包丁 VS バズーカ砲 ファイナル!!!

前回はとっても気になる所で、ブログを終えてしまって、すいませんです
今回は最初の無駄口ナシで・・・続きをさっさと書きますネ

ピストルの弾丸を真っ二つに切り裂いた・・・日本のスペシャルな包丁・・・盛弘の鍛造包丁

でも、ピストルの弾丸で刃先が欠けてしまったため
日本の包丁職人は・・・
次なる、さらにスペシャルな包丁を出してきます

それは、硬い鋼(はがね)と、柔らかい鋼を、前後に構成した、強さと柔軟さを兼ね合わせて鍛造された
まさに、バズーカ砲を斬るためにだけに作られた・・・キメラのようなモンスター包丁です

こいつは・・・凄い

まさに・・・五右衛門の斬鉄剣だ(汗)

でも、次なる対戦相手は・・・タイだけに秘境すぎる・・・いやいや卑怯すぎる

だって、ピストルの弾丸の約3倍の長さを持つ・・・・全長140mmの

マシンガン

アリエナイ対決だ

マシンガンの弾丸を斬り落とそう・・・というのだから
この日本の盛弘の鍛造包丁は・・・大根等を切る料理の包丁の域を超えている
(ピストルの弾丸を斬り落とした時点で・・・料理で使用する目的を超えているような気がしますが・・・)

でも、通常、マシンガンは1秒間に何十発も発射して、ターゲットを粉々に粉砕してしまうモノなのですが・・・
今回はもちろん、140mm弾丸の1発勝負です

包丁の横幅よりもある、マシンガンの弾丸は強敵すぎる

今度こそ・・・ダメか・・・???

そんなムードの中・・・マシンガンなのに単発で発射された、その140mmの弾丸は・・・日本の包丁に見事に命中して

思わぬ大爆発で、包丁は一瞬、真っ白な光の中に包まれてしまう

えええええっ!?
包丁に命中して、弾丸が大爆発!?

これは・・・流石に包丁が粉々に粉砕されてしまったか・・・

仕方ない・・・たとえ1発とは言え・・・相手はマシンガンの弾丸だ
料理をするために作られた包丁では、太刀打ちできないのも当然だ

・・・と、諦めかけた直後

そいつは、しっかりと刀身を残して・・・立っていた

・・・凄い!!・・・凄すぎる!!!

盛弘の鍛造包丁は・・・マシンガンの弾丸が的中した箇所の刃先だけは、欠かされてしまいましたが・・・
その後ろの刀身はしっかりと残っていました

スーパースロー再生で映像を確認しても・・・マシンガンの弾丸は刃先こそ破壊に成功するが
その背後の刀身の途中まで進んで行くと、その硬さに耐えきれずに、自ら白い発光とともに弾丸は爆発したのである

強すぎる・・・日本の盛弘の鍛造包丁!!!

マシンガンの弾丸にさえも耐えた、日本の包丁
次こそは・・・バズーカ砲との対決である!!!

陸の王者・・・戦車を破壊するために作られたバズーカ砲
まさか、対戦車用のバズーカ砲が、包丁を粉々に壊すために使われるとは・・・・そのバズーカ砲を設計・製作した者たちも考えもしなかった事だろう
いや、そんな話しを設計者が聞いたら、バカバカしいと鼻で笑うであろう
でも、日本の盛弘の鍛造包丁は・・・もしかすると・・・バズーカ砲をも切り裂いてしまうかもしれない
“リアル斬鉄剣”
そんな予感をさせてくれるシチュエーションです

そのバズーカ砲の大きさは全長400mm
マシンガンの弾丸の3倍近い大きさと、重さで・・・
その発射スピードと破壊力は・・・マシンガンとは比べ物にならない

まさに圧倒的に不利な立場の・・・盛弘の鍛造包丁
それを作り上げた包丁名人も、さすがに不安な表情です

この勝負・・・一体どうなるのか!?

ここでマシンガンの的中時の大発火を受けてか!?
当然と言えば、当然かもしれませんが・・・
対決の前に・・・ミサイル内の・・・火薬は全て取り除かれます

アリエナイ緊張感の中・・・バズーカ砲が音を立てて発射される

・・・クハッ!!!(;゚Д゚)

えええええっ!?

盛弘の鍛造包丁に命中したはずのバズーカ砲は・・・

包丁の背後に設置された障壁に命中してしまった

やはり・・・戦車をも破壊するバズーカ砲には、勝てなかったのか!?

・・・と思いきや

盛弘の鍛造包丁は・・・その刀身と共に・・・その場に立っていた

えええええっ!?
何が起きたのか!?

スーパースロー再生で映像を確認すると

バズーカ砲は包丁に見事に命中するも、その弾頭が包丁の刃先に当たった瞬間に、刃先は破壊されつつも、柔軟2種類の鋼(はがね)で叩き作られた鍛造の包丁は、見事に横にしなって・・・
そのバズーカ砲のミサイルを横に“いなした”のである
そして、バズーカ砲のミサイル後部にある十字の羽根の一部を横に通過する時に、見事に切り裂いた・・・

これは・・・俗にいう“玉虫な結果”・・・というやつか!?

バズーカ砲のミサイルは・・・真っ二つに切り裂かれなかった(後部の羽根を斬り落とされた)

盛弘の鍛造包丁は・・・横にいなしたため、粉々に粉砕されなかった(刃先は欠かされた)

白黒とハッキリと答えは出ませんでしたが・・・

そもそもバズーカ砲のミサイルと対決する事・・・それ自体が凄い事で
日本の包丁・・・盛弘の鍛造包丁は、よくやったと思います
そもそも軍事用に長年の研究を積んできた訳ではなく
料理で使うための切れ味を長年研究してきた結果が・・・バズーカ砲のミサイルとの引き分け

十分すぎる結果だと思います

一応、タイ国の某軍事部隊も包丁1本に負けなかった・・・と言う事で体裁は保てた事だし???
両者、よく頑張った~
・・・とい感じで、互いの健闘を喜べたのでは・・・
まぁ、バズーカ砲を持ち出した側的には・・・少し面白くない結果だったかもしれませんが・・・
テレビ的には、日本人的には・・・
日本の包丁は素晴らしい~♪
・・・と素直に喜べて、楽しい番組でした

今後も、このような男子心を鷲づかみするような?ドキドキする対決番組の作成をお願いしますです
ではでは~~~(=゚ω゚)ノ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

紅のドカ

Author:紅のドカ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
名言

地球の名言 -名言集-

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR