そっちを押したら爆破だよ

ダメダメ( ̄Д ̄)ノ・・・と言われると
アマノジャクでお馬鹿さんな紅のドカは、ダメと言われた方に進みたくなる・・・典型的な自爆タイプの人間です

今までそのダメを無理に押し切って、その結果・・・チリのように積もった沢山の失敗例を見て来ても・・・
またダメな方を選んでしまう

かなり救えないタイプの人間です

あっ・・・これって日本政府が推し進める原発政策と同じですかネ~~
福島原発事故で、原発で深刻な事故が起きると、そう簡単には元には戻せない、とんでもない事態になる
・・・そうなる事は分かっているのに、また失敗の種を、ドンドンとばら撒いていく
そして、また歴史は繰り返えされる・・・
(政治家さんは原子力政策を押す事で、バックマネーがあるからウハウハですが・・・紅のドカには、全くバックされるモノが無いから、ただ痛いだけで正直キツいですが・・・・)

バックマネーの事を除けば、日本の賢い政治家さんとやってる事が同等レベルの?!
そんな痛い紅のドカさん
また、ヤッてしまいました
今度のは・・・かなり痛いです

そろそろ本題に入ります!
自分は基本的に冷たいコーヒーは飲みません
ホットのブラックに・・・少々の加糖です

4月の下旬の少し寒い夕方に、とあるコンビニ・・・セブンイレブンに行って、100円レギュラーコーヒーホットを頼んで、カップを店員さんから受け取りました
それを片手に、ドリップコーヒーマシンの前に立つと・・・
いつもと違う雰囲気



注意!写真は事故現場のドリップコーヒーマシンではありません

そう、ここ最近の日中はかなり気温が上がる事もあり
アイスコーヒーが売れるようになっていたのでしょう

とあるコンビニに置いてある、そのドリップコーヒーマシンの、大きさ&種類のセレクトボタンの横に・・・
アイスコーヒーはこちら!
アイスコーヒーはこちら!
アイスコーヒーはこちら!
・・・としつこいくらいに張り紙が貼られていた

そうか、冬場でホットコーヒー慣れした人がアイスコーヒーを買う時に、間違えて他のボタンを押さないように配慮しての、張り紙なのだろう~~

自分が手にしているのは、ホットコーヒーのレギュラーカップ

間違えても、このしつこいくらいに貼られている、アイスコーヒーのボタンだけは押してはならぬ

押してはならぬ

ドリップコーヒーマシンにカップをセットして、ホットコーヒーのセレクトボタンを押そうとすると

そのしつこいくらいに無数に貼ってある、“アイスコーヒーはこちら!”の張り紙が気になって気になって・・・

でも、俺が購入したのはホットコーヒー、間違えてもアイスコーヒーのボタンなんか押してはダメだぞ!
そう言い聞かせば言い聞かすほど、頭の中で何かのスイッチが入ってしまったような音が、後頭部のさらに後ろの方で聞こえたような気がした

そして、ふと我に返えると・・・

Σ(゚д゚lll)ああっ!?

あ・・・アイスコーヒーのボタンを押してしまっているるるる
((((;゚Д゚)))))))ヒェ~~~~

押されたボタン通りに、何の躊躇もなく、ドリップコーヒーマシンは、無情にもホットコーヒーのカップに、アイスコーヒーをドクドクと入れ始める

うわっわっ~~
ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

もう止められないヨ~~

無数に貼られた、“アイスコーヒーはこちら!”の張り紙に、見事に誘導された紅のドカは・・・
涙を流しながら、出来上がった湯気立つ氷の入っていない、アイスコーヒーを手にする

“アイスコーヒーはこちら!”という、しつこいくらいに貼られた、張り紙に見事に誘導された自分が悪い
諦めるしかない

とりあえず・・・意を決して、飲んでみた

当然のように
めちゃ×3濃いコーヒーです
濃すぎ(; ̄ェ ̄)
美味しくないwww

どうしてダメと分かっていても、そちらを選んでしまうのであろうか???
頭の悪い政治家さん達と、本当に同じようなレベルになったみたいで・・・情けない気持ちになります

政治家さんのように、多額のバックマネーで割り切れる人たちはイイですヨ
どうせ被害を被るのは、自分たちではなく、地元の人達だから、それを推進する政治家には関係ない話しだから~~
バックマネーさえ貰えれば、原発立地の地元の人間も、日本の環境も関係ないワ~~

そう思い切れる、お金目当てな人になり切れない、自分が悔しいばかりです!

ではでは、皆さんもアイスコーヒーとホットコーヒーのセレクトボタン間違いだけは気をつけて下さいましネ~~
ではでは~~(=゚ω゚)ノ


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

紅のドカ

Author:紅のドカ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
名言

地球の名言 -名言集-

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR