86のアイデンティティーとは?

どうもです
昔はアンチ・TOYOTA車派だったのに・・・
気が付けばTOYOTAのクルマに乗っている・・・という典型的なミイラ取りがミイラになってしまった!?タイプの~紅のドカです

昨日のブログにて、ちょっとだけ向こう側?にイッテしまった脳みそを元の(オートトレンドな)路線に戻しますYO



トヨタ セリカ GT-FourRC カストロール仕様

これは・・・マニア泣かせの展示車両です
本当にラリーを走っていたのか!?
ところどころの歴戦の傷が・・・

ピカピカに光るオートトレンドな車両ばかりの中で、逆に輝かしい光というか、本物のオーラを放っていました

懐かしいですネ
このタイプのセリカ・・・

は~ぁい、シモシモ?
・・・とOK!バブリ~な芸人・平野ノラのモノマネをしたくなりますYO

このような最新車輌ではないマシンも、そっと展示車両として出して来るトヨタさん・・・嫌いではないです

そして、トヨタと言えば・・・86



この一番カワイイキャンギャルちゃんの86も良いですが・・・

86と言えば、パンダトレノでしょう~~~



Σ(゚Д゚) クハッ!!!!

86で一番重要視される、そのマシンの愛称の由来ともなったAE86エンジンが!?



銀色の謎のシルバーボックスで覆い包まれているではないか!?

中に小さなおっさんが入っていて、そのオッサンがペダルを回すと、クルマが前に動き出す地球にやさしく、オッサンに厳しい、脱ガソリンなエコな86なのか???

いやいや、本来なら“藤原とうふ店(自家用)”と書いてないとダメな所に



EV・・・のマークが!?

もしや、このクルマ・・・エヴァンゲリヲンのような小さな小さな使徒をついに捕まえて・・・この小さな箱の中に閉じ込めて、その使徒のパワーを使って、エコでありつつも凶暴的(暴走モード有り)に走らせているのか????

・・・それは絶対にナイです・・・ね

ということは・・・やはりEVとは・・・エレベーター????
もう、クダラナイぼけは止めときましょう

この86トレノ・・・完全なる電気自動車なのですwww

すげ~~~~

でも、愛称でもあるAE86エンジンが無く、心臓部分が電気モーターということは
もはや・・・“86”トレノとは呼べないですよネwww

まぁ、イイか~
漫画イニシャルDも、最後まで“86トレノ”と呼ばれていましたが・・・
実は、そのエンジンはエンペラーのランエボⅢとバトルして壊れてしまい、AE86ではなく、101のレース仕様のエンジンを載せていましたからネ
(レース仕様の超高回転型のエンジンを公道で載せるなんて・・・夢がアリすぎる話しですよネ~)
それでも、“86トレノ”と呼ばれていたので、もう何でもアリでしょう~

86とはエンジンの名前ではなく・・・
(自分の友達の親戚が経営していた、絶対に温泉が出ない場所での~太陽温泉という、温泉まで名前という奴と同じですよ)
86そのものがクルマの名前なのですよネ
初めに載せていたAE86エンジンの名前なんて、どうでも良いのですよネ~~~

ある意味、ポリシーが無い・・・ような気がしますが・・・

(ニッサンGT-RもV型6気筒なのに、GT-Rと名乗っているのと同じか~~~)

そのポリシーの無さ?が・・・現在の水平対向4気筒のスバル製のエンジンを載せた、トヨタ86がいる訳ですからネ

紅のドカ的には・・・現在の86を購入できるチャンスがあるのなら・・・絶対にスバルのBRZを買いますYO
だって、心臓部分であるエンジンがスバル製なら、スバルの車両を選ぶでしょう~~
でも、今の時代はエンジンにさほど興味がないのか?どうでも良いのか?ボーダレスな感じになってきていますよネ
紅のドカ的には、スバル・ブルーなBRZが欲しいくらいです!!!

スカイラインGT-Rから始まり、スバルBRZに落ち着いた所で、今回のブログはそろそろ終了ですwww

次回、ブログは・・・さらに紅のドカ気合い大爆発~気合いだけなら富士山にも負けません!編です
(なんだソレ~~~~)
ではでは(=゚ω゚)ノ


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

紅のドカ

Author:紅のドカ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
名言

地球の名言 -名言集-

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR