神坂峠2017 4

神坂峠ヒルクライム アタック・・・ファイナルです



愛知県サイクリング協会が開催する、ヒルクライム大会の中でも、一番のキツイ斜度が連続するコースだけあって・・・

本当に恐ろしい事に・・・自分の年齢では限界値である・・・マックス心拍数175を維持したまま~~

神坂峠の地獄坂ヒルクライム アタックは続いていきます



このまま計測される数値が下がることなく、限界心拍数を継続し続けたら・・・坂の途中で心臓がパンクしてしまうのでは!?
一向に緩む事がない、ひたすら登り勾配な行く先を見て、一抹だけではなく十抹・百抹の不安を抱かずにはいられません

でも、慣れというのは怖いモノで
幾度となく襲い掛かって来る、鬼のような斜度の坂道を超えていくと・・・
普通の坂が、緩い勾配の平坦な道のように見えてきます
迷いに迷った砂漠で見つけた、オアシスみたいな感じですネ

いや悲しい事に・・・(本当は優しい坂だけど)平坦な道・・・だと思い込まないと、気持ちが折れてしまいそうなのです
でもこの神坂峠に限っては、そんな一瞬だけ現れる“優しい坂道”は、ほんの一瞬しか現れません
オアシスだと思って近寄ったら・・・蜃気楼だった
そんな気分にさせられます
息も心拍数も整うヒマもなく・・・すぐさま鬼の坂道に・・・姿を変えてしまいます

そんなキツイ斜度の連続するコースなので、いつまで経っても・・・自分の心拍数は、限界域の175を下回りません
逆に考えると・・・そもそも、こんなにも長く?1時間近くも、自分の心肺機能が限界域をキープできる訳がないのでは!?
いつから、こんなにも長い時間、限界を維持できるだけの、心肺能力を得てしまったのだ???
残念な事に・・・週末だけのトレーニングしかしていないから・・・限界を1時間も維持できるアスリートな感じに鍛えれていないはず
・・・と、サイクルコンピューターに表示される限界域な心拍数値を、これは何かの間違いだと、無理矢理に頭に理解させます



やはり、坂道は“気の持ちよう”が大きい
スタートから1時間も限界域で走ってこれる訳がない
本当の心拍数は165か155あたりを指しているはず

だから、まだ走れる!!!
もう後がない限界域ではなく、まだ余力があるはず
この連続する坂道も・・・楽だと思えば・・・かなり自分に嘘をつく事になりますが・・・きっと楽なのである

でも、そんな子供染みた誤魔化しも・・・
10キロを超えたあたりの坂道からは・・・過酷なまでのリアルを突き付けてきます

神坂峠・・・10キロ付近を超えた先は・・・まさに地獄の中の激地獄坂でした

こんな鬼のような激地獄坂が待っていると知っていたら・・・

(無理だったかもしれませんが・・・出来る事なら)もっと、ペースを抑えて・・・
ここまでの道中を、限界域の心拍数で、ガンガンと坂を上ってくるのではなく
結果としてスピードが落ちても、この10km地点の激地獄坂に対抗するべく、スタミナを残しておくべきだった・・・

初めてのコースだから、本当に仕方ないのですが・・・

自分はその10キロ地点から続く激地獄坂で・・・完全にバテバテになってしまいました

そもそもこの激地獄坂の手前までの10km区間で、己が出せる心肺能力の限界を常にキープして走ってきてしまった事に、大問題があったのです

限界を出し切って10kmを走ってきたので・・・
突如として現れた、今まで以上のキツイ勾配の激坂道の前に、当然のごとく走行ペースはガタ落ちして・・・
いつ停車してもよいような~~~
フラフラな速度に・・・

その激地獄坂の前の、10キロ地点までの間に抜いた数名の方に、後方から軽々と抜かれてしまいました
こんな残り体力を全て奪っていく・・・地獄の激坂があるなんて~~
知らなかったヨ~~

最悪だ~~~

全く先が分からないコースゆえに
久しぶりに・・・心が折れそうになりました

何度か停車しようか悩みつつ、フラフラと走り続けました

その激地獄坂は10km~12kmの区間だったのですが
初めて走るコースだから、どこまでその激地獄坂が続いているのか分からず

そして、次に激地獄坂が現れたら・・・アウトだ
絶対に足を地面について、休憩をしてしまいそうだ
マジでヤバイ

フラフラと探るように、登り坂を上がっていきます

ただ1つ救いなのは・・・この神坂峠は全長15kmで、そのうちの12kmをすでに走り終えている・・・残り3kmだという事です

でも、本当に残り3kmなのだろうか!?
自転車で走り出してしまったら、スマホ等で調べる手段もなく
自分の記憶だけが頼りである

もし残りの距離が3km以上あったら・・・スタミナがもたない
気持ち折れる

とにかく15km地点までは、死ぬ気で頑張ろう!
もし何かの記憶間違いで15km以上あったら・・・その時は・・・その時である

本当に残り3kmなのか?
また10~12km地点のような激地獄坂が出てくるのではないか?
スタミナが・・・もうない

そんな感じでフラフラと、坂を上がっていたら
突然、後方から自分を追い抜いていく選手が・・・

あれ?どうして、こんな所でラストスパート的な最後のダッシュな感じで、自分を追い抜くの????
・・・と思っていたら



気が付けばゴール地点でした

ヤラれた~~~
自分はコースを知らないゆえに・・・最後のスパートも出来ないまま・・・抜かれるがままにゴールしてしまった~~~

でも、もし、そのゴール地点があと1キロ長かったら
足を付いて、休憩を入れていたかもしれません

それくらいに、情け容赦のない地獄勾配な坂でした

とにかく・・・何とかゴール出来て、良かったです

ゴールの後に、奥の山小屋の休憩所で食べた、どんべいのうどん・・・とても美味しかったです

乗鞍への課題は
やはりスタミナとペース配分だとつくづく感じました
心拍数も常にマックスだったので
そこら辺を何とかしないと・・・
とも思うのですが
なかなか難しいです

次は乗鞍ですネ!
頑張っていきましょう

走行タイムは
1時間29分でした
ではでは~~~(=゚ω゚)ノ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

紅のドカ

Author:紅のドカ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
名言

地球の名言 -名言集-

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR