FC2ブログ

2019乗鞍ヒルクライムレースを終えて・・・

前日とは違い
珍しく霧もない晴天な乗鞍山頂ですが・・・



ゴール地点は相変わらずな寒さです
たぶん7度~10度くらいの温度だと思います



スタート前の~~
乗鞍名物!?トイレまでの長蛇の列
・・・のおかげで

汗を拭くタオルや
替えのTシャツ
登頂後の水分補給用のアクエリアス
を搬送してもらえなかった
悲しき紅のドカは・・・

自分でスタート地点から運んできた~~
ウィンドブレーカー2枚を
汗で濡れていてるレースウェアの上から着て
寒さを凌ぎます



((((;゚Д゚))))))) 下が濡れているからサヴイ

待機場は・・・冷たい風がわりと強く吹いているし
飲み物も底をついていたので

喉がカラカラになってしまう前に~~
帰りの渋滞の列に並びます



でも・・・寒くて早く帰りたくても・・・
下山するのに渋滞しているから
そう簡単には~~~温かい下山コースに
入らせてくれません
( ̄▽ ̄;)



とりあえず~~
岐阜県側を望む
乗鞍スカイラインの峰走行ラインを見ながら
ゆっくりとゆっくりと前に進み



それから
乗鞍エコーライン側に入り
長い長い列になって
ゴール地点まで寒さに耐えながら!?
タラタラと歩いていきます



そして・・・ようやくゴール地点に到着
寒かった~~



ここから自転車に乗って下山していくのですが・・・

やはり晴天のために
どうしても
インスタ映えを狙うような写真が撮りたくて
所々で止まっては写真撮影です



15km地点の第2給水場で
下山の選手にもアクエリアスを配っていたので
そこでコップ2杯のアクエリアスを貰い
喉カラカラ状態を脱出です

そして今回は下山時に事故があったみたいで
5~10分くらいの停車が2回もありました



そんなこんなで~~
スタート地点まで戻ってきて
自転車師匠の TEAM S&Kと合流です

そこで焦ったのが・・・

それほど自転車練習をしていない
高校1年生の男子が
1時間31分という記録を叩き出していたのであった

Σ(゚д゚lll)マジで!?

それほど練習していないのに・・・
去年の自分より速いタイムをマークしてしまうなんて

若さゆえのアヤマチ・・・なのか???

伸びしろ・・・しかない高校1年生が羨ましい
((((;゚Д゚)))))))

自分なんて今回がピークのような気さえしている

後はズルズルと記録が後退していくだけ???
そんな将来しかまっていない・・・年齢

若いって・・・コワイですネ・・・裏山です
((((;゚Д゚)))))))

自分、Z会ズイフトのトレーニングを毎日やっていて
彼は・・・自転車のトレーニングはやっていないのに

たった4分の差しかないんですYO

気持ちが折れそう
(T-T)

たぶん・・・来年には・・・追い抜かれるかも

BUT!!!

今回に限っては

自分だけが1時間30分台をブッチぎった

唯一の80分台な漢なので
d( ̄  ̄)

来年には立場が逆転しそうなので

高校1年の彼に・・・

いつまでも90分台に居ずに
早く俺のステージまで上がってこい!!!

・・・と大人げも無く???!!!

来年には・・・参りました
m(_ _)m

・・・と言わねばならぬ立場になるかもだから!?

最初で最後のカッコ付けだけはしておきましたよん

来年はお手柔らかに~~



そして
今年最後のメープルさんで
令和元年・・・乗鞍完全勝利を祝して

カツカレーを食べて
お腹を満腹にし



最後のコーヒーをいただいてから
帰路につきます



11年目でようやく、夢の目標を達成できた・・・乗鞍

また来年・・・新たな目標を掲げて
必ず帰ってくるから
待ってろYO

そんな事を言いつつ
乗鞍高原を後にします

途中のスーパー林道で
走ったコースである乗鞍高原全体を見渡せる
ビュースポットがあって
そこで・・・コース全体を眺めつつナルホドなるほど~~



・・・と写真を収め

去年から通い始めた
茶色の湯が特徴の炭酸温泉である



せせらぎの四季



・・・でマッタリと露天風呂につかり

休憩所で軽く仮眠を取ってから
さらに帰路につきます

そして乗鞍を攻めた1日が終わる
太陽が西の山に沈む頃



以前から気になっているスポットに
滑り込みで凸撃です

それは・・・・
また次のブログでネ~~ではでは(=゚ω゚)ノ
スポンサーサイト



2019乗鞍ヒルクライムレース ファイナル

今回は(ウサ耳ヘルメットですが)目立たず
出しゃばらず~
コッソリとマイペースで
乗鞍アタックをするつもりでしたが・・・

待機場からスタート地点に向かう道中で・・・
何故だか?
気が付けば・・・
フロントローに~~~!?



かなり目立つ位置だよ
(つД`)ノ



おかげさまで・・・
乗鞍HCキャンギャルが、良く見える見える事~~
この上ないポジションですワ~~~



そして背後には・・・・
この舐めた格好の紅のドカを
瞬時に抜き去ってやろう~~
・・・と沢山の猛者たちが気合いを入れて
スタートの瞬間を待ち構えている
(/ω\)・・・空腹状態な虎たちの前に立つ、1匹の哀れなウサギのよう~



例年なら、めちゃくちゃ緊張する所なのですが・・・

今回の紅のドカは
恐ろしいほど~リラックスしていましたよん

何故なら・・・・
すでに昨日の走りで

長年の目標を達成させてしまっていたので~~

これからのレースが本番なのに~
自分的には・・・このレースが
エクストラ ステージ的な感じになっていて
(本番は昨日だった・・・的な感じ??)

本番なのに、本番ではない感じで??心に余裕がありました

こんな軽い心持ちでレースに挑めるなんて
ある意味ラッキーです



例年なら・・・

絶対に今年こそは記録を更新しなくては
1年かけてトレーニングしてきた意味が無くなる

そんな背水の陣のような・・・人生崖っぷち的な???
己を追い込む勢いでスタート地点に立つのですが


今回は・・・そんな肩を張らざるをえないような強迫観念???もなく

ただ、ただ・・・

昨日の自分を、超えていく

それだけが目標なのである

裏を返せば、ある意味、タイムにも縛られる事になりますが・・・
絶対に1時間30分を切る!
今年こそは切らないとダメだ!!!
・・・そんな気負いがない分
楽でした
(*‘∀‘)

だって・・・
昨日の自分を追い越せば記録更新だし
最悪、追い越せなくても・・・すでに目標は達成されているのだから

楽しんでいこう!!

そんな感じで???

レース スタート30秒前



周りでビンディングペダルに
カチッっと
シューズを固定する音が、次々と響き渡ります

自分もその音に合わせるように
右足をビンディングペダルに固定します

そして・・・秒読みが始まり

レース スタート!!!

サイクルコンピュータのボタンに指先を置き
タイムの測定を始める
(足元に公式レース用の測定機を付けているので、公式タイムはそちらで測定です)

これから・・・
20.5kmの楽しい?楽しい??
地獄坂レースのスタートです



スタート直後の100mくらいは、剣を振りかざしながら~~笑って走れる緩い緩い直線なのですが・・・
それを過ぎると

いきなり激坂です
(;´Д`)



金曜日までの~~~当初の作戦では・・・
レース15分前まで、ウォーミングアップをして
心拍数が上がる状態に慣れておき
いきなり激しい登り坂の運動量でも、筋肉が驚かない
・・・ようにしておきたかったのですが

前日の記録達成をした時の・・・限界を超えた疲労感が
ウォーミングアップで出てしまったら
逆効果になるかも・・・とビビってしまい

結局、自転車的なウォーミングアップは何もせずに~~
レースに挑んだので

例年のように
最初の坂で・・・
いきなり心拍数がMAX付近まで上がって
こりゃ~~ヤバいゼ~~的な感じです
( ̄▽ ̄;)

でも、まぁ、毎日のトレーニングで
心拍数MAX付近は、もう慣れっこになっているので

例年よりかは
心拍数が高くても驚かないし
この先で心拍数を少しだけ下げれるポイントがある事も
分かっているので気が楽です



自分たちの集団よりも
数分前にスタートした選手たちに
すぐに追いついたので~~
しばらくは
前を走る選手を
追い抜く事に夢中になります

この追い抜きが~~
前日の一人きりで走っている時とは違って
楽しいんです
(性格が悪~~~ぅ)

それでもサイクルコンピューターで
ケイデンスと心拍数を常に確認しながら
昨日と同じギア3で
追い抜く事に夢中になりすぎて
ハイペースにならないように注意します
まだレースは始まったばかりで
先は異様に長いですからネ
無茶をすると・・・後半で確実にバテますからネ

でも・・・
本当に沢山の選手が走っているので
追い抜きに夢中になりすぎて
気が付けば・・・すでに3kmほども進んでいました
3㎞も夢中になって走っていた事に、ちょっと驚きです



そして、後ろを振り返って確認はしていませんが・・・
気がつくと自分の後ろにピッタリと
ある選手が背後にピタリと張り付いていました

夢中になって走っている間に
自分が登り坂を引っ張る・・・先導する役に!?
後ろに着いた人のペースメーカーになっていました

自分のようなヘタレを引っ張り役にして大丈夫ですか???
・・・と逆に心配してしまいます
(;´Д`)



ロードレースでは
先頭で頑張って風を切って走るよりも
先頭の人の背後にピッタリと着いて
登り坂を引っ張って行ってもらう方が・・・
体力的にも精神的にも
かなり楽です

自分の経験では・・・
先頭を走る人の能力を見間違えなければ・・・
自分の能力よりも
1.2倍前後の高い能力の選手に
(自分は1.0の力で)
引っ張って行ってもらう事が可能である
イコール着いて行くことが出来るので
実力以上の結果が出やすくなる

だから根性ナシな紅のドカは
いつも引っ張っていっていくれる
能力が少しだけ高い選手を探しながら
走っているのですが・・・
(結構、他人任せな走りです・・・ネ)

今回は光栄な事に???
自分が誰かのペースメーカーになってしまっていた



でも背後に着かれたからといって
自分のペースを下げて、前に出てもらうのも嫌だし
ペースを上げて引き離すのも
後が辛くなるから
2人で前後に連なって・・・
そこから顔も見えぬ選手と3kmほど一緒に走りました



そして7km地点の給水所で
自分がアクエリアスを貰うために
ペースを崩した時に
その方に抜かれたような気がします

それからすぐに
今度は自分のペースメーカーさんを発見し

すぐさま
背後に着いて
今度は逆に・・・
登り坂を引っ張ってもらいます



ここから5393選手との
長い長~~い
40~50分にも及ぶ!?
ランデブー走行が始まります

5393選手は常に自分よりも
2つくらい重たいギアで
坂道に挑んでいます

自分よりも2つ重いギアで坂道を走れる
・・・という事は単純に考えると
自分よりも1.2倍くらい能力が高い選手です

自分のペースメーカーとしては
これ以上ない選手の登場に
テンション上がります
ヾ(≧▽≦)ノ



何も考えずに・・・着いていくだけで
昨日の記録更新に挑める
・・・あとはこのペースにどこまで着いて行けるかだが・・・

たぶん・・・5393選手との出逢いが無ければ
かなり早い段階で
気持ちが折れて
ペースが下がっていたと思えます



5393選手がペースを乱すことなく
常に前を走ってくれたおかげで
この人に離されたらダメ!!
・・・・という思いこみだけで
所どころ無理をしてでも、なんとか着いて行く事ができました

今回の乗鞍ヒルクライムレースで、一番の感謝をささげたい選手です
本当にお世話になりました


・・・だって10km近くも前を走って
引っ張ってもらいましたからネ



もちろん・・・100%後ろにいた訳ではないですヨ
たまには自分が前に出て
5393選手を引っ張るシチュエーションも少しはありましたヨ
(ちょっとだけ・・・だけど)
そして、横に並んで、軽く並走した時には
少し会話もしましたよん



そんなこんなで・・・気が付けば森林限界

ここから先は頂上のゴール地点がちょくちょく見えるのですが・・・

例のZ会ズイフトのトレーニング・・・1時間で終わり問題が発動して~~~
明らかにスタミナが切れ始めます

本当にこれからの練習課題は・・・1時間以上のトレーニングをやる事

それを痛感させられましたが・・・

レース本番の場で気が付いても、何とも対処のしようがない



前半から中盤にかけて、昨日の疲れを忘れていたかのような??
5393選手の(自分にとっては)ちょいハイペースに合わせてきたツケが、ついに正体を現し始める
本当に数cmずつ着いていけなくなってきて・・・

本当にジリジリと引き離され始める

このジリジリと引き離される距離を縮める事が出来ないのが
己のスタミナの限界域という所です

ちらりと・・・
サイクル コンピューターの走行タイムと
走って来た距離を確認すると~~
前日と変わらないようなペースで
ココまで登ってきた事が分かる



いや、もしかすると・・・前日よりもペースが早いかも???

これなら・・・今回も1時間30分切りできるかも!?

とにかく5359選手に着いて行けば
新たな記録達成になるかも???

・・・と思いつつも

ココまでのちょっとずつの走りの無理が~
明らかに出始めていて・・・

ところどころのキツい坂で
ギアが一番軽くなったりしている



前日は一番軽いギアはほとんど使わなかったのに
今はそれを使用している
・・・と言う事は前日よりも
バテてきている・・・と言う事なのか!?

それでも5393選手に一気に距離を離されてしまう訳でもなく
手を伸ばせば、もう少し無理をすれば
追いつけそうで、追いつけない絶妙な距離で走っているので

ピタリと背後に着けないまでも
せめて、その姿を見失わないように

自分のペースを乱さないように気を付ける



ラスト1.5kmの距離になっても
かろうじて5393選手の後ろ姿だけは確認できる

荒い呼吸
薄い酸素
常にMAX付近の心拍数
無理に無理を重ねて限界をすでに突破している全ての筋肉

全てが限界域

ゴール手前で残りのチカラを振り絞って
最後のラストスパートだ~~~



・・・と漫画のような
ワクワクするような怒涛のスパートをかけれるほど
スタミナも残っていない

ただただ止まらないように
気持ちが折れないように
ゴールを目がけて
ひたすた前に進むだけ

苦しすぎる

そしてゴール300m手前から道の幅が一気に狭くなり

前の選手を追い抜くことが難しいくらいに
混雑な感じになり

誰もが怒涛のラストスパートが出来ない混雑状態となった

自分のペースでラストスパートがかけれない・・・

・・・って、そもそもラストスパートをするほどのスタミナが残っている選手が
どれだけいるのか分かりませんが・・・・

この息をするのも苦しく・・・
スタミナ切れで・・・
フラフラと左右に振れたら~~~
他の選手の自転車に接触して
大事故になってしまうような混雑状態は・・・

体力がホボホボ無い~~ゴール前だけに
オソロシイ

左右にふらつく事さえ許されないゴール前の混雑状況を考えると
結構さみしいけど?レース前に孤独に走っていた方が
ゴール前の300mは自分のペースでスパートをかけれるから
イイかもしれませんネ
(先頭で引っ張って行ってくれる方には出会えないかもしれませんが)

追い抜くことも、ペースを緩める事も許されない
混雑状態のまま

最後の左急坂を登り切って



長野県と岐阜県の県境である
ゴール地点を通過です



やった~~~
(/・ω・)/
今回も無事に登りきる事ができた



果たしてタイムは???

1時間30分は切れているのか!?

気になるタイムは・・・



1時間・・・

27分32秒

マジで!?



記録更新じゃん!!!


ヾ(≧▽≦)ノやったぁ~~~!!

これはどう考えても・・・5393選手が前を走って
自分を引っ張っていってくれたおかげです

とても感謝を伝えたい気分でしたが

自分よりも数人前を走っていて・・・
ゴール前の混雑状態で完全に見失ってしまったため

声をかけれませんでした
残念!!

今回の素晴らしい記録更新の偉業を達成できたのは
5359選手のおかげです
本当にありがとうございました
(このブログを通して・・・気持ちを伝えさせてもらいますネ)



記録更新で、とても嬉しい結果となった
乗鞍ヒルクライムレースでしたが・・・


前回ほどの天にも昇ってしまうような達成感が・・・ない



前回のタイムよりも1分近くも速く走れたのに

嬉しさが・・・前日ほどではない

やるべきことを・・・予定通りにこなせた

自分はついに、この山を確実に・・・90分台ではなく
80分台で登れる能力を手に入れている
それを実証できた

こんな感じなのです



まるで不感症


前日に打ち立てた~~~
11年目の挑戦で、ようやく目標を達成できた
その凄まじい満足感を超えるモノは・・・
そこには無く

新たな目標も分からないままスタートしてしまい
90分以内で走れるヒルクライムコースを
再び走って
予定通りに90分を切って走る事ができた

その事実を確認しただけのような
心の底から喜べない感覚

タイムを短縮した事は凄い事なのに
それに対する感動が薄すぎる



この例えはどうかと思いますが・・・

人類が初めて月に降りた瞬間は・・・
物凄い偉業を達成した
これは歴史に残る1歩だ!!
・・・と感動したモノですが

次に、人類で2番目に月に降りたら・・・
まぁ予定通りに任務をこなしましたネ
・・・ミッション成功おめでとう

こんな感じの感動レベルの違いでしょうか???



80分台で走れて嬉しかったけど
前日の大津波のような感動がないだけに???
かなり複雑な感じのゴールでした

これからの乗鞍ヒルクライムレースへの取り組みを考えさせられる!?
ある意味・・・
燃え尽き症候群的なゴールだったかもしません



人生の1/4をかけて挑んだ乗鞍ヒルクライムアタックへの挑戦
そして後半は・・・年々タイムが減退していて
もう無理かも・・・・と諦めかけていた時の

まさかの記録更新!

しかも1時間29分台でギリギリなタイムではなく

28分台という~~
90分切りに余裕を感じさせるタイムの樹立に
自分のテンションは成層圏を飛び超えて
有頂天な気持ちは
ほぼほぼ衛星軌道上まで
打ちあがっていましたからネ

そんな11年もの長き想いを達成した瞬間を超える
新たな感動なんて・・・
そうそう無いでしょう



次の日にその記録を超えても
前日のインパクトの1/100くらいしか
嬉しさが湧き上がってこなかった・・・

ヤバい・・・モチベーションが上がらない
(/ω\)

これは完全に・・・燃え尽き症候群ですネ



嬉しいけれど・・・前日ほどの喜びには達しない

早く次なる目標を設定しないと
ヤバいかも・・・と思わせる結果でもありました



まぁ、何はともあれ
1時間27分台で
あの乗鞍ヒルクライムを制覇できた事実は出来上がりました
来年は・・・25分台を狙いつつ???

1時間30分を超えないように
トレーニングを続ける所存でございます



長々と続いてしまいましたが
これで令和元年の乗鞍ヒルクライム アタック ファイナルを終了させてもらいます

最後まで読んでくれてありがとうございました
ではでは~~~(=゚ω゚)ノ

乗鞍ヒルクライムレース大会 当日

今回、泊まっているエリアは意外にも??
チャンピオンクラスの方が多くて
全体的に意識が高いです



雨も降っていないのに
夜9時前には静かに寝ていて
酒盛り&夜をマッタリ過ごしている人はいません

近所の方に聞いたら~~
レースが午前7時にスタートだから
その時間にベストな身体リズムで、走り出したいから
逆算していくと前日の夜は・・・
午後8時には寝て
翌朝は・・・
午前3時に起きて
朝食&準備で
後はレースまでウォーミングアップだそうです

もの凄く意識が高い
( ̄▽ ̄;)

ちなみにその方に何時に起きるの?と問われたので
紅のドカ・・・いつも午前4時に起きてるので
それ位に何となく起きるつもりです

・・・と言ったら
午前7時53分スタートなら
それで良いタイミングだと思うYO
・・・と答えてくれました

本気な自転車乗りな方たちは
非常にストイックな生活リズムを作り上げているのですネ

自分は・・・早朝の時間しか自由がないから
致し方なく!?
午前4時に勝手に起きれるようになってしまっただけで
レースのためではないですが・・・
結果オーライというオチなのですネ
(^-^)v

でも・・・乗鞍の午前4時少々寒いです

初日の金曜日の夜は馬鹿みたいに~
車内が熱くなると寝苦しいからと
車の窓をほんの2cmだけ開けて寝たら
激寒くてヤバかったので~~

土曜日の夜は窓を閉めきって寝たら
ちょうど良い感じで
普通にフリースを着て寝袋の中で
グッスリと眠れました
(8月の話しです)

しかも下はエアーマットなので
本当に寝心地が良くて
(о´∀`о)

午前4時に目が覚めたら・・・
心配していた昨日の疲れが
無くなっていました

( ̄∇ ̄)ふぅ~~~

危なかったゼ~~~

これで少しでも疲れが残っていたら・・・
早朝から心が折れてしまうところでしたYO

何度も何度も時間があれば
必ず入っていた~~温泉の効果なのか??
寝る前に飲んだ栄養剤が効いたのか
酒盛りを辞めて午後9時に寝たのが効いたのか
睡眠の要である・・・エアーマットが効いたのか
ビックリするくらいの回復力で助かりました

とりあえず外は寒そうなので~~
ダウンジャケットを着て
外に出てみる

午前4時の屋外は当然の事ながら
まだ暗いです


(写真は5時前です)

多少薄い雲はありますが・・・星が見える
今日はきっと晴天になる
根拠の無い自信が湧き上がる
♪( ´▽`)

上空から視線を周りに移すと
自分以外のクルマの車内では
すでに小さなライトが各車ついていて~~
車内で準備をしている方たちが沢山います
・・・意識高すぎ
さすがチャンピオン クラス

この時間から意識高い系の人たちが
(大)トイレで渋滞を起こし始めているので
とりあえず自分も用を済ませて・・・



チャンピオン クラスの方は
レース前には絶対に入らない!!
・・・と危険行為に近いともされる!?

早朝 露天風呂温泉に行ってきました



予想通り・・・誰もいません

やはり早起きな意識高い系の選手にとっては
早朝温泉は危険行為の1つみたいですネ
そのように言っていたのを聞いていたけど
・・・本当にそうなんですネ
( ̄▽ ̄;)

まぁ、自分はそこまでストイックではないし
お風呂大好きだから・・・
気にしない
いや・・・昨日の疲れを癒してくれたのは・・・・
この温泉に違いない



それなら早朝もしっかり入って
少しでも身体を癒しておいて
レースに挑む所存でございます

・・・それにしても
この3日間、お世話になった
この無料の露天風呂温泉とも今日で・・・
いやこれでオサラバだと思うと
悲しいですネ

また来年も必ず来るYO



・・・と誓って
お風呂を出て

朝食を食べます
今朝も・・・滋養強壮ドリンクでドーピング



これで昨日の疲れがかんぜんゼロになりますように~~

怪しげな朝食を済ませたら



自転車の準備です
とりあえず周りを軽く走って状態チェック

昨日までの作戦は・・・
今回はスタート前に並ばずに

ギリギリまでウォーミングアップをして
心拍数を上げるのに慣れておくのと
筋肉をほどほどにつかれさせておく
・・・これでベストな状態でスタートできるるる

・・・と考えていたのですが
昨日の無理な走りのために
もしかすると疲れが完全にとれていないかもしれない
そんな事を考慮して・・・

例年通りに並ぶ事にしました



初めは・・・まぁまぁな位置にいたのですが~~



気がつくと・・・こんな前で・・・



最終的には・・・フロントローに!?



オイオイ・・・速くもないのに
また、このお目立ち席ですか?
恥ずかしい奴




話を元に戻します
(; ̄ェ ̄)

自転車を順番待ちの列に置いたら



トイレに行きたくなった
そこで待つのが・・・

乗鞍ヒルクライムレース名物!?
長蛇のトイレ待ちの列(男子)

どうして毎年、毎年、こんなに長く列をなさなくていけないの!?
2倍に仮設トイレを増やしても
まだ少ないくらいなのに~~
どうしてそれをやらない!!!

長蛇の列に20分以上並んでいたら

頂上で受け取る予定の荷物運びバスが
なんと受付を終了してしまい!?

自分は頂上で受け取る予定だった荷物を
わざわざ自分で運んでいかないといけなくなった

ひぇ~~((((;゚Д゚)))))))
これは誤算だ~

余計な荷物は単純に重量増となり
結果として坂道を登る時の抵抗となる

1グラムでも重量を減らしたい
全てのヒルクライマーが思う事を・・・

自分は長蛇のトイレ待ち列のために
無駄に時間を過ごしてしまい
わざわざ重量増の道を選ぶ事となってしまった

最悪だけど・・・仕方ない

本来ならスポーツドリンク1~2本に
汗拭きタオルに
着替え用のTシャツに
ウインドブレーカー1枚に
下山時用のパンク修理材
それらをリュックに入れて
頂上まで運んでもらうのだが・・・

トイレのせいで・・・
自分で荷物を持って行く事になったので~~
ヒルクライムを走るのなら
その7割を切り捨てなければ
重量増で自分が苦しむだけ

苦肉の策で・・・
軽量コンパクトなウインドブレーカー2枚だけを
持ってヒルクライムに挑む事にします

頂上の寒さは前日に体感していますからね
これだけは絶対にハズせない

でも下山時にパンクしたら・・・
そんな事は考えない!!

頂上で飲み物がない・・・
それも考えない

とにかく少しでも軽い状態で走るのみ!!!

それでは
レース本番
乗鞍ヒルクライムレース
スタート
まともに頂上まで走れるのか???

・・・は次回ブログにて
ではでは(=゚ω゚)ノ

なんかヤバい

夕飯は~~
いつものメープルさんで
盛り盛りな・・・



唐揚げ定食でガッツリとお腹を膨らませてきましたよん

このメープルさんの唐揚げを食べないと
乗鞍に来た気にならないです

それくらいにボリューミーで美味しいです

食後に美味しいコーヒーも頂いて



大満足です

それから~~
お風呂に行って~~



これまた貸し切りお風呂で
ゆったりとさせてもらい

全てバッチリなはず・・・
ですが

ヤバいです

何がヤバいって~~

今朝の限界を超えた乗鞍ヒルクライムの走りの疲れが
全然とれない
(つД`)ノ

いつもなら
4時間くらいで
ほぼほぼ疲れを感じなくかるのですが・・・

まるで風邪でも引いたかのように
足全体・・・が少し痺れているような疲れと
肩から下の腕全体はかなりダルいし
そして腰の疲れが
全くとれない・・・無くならない

まるで熱を出して倒れてしまう前の症状に似ている

確かに朝のラストスパートは
かつてない程の追い込みだった



それゆえに身体のエネルギーを明日の分まで
使い込んでしまったかのような
半端ない疲れた感が
寝る前でも残っています

とてもお酒を飲んで
マッタリと過ごす
余裕はありません

明日のために
栄養剤を飲んで
今夜は9時にねます

どうか
疲れが全て吹き飛んでしまいますように
そんなお願いしかできません
かなりヤバいです

そんなこんなで
乗鞍2日目はこれでオシマイです

また明日
お会いしましょうネ

それでは
おやすみなさい
(=゚ω゚)ノ

明日のために・・・

実は喜んでばかりはいられません

午前7時前にスタートして



クソ寒い山頂で我慢して???
ひたすら写真を撮り



タラタラと下山してきたはイイけど



完全に身体の芯から
身体が冷えきってしまった

暖かいはずのスタート地点も
それほど暖かく感じられない



コレは・・・ヤバい
風邪を引くパターンだ

本来なら汚れた愛機を
すぐさまお掃除してやりたいのですが・・・



そんな事をしていたら
自分が風邪を引いてしまう

愛機のお掃除は後にして

とりあえず
今日の疲れを明日に残さないために???
ドーピングな栄養剤です



そして
すぐさまお風呂に突撃です



本日2度目の
午前10時過ぎの露天風呂温泉



最高でした

冷えきった身体が
芯から温まりました

そして面白い知り合いも出来て
楽しくお風呂を過ごせました

その後は・・・
スタート地点駐車場で展開している
自転車ショップのブースで楽しくショッピング



・・・していると
気が付けば12時5分前で

お昼ご飯を予約していた時間である

危ないアブナイ
危うく予約をぶっちぎりしてしまう所だった



本日のお昼は・・・
昨夜から心の中で決めていた・・・

唐揚げカレー



こいつも、とてもボリューミーで

めちゃくちゃ美味しいです

そして食後のコーヒーが



自分をお祝いしてくれているように??
とても美味しいです

後は~~
マッタリと自転車を掃除して



いつもの有料施設で温泉三昧です

今夜の夕飯は何にしようかな~~~
ではでは(=゚ω゚)ノ

11年目の乗鞍ヒルクライム アタック ゴール編

ちょっとした計算違いから
10年越しの夢である
走行タイム1時間30分を切る!!!!
・・・という目標が一気に遠ざかる

亜ぁぁぁ・・・・俺の長年の夢が、儚く消えてしまうのか~~
((((;゚Д゚)))))))

また今年も達成できなかった~~~
・・・と悔しい想いをするのか????

何のための1年4ヶ月間のズイフト トレーニングなんだYO

でも・・・ほぼほぼ計算通りに走って来てしまったので
もう今さら無理ができない

それくらいに・・・
乗鞍ゴール前1kmの坂は厳しい



でも・・・ここで心が折れてしまって
無理の無理の無理をしなくて
ほんの数十秒だけ目標まで足りなかった

そんなオチだけは・・・絶対に嫌だ

でも、ここで無理の無理の無理をすると・・・
明日の本番に響くかもだぞ

そんな弱気な心が語りかけてきますが・・・
そもそも酸素が薄い乗鞍山頂付近で
難しい先の事など考えられない

間に合わないかもしれないけど・・・

行くしかない!!!!

実際・・・
残り1500mになった時

サイクル コンピューターの
走行タイムを確認する余裕がないくらいに

無心で全スタミナを使い果たす勢いで
ペダルを漕ぎます

頭の中は真っ白

息がとてつもなく上がる
きっと心拍数はMAX180を飛び抜けて
心臓爆発な200付近まで上がっている
(実際は180MAXの超限界)



そんな勢いで
死ぬ気で・・・



乗鞍ヒルクライムの最後の急激な左コーナーを駆け抜け



倒れる寸前な感じで~~
ゴール~~~!!



タイムは!!

走行タイムは!!!

とてつもなく荒い息使いをしながら
サイクル コンピューターを確認すると



1時間28分56秒

マジで!?
∑(゚Д゚)

マジですか!!!
((((;゚Д゚)))))))

ついに90分を切った~~~!!
♪───O(≧∇≦)O────♪

飛び上がって万歳したい気分でしたが
\\\\٩( 'ω' )و ////

とりあえず死にそうなくらいに?荒い呼吸を整え・・・のが精一杯でした



ヤバいくらいの・・・達成感

だって・・・11年目にして
ようやく達成できたのですYO



数年前までは、年々タイムが落ちてきて・・・
2年前には屈辱の1時間40分台

あの時は、もうこの先・・・
1時間30分を切る事はないだろう・・・

・・・と諦めきっていました



それなのに!?
Z会ズイフトのトレーニングを信じて
続ける事で

10年前の自分よりも
速いタイムを叩き出したのだ



そもそも10年以上の思いを込めて
何かに挑戦し続ける事なんて

流石に40代も後半になると
かなり少なくなってきます

逆に年々老化していくばかりで
イロイロなモノが10年前よりも
悪くなっていく・・・



そんな中で

諦めかけた10年前の目標を
ついに11年目にして実現できたのである

こんな達成感は
他にはない



・・・という事で
長年の夢を達成してしまった後に残るモノは・・・

達成ロス



そう、本来なら明日の本番のレースで
この目標を達成すべきだったのに

それを1日前に達成してしまったので

一気にモチベーションが下がる

コレはコレでヤバい問題です

明日のレース本番で
苦しい坂の道中で
もう長年の夢を達成したのだから
無理しなくてもイイんじゃない????
・・・と恐怖の甘い誘惑に
簡単に心が折れそうで
今からコワイです



何か新しい目標を立てればイイじゃん
・・・とも思いますが

10年間もかけてようやく達成した目標の
新しいバージョンなんて
簡単には設定できないです

そんな事を考えながら
外気温7度の寒さに
冷たい風がビュービュー吹いて
体感温度は真冬の寒さ頂上バスセンターで
達成感だけの勢いで
写真を撮りまくる



でも外気温は7度
寒すぎる

マジでこれ以上の滞在は
絶対に風邪をひく
ガクブルが始まったので

下山ルートに着きます

でも下山ルートの下り走行時も

目標達成が嬉しくて嬉しく

何度も何度も片手でガッツポーズをしてしまいました

下のスタート地点に辿り着くまでに
少なくとも50回以上は
ガッツポーズをしてしましました

40年以上の人生の中で
50回以上もガッツ ポーズを決めてしまう
そんな嬉しい出来事は
最初で最後だと思います

それくらいに・・・自分的には奇跡のような出来事でした

そして・・・明日の本番に向かって
どうやってモチベーションを上げるのか
難しい問題も同時に発生してしまった訳ですが



とりあえず
11年目のチャレンジで夢を達成出来て・・・
コングラッチェレーション
ではでは(=゚ω゚)ノ

11年目の乗鞍ヒルクライム アタック!!!

11寒さのために~~
午前6時のスタートを見送って
1時間スタートをズラして

午前7時ちょい前・・・



坂バカ チャレンジのスタート地点から



乗鞍山頂を目指して
GOOOOOO!!!!!!ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

今回は走り出す10分前に
軽く心拍数をあおりつつ
脚の筋肉を目覚めさせていたので???

例年よりも最初の坂が・・・
苦しくない・・・と言えば嘘になるけど
少しだけ楽な気がする



逆に言うと
この10年間・・・ウォーミングアップも無いしに
いきなり本番スタート~~~
・・・という無茶な事をやっていた事に驚きです

ウォーミングアップの大切さは・・・
毎朝のZ会ズイフトのワークアウト トレーニングやレースで
本当に痛感していますからネ



さてさて、走り出して
すぐに、いつもの年とは違う感覚に気が付きます

去年よりも
リアのギアが・・・1つか2つ重たいギアを選択していても
無理なく普通に走れいている

そう・・・ズイフトのトレーニングで選択している
いつものギアで・・・
乗鞍のヒルクライムに対応できているのである

コレは・・・凄い

しかも今までの10年間と違うのは・・・

175という異様に高い心拍数でも
それを維持したまま走れるのである

そして・・・坂の斜度が緩くなった瞬間に
心拍数をちょっとだけ下げる・・・
そんな余裕も生まれてきている

コレは・・・もしや・・・
奇跡が起きるかも????



この実感は走れば走るほどに
確信に変わっていく

確実に7km→10kmのタイムが例年よりも早い

コレが1時間30分を切るペースなのか!!
ペースの違い驚きです



もしかして・・・
この乗鞍ヒルクライムに挑戦し始めて10年間
ようやく夢の扉を突破することが出来るのか????

でも、まだコース半分の話である
この先は・・・ひたすら地獄が待っている
甘い夢ばかり見ないで
着実に1つ1つの坂をクリアしていこう



キツい坂以外は
ギアを軽くする事なく
いつものトレーニングのギアで
何となく余裕を残したまま
走れる
なんかもう・・・マジで目標の
90分切りあるかも!?



そんな感じで・・・
走行タイム1時間を超えたあたりで・・・
異変が起き始めた



そう・・・
紅のドカは
いつも早朝のZ会ズイフトのトレーニングは
1時間なのである

1時間以上のトレーニングは年に数回だけ

それゆえに・・・
1時間を超えた走行は・・・
練習外の未体験ゾーン



・・・というか
いつも、キッチリ60分でスタミナを使い切るような
そんなワークアウト トレーニングばかりしているから

60分を過ぎたあたりから
スタミナが切れ始め
ヤバい感じに

しかも森林限界を超えたあたりから
またまた坂道の斜度がキツくなる



でも、例年よりかは・・・
気持ちとスタミナには少しだけ余裕がある



サイクル コンピューターの残り走行距離と
現在の走行総タイムを確認しながら


1kmごとの走行タイムを計算する

1km・・・7分か・・・・

森林限界も超え
酸素も薄く???
吹き付ける風がとても寒い状態で

地獄の坂道が遠慮なしに
次から次へと襲いかかってくる

1kmの走行タイムを設定して
それを1つ1つクリアしていく

そして・・・遠くにゴールがみえはじめた時に
ある衝撃が走る



自分の勝手な思い込みで・・・
乗鞍ヒルクライムのコースは
全長20.00kmだと思い込んでいて

走行タイム90分を切るための
1kmごとのラップタイムも
ラスト1kmだと考えていたのに

ゴールを見れば見るほど・・・

1kmでは辿り着かない所にある事が判明する

ゲゲゲゲゲゲ

20kmなら、何とか時間内にギリ辿り着けるペースなのに

500mほど予定距離が長い



乗鞍って20.5kmなの???

マジで!?

俺の90分を切るという夢が
ちょっとした勘違い的な己のミスで
達成出来なくなるのか????

せっかく
90分を切れると思ったのに~~~~~

続く

乗鞍2日目!

昨夜は夕飯を食べた後に~~
またまたお風呂に行き~~



男子風呂だけ電球が切れていたので~~
手持ちランタンで~
秘境ムードで雰囲気満タンな~~オツな露天風呂です



とっても良い湯でした
(^ ^)

残念な事に??
夕飯後に雨が降ってきたので~~

夜の酒盛りは無しとなりました
お酒を飲まない~~飲ませない~というとのも
神からの何かのお告げなのかもしれない

午前6時に乗鞍ヒルクライム アタックを誓って!?

すぐにおやすみなさい~~で
朝まで爆睡
(( _ _ ))..zzzZZ



そして・・・目が覚めたら朝
時間は午前4時15分

ちょいと寝すぎた
( ̄▽ ̄;)

朝・・・ココで起きたら
まず始めにする事は~~

乗鞍チェック



(´∀`*)ウホッ

早朝4時台からバッチリ晴れてる~~
☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆ 万歳

乗鞍チェックを終えた後は~~

何より先に
お風呂~~です

朝の乗鞍は
冬なのか???
・・・と思わせるほど!?
寝袋から出ると
寒いです

Tシャツ + フリースだけでは
寒いので

急いでホカホカ天国のお風呂に
GOOOOOO!!!!!!ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3



早朝4時台から入るお風呂

最高です



軽くつかって
身体が温まったので
そろそろ出ようしたら

なんと!?
去年、このお風呂で出会った

リンちゃんに1年ぶりに再会

知り合いに出会えて嬉しかった~~

積もるお話しをした後
一足先にお風呂を出て
朝食などの準備をするのですが・・・
午前5時台になっても
寒い



これでは午前6時ジャストの走り出しは
寒くて風邪を引きそうなので



太陽が昇る
午前7時まで出発時間を遅らせます

今年の乗鞍は例年よりも寒いです
ではでは続きます(=゚ω゚)ノ

夕飯からの~~願い

夜も7時になったので~~
メープルさんに
GOOOOOO!!!!!!ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3



夜は7時の時点で~~
フリース+長ズボンなので・・・

とにかく温かいモノが食べたい~~

・・・って事で



白もつ焼き定食



キムチを絡めて食べると~~

ホット~~ホット~~!!
(^◇^)

美味しい~~(*≧∀≦*)

身体が温まります

そして食後のコーヒー



またまた身体が温まります~~

自分の周りの車中泊組みさん達は・・・
自前クッキングしてました

これが本来の節約車中泊!!
・・・なのでしょうが

自分的には
1年をかけて乗鞍を目指してトレーニングしていて
ようやく愛機とココまで来れた訳で

いつもブログでは貧乏話しが多いけど~~
( ̄▽ ̄;)
念願のココに来れた時ぐらいは贅沢に行きたい
(作るのが面倒~~という話しもありますが)

いや、乗鞍にお金を落としていかなければ・・・

車中泊で宿泊代を節約している分だけ
食費は地元に落としていかないと・・・

この楽しい自転車ヒルクライム天国な環境は続かない・・・と思うのです

やっぱり何事もお互い様なんだと思います

全てを節約&節約でやって
地元にお金を落とさない
・・・だから車中泊が嫌われてしまう
そんな一面も車中泊には有ります

乗鞍ヒルクライム大会では
車中泊のスペースがドンドン追いやられていて
厳しい状態になってきています

でも、いつかは車中泊が歓迎される日が来るように???
宿泊代を節約している分、他の所でお金を地元に落として
お互いがWIN-WINな関係になれるとイイな~~

・・・と考える車中泊の人もいます
だから~車中泊の人のスペースを追いやらないで~~

そんな切実な願いを込めて??
本日のブログを終了します

それでは、また明日!
ではでは(=゚ω゚)ノ

マッタリとした時間

乗鞍の金曜日~ 午後6時前

明日からの乗鞍ヒルクライム大会(受付のみ)の準備を終えた
関係者たちは
気が付けば
全員、帰ってしまい

場内を歩いていた
観光客や宿泊客たちは
それぞれの宿に戻り
夕飯やお風呂、明日の準備などをしている時間

秋の虫の鳴く声だけがせつなく響く

夕闇せまる
なんとも言えない
静かな乗鞍の瞬間が・・・好きです



秋の虫達が
夏の終わりのハーモニーを鳴り響かせているくらいなので
当然のように・・・めちゃくちゃ涼しいです
( ̄▽ ̄)

フリースを着て
屋外のベンチにて
秋を体感しつつ
ブログを書いてます



しっかりとした宿を取っている人たちは
ほぼほぼ宿の中にいる時間
でも
自分のようなアウトドア野郎な人は・・・
(ただただ宿を取るだけの財力がない人なのですが)
出来る限り屋外で~~
乗鞍の自然を感じていたい



イイですね
この何かをやらねばならぬ訳でもなく

ただただお風呂から夕飯の時間の間を
ボォーーーっと過ごすだけの時間が
かなり贅沢です



・・・というか夕飯を夜の7時に予約してしまったので
ただただ時間が空いただけなのですが・・・
( ̄▽ ̄;)

これが・・・乗鞍岳に雲がかかっていなくて
夕焼け空が観れていたら

このブログも大いに盛り上がる???
インスタ映え写真が撮れるのですが・・・



今日は1日・・・こんな感じで
青空が見えたのは
午前中のほんの一瞬だけでしたネ

明日に期待しましょう

それでは、また後で
お会いしましょう
寒いくらいの乗鞍からでした
夜ご飯は温かいモノを食べたいよん
ではでは(=゚ω゚)ノ
プロフィール

紅のドカ

Author:紅のドカ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
名言

地球の名言 -名言集-

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR