FC2ブログ

ランサーボウの正体とは!

前回ブログの続きです

ついに出会ってしまった、ランサーボウ

その意外なまでの姿に、紅のドカの驚きは隠しきれません

((((;゚Д゚))))))) マジで、こいつが噂?のランサーボウですか・・・???

そのボディーには、ランサーボウとのネーミングが刻まれている
エボリューション シリーズとは一線を画すデザイン

そして・・・シルバーに妖しく輝く、鋭く長いシルエットに惚れ惚れとしてしまう

見た目だけですが・・・めちゃくちゃ強そう!!

まさか、こんな現場で出会える?とは思いもしませんでした・・・ジーザスクライ~
いや、その前に初めまして、これからよろしくお願いします・・・とご挨拶をしてしまいたい気分です

それにしても、こいつ・・・どうすれば、その持てる能力を発揮する事が出来るんだ!?
単純そうで難しい、それがダートを走るマシンの真骨頂だ!

でも・・・これ単体では、どうやらダメらしい・・・

ニトロではなく、酸素が必要みたいです

いや、逆に言えば、酸素さえあれば、あり得ないパワーを発揮するらしい・・・
最新のニッサンGTRだって・・・まさに・・・一刀両断らしい
相手にもならないらしい

((((;゚Д゚))))))) たかがランサーで・・・何たるパワーを秘めているんだ?!

あまりの扱いの難しさと、危険性に、普通のクルマの販売店では取り扱わない訳だ・・・分かる気がする
こんなモノ、クルマ屋さんで見た事ないもん~

紅のドカも初めて見るランサーボウと名乗るモノ

そいつに酸素をつなげて?準備OK

でもエンジンとも言うべき着火点に、なかなか火が点かない・・・
この扱いにくさも、含めて普通のルートでは手に入らない理由の1であろう

だが・・・一度火が点いてしまったら、もう手に負えない
ガンダムのビームサーベルみたいです!



今日の敵はヘビー級な鉄製ケーシング

こいつを、過激に燃え盛る火の点いたランサー棒で切りまくる!!!

Σ(゚д゚lll)あれ?!

ちょっと待って・・・

クルマのランサーの話しなのでは???

( ̄^ ̄)ゞ いえいえ、確かに三菱のクルマのランサーと名前は一緒ですが・・・

こいつは・・・ランサー棒と言って



酸素とアセチレンのガス溶断では切れないような、今回は裏側に空間が無いモノを切断してしまう、とんでもない最終兵器なのです



この鉄製の丸パイプの中にマグネシウムの細い棒が数本入っていて、そのマグネシウムを燃やして、金属をガンガンと切断していくのです

そのパワーたるや・・・ポータブル切断機器のレベルで考えれば・・・まさに最強のレベルです



このランサー棒は、丸棒を燃やして、切断作業をしていくので・・・初めはやたらと長いのですが



溶断していく間に本体がどんどんと燃えて短くなり、最後はめちゃ×2短くなります



長さがどんどん変化するので、少々扱いが難しい感じがしますが・・・
紅のドカが手を出すレベルでもないので、ただ見ているだけです


(写真は使用後のランサー棒君です)

職人さんご苦労様です
(ちなみにアセチレンのガス溶断は講習を受けたので、下手ながらもやろうと思えばできますヨ)



ランサー棒・・・なかなかお目にかかれない逸品だったでしょ???
いや、人生が終わるまで出会う事も無く過ぎ去っていくモノでしょうネ・・・普通は
紅のドカでさえ、お初見でしたからネ



世の中にはまだまだ知らないモノが(すでに知っているモノも)たくさんありますよネ
これからも紅のドカの狭い知識の中で、初めて会うようなモノがあったら、紹介していきますネ
それでは~
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

紅のドカ

Author:紅のドカ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
名言

地球の名言 -名言集-

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR