スターフォース


全宇宙の皆さん・・・シュコーシュコー
どうもこんにちはSyuCo~~SyuCo~~
闇(ダークサイド)のフォースの力に堕ちてしまったシュコーシュコー
・・・かつてスターフォースに夢中になっていた・・・ダースベーダーの弟子の知り合いの友達な紅のドカです

ここからは紅のドカの薄れゆく記憶を頼りに、書いて行きますので・・・怪しげな点や、詳細が知りたい場合は・・・ウィキペディアなどで、個人的に調べ・・・
このブログのコメント欄に、正しき表記を書き入れてくださいまし(完全に他人任せなノリですいません)


スターフォースなるゲームとの出会いは・・・実はゲーセンが一番初めでした
まだまだクソガキ小学生だった頃の紅のドカは・・・ご存じのとおりアンチ・ジャイアンツとアンチ・ファミコンを、かたくなに通していました
思い返せば・・・あの頃から、一本筋が通った、マイノリティー路線派なクソガキ紅のドカだったんですネ(汗)

それゆえに、スターフォースなる縦型シューティングに出会ったのは、相当遅くなりました



たぶん、ゲーセンでハマっていた、あのスターフォースは、テーブル型ゲーム機の中に、ハードを隠すようにファミコンが入っていて、それに50円玉か100円玉を入れてプレイしていたと思います

そうそう、当時のゲーセンには、あきらかにテーブル型ゲーム機の中に、ファミコンが入っているだろ~~~~
と疑われる怪しげなゲーム機が沢山ありました
(とくに駄菓子屋にそのような怪しいテーブルゲーム機が沢山ありました)

自分が出会った怪しげな(中にファミコンが入っていそうな)ゲーム機は・・・
ドルアーガの塔
ドラゴンクエスト1
スターフォース
でした
ドルアーガの塔と、ドラクエ1は・・・確かゲームの終わりにパスワードが最後に表示されて、続きからのプレイが可能だったはず
そして、ドラクエ1は1ゲーム5分か10分の時間制限付きだったと思います

あの駄菓子屋ゲーセンで、RPGなドラクエを1プレイ50円くらいで、延々とレベルを上げて、最後までクリアした子供はいたのでしょうか?
エンディングに行き着くまでに、一体いくらかかるのでしょうか?
それこそ、そのゲーセンで延々と50円玉を消費して、感動のエンディングを見る頃には・・・ファミコンとドラクエ・ソフトが3台セットで購入出来てしまいそうな感じもしますが・・・

あの頃は、規制も緩く、何でもやりたい放題でしたネ・・・
今では考えられないヨ~~~

昭和の時代にコナミがゲーセンに送り込んだ・・・ハイパーオリンピック事件は当時のクソガキを震撼させました
ゲーム機本体のボタンだけが壊れてしょうがないゲーセンの店長さんから・・・
100mをオリンピック記録を軽くぶち破るための・・・超最速で走り切るための必殺ウェポンである・・・長さ15cmくらいのミニ鉄定規の使用だけは、固く禁止されていました



その禁断の必殺ウェポンの使い方とは・・・
ミニ鉄定規の片端を抑えて、ビョ~~~ンともう片端をはじくと、高橋名人もビックリな1秒間に30連打くらいしてくれて、それはそれは、100mを改造人間でも到底達成できない、ビートたけしのスポーツ天国のカール君以上に、それはそれは素晴らしいタイムが出せましたからネ
あれはある意味快楽でしたが・・・

ゲーム機のボタンをミニ鉄定規で叩きまくる行為で、テーブル型ゲーム機のボタンがマッハで壊れてしまうため、店長さんからの禁止令がすぐさま出てしまい、禁断のウェポンとなってしまったのは、有名な話しです

あれ?
違う
そんなゲーセンのテーブル型ゲーム機壊しの話しではないですネ

スターフォースです!

そうそう、紅のドカはアンチ・ファミコン派だったので、スターフォースなる超ハマるシューティングに、ゲーセンで出会い、それにハマっていたら・・・
実はファミコンにも、そのソフトがある事を知り・・・愕然としたことを覚えています

でも、そんなアンチ・ファミコン派な紅のドカをゲームメーカー・ハドソン社は、取りこぼす事無く採取する手を回してきました

当時アンチ・ファミコン派な紅のドカは・・・今では考えられないパソコン?マイコン?であるMSXなる・・・安価なマイコンピューターのゲームをほそぼそとプレイしていました



(今、動画で見ると・・・・MSX・・・スクロールがキツイな~~~~こんなゲームを夢中になって、よくやっていたナ~ある意味、昔の自分は凄いです(汗))

MSX・・・持っていた方いるかな~~~懐かしいナ~~~

ハドソンはROM型カセットが普通だった時代に、ハドソン社だけの専用ソフトだけを購入してもらうために・・・スターフォースを、なんとハドソン社専用のROM型スロットを購入しないと遊べない、必殺のカード型で出してきたのです

あの時は、マジで驚きましたネ

ゲームはファミコンを代表する、プラスティックな角型の箱に入ったモノを、ハードに挿すのが普通でした

それを、専用のスロット・カセットこそ必要ですが、それがあれば・・・あとはカードを1枚挿すだけでゲームができる!
スターフォースが出来る!!!

当時の紅のドカ、MSXでスターフォースがやりたいがために、買いましたヨ~~~~
スロット型カセットと、スターフォースのゲームカードを~~~

そして、狂ったように打ちまくりましたネ

最初はキーボードで操作していましたが・・・
スペースキーを打ちまくっていましたが・・・

キーボードのスペースキーが壊れそうになってきたので、コントローラーを買いました
その時、ジョイボールなる今となっては、マウスの走りか?と思われるすごいコントローラーもファミコンだけでなく、MSXでも同時発売していましたが、簡単連射ボタンが付いていて、相当悩みましたが・・・他のゲームでの操作性の悪さが出そう、諦めた覚えがあります

スターフォース・・・楽しかったナ~~~

そんな事を思いだしながら・・・
ガレージに眠っていた任天堂DSライトを引っ張り出し・・・
違法ソフトを立ち上げます
すると・・・ファミコン版スターフォースが入っているのですwwww

久しぶりにやっても・・・スターフォースはシューティングとしての基本的な爽快感がしっかりと押さえられていて、楽しいですネ

現在のように変にコッタ演出もなく、本当に単純で、それが逆に楽しいですネ

今の時代の子供たちには・・・凝った演出に慣れしたしんでいる子たちには・・・単純すぎて面白くないのかナ~~~

そんな事を思いつつ、1秒間に16連射に挑戦していたりしています
スターフォースとかで、夏のハドソン・キャラバンとかあって・・・
16連射を競い合っていた頃が・・・本当に懐かしいと思う、今日この頃です

また機会があったら・・・懐かしゲームを語りますwww
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

紅のドカ

Author:紅のドカ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
名言

地球の名言 -名言集-

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR