FC2ブログ

懐かしき北海道の思い出

北海道にバイクで行きたいゾ~

と決して声には出来ぬ、悲しき心の声を・・・東の果てから上る太陽に向かって、富士山の頂上から思いっきり大声で叫びたい気持ちでイッパイの紅の996です



最後にバイクで北海道を訪れたのは・・・11年前か~~~

あれから10年以上も経つのか・・・ずいぶんと変わっているんだろうな~
北海道も・・・・

さらに振り返る事21~3年前の大学生時代にバイクで北海道を周った時は・・・
道の駅などの便利な施設はほとんど無く
トイレに困った事もしばしば

もちろん多種にわたるコンビニ各店も、ほぼセイコーマートしかなく、街から一歩出ると、それもほとんど皆無
どれだけローソンのから揚げ君が食べたいと思った事か・・・

貧乏旅行を支える食材は、基本的に農協主催のAコープで入手
もちろんとんでもない場所に行くと、食材さえ手に入らず、店も見つからず困る事もしばしば
なので常にインスタント系の食材とお米は二日分は持ち歩いていないと、キャンプでハマる
キャンプはすれども、食べるご飯が無い・・・というオチが来る事もしばしば

キャンプ場にテントは張ったけど、近所に食材を売っているお店が全くなく、急きょ食材探しの旅に出る事もしばしばでした

もちろん、昔はスマホで現在地と検索先の地図を調べるなどの手段など無いので・・・
手元にあるツーリングマップルしか地図はなく、その頼りになるツーリングマップルには、食品を売っている小さなスーパーなど載っていないから・・・
買い出しの時は、走ってきたルート上にあった店と、まだ走った事がない道の先にあるであろう店、イチカバチカの天秤にかけて、己の勘を信じて走り出す

すぐに見つかればラッキーだし
お店が見つからずに、いつまでも道だけが延々と続くようなら大ハズレ
今では考えられないくらい、ロスの多い旅でした・・・
もちろん目指すべき目的地に、ストレートにたどり着けない事もしばしば

そのロスが、ある意味、旅の醍醐味だったかもしれませんネ
宝さがし的な所がありましたからネ~
今ではほとんど迷う事無く、迷っても現在地が地図上でしっかりと分かりますからネ
今、どこにいるんだろう????
という、言いようのない不安感はなくなりましたネ

昔の北海道は
日曜日になると、ガソリンスタンドはほとんどお休みで、毎日がお休みでツーリングなライダーは曜日感覚が全く無いので、いざガソリンを入れようとして、あれ?あれ?どうして、どこのガソリン・スタンドも休みなの???
あっ!?もしや日曜日で営業中止なの???
ヤベ~~~
目的地までたどり着けるかな~~~
これが夕方の食材探しと重なると、さらなる悲劇でしたネ
今夜の食材も手元になければ、バイクに入れる燃料も無い・・・これほどキャンプライダーを不安の底に突き落とす条件はございません
早く食材スーパーよ、出て来てくれ~
燃料よ、何とか明日までもってくれ~
変な不安を祈りに変えて、よく走り回ったものです

懐かしい北海道苦労話しは、あとが尽きませんが、今日は一旦これくらいで・・・
今日は祝日でしたネ
自分は普通にお仕事なので・・・お休みの方々は楽しい休日を!
そして、紅のドカのように祝日返上組は・・・今日も一日お仕事がんばりましょう~

スポンサーサイト



コメント

§

お久しぶりです、名古屋のドカです

しばらくドカから離れバイクのない生活をして居ましたが修理に預けて有った店から連絡が有ったので取りに行ってきました。
結果は、直ってない…。

まぁ、しょうがないので一応連絡はしておきましたが。
そんなこんなで、バイクのない生活に慣れた自分なのですが、以前紅のドカさんに目撃された748の友人が気をきかしてその友人の748も同じ様な症状で困った時に駆け込んだドカティディーラーへ行ってきました。
もちろん友人も同行です。
結果は…、なに?取り敢えず5〜6万円からスタートって。イキナリ突きつけられたボッタクリ飲み屋のような値付けにビビりました。
しかも、症状を治すのに全く関係のないところを触るのにです。

こちらとしてはエンジンかけて調子悪いねと分かってるなら先ずはそこを治すのに注力して下さって尚且つタイミングベルトも距離から言ってそろそろだし、そういったベースの部分もこの際如何ですか?ってのが普通と思うんですが。

なぜ?と聞いてみると修理を進めるうちに、そういう基本的な所(具体的にはオイル、オイルフィルター、タイミングベルトなどだそうで)が状態が良いのか分からないのに、触りたくても触れないと治るものも治せない?とか意味が分かる様でとにかく不親切な店だなぁと感じました。

正直メカニックの人のこちらの足元を見るような視線と営業のセールストーク(こちらはそんなにくどくなかったが)で凄く嫌な気分になり平静を装って、ひとまず家の者と相談しますと帰ってきましたが、後日またトラックで引き上げに行くことになると思います。

まぁ、他店で買った中古のドカティを飛び込みで持ち込んで、調子悪いから治してくれって言われても店側も、「なら取れるとこから回収しよう」と必死なのかもしれませんが、そんな姿勢でドカティ正規店ってのがユーザーからしたらドカティってそんな対応の店でも正規店って認めちゃうくらい単なるビジネスライクな(良くバイクの事シラネーなら取ってやろうって姿勢)バイクメーカーなのか…?
昔は違ったよね?と悲しくなりました。
正直ドカティは大好きですがそんな人達が扱うって事に嫌気がさしてこの先トラブルを抱えて走行出来ない748とどう進もうか思案中です。
もしかしたら国産に移行することも考えてます。

ではつまらない愚痴でコメント欄を汚してすみません
失礼しました。

§ おはようございます、名古屋のドカさん

全然、コメント欄に愚痴って結構ですよ・・・気になさらずに

名古屋のドカさんの748号はどうなったのか、とても気になっていましたヨ
やはり直っていなかったのですネ・・・
本当に残念です

そして、他店で購入したバイクを、持ちこむのって本当に勇気がいる行為ですよネ
その勇気と、マシンを直そうとする気持ちの熱さは、とても伝わってきました・・・
自分だったら、名古屋のドカさんほど行動できないかもしれないです

最近のドゥカティ・ディラーとやらは、ある意味、昔からある何でも相談に乗ってくれる街のバイク屋さんではなく・・・
本当にビジネスライクなバイク店となってしまったのですネ
名古屋のドカさんのコメントを読んでいて、なんだか悲しくなってきます

バイク屋さんにしたら、いくら難しそうな修理からの出会いでも、そこからドンドン先へ先へと付き合いがつながっていて、いつかは新車を購入するかもしれない・・・
それ以降も何やかんやと、お金を落として行ってくれるお客になるかもしれないのに・・・
そして、こちらも、快くこちらの注文を受けてくれれば、これからこのお店と仲良くしていかなければ・・・
と一回限りのお客にはならなくなるのに・・・

そんな昔からのバイク屋さんは無くなてきているのですネ
ドゥカティは国産専門のバイク屋では、ちょっと嫌がりますからネ・・・
そうなると専門店である、ディーラーに持ちこむしか手が無くなる
でもディーラーは実は修理が苦手

しかも10年を超えた916シリーズになると、修理が面倒になってしまうのですかネ?
最近のディーラーでは、面倒な修理はせずに、買い替えをオススメする
そんな方針なのでしょうか?
いつまでもドゥカティのマシンを愛しているライダーを大切にするのではなく
常に最新のドゥカティ車を購入してくれるライダーを大切にするようになってきたのですネ
悲しい事です

確かにそんな営業スタイルの会社のマシンって、この先のお付き合いを考えてしまいますネ
いくら素晴らしいマシンを世に送り出していても、その過去のモデルに関しては、もう面倒を見たくないですヨ
そんな方針を各ディーラーに勉強させているつもりがなくても、そのような感じにさせてしまっているとしたら、ドゥカティ社はちょっとヤバいですネ

名古屋のドカさん・・・
アナタは十分頑張ったと思いますヨ
これ以上、バイクはあるけど、バイクに乗れない生活は、バイク乗りとして悲しい事だと思います
748は諦めて・・・とは簡単には言えませんが
そろそろ見切りをつけても良いかもしれませんネ

本当に悲しい事を書いてしまってすいません

同じドカ91シリーズに乗る者に、こんな事を言うのは、本当に失礼なのですが・・・
国産という選択肢もアリかと思います

ここまでお金をかけて修理を進めてきて、かなりの苦渋の決断となるかもしれませんが・・・
ドカでも、国産でも、同じバイクです!
自分がこのマシンなら!
と思えるマシンがあるのなら・・・それを選んでも、誰も文句は言わないし、言わせませんヨ!
本当にここまでよく頑張ったと思います
お疲れ様でした

また、この後、どのような結果になるのか、よかったら教えて下さいネ
それでは!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

紅のドカ

Author:紅のドカ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
名言

地球の名言 -名言集-

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR