FC2ブログ

寝かしに寝かした・・・26年モノ

どうもです
良質なウイスキーを樽の中で
26年もの間
寝かし続けたら~~
とっても味わいのある美味しそううな♪ウイスキー
・・・が出来上がるのでしょうが~

コイツを26年もの間
棚の中で
放置状態で寝かしていたら~

ただただ
お爺ちゃんのパンツのように!?
ゴムがダラダラに伸びて
使い物にならない気がするのですが・・・
( ̄▽ ̄;)

一体、紅のドカさんは
何をそんなにも長期間
寝かし続けていたのでしょうか???

間違っても・・・
小学校の頃から寝かし続けた
ランドセルの奥底に眠っていた
給食の残りの食パン
・・・ではない事を祈りたい~

そんなのマジで出て来たら・・・
ランドセルの中が
ナウシカでいう
腐海の世界になっている事でしょうネ
コワイコワイ
:(;゙゚'ω゚'):


それは振り返る事・・・
先週末の土曜日&日曜日の
キャンプの話です

コロナ禍でのキャンプという事で
子供たちは1人1つのテントでキャンプする事となり

団の備品テントだけでは
子供たちにテントが行き渡らない
・・・という事で

紅のドカ・コレクションに白羽の矢が立ちました~~~♪

現在イチ押しの
紅のドカのお気に入りのテントは・・・

携帯性抜群の
究極のお一人さま
(エマージェンシー用とも言いますが)
コットとテントが一体化した
テントコット
・・・なのですが



こいつは癖が有りすぎで!?
素人には(子供には)扱いきれない!?
その凄さが分からない故に
楽しめない
・・・・ので
あえて却下・・・という事で自分が
癖ありすぎテントで泊まろうかナ~
・・・と思いつつ


とりあえず・・・
2番手としてのポジションを守る
長期の北海道ツーリングキャンプ生活にも耐えれる
前室も広くて
インナーテント内も2人用で広くて
携帯性も抜群な
ユニフレーム・テント
・・・を貸し出してあげました




そして、3番目となるテントは
この26年間
全くの出番がない!?

大学生の頃に北海道を
バイクツーリングするために購入して
最長2ヶ月間のキャンプツーリングにも耐え抜いた~

思わず
うわっ!!それ!懐かしい~~
昔、俺も同じテントを持っていた!!

・・・と思わず
口にしてしまう!?かもしれない??

まさに
26年前のビンテージ・モノなテントの出動もあるか!?
・・・と思いましたが

そこまで貸し出さずに済みました
(*´ー`*)

それなら
久しぶりに自分が
その懐かしのテントで寝てみるか~~
(*⁰▿⁰*)

・・・・と
神社の境内でインスタ映えしそうな???
場所で

16年ぶりに
封印を解く!!



DUNLOP製
2人用ツーリングテント

袋が少々カビてるよん

このテントにお世話になった人
バイク乗りの方なら多いのでは???

26年前のあの頃・・・
ドーム型のDUNLOPツーリングテントもあったのですが
貧乏大学生には値段が高すぎて

この2人用のテントしか買えなかった・・・けど

このテントで自分は
北海道でのキャンプ生活で
あらゆる自然の脅威という試練を乗り越えてきた
まさに古き相棒
懐かしさしかありません

それでは26年ぶりに設営です

26年も経っているのに
アルミのフレームはかつてのままだし
中に入っているゴムも
全然、伸びきっていなくて
かつてのままです

(((o(*゚▽゚*)o)))♡ 凄い!!!

テントって、数年使わないとと
フレーム内のゴムが伸びきってしまって
本当に使えなくなるんですよ

それが・・・DUNLOPツーリングテントは
かつてのまま!!

ちょっと感動しつつ

アルミフレームのポールを組み立てるのですが
アルミポールの直径が
ありえないくらい太い!!
コレは・・・強固だ頑丈だ
(そもそもアルミ素材のポールって現在では 見かけませんよネ)



今でも昨日の事のように思い出す
北海道の屈斜路の和琴半島キャンプ場で 
午前4時に遭遇した
竜巻のような突風でも
倒壊する事なく
ポールが折れる事なく
最後まで耐え抜きましたからネ

この極太アルミフレームのおかげ
・・・・・・だったのですネ



インナーテントを設営終了

そしてフライシートをかけますが・・・

フライシートの縫い目部分のシール材が
ちょっとボロボロになっていました

たぶん・・・雨が降ってきたら
アウトでしょうが・・・

今回は雨の予報はゼロなので大丈夫



そして、出来上がり~~~

うわ~~
こんな長細いテント
海面に浮かび上がったクジラのような姿

・・・全てが懐かしい

令和の時代には
似たようなテントは無くめちゃくちゃ
レアですよネ~~~~

26年経っても
ちゃんとしっかりと設営できるのだから
素晴らしいテントだよ

それでは
26年ぶりに・・・
中に入ってみる



うわ~~
懐かしい



奥に行けば行くほど狭くなる
洞窟型の室内
そして三角ネット

ココで長い時間を過ごしたよナ~~~~~

ココにあの時代には無かった~~
エアーマットを敷いて
準備万端です

テント内で久しぶりに
マッタリするか~~

・・・・なんて考えていたら

焚き火番で
午前1時まで屋外にいたため

テントに戻って
昔を懐かしむ 時間さえなく
バタンキュー
(@ ̄ρ ̄@)

テント下は細かい砂利状態ですが
最強のエアーマット君が



その凸凹を全て吸収してくれて
ついでに地面と自分の間に
エアーの層があるので
地面からの冷気を感じる事なく
ぐっすり眠れました

そして午前6時半に起床で
またまた
焚き火の番で

全然、懐かしのテントで過ごせませんでした
・・・が
26年齢ぶりでも?!
最後まで壊れる事なく
かつてのように
テントとしての仕事をしっかりと
こなしてくれました



令和の時代では
全く見かけなくなりましたが・・・
この・・・DUNLOPツーリングテント
イイです ネ

こいつを相棒にして
またバイクで北海道をツーリングしたくなる
バイク乗り紅のドカでした
ではでは(=゚ω゚)ノ
スポンサーサイト



プロフィール

紅のドカ

Author:紅のドカ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
名言

地球の名言 -名言集-

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR