眠れる獅子をとりあえず処置した日(ようやく最終回)

このところ、このネタばかりで、かなりマンネリ化してきてはいますが・・・
とりあえず今回で、長々と続いた、眠れる獅子をとりあえず処置した日の終わり編です
ここまで頑張って読んできてくれてた方・・・ありがとうございます
そして、最後までよろしくお願いします


処置を受けたその日・・・うかつにも1人で病院に来てしまったため
帰りは自分でクルマを運転です

かなり悲惨でしたwww

今、思い返すだけでも後悔しか残っていません
・・・というか、訪れたその日に、いきなり切開手術までしてしまうとは、夢にも思っていなかったので・・・大誤算でした
その大誤算の結果は全て己の身体に、ダイレクトに返ってくるのであった・・・


手術代も納め、気を張りまくっていた病院から無事?に出ると・・・イイ具合に???
痛み止めが地味に切れてきて、結構・・・チクチクと痛くなってきます・・・もちろん切開した患部がです

とりあえず病院駐車場に置いてある、クルマの運転席に入り込むのにも、ちょっとした痛みが襲ってきて、座るまでに2分ほどかかりました
オシリから来る痛みのせいで、スローモーションでしか身体が動かせないのです
いつもどおりに普通に乗り込んだから、突然襲ってくる急激な痛みに失神しそうで怖いので・・・本当にゆっくりとしか動けません

そしてクルマのシートに座ってからが、また長かった・・・(涙)

クルマのシートの形状は・・・恐ろしいほどイチロー・ジロウ・サブロウ君を切開処置した箇所を、剣山で刺すかのような勢いで、ジンジンと刺激します!
この想定外の痛みは・・・余分でした・・・考えてもいませんでした

15分ほどシートの上でこらえにこらえて、痛みが落ち着くのを待っていました
ここまで痛いと気晴らしに、スマホ・ゲームをプレイする!という余裕はどこにもありません

やはりリアルに身体を切開をしているので、痛み止めが切れてくると痛いですネ

クルマのシートに座る事で、自分の上半身の体重を全てオシリに向けて乗せてくるのだから・・・切開したオシリの箇所はたまりません
だからといって、この病院の駐車場で運転できないから、いきなり車中泊!というのも絶対に無理だから・・・
とにかく時間をかけて、態勢をととのえ、痛みを地味に慣らしていって、なんとか耐えれるようになるものなのですが・・・

看護婦さんには・・・“処置をした後に、一人でクルマを運転して帰る事は出来ますが、途中に休憩を入れながら、安全運転で帰って下さいネ”・・・と言ってくれましたが

クルマの運転より先に・・・クルマのシートに座るのが一大事ですから~~~!!!残念!
懐かしの“ギター侍・波多陽区”に斬られた気分です

クルマのシートって、レーシング用バッケト・シートでもないのに、めちゃ×2ポジションを固められますネ
自由度が思ったほどナイ
そのため・・・切開したアソコをもろ刺激するので・・・最高にエキサイティングしてしまいます(苦笑)

とにかく、クルマのシートポジションに座り込んでも、痛みを感じないくらいになるまで、耐えるしかありません

だいたい、痛みなんて15分くらいもすれば、慣れるもんです

そろそろ痛みに慣れて、イケるかな?
・・・と思い出したら、運転なのですが
これがまたまた、さらに大変なんです(汗)

自分のクルマがミッション・タイプだったら、まず運転は不可能ですネ
どれだけ漢気を見せれたとしても・・・クラッチミートで1速→2速→3速くらい目で、痛みに耐えかねて・・・無念にも路肩にクルマを停めて、失意の痛みと、クルマを走らせてしまった無謀な行為を後悔する事となるでしょう
そしてそのまま、路肩にて完全に車中泊決定ですワwww

両足を使う、さらに左足で深くクラッチを踏み込むなんて、絶対に出来ませんヨ!
左足でクラッチを踏み込みながら、右足でブレーキorアクセルという、両足に力を同時に入れ込むなんて・・・大事なアソコに力が入りまくってしまいます
きっと痛みが脊髄をかけめぐり、思考能力がゼロになり、視界には真っ白になることでしょう
運転しながら昇天です

運よく?!自分のクルマはATなので、左足で肛@に力が入らないように踏ん張りつつ、右足のつま先だけで軽くアクセルを押し込んで、運転スタートです

かつてない位に、歴代ベスト3に入るくらいに、結構ヤバい運転だったと思います

同じ症状に将来なる予定の方は、間違いなく運転できる友達がご家族をご同伴させて、診察を受けに行く事をオススメします

患部から走る結構な痛みと、お尻にかかる力を逃がすために、踏ん張っている左足は疲れてプルプルしてくるし、それでも運転しないといけないしで・・・めちゃ×2大変です

コンビニ駐車場で休憩しようにも、このクルマのシートに座っていること自体がすでにダメダメで、クルマの中では休憩出来ず
かと言って、クルマのシートから降りるのは、それこそ大変で、考えるだけでガクブルしてしまう

結局、無理してでも、体重を支えている左足をプルプルと震えさせながらも、ダイレクトに家に帰るしかないのです
まさに死ぬような思いで、家の駐車場にたどり着いたら・・・

今度はクルマのシートから降りるのが大変で、まさに痛みとの戦いです
バッケトシートでもないのに、普通のクルマなのに、クルマのシートとは結構深く座りこむような作りになっていたのを初めて知りました

まさに肥溜め的な穴から這い上がるような感じで、ゆっくりと痛みを誤魔化しつつ、どの足から外へ出してイイのか悩むくらい・・・
とにかくなるべく痛みの少ない方向で身体を動かせ、2分くらいかけてようやくシートからお尻が離れました
クルマから降りるのに、こんなにも大変な想いをする事なんて、この先きっとない事でしょう

そんなこんなで、起きていても、座っていても、結局オシリからは痛みが走るので・・・
日帰り手術の当日は1日、寝てすごしました

寝ているのが一番楽でしたwww

そんなこんなで、日帰り手術な1日はようやく終わりを迎えました
それでも、まだまだ何も終わった訳ではございません
これからがスタートなのですが・・・

痛い話しばかり続けていても、あまり面白くないので、そろそろいつものブログに戻ろうかと思います
たった1日の事を、延々とダラダラとブログに載せてしまって、すいませんでしたwww
紅のドカ的には衝撃的な事の連続でしたので・・・

それでは?今日から新しい1週間が始まります
そして11月も今日でオシマイです
明日から12月ですYO
早くサンタさんへのプレゼントのお願いを決めないと~
奇跡的にイチロー・ジロウ・サブロウさんを手術しなくても、超自然回復で治ってしまう事を、心からお願いする紅のドカでした
皆さんのサンタさんへのお願いはナニですか?
・・・やはり年末ジャンボの1等前後賞大当たりでしょうか?その夢・・・叶えるためにも、とりあえず年末ジャンボ宝くじを購入しなくてはネ!
それでは今週も頑張っていきましょうネ~
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

紅のドカ

Author:紅のドカ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
名言

地球の名言 -名言集-

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR