FC2ブログ

アップルウォッチ6の真骨頂!!!

どうもです
肉体的なトレーニング大好き♪
でも本番?試合が苦手な?
イメージ(ヴァーチャル)ファイトな~紅のドカです
(ヴァーチャファイター復活!!するみたいですネ~嬉しいわ~)


さてさて~~

時間が分かる



・・・・だけではない!?

アップルウォッチ6の真骨頂を
ついにご紹介です
( ̄^ ̄)ゞ


皆さんは・・・
自分の身体の健康について
考える事は~~~
少なからずありますよネ

最近、運動不足だよナ~~
(´-`).。oO

・・・と思っても

どれだけ運動不足なのか???
ハッキリとした数値的なモノや
具体的な目標などはそこには無く

ほぼほぼ自分自身の・・・曖昧な感覚が頼りで
何となくコレくらいの運動量をこなせば???的な~
その日の気分で運動量が変化してしまう??
感覚や直感やシックスセンス頼りですよネ
(~_~;)

自分的にも・・・
1日にどれだけの運動量をこなせば
まぁ、今日は目標を達成したナ~~
・・・という正確な数値や数量はなく

何となく
早朝に50~60分の
Z会ズイフトのトレーニングをこなせば



1日の基本的な運動量は達成したかな~~
(´-`).。oO
・・・と思ってはいるのですが

Z会ズイフトのトレーニングをやらない日は
どれだけの運動をこないしてるのか
全く分かりません
(; ̄ェ ̄)

週1回のバドミントンの練習をしても
どれだけの運動をしたのか
数値的なモノが分からず

ある意味・・・
運動をした!・・・という自己満足で
終わっている可能性もあります
(ーー;)

1日における適度な運動量の目標

そんな数値が・・・分かれば
その目標に向かって
自発的に足らない分の運動をしてみよう♪
・・・なんて思たりもしますよネ

会社帰りに
自転車で少し遠回りして
運動量を稼いで
日々の運動量の目標をクリアしよう♪
・・・なんて思います

ちなみに・・・紅のドカは
会社からの帰りは~~
自転車のサドルに座らずに
ALL立ちこぎで
ヒルクライム対策の練習を兼ねています
(たまにサドルを盗まれてしまった!?悲しき自転車乗りと勘違いされます)

さてさて
生活習慣病
肥満化
ズルズルと身体が劣化していく老化
・・・などなど
これらに身体が侵食されないようにするには
(紅のドカのような庶民な方は)
有料のジム施設に通う訳でもなく
できるだけお手軽で~~
お金のかからない対策方法で
効果を出したい!!

そのためには・・・
とにかく無料(ないしは低価格)でこなせる運動!!
・・・これあるのみ!!!
( ´ ▽ ` )

・・・でも目標がないと
何事もやっぱり続きませんよネ
・・・だから
スタイル抜群でSチックな?!美魔女的な??
専属トレーナーがいてくれれば
続けれる・・・かも??

お金もかけずに!?
専属トレーナーは無理ですが・・・
( ̄▽ ̄;)

そこで役に立つのが~~
アップルウォッチ6!!!シリーズです

前回のブログにて
時間が分かる・・・編にて



3色の円グラフ
時計盤を紹介しましたが

紅のドカのりんごウォッチ6・・・
いつも、どの時計盤をメインにしているかと問われたら~~~

アクティビティ・・・と呼ばれる
3色円グラフの時計盤です



たぶん・・・この時計盤
アップルウォッチの所有者でなければ
まったく意味不明のカラフルな時計盤だと思って
それで終了ですが~

アップルウォッチ所有者で
自身の健康状態を気にして~
常日頃の運動量が気になる方や
トレーニング・ヲタクな方は
この時計盤が大好きだと思います
(((o(*゚▽゚*)o)))♡

このアクティビティ時計盤は
1日の運動量の達成度を現しています



大外の赤い円グラフは・・・ムーブ
消費カロリーを表しています



目標数値は自分で設定します
自分は1日の消費カロリーを
1,000キロカロリーに設定しています
クルマで会社に通勤して~~~
普通に会社で椅子に座って事務仕事をしていたら・・・・
まず達成できません
(つД`)ノ

この1,000キロカロリー・・・
こいつが・・・早朝のZ会ズイフトのトレーニングをサボると~~
あと100~60キロカロリー足りない~~~
残念・・・って事に
よく陥ります
その時は・・・赤円を作れずに
本当に悔しいです



真ん中の緑い円は・・・エクササイズ
運動です
たぶん、心拍数で計測しているみたいですが
通勤時の自転車でも増えていきます
(タラタラと走っていたら増えないかもですヨ)

こいつは60分以上の設定が出来ないので
自分は60分MAX設定です
自転車通勤の往復&昼間にちょいハードな現場作業でも
達成可能です

そこにニンテンドースイッチの
FitBoxingなどのフィットネスが入れば楽勝ですし♪



早朝にZ会ズイフトのトレーニングをしたら
それだけで終了なので・・・
あとは2周目を達成できるかの挑戦になります
↑完全にトレーニング・ヲタクな発想



そして一番中央の水色い円は・・・スタンド
座りすぎ防止で
1時間くらい座ったままだと
立ち上がって1分動いてください~~
・・・とアップルウォッチから催促されます
それを守っていればクリア
自分はMAX12時間に設定してありますが・・・

事務所仕事ではなく
お外で現場な仕事だと
この水色い円はみるみる伸びていき
意識する事もなく
あっという間に達成です
( ^ω^ )

1つずつの円を達成するたびに
頑張りましたネ~♪
・・・的な感じで褒めてくれて

ついつい調子にのって~~~
3つの円を完成させたくなります



いや・・・トレーニング・ヲタクな人や
健康意識が高い人は

この3つの円を完成させる事が
それ自体が楽しみとなります
(*'▽'*)

逆に言うと・・・
3つの円が完成しなかった時は
めちゃ×2 悔しいです
_| ̄|○

もう・・・
健康のための運動
トレーニングのための運動
・・・ではなく

この3色の円を完成させるために
運動を意識してしまう
ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

本末転倒な感じになりますが・・・

全ての結果は
己の身体に返ってくる
ありがたい事なので

このアクティビティ時計盤は・・・ハマります
本当に面白いです♪



ちなみにこのアクティビティ画面
自分はカスタムで・・・

右上は・・・りんごウォッチの残バッテリー量を表示しています

ここをタップすると~~
りんごウォッチの省電力モードを選択できます
イロイロな機能をカットして
表示をシンプルなデジタル時計だけにして
バッテリー持続時間を伸ばす
最後の延命治療的なボタンが現れます
(; ̄ェ ̄)


そして左上の白丸をタップすると
ゾーンなるアプリが即座に立ち上がります

いわゆる運動量計測アプリです
イロイロな種類に項目が分かれていて・・・
自分は・・・



Z会ズイフト→室内サイクリング
FitBoxing→フィットネスゲーム
木曜バドミントン→バドミントン
乗鞍ヒルクライム→サイクリング
盆踊り→ダンス
スト2のエドモンド本田→相撲
スト2のダルシム→ヨガ



このように運動項目を選んで
アプリ開始と共に運動スタートで
運動終了時に運動量の結果がデジタルで出るので



おおおおおっ!!
こんなにも運動したのかい~



・・とちょっとした満足と
╰(*´︶`*)╯♡



スマホにデータが残ります

そして現在時刻の表示の下に
円形3色グラフがあって
その右側は各項目の運動量が表示されています



そして一番下は・・・
歩数計です
どれだけ歩いたか・・・距離まで出ます

目標は1日1万歩!!
( ̄^ ̄)ゞ


時間が分かる
・・・だけではない
アップルウォッチ6

このアクティビティMODEが
アップルウォッチの真骨頂なのでは!?
りんごウォッチの~
一番面白い所だと思います
(*^▽^*)

ちなみに・・・
アップルウォッチ6の
新機能である
血中酸素濃度は・・・
初めに1回だけ計測しただけで
使っていません

新機能だけど・・・自分的にはあまり必要なかった

でも、勝手に計測しているみたいで
データだけはスマホに入っています




あと・・・心電図も計測できるらしいのですが
日本版アップルウォッチは
封印されているらしい
早く使えるようになって欲しい


これらの機能から考えるに
アップル社のアップルウォッチの位置づけは
ウェアラブル端末機から
装着者の健康管理端末機へと
変わりつつあるような気がします
(´-`).。oO

海外ではアップルウォッチが
自動で計測している心拍数の乱れを感知して



本人に症状が現れる前に
知らせてくれて
最悪な事態を回避できた・・・との報告もあるし

転倒感知機能・・・なるモノもあって

転倒して起き上がれない時に
アップルウォッチがSOS連絡を出しますか?
・・・との緊急画面になるらしい



そんな事態にはなりたくないけど・・・

バイクでの単独・・・最悪事故の時には
役に立つ機能かもしれません
そんな機能は使わないのが一番なのですがネ

時刻が分かる
・・・だけではない
自身の健康面まで分かる???
アップルウォッチ

年齢を重ねれば重ねるほど
オススメな時計だと思います

ではでは~~~(=゚ω゚)ノ
スポンサーサイト



プロフィール

紅のドカ

Author:紅のドカ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
名言

地球の名言 -名言集-

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR