FC2ブログ

無人島でも・・・スマホを使い続けるために

どうもです
出演の依頼も、その話しも、その可能性さえも、ホボほぼゼロに近い!?
紅のドカ的・・・無人島でのサバイバル生活編も・・・そろそろ佳境に入ってきましたYO
・・・って、まだその話・・・続いていたの???

電波の届かない無人島でも、スマホ中毒の紅のドカは・・・スマホがないと生きていけないので!?
3つまで持ち込んで良い、道具の1つにスマホを選んだ訳です

そして2つめの持ち込む予定モノは・・・

とりあえず・・・火を起す道具として & 突然の野生の熊の襲来にも、即座に応戦できるかもしれない!?
そんな小さな可能性を秘めた道具的・・・アーク式電気ライターが2つ目のセレクトです

このライターにより、原始的な“生食”生活から、一気に食べ物に火を通すという、現代的な食べ物を口にする事ができるようになり
“生モノを食べ続ける行為”が引き起こす~恐怖の食中毒という、地獄の苦しみから逃れる事ができ
なおかつ火に通す事で、生肉等がさらに美味しく食べれるという~
良い事づくめの~ライターによる火起しですが・・・

ただ1点の問題は・・・このライター・・・USB充電で電力を蓄えて、ボタン1つでアーク放電で火をつけます
・・・という事は、充電バッテリーがもし切れたら
箸にも棒にも使えない、ただの四角い金属の小さい箱になってしまうのです
これは、スマホも同様です

もし、運が良く?無人島なのに!?
そこに充電用コンセントが設置されていたら、とてもラッキーなのですが・・・

たいがいの無人島には、コンセントなどはありません
いや、電気さえ来てないですYO
そもそも人が住んでいないですからネ
そんな場所に電気が来ている訳がない

逆に、無人島のはずなのに、電気が引かれていて、すぐ近くにコンセントがあったら
何かのミステリーですよネwww
一般人には知られてならない、秘密の実験施設が、無人島にある~~~的な話しの流れになってきますが・・・
脱線の香りがプンプンと漂ってきたので、ここらで本線を見失わないうちに、しっかりと戻りますYO


そもそも無人島で・・・
稼働するための動力源が、内部バッテリーに貯められた限りのある電力を常に使用する・・・スマホや、電子ライターを、電気さえ来ていない場所で使おうなんて・・・

ソーラー発電ナシの100%バッテリーのみで動く、EVスタンドのみで電気が供給される~電気自動車で、南極点まで走ってみよう~~~とするくらいに・・・
無理~~~

確かにスマホや、電子ライターは、バッテリーが切れるまでは使えるでしょうが~~~
それが1年も続くとは、到底思えません

それでは、無人島サバイバル生活で、スマホやアーク式電子ライターは使えないのか?
任天堂スイッチで遊べないのか!?

そもそも、そんなモノを無人島サバイバル生活に持ち込んで使おう~~~
・・・なんて考える事、それ自体がナンセンス!!

都会でヌクヌクと育った、自然界の掟を知らない~温室育ちの“お坊ちゃま”なのでしょうか!?

答えは・・・NO、高須クリ@ックです!!

・・・次回! 無人島でもバッテリーを気にせずにスマホを使おう~編です


スポンサーサイト



プロフィール

紅のドカ

Author:紅のドカ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
名言

地球の名言 -名言集-

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR