FC2ブログ

2014 乗鞍ヒルクライム その44

確かに、自分は基本的にはバイク乗りだから、休日にはバイクにも乗りたい

そして、会社の休みが少ないので・・・週に2回の休日をフルに使って、ひたすら自転車の練習に打ち込む・・・ことは不可能なんです

しかも、休日は自由に使える時間がわずかしかなく、門限がめちゃ×2早いので、本格的に山奥までクルマで行って、上りだけで18kmもあるようなヒルクライム山道の練習にはとても行けない

・・・かといって、平日は会社から帰れば、いろいろやる事が沢山あって、スクワットを300回やるのが精一杯です

今回は自分の持てる時間をフルに使って挑んだつもりでした

それでも1時間30分は切れそうもない現実に、ゴールの喜びは消え、ただ呆然としてしまいました

こうなったら冬でも冬眠せずに、自転車をやるか!?
春になったら毎朝3時ごろに起きて、2~3時間くらい自転車に乗るか?
・・・ちょっと無謀な事まで考えてしまう始末です

そして、行き着いた答えは・・・

自分が生きている間は、1時間30分の分厚い壁に手が届く事は無く終わってしまうのではないか・・・

そんな悲しい考えに行きつくのでした

これが20~30歳代の方なら、話しは別です
伸び盛りですからネ

でも、最近のタイムを見ていると、悲しい事に確実に1時間30分から離されつつあります

常に乗鞍ヒルクライム大会は、普段の練習では体験できない、己の限界を超えた臨界点域で頂上付近を走っています

その限界を超えた臨界点域の伸びシロが・・・無くなってきている気がします

これがもう少し若ければ、その臨界点域の向こう側があるのかもしれませんが・・・

自分がその臨界点域を超えたら・・・そのまま天国域になってしまいます
ちょっと笑えない事態になりそうです(汗)

今回は最後の頂上まで登れなかったので、リアルに1時間30分の壁の厚さを、直視せずに済みましたが・・・

1.4km手前地点で、このタイムでしたら、その後どうなっていたかは簡単にイメージがつきます

気持ちが折れてしまいそうですが
今回は運がイイ事に????
頂上まで行っていないので、リアルにその壁に打ちのめされた訳でもないので、今回は神が自分に与えてくれた(不幸中の)ラッキーだったと思って・・・

また来年、1時間30分の分厚い壁に挑みたいと思います

先にも書きましたが・・・自分にはもう時間がありません
肉体的な衰えは、もう来ているかもしれません
このままジワジワと1時間30分というタイムから、離されていくだけかもしれませんが・・・

己を信じて、また来年、挑戦します!



長々と続いた・・・ 

2014 乗鞍ヒルクライム その@@

・・・を最後まで読んでくれた方々、どうもありがとうございました

今回は必勝体制を敷いた割には、全てが空振りで、お笑いネタを作りに行った感がありましたが・・・

少しは楽しめたでしょうか?

このように怒涛の勢いでブログをUPする事は、もうないと思われますので、これからはお気軽にお立ち寄りください

それでは明日からは通常運行に戻りますので、今後ともよろしくお願いします
(=゚ω゚)ノ
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

紅のドカ

Author:紅のドカ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
名言

地球の名言 -名言集-

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR