FC2ブログ

ちょっとシビれたゼ・・・

最近、現場仕事から少しだけ距離を置きつつある、本当に?真面目に?働いているの?な紅のドカですが・・・
(真面目にと書けば書くほど嘘っぽく聞こえるのはナゼ?)

つい先日、道路部分に埋もれる水道管が劣化のために破損して、どうにもならない状態になってしまい、そこで工事をしている業者の人たちではどうにも修理が出来ない、助けてくれ~
・・・と紅のドカの元に、応援の電話が来ました

自分はお役所にいち早く提出しなくてはいけない書類作成で忙しいのに、お役所がどうしても現場に来てくれと言う・・・この矛盾は何ですか!?

本音を言えば・・・知り合いでもない業者が、自分では直せないから、他に手助けを乞うなんて・・・
なんとも恥ずかしい奴
それでも水道屋かヨ!
俺は書類作成で忙しいんだよ~~~
と思いつつ社長にもお願いされたので・・・仕方なく行くことにwww

・・・他人がやれない事を、自分が直す・・・というのは、得てして面倒くさい高度な技術を必要とする場合が多いので・・・
本当は面倒だからやりたくないんだけど・・・出来ない訳でもないから・・・やらざるを得ない

しかも、赤の他人がサジを投げた現場を、なんで自分がケツを拭きに行かねばならないんだ~

・・・とちょっと面倒くさい感じで、現場に行ってみたら・・・

知り合いのオジサンの現場だった(汗)
お久しぶりです~~~~

ありゃありゃどうしたの?

オジサン、こんな修理は、自分より得意でないの?と聞いたら

特殊な機械を使って、この漏水を直せというから・・・オジサンには出来ないとの事

確かにこれをなんとかする機械は、ちょっと特殊で、自分は使えるけど・・・実はいつもこんな感じかナ~あっ出来た~ラッキー
というレベルだったりします
(ラッキーは嘘ですヨ~~~~)

でも、現場はお役所が頭で想定しているレベルの漏水を通り越していた

とても、その特殊な機械で何とか出来るレベルではなかった
自分もお役所に説明して、機械ではここまで行くと何ともならないと説明する

ここまで来ると、この噴出する漏水を、メイン管の水の流れは止めずに直すには、手段は2つしか残されていない

でも1つの手段である・・・通称“生替え”・・・は相手の水道管の径が大きすぎて、ちょっと難しい
実は・・・自分は生替えは得意でもあるのだが
今回のような大口径では、厳しいんですよネ~


それゆえに、残された手段はただ1つ・・・

“必殺の木栓”

である

これはオジサンが得意とする技
自分は超苦手www

ということで・・・
今回はオジサンのサポート役として、自分も吹き上げる漏水個所に突入してみました~~~

気になる続きは、また次回~~~


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

紅のドカ

Author:紅のドカ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
名言

地球の名言 -名言集-

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR