・運営してくれる方々に感謝です

また来年もこの温泉を楽しみに、乗鞍に来ますネ

そして東の空から太陽が上がり始め・・・

乗鞍がオレンジ色に輝き始める



この長野県側から眺める乗鞍岳は、コレで最後です



今日は岐阜県側からの乗鞍ヒルクライム アタックです

これからクルマで大移動です



この車中泊地とも、今日でお別れです
今回も、とてもマッタリと車中泊を楽しめましたヨ

ありがとうです

隣のクルマの老夫婦・・・
早朝からペットのマサヒロが逃げた~~
・・・と大騒ぎしてましたが
マサヒロ君は無事に見つかったのでしょうか???
一体ナニのペットを連れて来ていたのか、そこも気になりますが・・・
乗鞍で野生化しない事を祈るばかりです

最後に、乗鞍エコーライン側からのゴール地点が見える箇所で写真を撮って・・・



長野県側の乗鞍に別れを告げます

昨日のヒルクライム走行が(とても苦しかったけど)とても楽しくて、良い思い出になりました

金曜日は雨でダメでしたが、昨日、走れたので満足です

でも、来年は長野県側から2本走りたいですYO

・・・などと思いつつ、愛車をバックに乗鞍岳を撮っていたら

タクシーの運転手さんに声をかけられ・・・
朝から乗鞍岳がこんなにハッキリと見えるなんて、何日ぶりだろうか~~
・・・と言っていた

そうだよネ
自分も金曜日の早朝から来ているけど、乗鞍岳の頂上が見えるようになったのは、昨日の土曜日の昼からだからネ・・・
・・・とは言わず、晴れた日に乗鞍に来れてラッキーです!と喜んでみせましたYO
大人の対応な紅のドカでひた



それでは次なるステージへGO!
さよなら、エコーライン側の乗鞍

KUOTAでアタック! 16

強力なLED照明は、なるべくパワーを落として、最小限とし

アルコール ストーブのユラユラと揺れる小さな炎を眺めながら・・・

ウイスキーをストレートで頂いてます



上を見上げれば、今夜も吸い込まれそうな満天の星空

こうやって静かに、川の流れる音を聞きながら、お一人様宴会をするのも大好きです



今日の昼間は・・・
メープルさんから、自転車でクルマに帰ってきたら・・・同じレースに参加されていた方が、お隣にいて

今日はどちらに泊まられるのですか?と聞いてきたので

車中泊です

・・・と答えると

大変ですネ~~

・・・と言われしまった
(−_−;)

その人は、明日のステージの近くの旅館に泊まるみたいですが

車中泊・・・って大変だったか???

車中泊をしている人に、言ってはいけない禁止ワードですYO
その言葉は~~

別にお金が無い訳ではない
泊まろうと思えば、安い旅館なら泊まれますって~~
ぷー太郎ではなく社会人ですから~~
しかも1人だけだから、お値段も安い

でも、こういう無料温泉がある所で車中泊をしている人は
ほとんどの方が、車中泊が好きで、車中泊を楽しんでいる方が大半なのでは???

誰も大変なんて、これっぽっちも思ってない
そんな大変だと思ってしま人の、ただの見識不足ですYO

無料の露天風呂温泉で出会う、車中泊組さんは、面白い方ばかりです

有料の温泉施設では、なかなか話しが弾まないのですが
こと、無料温泉では、いろんな方と楽しく話せて、そのたいがいの人が車中泊組で、本当に楽しいです

まぁ、小さな子供がいる家族を巻き込んでまで車中泊をするのは、どうかと思いますが
自分の愛車で外で泊まれるなんて、最高に面白いと思うのだけどナ~~
テントでキャンプするのと同じ感覚ですYO

そして、自分のように狭い車内の中で、自分の愛機KUOTA空牙105を眺めながら眠れてしまう幸せは・・・
まさにプライスレス

えっ?!
そんなの変態・・・だって???

それくらいに、バイクも、ロードレーサーも一緒に寝ても良いくらいに愛しているのです
真の二輪好きなら、ベットも共にするべきなのでは???

紅のドカは愛機と共に寝てしまうくらいの、二輪おバカさんを応援しています

・・・かなりウイスキーが回っているみたいですネ
言っている事がかなり不明ですネ
(−_−;)

そんなこんなで、楽しかった1日はこれでおしまいです~~
おやすみなさい~~
(=゚ω゚)ノ

KUOTAでアタック! 15

2日分のヒルクライムを、1日で楽しんで~~
超満足で下山を開始する紅のドカ

所々で写真を撮っていたので、頂上から下山してくるのに、50分もかかってしまった~~
(;´Д`A
でも、キレイな景色が見れてラッキーでした



昨日は雨模様だったけど・・・
今日は曇り時々晴れでしたからネ~~
霧もなく、視界は良好
路面は完全にドライ
晴天でもないので、暑さでスタミナを削られる事もなく
自転車で走るには、最高の日だったのでは?!

でも、残雪があるくらいに、頂上は寒いので~~
下山時には、1枚ウインドブレーカーを羽織わないと、寒くて寒くて、ブルブルブルドッグです



もちろん、スタート地点まで帰っこれば、結構暖かいのですが
標高が高いので、決して汗をかくような暑さではないです
本当に心地よい・・・愛知県の地元では考えられない涼しさです

下山してホーム基地であるクルマに帰る前に~~

喫茶メープルさんに立ち寄り~~
お昼ご飯です



新しいメニューである
国産 鶏ミックス 塩焼き
・・・を頼みました



コレがまた激ウマなんですYO

モモ、ハツ、レバー、砂肝、モツが鍋の上でグツグツと焼かれている状態で出され



これが本来なら、超熱い熱い状態なので、汗ダクで食べる事になるのですが

寒い寒い乗鞍頂上から下山してきたばかりで、身体の芯がまだ温まっていなかったらしく



食べれば食べるほど、身体が普通の状態に戻っていくような、温かさで

乗鞍ダウンヒル時には、ベストの料理だと、紅のドカ委員会は認定します
本当に美味しいですYO

そのあとは・・・
有料施設の温泉に行き

硫黄の匂いがする、乳白色の湯につかりながら・・・

ぼぉ~~ッと、午前中に走った乗鞍岳を見ていました
何時間でも、ぼぉ~~ッと見ていれる心境でした

その温泉施設で休憩を挟んで2回入浴してから~~



またまたメープルさんに、今年最後の夕飯を食べに行きました

何故かリザーブ席になっているるる

夜は・・・唐揚げカレー



このカレーがまた・・・美味しい!!!
唐揚げをカレーに絡めて食べたら・・・もう最高ですワ~~
╰(*´︶`*)╯♡

そして、お昼も夜も、食後はコーヒーです



本当にメープルさんのコーヒーは美味しいです
大好きです~~

お店を出る時に・・・
美味しかったです
また来年、来ますネ~~
との挨拶の前に、信州リンゴをいただいてしまいました
いつも、本当にありがとうございます
本当にまた来年、絶対にメープルさんに行きますからネ~~

そして、夕飯を食べ終えたら~~

またまた無料の露天風呂温泉へ~~

早朝から何回、お風呂に入っているの???
・・・って感じですが

本当に乗鞍の乳白色の湯の温泉・・・大好きなんです

さぁ、お風呂上がりは・・・お一人様宴会です
なかなか予定が盛り沢山で、実は忙しい?!
ではでは(=゚ω゚)ノ

KUOTAでアタック! 14

KUOTAでアタック!14

午前10時の時報と共に~~
乗鞍ヒルクライム アタックのスタートです!!!



スタート直後はなだらかな勾配の広い道路ですが・・・



そんな気持ち良く走れる区間は、ココが最初で最後~~

すぐさま地獄坂の1丁目に凸入です~~



今回もヘルメットの上部にウサ耳を付けての~~おふざけモード全開です
でも、走りは笑えないくらいに真剣ですYO?!

スタート前の開会式や、スタート待ちの時に、いろいろと話していた方
前回の神坂峠ヒルクライムで出会った方
去年も同じおふざけウサ耳スタイルだったので、それを覚えていてくれた方
・・・いろんな方から、お声をいただき
チカラになりました
(*´∀`*)

個人で黙々とヒルクライムをやっていると、ココまで声をかけて貰える事もないですからネ

地獄坂でキツい時に、ツラいから声を出さない
・・・ではなく、キツいからこそ、互いに声をかけあって、チカラを貰う

そんな楽しいヒルクライムが今回は出来ました

特に・・・この前を走る方



1km地点から・・・ずぅ~~っと前後や、横になって、互いに声をかけ、たまに笑い話しをしながら・・・
一緒に走れたのが、とても楽しかったです
( ^ω^ )

特に、この方、キツいはずの地獄坂なのに、フロントギアを重たい、アウターのデカいギアで回していて・・・
物凄いスタミナにビックリ

自分は、この方がアウターからインナーにギアを落とすまでは、絶対に離されずに、後ろに着いていく~~
・・・と宣言して
二人で楽しくヒルクライムをしていました~~
今回ほど楽しいランデブーヒルクライムは最初で最後かも?!



だが、地獄坂が悪魔のような笑顔で迎え入れる・・・12km地点で
もう限界だ~~ついにこの時が来た~~
と叫んでwww
ついに、アウターギアから、軽いギアである、インナーギアに落とした!

ヤッタ!(^ω^)

ついに、その瞬間を見る事ができた~~
変なテンションになっていて、妙に嬉しい?!

だが、ギアを軽いインナーに落としたら、さらにスピードアップ!!

∑(゚Д゚)グヘッ・・・とても着いていけない

頑張りましたが・・・
この12km地点の激坂は、半端ない勾配で、ドンドンと離されていく~~

それから数百mで、その姿さえ見えなくなりました
どんだけ余力を残しているんだヨ~~
完敗だ~~
_| ̄|○

でも、ヒルクライム レースは、まだまだ中盤を迎えたばかり

今回は鬼のアウターさんに、12km地点まで引っ張ってもらってきました

・・・というか、この方の重たいアウター走行のペースが、軽いインナーギアで走る自分の、心拍数の数値にピッタリであったので

とても計画的に走れました

スカイブルージャージの方も言ってましたが



どこまで余力を残して走るのか?
どこで残した余力を使うのか??

そんな事を考えていたら、余力を残したまま、ゴールに着いてしまうかも~~

こんな、平地で聞いても、それほど面白くない話しでも?!
(面白くない話しとは失礼ですよネ・・・ゴメンなさいです)
スタミナは削られ、息も荒くなり、心肺機能も限界心拍数あたりで、標高も3,000m近いと~~
めっちゃくちゃ笑えます

ヒルクライムで苦しいながらも、思わず笑ってしまいました

今回のヒルクライムほど、笑いながらレースに挑めた事はありません
本当に楽しかったです
昨日走れなかった分まで、楽しめた気がしました

効果が出るのは、8週間くらいやったらだよん~~
・・・と言われる、タバタ式トレーニングを取り入れたのも、もしかすると良い効果を出していたかもしれません
ちなみに自分は4週間くらいしかやっていませんので、本来の心肺機能アップ効果は出ていませんが・・・

タバタ式トレーニングで、普段の生活では絶対に入れる事が出来ない
心肺機能の限界域をたった20秒でも経験する事で
そして、10秒で息を整えるトレーニングをする事で

ヒルクライム レースで心肺機能が限界域に突入しても、いつもよりかは楽な気がしたし
ちょっと坂が緩くなった瞬間に、息もを整える
・・・という癖が、上手く効果を表していた気もします



今さら遅いですが・・・出来る事なら、しっかり8週間のタバタ式トレーニングをやってから、このヒルクライム レースに出たかった

たった4週間でも、去年とは違う心肺機能を持つ自分が、自転車のペダルを回しているのを実感しました

心拍数を測定するグッズを手に入れる前までは・・・
ひたすらガムシャラに!?ペダルを回す!!!
どれだけ辛くても、コレしか、ヒルクライムを走る方法が無かった
ある意味、とても原始的で・・・まるでスマホもPCも、ファミコンも無い時代のよう!?
走りながら、自分の身体との対話はゼロでした
( ̄▽ ̄;)

そして、去年は心拍数を測るガーミン製の腕時計を手に入れ
心拍数を計りながら走る事の、実用性を実感しましたが
悲しい事に、己の心肺機能が低かったために、何も手が打てなかった

それは、今年の初夏に走行した、神坂峠のヒルクライムでも同じでした

心拍数は分かっていても、心肺機能が限界域なので、何も手を打つ事が出来ずに・・・
ただただ我慢して・・・
10km地点で完全に心肺機能がノックアウトでした
残りの4kmは惰性で走ってました

その悔しい結果が、奇跡の出会いを引き起こしてくれた・・・
それがタバタ式トレーニングでした

普段の生活の中では、絶対に体験出来ない、マックス心拍数をトレーニングで体験し、短い時間で呼吸を整え、また限界域に~~
この繰り返しのトレーニングが与えてくれた効果は・・・
半分の期間だけしかトレーニングしていないのに、ここまでヒルクライムで役に立つとは・・・真剣に取り組んだら、末が恐ろしいトレーニングです

今回はスタートから、行ける地点までは、絶対にマックス心拍数である175には入れないように~~気を付け

走りながら確認する数値は・・・
サイクル コンピュータに表示される8個の表示内容のうち、心拍数だけを常に注意して、なるべく限界域から10低い所である、165ぐらいなるように・・・
絶対に無理しない走りに徹しました

これが功を奏したのか???
何と!?

毎年、15km地点まで来るとバテバテになるのに・・・
今年は足の筋肉は疲れているけど、心肺機能はヘコタレていませんでした

コレがタバタ式トレーニングの成果なのか???

・・・でも、自分のスタミナを考慮すると、15km地点からのスパートは無理
ゴール出来なくなってしまう

それなら、(筋肉は限界に近いけど)いつ、この余力がある心肺機能を使うのか???

薄い空気と、心拍数165~170という、心肺機能の限界域の一歩手前で、動きの悪い脳みそが、己の身体と対話を始め、答えを探す

そして、チラリと走行時間を確認する
残りの距離を考えても、1時間30分は切れない・・・絶対に無理
やはり走行タイム90分を切るのは夢か~~

仕方ない
これは現実
気持ちを切り替え

ならば・・・90分台でゴールに突入するには、何処でスパートをかければ良いのか???

酸素が足りない頭が、導き出した答えは・・・

18.5km地点からのアタック!!!

その地点から、マックス心拍数を超えて走り続けても、残り1.5kmの距離なら、何とかゴールまで辿り着ける!!!・・・はず

これが己の身体と、脳みそが、互いに話し合い、答えを出した結果である!!!

18.5km地点までは、スパートのための余力を残しつつ、走り続ける



でも、これは紅のドカにとっては、ある意味、異常事態なのです

例年の18km地点での思考能力は・・・
もう走れない~
限界だ~
早く、早く、ゴールになってくれないかな~
もうスタミナ切れだよ~

・・・状態でした

今、思えば、スタミナ切れではなく

心肺機能が限界を迎えていただけなのです

たった4週間のタバタ式トレーニングで、18km地点でも心肺機能が限界に達していない事実は、自分でもビックリでした

そして、待ちに待った・・・18.5km地点

ラスト1.5km!!
俺の心肺機能よ!最後までもってくれ~~

うわわ~~ッ!!!
ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

・・・と漫画でしたら、物凄い追い抜き劇のラストスパートなのですが



そこは紅のドカさんなので、フラフラなペースよりかは、気合いがこもったペダル回しなレベルですので、爆走鬼速ではありませんヨ
( ̄▽ ̄;)

多分、例年よりかは、速いスピードでラスト1.5kmを走ったと思います
今までの自分だと、この付近で前を走る者を抜く事はあまりないのです
なぜなら自分も同じようにフラフラなノロノロ走りだから



でも、今年はラスト1.5kmが、本当に走り切れた!!
片手の指の人数の選手を、確実に追い抜いた!

コレがラストスパート・・・というヤツか!!



初めて見る、ゴール付近で他者を抜く、自分の勢いにビックリ!?

でも、限界の限界を超えるラストスパートなので、死ぬほどツラいです
心拍数をチラ見したら、自分の限界域数値を超える~~185くらいまで出てました
このまま死んでしまうのでは???
心臓がパンクするのでは?!



・・・と思いつつ、ゴールまでヘナヘナではなく、しっかりとペダルに力が入った走りが出来ました~~



そして、長野県と岐阜県の県境が、自分の乗鞍ヒルクライムのゴール地点です



すぐさまタイムを確認すると

ヤッタ~~!!!



1時間39分34秒

何とか目標である、90分台で走り切る事が出来た~~



去年は100分台でしたから、去年の自分を追い抜いた事になる

ヤッタ~~
☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

そう、自分の密かなる目標は・・・

去年の自分を追い抜く事

・・・だったのです



ある年齢を通り越すと、本当に年々とタイムが落ちていきます
それが老化という
認めたくないモノです

バドミントンとかでは、年々の変化は分かりませんが・・・

1年に1回だけ挑む、全力で、駆け抜ける乗鞍ヒルクライム レースのタイムは
恐ろしいほどリアルに、冷酷な数値で、現実を叩きつけてくれます

実は去年まで、この乗鞍ヒルクライム アタックに挑むたびに、タイムが右肩下がりに落ちてました
(−_−;)

もう止められないのか???
老化だから仕方ない事なのか?
_| ̄|○

去年の100分台とい、走行タイムを出してしまった時には、本当に泣けてきそうでした

そんなリアルに直面し、半分、諦めが入りかけていたのも事実です



歳を取れば取るほど、老化は進み
若い頃とは違い、運動能力は恐ろしいほどの右肩下がり

でも、ここで諦めていけないのです!!

今はネットという便利なモノがあります
ライザップ等にいかなくても、お金をかけずに???
老化に対抗出来る手段はあるのです

今回はタバタ式トレーニングで、それを実感できました
普段の腹筋トレーニングは、どれだけ役に立っているか不明ですが・・・
(−_−;)

あと、自転車も重たいアルミから、オール カーボンのKUOTA 空牙105になった事も、今回の大きな勝因かもしれませんが・・・
(その点に関しては完全にマネーパワーじゃん~~)



死ぬほどツラかったですが
ヒルクライム レースは、そのゴールを迎えた瞬間は、最高な気分になれます

・・・と浮かれていてはいけません
今回、参加している、愛知県サイクリング協会のレースは、この県境がゴールではなく、その先にある駐車場がゴール地点
ここで追い抜いて来た者たちに、追い抜かれては意味がない

死ぬ気を通り越した世界で、さらに脚に鞭を入れる
最後のゴールまで、気を抜かずに走るんだ~
まさに気力だけで、最後の道を走る~

そして、ゴール



ふぅ~
やっとペダルを止めれる

すぐさまゴール申請

順位は・・・24位

Σ(・□・;) マジで?!
神坂峠の時は54位くらいだったのに~
何かの間違いなのでは???

・・・と思いつつ
小さくガッツポーズ

ヒルクライム レースは本当に苦しいし、ツラいです
何でこんな苦しい事をわざわざお金を払ってやってるの???

昨日みたく、温泉をつかって、美味しいモノを食べて、満天の星空を見ながらお酒を飲んでいれば良いじゃん、楽しいじゃん

そう思う方もいるでしょうが・・・

そんな楽しみ方を一気に瞬間的に超えてしまう良さが・・・
ヒルクライムの先にある・・・ゴールにはあります



そして、そのゴールを迎えた瞬間に、坂バカは・・・次の乗鞍ヒルクライム アタックを考えてしまうのです
今回はたった1回しか、乗鞍エコーライン側のヒルクライムが出来なくて残念だった
来年こそは2回、(長野県側)乗鞍エコーライン側を走ってから・・・
岐阜県側の乗鞍スカイラインを走るゾ~
・・・と来年の約束を自分に立ててしまうのです

それくらいに、ヒルクライムは苦しいけど、素敵で楽しく癖になるモノなのです



皆さんも、いつかは乗鞍ヒルクライム アタックをやってみては???
死にそうになるけど、生きてる実感と言うか、ゴールの喜びは半端ないですYO

KUOTAでアタック!13

乗鞍ヒルクライム アタックのスタート時間は午前10時です

いつもの開会式を終えて~~
スタートの時を待ちます



1年の目標として、乗鞍ヒルクライム アタックをかがけて
今日までトレーニングを重ねてきました
・・・と言っても、本格的に始めたのは4月以降からですが
( ̄◇ ̄;)

昨日は全く走る事が出来ず
食って寝てお風呂に入っての~~
ただの露天風呂温泉1人旅野郎になってましたが
今日は違う!!!

@

本当に大したトレーニングはしていませんが
重ねてきた努力の結果をぶつけたい

今年初の乗鞍ヒルクライム走行となる、KUOTA空牙105の性能をどこまで発揮出来るのか!?



さてさて、今年の乗鞍は、そんな自分に、どんなリアルを突き付けて来るのか???

まもなく発走!!

夢の90分切りは・・・夢かもしれませんが~~
せめて、90分台にタイムをおさめたい
これが今回の目標です!

ではでは、行ってきます!
レッツ 乗鞍 ヒルクライム アタック!!!
(=゚ω゚)ノ

KUOTAでアタック! 12

スタート・・・1時間半 前です

今回の乗鞍ヒルクライム アタックは
新しい愛機で初トライです

ドキドキが止まりませんですYO

とりあえず、疾走前の空気入れです



小さなタイヤなので、すぐに空気が入ります
・・・って、それ空気入れ必要なの???

今回はひたすら軽さにこだわりを極め・・・

どんなお金持ちの選手よりも、最軽量なマシンに仕上がっています

ヒルクライムでは、軽さこそが正義!!
そして、最強なのです!!

この軽さが有れば・・・勝てる!?

ただタイヤ口径が小さすぎるのが、少し難点ですが・・・
そのへんは気合いでカバーです



目指せ!キックスケーターで乗鞍山頂!!!

・・・って

・・・それ無理でしょ~~

逆にキックスケーターで山頂まで登れる方が凄い!!!

1kmくらい激坂を登ったあたりで、一気に気持ちが折れそう!?
_| ̄|○

それなので、キックスケーターはご遠慮して!?

KUOTA 空牙105 でヒルクライム アタックに出かけようと思います



晴天な天候で~~
待ってろYO 乗鞍山頂!!!



ちょっと晴れてきた~~

KUOTAでアタック!11

おはようございます
乗鞍2日目の朝です

今朝は午前5時起きて・・・
すぐさま乗鞍チェック!!!



朝から怪しい感じですが
(;´Д`A

昨日よりかは、いくぶんかマシな感じもします

出走は9時なので、それまでに、しっかりと回復してくれるのを期待しつつ

午前5時20から~~
無料の温泉露天風呂へ、レッツゴー



∑(゚Д゚) クハッ!!!

こっ・・・この状態は・・・

まさかの・・・

クマがお風呂を荒らしていった
・・・訳ではなく

まさかの・・・1番 風呂!?

更衣所の床も、お風呂場の床も、お風呂を取り囲む風呂桶の木も、全く濡れていない

コレは、まさに1番風呂の証!!!

♪───O(≧∇≦)O────♪ ヤッターーー

今日は何か良い事が起こりそうな気配がする~~

源泉掛け流しの乳白色の温泉1番風呂を、1人でマッタリと楽しませてもらいました~~



1番風呂は最高に気持ち良かったです~~
(*´∀`*)

あとはこのラッキーパワーが、乗鞍の天気を回復させてくれる事を願うばかりです

ちなみに下の写真は、午前6時半の乗鞍です



それでは朝の準備タイムに入ります
(=゚ω゚)ノ

KUOTAでアタック!10

おやすみなさい・・・の前に

夜の9時の乗鞍・・・

昼間の雨を降らせていた曇り空が嘘のように・・・

満点の星空です
(*゚▽゚*)

恐ろしいくらいの星の数で・・・キレイすぎます

紅のドカのスマホでは、この満点の星空の写真が上手く撮れないのが、本当に残念です

上手く撮れなかったので・・・
夕方6時半の乗鞍写真を掲載します



今回のお一人様宴会ですが・・・

冬場で寒さをしのぐために購入した
アルコール ストーブを持参してみました



もちろん、国定公園の中で、屋外で火をたく・・・なんて、超ご法度!!!
なのは百も承知です

でも、どうしても、イケない!!!・・・と分かっていても、使ってみたくなる

だけど禁止事項なので

ココから先は、もし使えたら~~な体(てい)で、話しを進めていきます
決して現地では使っていませんヨ

写真は国定公園外の別の場所です



こんな風に、LEDライトを頭上からつけつつ

下からアルコール ストーブを点火です



平地とは違い
夜の9時を回ると、上半身はすでにフリースを着ています
さすが乗鞍!!
まだ8月なのに寒いゾ~~

下半身は膝下までのズボンで、この時間帯ではちょっと寒い感じですが・・・

アルコール ストーブの炎の暖かさが、膝下を温めてくれます
コレはイイ!!
( ´∀`)

アルコール ストーブで膝下を温めつつ
ユラユラとゆらぐ炎を見ながら飲む、ストレートなウイスキーは最高に美味い!!!

この組み合わせは鉄板になりそうな気配です
(((o(*゚▽゚*)o)))♡

夜の10時近くまでマッタリペースで飲んだら
明日のために今夜は寝ます

今の乗鞍は満点の星空・・・
きっと明日は晴れるはず!
明日こそ乗鞍ヒルクライム アタックが出来ますように!

また明日も頑張ってブログを更新するので、明日もよろしくお願いますネ~~
それでは・・・乗鞍で乾杯~~&おやすみなさい
(=゚ω゚)ノ

KUOTAでアタック! 9

温泉施設で、お風呂ざんまい&休憩室でゴロゴロを4時間くらい、繰り返し
・・・普段の忙しい生活では考えられないくらいの?マッタリな時間を過ごした後は・・・

車中泊用の寝床を作り~~



今回はイイ感じで仕上がりました
グッスリと眠れそう~~
(=´∀`)



夜7時に~~喫茶店メープルさんに移動です

今夜は、自分の中では、すでに夜の定番メニューとなりつつある・・・



白もつ定食です

お好みで加える・・・横のキムチを混ぜてやると

美味しさ100倍です~~
(≧∇≦)

また、この白もつ定食に、生ビールが合うんですよネ~~



下からの炎で常に熱されていて、とても熱&熱~~なので
予想以上にキムチの辛さと、熱さで・・・汗をジンワリとかいてしまいます
( ̄▽ ̄;)

せっかく有料の温泉お風呂で、身体をキレイに洗い流してきたのに~~
また汗をかくなんて・・・
でも、美味いモノを食うのだから、この汗という代償は・・・致し方ない

それなのでお店を出たら・・・

本日2度目の無料露天風呂温泉へレッツゴー



夜の露天風呂温泉・・・

最高に気持ち良いです
(((o(*゚▽゚*)o)))♡

相変わらず湯加減が絶妙で気持ち良い~~

でも、自分以外には誰もいなくて

周りは本当に森で、深く覆い茂っていて・・・真っ暗

リアルに・・・クマが出そうな気配が・・・する
((((;゚Д゚)))))))

全く人の気配がない、自分だけしかいない、静かな森の中の露天風呂
そして、例年にはなかった・・・クマ出没注意!!!
1人ではお風呂に来ないで下さい・・・との注意書き

お風呂で汗を流し終えると

ドンドンとテンションが下がってきて

早朝のマッタリ温泉とは違い、そそくさと用を済ませたら、逃げ帰ってきました~~
ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘

根性ナシです

でも、命あっての物種・・・ですからネ
別にクマを倒しに来た訳でもないから
出来るだけ遭遇しないように、こちらが対策を施していくのがベター

来年も楽しく気兼ねなく、車中泊を楽しみたいですからネ~~

これから乗鞍の夜の下
一人ウイスキーでマッタリとお酒タイムですワ~~
(=゚ω゚)ノ
プロフィール

紅のドカ

Author:紅のドカ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
名言

地球の名言 -名言集-

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR