真冬の朝駆けライドにて・・・暖を取る方法

12月も中旬となってきて・・・寒さが一段と厳しさを増してきましたネ

イコール、バイクでの朝駆けライドがツラい時期になってきた・・・とも言えます



先週末のブログでも書きましたが・・・
バイク馬鹿な紅のドカのように、しっかりと防寒対策をしてバイクに乗っていれば、それほど寒さを感じない(はず)

むしろ・・・寒さを感じて、ビビリが入る瞬間は、以下の2点の時だけ

その第1は・・・

休日の午前3時~4時台という、まだまだ世界は暗く、さらに眠たい時間帯に、ヌクヌク&ポカポカなお布団の中から出る事・・・
これは相当な覚悟が要ります

毎回、今回の朝駆けライドは中止しようかな~~~
だって、ヌクヌクなお布団の中から出た世界って・・・寒いんだよネ~~
・・・なんて弱気な考えが、何本も目の前を通り過ぎる通過電車のように、頭の中をよぎります

年中早朝で朝駆けライダーとしては、本当に情けない話しで、恥ずかしいばかりです(汗)
そんな事を言っているなんて・・・ただ単に気合いが足りなさすぎですよネ
まだまだ“ひよっこ”でピヨピヨな感じですワ~

もっと、ヌクヌクで幸せなお布団ワールドの誘惑に負けない、強い朝駆けバイク精神を育てねばなりませんですwww

そのお布団からの脱出というポイントに限っては・・・気合いと根性を鍛えるしか道がありませんです、ハイ



そして、真冬の朝駆けライドでビビるポイントの第2としては・・・

エンジンを止めた時から訪れる・・・
二輪魂が一時中止モードになった瞬間です

その一時停止モードになった瞬間から、楽しいバイクライドで忘れていた、リアルな寒さが体を襲います

めちゃ×2寒くなりますwww

走っている間は、こんなにも寒くないのだから・・・
冷静に考えると
やはりバイクを降りる時に、ヘルメットとグローブを外す・・・この必須アクションが寒さに震える大きな原因だと思われますwww

ヘルメットと電熱線入りグローブを外した瞬間から、首から上の顔と、手首から先が、ダイレクトに真冬の空気に触れる事になり・・・
そこから感じた寒さが・・・何故か身体全体に染み渡っていくのですwww

そこで、少しでも寒さに対抗するためにと用意した・・・ホカホカなカイロ君が・・・思ったよりも機能せずに、ぬるま湯程度にしか温かくならず、逆に寒さを増す結果に・・・

こうなったら・・・温かいホットコーヒーをガブガブと飲みつづけて、身体を温かくさせるしかないのか!?
・・・ですが、ホットコーヒーをガブガブと飲み続けれるほど、お金も無く、その結果トイレばかりに通わねばならぬオチになってしまいます

それなら、どうやって真冬の朝駆けライド休憩を楽しく過ごせるのか?

やはりバイク乗りの伝統とも言うべき・・・バイクマフラーから出るHOTな排ガスで、お手てを温める、真冬の恒例行事しかないのでしょうか???



でも、それをやるには、エンジンを点けていないと排ガス君は出てこない

それならエンジンを止めてもしばらくは温かい、エンジン部分のクランクを触っているのもアリか!?



確かにクランク部分は、エンジンを止めた後でもしばらくは温かい
そこに冷えた手を当てると・・・ある意味、至福の時間を味わえる~~~
クルマ乗りには分からないですよネ~
この貧乏くさい幸せが~~~
(アレ?分かりたくもないですか?)

でも、バイクのクランク部分って、結構下の方にあって、そこに手を当てている姿は、まるで小さくしゃがみこんでお祈りをしているような感じにさえ見え・・・
何故かせつなくなります

もっと、直接的に温かくなりたい!!!

何か炎や火的なモノで、リアルに温まりたい

そんな脱線気味な発想が紅のドカを、新たなステージへと導くのであった・・・

次回 紅のドカ ブログ・・・真冬の紅炎の錬金術師・・・になる!?です
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

紅のドカ

Author:紅のドカ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
名言

地球の名言 -名言集-

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR