FC2ブログ

たまにはバイクとエンジンを語ってみようか~

最新式のバイク・・・
喉から手が50本くらい出てしまいそうなくらいに、究極的に欲しいバイクは、運が良い?事に現在はありませんが・・・

もし、お金があるのなら・・・ドゥカティの世界限定500台の1299スーパーレッジェーラなんかに乗ってみたい&所有してみたいですよネ~~~
(マフラーがボトムから、WSB仕様の2本左右出しになって・・・カッコ良さが倍増でする)



(残念な事にすでに売り切れですYO)
売り切れなら・・・仕方なしか~

それなら、ドカのフラッグシップのパニガーレRがイイかな~~~



でも、ドカのフラッグシップとしては、今年のモデルが・・・
最後のL型ツインエンジンなスーパーバイクとなりそうです
プレミアになりそな気配・・・

次期モデルは・・・V4型エンジンらしいですからネ

確かに新しいモデルのエンジンは、何でもかんでも良いでしょう
悪い訳がない
なぜなら・・・最新型なのだから~~~♪

前モデルの悪い部分を限りなくゼロに近づけ、さらに進化して乗り易く、それでいてパワーも出で、しかも速い!!!
そもそも全てのパーツが・・・愛機のように長年走らせてきた使い古しではなく・・・
オール新品なので、マシンの走りの良さが当たり前に際立ちますよネ

カタログ的なスペックで言えば・・・
自分の愛機1999年式の紅のドカ996号なんて・・・最新式の200馬力オーバーなドカなマシンとは、とても肩を並べられないですYO
もう笑うしかないですYO

ミラーにその姿が映った瞬間に、すぐさま道を譲ってしまいまする~~~

でも、いくらレースで勝利するためとは言え・・・かなり前から分かっていた事ですが
ドゥカティ車のスーパーバイクのアイデンティティーとも言える・・・L型ツインエンジンを捨てるのは・・・悲しいです
(フラッグシップのマシンから移行するだけで、いきなり全モデルのエンジン変更はないかと思いますが・・・)

ドカ・・・と言えば、やはりLツインでしょ~~~

でも、L型ツインエンジンを捨てて、V4エンジンに移行する・・・そんな事は世界最高峰のバイクレースである、モトGPにドカが参戦した時から分かってました

L型ツインエンジンでは、国産4気筒勢には勝てない
だからドゥカティは勝つためにV4エンジンで、モトGPにチャレンジし続けて、結果を出してきた

かなり前に、超限定生産でデスモセディチなるV4エンジンのドカを出しましたが・・・
今回は量産型のフラッグシップであるスーパーバイクがV4エンジンになる・・・らしい

・・・ついにフラッグシップマシンのドカが、L型ツインエンジンを捨てる日が来る・・・

昔ながらのL型ツインなドカファンにとっては、悲しい知らせですが・・・

ここ数年のドカファンにとっては、パワーと速さがバイクの走りの全てと言うなら、当然の結果・・・V4で何が悪い~~~♪
・・・と言い切られてしまうでしょうネ

でも、ドカがL型ツインでのフラッグシップマシンの生産を辞める・・・と聞くと
ニッサンのスカイラインGT-Rが、直列6気筒エンジンを捨てた時と同じような、悲しみを感じずにはいられません

そうそう、トヨタのFT86がスバルの水平対向4気筒エンジンを載せた時にも同じような悲しみを感じましたネ

過去のコダワリを捨てた、V型6気筒のニッサンGT-R、水平対向4気筒のFT86も・・・良く売れてます
商業的にはコダワリを捨てて、良い結果だったかもしれませんが・・・

過去の栄光を知っている者にとっては・・・
なんか寂しい気がするのですヨ

まぁ、どれだけ頑張っても、それら新しいマシンを購入するお金もない人だから、負け犬の遠吠え的な意見みたいな感じになりますが・・・

そのマシンを伝説的にさせてきた、一番の功労者とも言うべきパーツは・・・そのマシンを力強く走らせてきた、心臓部分とも言うべき・・・特徴のあるエンジンだと思うのです

デスモドロミックL型ツインエンジン
RB26エンジン
AE86エンジン

全ては・・・名機と呼ばれるエンジンです

見ているだけでも美しいスタイルの・・・コダワリのエンジンあっての・・・伝説的なマシンだとも思うのです

過去の栄光にすがり過ぎ・・・と言われればそれまでですが(汗)

その伝統のスタイルのエンジンを載せないで・・・その名だけを継いで、後継者のように語るなんて・・・
イソップ物語に出てくる・・・虎の威を借る狐・・・のように思えてしまうのは、脳みそがノスタルジーな紅のドカだけなのでしょうか???

どうしても、どこか空虚なモノを感じずにはいられないのです

とっても失礼な言い方ですが・・・魂のない・・・・とってもキレイな空き箱的に感じるのです

でも、そもそも魂というモノ自体が、幻想的なモノで、人間の身体の中の細胞器官には存在しないモノ
そんな目には見えないモノが、アル、ナイ、と言われても、現実主義な方には困りますよネ~~~

走りの魂がない・・・と言って思い出すのは・・・コレぐらいか???
箱根駅伝とかで見られる光景ですが・・・
スタート地点からつないできたタスキが、とある中継地点で、次の選手につながらないまま走り出す・・・タイムアップ・スタートのような感じなのでしょうか

同じようなタスキを持って、スタート・アップの選手は走りだすのですが・・・それはスタート地点からつないできたモノではないタスキ
タスキの重さが・・・違うんですよネ
眼には見えない“重さ”が違う

エンジンの形式も、このような感じで、機能的には前モデルより素晴らしい走りを生み出しますが・・・
何か大きなモノを忘れて走っているような感じがしてなりません
もちろん、そんな“重さ”は性能やスペックやタイム等の数字には表れないモノです
ただのコダワリです

だから、リアルに新しいエンジンは、過去のエンジンなんて、語るにも及ばない程の圧倒的なパワーと、ド太いトルクで、恐ろしくイージーに走れるのですよネ♪
ある意味、羨ましい~~~感じさえします
そのイージーで速い走りが・・・

それこそ、そんな古いエンジンにいつまでもこだわっていると、いつまで経っても、後ろにさえついて来れないYO~
お先にサヨウナラ~~~

いつまでも絶版車にこだわっている事のリアルは、こんな感じになってしまうのでしょうネ

新しいマシンは、古いマシンをいろんな意味で追い越すために、次々と生まれて来るのだから、こればっかりは仕方が無い事です

携帯電話やスマホと一緒ですよ
いつまでも古いモノを使っていると・・・
笑われてしまいます

でも、バイクやクルマの絶版車には、携帯電話やスマホとは違う・・・ナニかがある

次回・・・そのナニかに迫れれば、迫ってみたいと思っています
ではでは~~~(=゚ω゚)ノ
スポンサーサイト



プロフィール

紅のドカ

Author:紅のドカ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
名言

地球の名言 -名言集-

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR