本当にやってるの?~地元ソウル・フードを出すお店!?

ついに・・・問題の中華料理屋にやってきました

もし、自分が確信していたとおりに、お店の駐車場にまで来て、本当に閉店していたら、超・格好悪いので
遠くからでも一目で分かるように・・・日曜日の夜6時くらいに、凸撃をしてみました

どうしてその時間帯かって???

それは、もしお店がオープンしていなかったら、店内は真っ暗でしょ?
駐車場にまで入って、ハイ騙された~~~♪お店はとうの昔に潰れてしまって、やってませんYO
・・・てな事にならずに済みますからネ
(あくまでお店は潰れていると思いこんでいる紅のドカ・・・いや、そう勘がささやくのです・・・あそこはヤバいよ!っと)

そんな99%潰れている気持ちをこめて・・・店の前までクルマでやって来ると・・・
お店の名前を照らす看板が明るく光っていた

やっ・・・やってるんだ(汗)
あんな状態で・・・お店のたたずまいで・・・オープンしているんだ(驚き)

そのお店の前は・・・まるで店が20年以上前に潰れてしまって、そのかつてお店だった建物兼(今、住んでいる)お家の奥さんが、趣味で増やした鉢植えのお花が、まるで田舎のお花屋さんのように、店の前面いっぱいに置いてあって、とてもオープンしているように見えないし
そもそも、そんな鉢植えのお花が、前面を埋め尽くすお店って・・・料理屋さんとは思えないですよネ(汗)

その鉢植えのお花のせいで、店の中が見えにくく
まるで潰れてしまっているみたいなんですヨ、奥さん~

お花の間から、かろうじて見える窓から、店内をちらりとのぞくと・・・
お客が座って食べるであろう、店内の席のテーブルの上に新聞を広げて、店長さんらしきオヤジさんが新聞を読んでいるではないか~~~

うわわわあっわあわ~~~
これは世に言う・・・ヤル気のない店長が仕方なくやってる料理店の、よくあるアカン光景だよネ~~~~

しかも日曜日の夕方なのに、店内にはお客さんが1人もいないYO
完全に店内で閑古鳥がカーンコー♪と鳴いている状態だ

これは、いろんな意味でマズいかも・・・
やはりソウル・フードなんて、ガセのネタだったんだ~~
引き返そうか・・・

・・・と思ったら、ウチの年長さんの息子が、自分の深い思慮など察することもなく
その昭和の香りがする店の扉をさっそうと開けて、無謀にも中に飛び込んでしまった

うわあっわあわわわ・・・もう帰れない

あの新聞読んでるオヤジさんの料理を、食べるしかないのか!?

せっかくの日曜日の楽しい外食夕飯なのに・・・間違ったネットの情報を信じて来てしまって・・・ハズレ感が満載すぎて、食べる前から玉砕してしまった気分だYO

とても美味しいモノが出て来そうもない、負のオーラがただよりまくりですwww
変な挑戦などせずに!?無難に“餃子の王将”にしておけば、普通に美味しく食べれて満足できたのに・・・
ヤッチマッタ~~~~

店内はお座敷テーブルが2/3を占める、本当に昔ながらの昭和の香り満々な感じ
もちろん店内右上の角には・・・厨房からも見やすい位置に?テレビがしっかりと設置されていますし
テーブルも昭和の中華料理屋にありがちな、ちょっと油っぽい感じで
最初のお客が来るまで、テーブルで新聞を読んでいる店主の営業スタイルといい
しっかりと昭和の食堂と呼ばれるポイントは、余す事無く全て押さえてあります
昭和食堂を愛するマニアな方々には、超オススメですwwww

最近の洗練された平成のお店に行きすぎていて、ある意味逆に斬新にさえ見えますが・・・

こんな昭和チックな所に、貴重な日曜日の外食を任せて良いのだろうか・・・
不安だけが、本当に不安だけがつのります

やはり・・・自分のような小市民を騙す・・・モニタリング等のイタズラ番組なのか!?
それなら逆に面白い
イクとこまでイッテやるぜ~~~

次回・・・こそ本当に
紅のドカ VS 地元ソウルフード
をお送ります!!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

紅のドカ

Author:紅のドカ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
名言

地球の名言 -名言集-

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR