これはちょいヤバいかも?!

それは突然、7月7日の七夕の朝に、やって来た

朝、ベッドで目が覚めると・・・織姫様が~~~
マジで~~~!?
抱き着いちゃおうかな~~~

・・・なんて甘いモノではなかった

背中が痛い!!

ゲゲ!寝違えた!!!

なんたる事だ・・・紅のドカ996号の車検の準備をしないといけない大切な時に

しかも、起きてしばらくすると、背中というより、左の肩甲骨の中央より下の部分から、前面左胸に向けて突き抜けてくるような痛みになり・・・
マジで焦ったwww

寝違えの酷いやつだと考えて、とりあえず肩甲骨下部に湿布を貼って、出勤!
意外にもその湿布が効いたのか、昼間はその痛みさえ忘れていたのですが・・・

7日の仕事を終えて、家に帰ってきたら、気が緩んだせいか・・・再び左の肩甲骨下から、全面左胸に突き刺さるような痛みが再発し・・・

7日の夜は、七夕どころではない痛みに、なかなか寝付けませんでした
寝ていても痛いから、本当にキツかったwww
何とか痛みが感じない体勢を考え抜いて・・・考えている間に寝てしまいました

そして、8日の朝になっても、その痛みは変わらず、いやさらに痛みが増している感じに・・・
これは寝違いではない!
整形外科な痛みではない
身体の内側から来る感じがする・・・ヤバい

今すぐにでも内科の病院に駆け付けたい気分でしたが、この日は自分が受け持つ大事な現場があったので、会社を休む訳にもいかず・・・
バイクのユーザー車検の休みの都合もあるので・・・無理して会社に出て行きました

会社に行ったはイイけど・・・1日中痛かった(涙)

背中の左肩甲骨から全面左胸に木杭で、打ち抜かれるような痛みに耐え続けました
仕事をしているといより、痛みに耐えている時間の方が長かった!?
まぁ、その日の自分の現場は舗装工事で、現場を管理するだけの仕事だったので、作業をしたり、身体を動かす事もあまりなかったので、何とか1日耐え抜く事が出来ました

1日痛みと格闘して・・・痛みに波がある事も知りました

痛み波が来ている時は・・・おじぎをするだけでも、胸を貫通されるような痛みがあるのですが・・・
波が落ち着いている時は、公開スパーリングをしていても、痛みは感じられない・・・のではないか?と思えるくらいでした

なんだろ?この痛みの波は???
常に痛みがある訳ではないのが不思議
それゆえに整形外科的な痛みではない事を確信していきます

ネットで左肩甲骨から全面左胸への痛みで検索をすると・・・心筋梗塞など恐ろしい病名がドンドンと出てきます
・・・この若さで?(いやそんなに若くないけど)でも心筋梗塞は早すぎるよ~~~
調べれば調べるほど・・・早く内科の先生に診てもらいたい気分が高まります

もしや酷い内科的な病気の前兆だったらどうしよう~~~
ビビリながらも、仕事を終えて、急いで内科の先生の元へ・・・
レントゲンなど撮ってもらい・・・
とりあえず嫌な影はない
いろいろな病名が出てきましたが、今の所、大丈夫でしょうとの事

でも痛みはあるので、とりあえず痛みどめで様子を見ましょう・・・という事に落ち着きました

心から・・・ホッ
大事に至らずに済みそうだ

ですが、家に帰ると胸だけでなく、首の付け根までもが痛くなり始めてきた
ひぇ~~~痛い箇所が広がってきているwww
早く痛み止めを飲んで、何とかしなくては~~~~
すぐさま痛み止めを飲んだら、寝る頃には痛みもおさまり、ぐっすり安眠できました

・・・ってことで、今朝は午前3時半に起きました

痛み止めが効いているせいか、痛みはゼロです!
午前3時半に起きたのは偶然ですが、起きた以上はヤラネバならぬ事がある!



そう、紅のドカ996号の合法マシン化です
朝のブログ書込みも、そっちのけで午前6時にはほぼ合法マシンに戻りました~~~



あとはハイビームの必殺技だけです

でも、午前6時を過ぎる頃から、またまた胸と首にかすかな痛みが再来し始める
ひぇ~~~やはり治ってない!!!

早く!早く痛み止めを飲まなくてはwwww

こんな痛み止めの薬では、根本的な治癒に向かっている気がしません、本当に大丈夫なのでしょうか・・・
でも、この苦しみは・・・明日のための布石の材料として使わせてもらいます

さてさて、まだ会社には明日の車検の話しはしていませんが・・・
どうなる事やら・・・すでに布石は終えています
この布石が上手く役に立つように・・・今日は1日おとなしく仕事に集中です!

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

紅のドカ

Author:紅のドカ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
名言

地球の名言 -名言集-

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR