バドる?

今さらのようですが・・・バドミントンのラケットの持ち方を指摘され・・・20年以上ぶりくらいに!?
奈良の大仏様のように?平成の大修復に挑んでいますwww
いや・・・ラケットの持ち方を変えています

伸びる右腕に、添うように真っすぐラケットを握って、今まではシャトルを打ち返していたのですが・・・

土曜日の子供のバドミントン練習の場で、自分のラケットの持ち方がおかしい事を指摘されて

今は、伸びる腕に対して、直角になるような感じで、ラケットを握って振っています

そのために・・・シャトルを打ち返す打点の位置が、以前とは全く違ってしまい・・・
上手く狙った所に打ち返せません(汗)
いや、ラケットのスイートスポットに当たらずに、フレームや、最悪の場合は空振りですwww
かなりのストレスですwww

ついでに、今までのバドミントンの時とは全く違う筋肉やら、スジを使って、ラケットを振っているので・・・
毎日、右肩周辺から右上腕筋にかけて・・・痛みが走ります
20年以上も使っていなかった筋肉の部位を動かしての、バドミントン独特の素早い筋肉の動かし方なので

自分の右肩周辺の筋肉たちは、まるで突然の日本軍の真珠湾攻撃を受けた時のような驚きで・・・
いつまで経っても、その痛みは治りません・・・
毎日、湿布な日々です
病院に行った方が良いのかな~~~

実を言うと・・・練習時間が他人よりも、やたらと短いのもありますが・・・自分のバドミントンの限界を感じていました
老化に加えて・・・たまにしか出来ないバドミントン・・・その結果が、下手さを加速させていきます

それは自分自身の理由ゆえ、仕方がない事ですが・・・

少しでも正しいバドミントンの動きに戻して・・・ロスを減らしたい
その結果が、下手さの加速を鈍化させるのではないか?
そう思って、教えてもらった方法が正しい事を信じて・・・

なかなか治らない筋肉痛と戦いつつ・・・今夜も木曜バドミントンに挑もうかと思います

何十年も続けてきたスタイルを、今さら変えるのは、本当に大変だし勇気が要ります
何度も、その肩の痛みから逃げたくて、元のラケットの降り方に戻そうと思いましたが・・・
ここが正念場だと思って
もう過去のスタイルには戻らない事を強く誓って・・・
なんとか年内中にモノにならないモノかと、思いつつ、今夜もバドへGO~です

それでは、皆さんも、2016年も残すところ、あと23日です
新しい年は、新しいスタイルで!!!
何十年も続けてきた良くない古いスタイルがあるのなら、それを捨てるチャンスは今かもですヨ!
もちろん、何十年も続けてきたのだから、それなりの痛みは伴うでしょうが・・・
今年が終わる頃には、そんな痛みもなくなっているはず!?
ナニか良くないスタイルを続けている方がおられましたら・・・一緒に頑張りましょうネ
ではでは~~~(=゚ω゚)ノ
スポンサーサイト

コメント

§ バドの握り。

先日もお話ししました通り、小生も33歳位の時その打ち方に挑みました。
まだ今より一回りも若かった事こと、素振りを真面目にした甲斐があり、ある程度良くなったと思います。飛距離が伸びたことと、スマッシュが沈む様になったと喜んだのもつかの間・・・紅のドカさんと同じく肩付近と肘を壊し、スポーツ整体なるものに通い、治り始めた頃大きな仕事のトラブルがあり、バドどころではなくなってしまいました。

あの打ち方って打点は思っているより左側にあり、中々合わせずらいよね。打点右側で打つとコート外にシャトルは行くし。

なので、今は”ラケットを軽く握る”ことに重点にしています。
これがなかなかできないんだよなぁ。

紅のドカ式が勝つか?よし式が勝つか?勝負ですなぁ。




§ Re: バドの握り。

コメントありがとうです、yoshi殿

そうそう、あの打ち方は・・・思ったより打点が左側にあって・・・なかなか合わせずらいんですよネ(汗)
少しずつ打てるようにはなってきていますが・・・

シャトルのコントロールが難しく
何度も同じコースで、サイドアウトになって、ツライですwww

まるで初心者バドミントンな人に戻った気分
まさしくゼロからのスタート状態になっています

いや、ゼロなら上手くなっていくだけ・・・だから良いけど

新しい打ち方だけに、肩やその周りの筋がイカレてしまって・・・
ゼロよりマイナスな感じになってますwwww

貧乏な紅のドカは~病院に行く事さえ出来ないので
笑って痛みをこらえるしかありません・・・ので

毎日、会社に置いてある湿布をパクって貼ってます
まるで、現場でどこかを痛めた風な感じにしつつ
実はバドミントンで痛めた箇所に貼っている

トータルで、もう何十枚貼ったか分かりません
かなりの量の会社の湿布を消費しましたが・・・

なかなか良くなりません

でも、あの打ち方は・・・スイートスポットにハマると・・・とても心地よいHIT音と共に、軽々と飛んで行ってくれることがあります
その旅に、この打ち方は間違っていないんだナ~~~
・・・と思うのですが

自分の体への影響が大きすぎる

このまま進むしかないと思っていますが・・・
このまま進むとして、自分の身体が最後までもつのか心配にもなりますネ

そして、ここに来て・・・新たなワード
“軽く握る”
簡単そうで、決して簡単ではない技ですよネ

自分も頭の隅に入れておきますヨ

それでは、来年もバド、ヨロシコですヨ~
ではでは~~~(=゚ω゚)ノ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

紅のドカ

Author:紅のドカ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
名言

地球の名言 -名言集-

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR