FC2ブログ

大事件です!!!

今回は・・・前々回のブログで予告させてもらった・・・

こんな・・・



恐ろしい光景!?になってしまった話し・・・の全容を公開させてもらいますYO


全ては・・・自分の小学生の娘が、ガールスカウト活動で・・・自分が自転車ヒルクライム・トレーニングに選んでいる山のふもとで、2泊3日のキャンプをするとの事で・・・
その場へ、練習のついでに、ちょっと顔を出してやろう~
・・・そんな軽い気持ちから、あんな写真のような状況を生み出す結果になってしまいました


そのキャンプ場がある(とぼね)山には、表と裏の2つのヒルクライムのコースがあって・・・

表のコースは
元・有料道路の三河湾スカイラインと呼ばれている、2輪や4輪の走り屋が集まってくる峠コースが存在する・・・わりと整備された道路と

裏のコースは
走り屋のクルマやバイクは間違っても入って来ない!?
道路の幅がクルマ1台~1.5台分しかない、ガードレールが無い、崖っぷちだけの細い林道コース(全面舗装)の道路の2種類があって

そのキャンプ場がある場所が・・・後者の林道のような裏コースのふもとにあったために
今回のヒルクライム・トレーニングで、わざわざ裏コースへ向かう事になったのである

ここでもし、裏コースを選ばずに、普通に表コースを選んでいたら・・・
とんでもない事になっていたでしょう・・・コワイ・コワイ

その裏コースは・・・道幅が狭く
正面からクルマが来ると、本当に逃げる場所がないくらいに狭いブラインドコーナーも数多くあって、大変危険なので・・・
年に数回しか、自転車でのトレーニングには使わないようにしていました
でも、今回の事件で・・・来年から走る回数は一気に減少する事でしょう

でも実は・・・そちらの林道ような裏コースは、表のコース(元・有料道路の三河湾スカイライン)には無い、勾配の厳しい激坂区間があって・・・
ヒルクライム走行距離は短いけど、対乗鞍用で精神力を鍛えるにはもってこいであったため・・・実は嫌いでもなかったりします

現にこの裏コースを選んで、わざわざ自転車で走りに来る方も、少なからずおられるくらいですから・・・


さてさて、今回はその裏コースの激坂区間を超えて、頂上まで行ったら、そのまま反対側のふもとまで降りて行き・・・
ふもとのサークルKでUターンして、反対側のヒルクライムをこなして再び頂上に着いてから、スタート地点にあるキャンプ場に向かって下って行き・・・
山のふもとにあるキャンプ場で、娘が元気にやっているか、軽く顔を出すパターンで行く予定~~~

そんなこんなで午前5時半にガレージ出発です~~~♪



行く先の山は・・・何故か怪しげな黒い雲が覆っています
何か嫌なオーラを感じずにはいられませんが
今日の天気予報は降水確率はゼロ!!
雨に降られる心配がないのなら・・・凸撃しないで、どうする!?
これでもヒルクライマーの端くれ、気合いのみで山のふもとに突入です

娘たちがキャンプをしている野営上の横を通り過ぎ、かなりきつい勾配の坂を心拍数MAXで走っている時の事です

グァ~シャ~~~~~nn!!!!!

・・・と、ビックリするほど大きな音が、山の上部から響き渡ってきました

なっ!何ごと!?

あまりの轟音に、思わず腕時計の心拍計の時間を確認してしまった
午前6時19分
反対から読んだら・・・916か・・・悪くない数字のゴロ合わせだ(そんな事はどうでもイイ!!!)

もしや、巨大な岩が崩れて、山の斜面を転がっているのか!?
それなら、すぐに山のふもとでキャンプしている、娘たちに知らせにいかねばならぬ~~~

・・・でも、その物凄い音は、その1回きりで、続音はなかった

何かが転がってきている・・・訳ではなさそう
・・・とりあえず、ホッと一息~

自転車のペダルを回しながら、ひたすら耳と目で、木々で覆われて先が見通せない山の奥の異変を感じ取ろうとする

もしや・・・隕石が山の斜面に落下してきたのか!?

それとも、かねてからの噂があった・・・山腹のどこかにあると言われる・・・UFO基地に着地しようとして失敗したUFOが、山の斜面に激突したかの!?

とにかく、その音は、とても自然な感じではなく・・・どこか人工的というか
金属が何かにぶつかるような音であった

普通ではない・・・絶対におかしい

今まで何回もこの裏コースである、林道を走ってきたが・・・今までに一度も聞いた事が無い音である

とにかく山の上の方・・・でも距離にして、そんなに遠くない所で・・・ナニかが起きている!?
ヒルクライムのトレーニングをしつつも、自分の興味は何かの落下物探しに夢中になり始めていた

この裏コースをヒルクライムをしている時は、基本的に細い道路の右側は、崖っぷちな箇所が多いこのコース
そこにはガードレールがなく

そんな崖っぷちの下をのぞくように走っていると・・・自分が自転車もろとも落ちそうになる

オイオイ・・・ミイラ取りが、ミイラを探していたら、自分がミイラになってしまった・・・そんな笑えないオチはいらないYO

崖っぷちから、フラリと自分が崖下に落ちないように、細心の注意を払いつつ、下を下を見て走る事・・・4分

自分の行く先である坂道を、1人の男性が歩いている
ウォーキング中の人なのか!?

その人に・・・何か凄い音がしたけど、何か見ませんでしたか???・・・と聞こうとしつつ

そのウォーキングの人が通り過ぎてしまった・・・崖下を見ると・・・

5m下くらいの竹藪から・・・不自然な光りが・・・

ええええええっ!?

崖下から上空に向かって・・・ライト!?

ついに・・・不時着失敗のUFOに遭遇なのか!?
それとも、光り輝く隕石に遭遇したのか!?

その真相は・・・次回ブログにて!!!!

ではでは~~~~
(=゚ω゚)ノ
スポンサーサイト



プロフィール

紅のドカ

Author:紅のドカ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
名言

地球の名言 -名言集-

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR