FC2ブログ

2014 乗鞍ヒルクライム その43

突然現れたゴールに、何の心の準備もできないまま、飛び込んでしまった紅のドカ・・・

すぐさま手元のiPhoneサイクル・コンピューター・アプリのストップ・ウオッチをすぐさま止める

画面上に現れた走行タイムは・・・

1時間26分02秒!!!!

ついに、あれだけ、しつこく言い続けてきた夢の1時間30分の壁を破った!・・・のか!?

・・・いやいや、現実は厳しいものです

ここは本来の乗鞍ヒルクライム大会の頂上ゴール地点ではありません

悲しい事に・・・本来のゴールより1.4kmも手前なのである

今回は乗鞍頂上が強風のため、ゴール地点をココまで下げて、我々を受け入れているのである

この地点から1.4km上にある頂上まで、もしそのまま走り続けれたとしても、とても3分57秒の間では登り切れない・・・

このゴール地点は、赤鬼さえも真っ青になって逃げていく地獄の鬼坂のまさに途中の途中



そんな急坂を、スタミナの限界をすでに通り越している紅のドカが、神がかり的なスピードで、その1.4kmを約4分以内に上っていける訳がない

たぶん・・・いや間違いなく・・・頂上まで走れていたとしても、夢の1時間30分の分厚い壁をぶち壊す事は出来なかったであろう・・・

厳しい現実に、18.5kmを上がりきりゴールした喜びよりも、夢のタイムの扉を開けるどころか、その扉の前にも立てていなかった事に、気持ちがガッカリとする

以前までの自分なら、ここまで乗鞍ヒルクライムを、地面に足を着くことなく、登って来れた事に喜びと達成感を感じられていたのだが・・・

今回は、自分なりに必勝体制を作り上げてきたつもりであった・・・
金曜日の早朝から乗鞍に乗り込み、その日は雨で本コースを走れなくて、土曜日は転倒したり、本コースとは違う道を走ったりしていたけど・・・である

もちろん、この乗鞍ヒルクライムのために4月から、8kmヒルクライムを取り入れた、総延長60kmのコースをガムシャラに走って練習してきたのに・・・

1時間30分という、乗鞍の分厚い壁に、木端微塵に打ち砕かれました

あの練習量では、1時間30分という門の扉は開いてくれないのである

ゴールして、このタイムを見て、とても1時間30分に届かないと判断した時
これ以上、自分は何をすればイイのであろうか?

・・・と正直、思いました
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

紅のドカ

Author:紅のドカ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
名言

地球の名言 -名言集-

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR