FC2ブログ

イかしたマフラー

今回は排ガスを排出する、マフラー&サイレンサーをクローズUPしてみたいと思います

未だにドゥカティ1199パニガーレの



国内仕様マフラーには(だいぶ見慣れてきたけど)少しだけまだ抵抗感がありますが・・・



これを本国イタリア仕様のマフラーに変更すると



このように激カッコよくなる
というのは定説です

・・・というかデザイナーさんが、このマシンのマフラーを考えた時に、元々こんな日本仕様のへんてこなマフラーを装着する想定など、微塵も無かったであろうから、日本仕様のマフラーは“蛇足”中の“蛇足”と化してしまったと思われますよネ

バイクの世界ではマフラーの取り回しが、いかにマシン全体へのイメージに大きくかかわるかは、お分かり頂けたでしょう

それでは働くクルマの代表選手のダンプトラック・・・通称“ダンプ松本”さんのマフラーはどうなのでしょうか?



Σ(゚д゚lll)あっ!
ダンプ違いの写真を載せてしまった~

(ここではデコトラなどに代表されるような、バタバタと凄い音がする、そちら系のカスタム・トラックのマフラーは置いておきます)
とにかくメーカーが、コレで良し!イケる!と思えた・・・
純正でイケてる2台のダンプのマフラーを紹介します

1台目は・・・この2tダンプ



どうですか?
捕獲者であるヘビが、障害物の間から獲物のカエルを見つけた時のように、高く上げた頭を、少しだけ下に向けてて、捕獲寸前の戦闘体勢的な感じがイイですよネ~
下に向けたヘビの口から、黒く熱い毒霧をアスファルトに吐き出す感じです

こんな風にわざわざ下から上に上げて、再び下に向けるなんて、とても凝った作りをしています

この手のように凝った取り回しをしているマフラーは、アフター・メーカーが純正を超えようとして、カスタム・マフラーを作ると、デザインで負けてしまうパターンですネ

(このカタチならすぐに越えれる気がしますが・・・)

ドゥカティ916シリーズと同じで、純正のマフラーデザインを変えてしまうと、バイクの全体のスタイルを壊してしまう恐れアリの、危険な取り回しですネ

こいつは純正のこのカタチが一番良いかもしれませんネ

・・・って、ただマフラーの取り回し箇所が無くなって、泣く泣くこのように立たせただけ・・・なんて思わないようにしましょうネ
きっとデザイナーさんが影ながらの努力で作り上げた一品なのでしょうから


お次は・・・4tダンプです!!



どうですか!
この(最近流行りのバイクのような)ショートタイプ・サイレンサーは!
太すぎず細すぎずのホドホドの太さで、この短さ、もしかしてバイク用?
と思えるほどの最終サイレンサーです

その1つ前の中間サイレンサーが、恐ろしいほど巨大ですが・・・

横から斜め後ろに排出する、排出方式もカッコイイではありませんか~

普通乗用車(箱型)は、一般的に後方排出ですからネ・・・
このようにサイドからの排ガスの排出は目を引きますネ

この手のタイプなら、アフター・メーカーも、デザイン勝負で、新たなチタン製カスタム・マフラーを作り出せるチャンスがありますネ!
取り回しに余裕がありますしネ~

アクラポヴィッチなどのメーカーのマークを付けた、チタン焼け色をしたカスタム・マフラー装着した、ダンプに出会えたら、きっと感動するだろうナ~

あまりにバイクの乗れなくて、最近、発想がおかしくなってきている紅のドカでした~
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

紅のドカ

Author:紅のドカ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
名言

地球の名言 -名言集-

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR