FC2ブログ

危険なペヤング

2つの美味しいモノを混ぜ合わせれば・・・さらに美味しくなる

その集大成が・・・ペアシュークリームであるとも言える

カスタードクリームとミルキーなホイップクリームの組み合わせは・・・20世紀が生み出したシュークリム界の22世紀まで残したい、世界遺産とも言える美味しいシューなのではないだろうか!?

紅のドカはペアシュークリームをこよなく愛しています

そんな美味しいモノを合わせれば、何でも美味しくなるんじゃない?
・・・的な発想で作られた・・・かもしれないが・・・これはちょっとどうだろうか?
と頭を抱えてしまいそうな商品がお昼のコンビニの棚に置かれていた

それを目にし、その商品を手に取った時
身体が思わず武者震いをしました

こんな組み合わせ・・・許されるのであろうか?

しかも巨大すぎるし・・・

でも、たまに気が向いた時には、こいつのノーマル超大盛りは食べているから、その無謀なまでのボリュームに対する恐れは、当然ありません

片方は間違いなく美味しいから・・・最悪の場合でも、何とかなる

行くしかない!!

ほんの少しの勇気を振り絞って、その商品をレジに持ち込み・・・
ミクカードで2ポイントをGETしつつ
お昼にお湯を入れるのであった

その衝撃の商品とは・・・コレだ!!!!



ペヤング やきそば
HALF&HALF
特製ソース&イカスミ漆黒のソース
超大盛り
・・・である

とりあえず、この超大盛りとは・・・普通の大きさのペヤング・ソース焼きそばが2つ入っているモノです

とにかくお腹が減っている時に・・・しかもめちゃ×2ペヤングを食べたい時に(3ヶ月に1度くらい)食べます

でも、ペヤング焼きそば2つ分を一度に食べるという事は・・・
いくらペヤング焼きそばが食べたい気持ちがMAXでも、8割ほど食べると・・・ちょっともうイイかな~~~~
・・・なんて少し後悔しつつ、最後の2割を食べ終える
そんな事を3ヶ月に1度やっている、懲りない紅のドカですが・・・

今回のHALF&HALFは巨大なボリュームこそ変わりませんが
紅のドカが感じてきた・・・これだけ食べると流石に飽きるナ~~~
という減退気を起こさせない!?・・・かもしれない可能性を秘めている訳で

さっそくお湯を入れ、作り上げます

すいません・・・ココで写真を入れる予定でしたが・・・消去してしまって以降のリアルなペヤング写真がありません。
ごめんなさいm(_ _)m

結構キレイに2色に色分けデキマス
正しい食べ方としては、初めは1色ずつ食べて、両方の味をあじわい、ある程度まできたら、その2つをMIXするという
1つの焼きそばで3度美味しい!!!!
という夢のステージなのである

これならそのバカみたいなボリュームも、最後まで飽きずに美味しく食べれる・・・はずなのである

さっそく頂きます!!!!

やはりノーマルのペヤング・ソース焼きそばは普通に美味しいです
やめられませんネ~~~

さてさて気になるのは・・・漆黒のイカスミ焼きそばですが・・・

う~~~~ん
ちょっとスッパ辛い?

これがイカスミの味なのか?
イカスミ・パスタとかはそれなりに美味しいんだけどナ~
そのような味ではない・・・
ペヤングのイカスミへの味付けが“こりすぎた”のか?

まぁ、それでもノーマル、イカスミ両方とも2/3ほど食した所で・・・
美味しいモノを合わせれば、なんでも美味しくなる理論を試すべく・・・MIXみっくすミックス

あれ?
思ったよりも上手に混ざらない
なんか見た目が美味しくなさそう~
ちょっとヤバそうな感じ・・・

見た目がイマイチでも、美味しいモノは世の中に五万とある
きっとコイツも美味しいはず!

パクリ

・・・・んっ!?

・・・・微妙

ちょっとスッパ辛いノーマルペヤング味
う~~~んこれだったら、MIXせずにノーマル・ペヤングを、そのまま普通に食べた方が良かったかな~

ペヤングのイカスミはもういらないかナ~

そうか!片方が少しでも美味しくないと、混ぜた後でも、そのまずさを挽回する事無く、最後まで美味しくなく、本来の美味しい方の足まで引っ張ってしまい、トータルでイマイチな味になってしまうのだ

・・・そんな事、今さら言われなくても当たり前か~

このHALF&HALF商品・・・お店で見つけて、手に取るか取らないかは自由ですが・・・紅のドカ的にはあまりオススメできないかもです
残念なお昼ごはんだった人柱体験でした~
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

紅のドカ

Author:紅のドカ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
名言

地球の名言 -名言集-

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR