FC2ブログ

KUOTAでアタック! 21

前回のブログ・・・ アタック!20からの続きです

スタートポジションをわざわざ最後尾にした事で、この平湯峠頂上までの道中で、沢山の方と話す事が出来ました
坂の勾配は容赦なくきつく、苦しい道中でしたが・・・ある意味、とても楽しいヒルクライムでした



ですが・・・そんな楽しいと言えるシチュエーションも・・・ここまで

平湯峠を超えて、乗鞍スカイラインへ突入する頃には・・・これから出会う方々は、自分と同じくらいのレベルの方か・・・



後半のスパートのために、あえて余力を残して、ペース配分をしている方々ばかりで



自分の目の前、15m先を走る選手の方々に・・・
なかなか追いつけません(大汗)

そもそも・・・
同じ(ヒルクライム能力)レベルくらいか、それ以上のレベルなのだから、簡単に追いつく訳がない

10分、15分と経っても・・・その差は広がらず縮まらず・・・
いつまで経っても距離の差が変らない・・・
でも追いつきたい

勾配がキツくない、緩い緩い坂の地点で・・・
本来は最後まで使わず温存する予定のパワーを導入して・・・
心肺機能をMAX175まで入れて、一気に距離を詰めてみた~~~



やっと追いついた~~~
心肺機能をMAX175まで使ってしまった

しばらくはMAXまで上がった心肺機能を、165まで下げる事に専念しなければ~~~
・・・と、やっと追いついた選手に、挨拶がてら話しかけたら
この辺、キツイですよネ~~頑張りましょう~~~
・・・と言われて、しばらく一緒に走っていたのですが

そもそも、無理してやっと追いついた相手は・・・・実は余力を残してペース配分している方であったので・・・
その数分後に・・・・ペースを上げられてしまい
着いていけなくなった

頑張って追いついても、すぐに離されてしまう
自分のような非力な選手は・・・ツライです(苦笑)



そしてこの後、乗鞍スカイラインに生息する、天空の悪魔が笑いかけてくる?!


天空の悪魔が生息すると言われる?森林限界に達すると・・・
その地獄坂はさらなる本番を迎える

心なしか・・・空気も薄くなったような気がする



ただでさ、この森林限界の場所に達するまでに、それなりの体力を使い切っているのに?
ここから、さらに坂の勾配はキツクなり



やたらと先が見通せるので・・・
延々と続く地獄坂に・・・気持ちが折れそうになります

そう、乗鞍スカイラインは乗鞍エコーラインと違って、かなり先まで見通せるだけに・・・まだ、こんなにも苦しい坂が延々と続くのか~~~と精神的に追い込みをかけてくる!?

ここで青空が望めるほどに天気が良ければ・・・とても素晴らしい爽快なアルプス道路的な光景がお見せできるのですが・・・
今回は自転車で走るには最高の!?直射日光がなく余分な体力を奪われない~ベストなコンディションの曇りな天気であったため

全体的に曇りな残念な写真が多くて・・・すいませんです



恐ろしいくらいのペアピンコーナーの連続
そして地獄勾配な坂



でも、すでに数回ココを走っているので・・・コースレイアウトは分かっています
このコースの先を知っているか、知らないかは、精神的余裕に天と地ほどの差が生まれます



すでに数回走行しているコースなので、その先はバッチリと分かっています
ココを死ぬ気で越えれば、17km地点から、わりと平坦に近い山の峰を走るコースに変貌する

今が一番キツイ時だ!!!

ここで残して来た、心肺機能を一気に出し切るか!!

・・・と思った時に、平湯峠の間で抜かして来た若者が、後ろから追いついてきて、自分に話しかけてきた



やっと追いついた~~~
うさぎ耳は遠くからでも見えて、走るペース(目標)を作る事ができました~~~

なぬぅ~~~

後ろからの、追い抜きのターゲットにされていたのか~~~

そして、このキツイ坂で抜くとは、おぬし、なかなかやるの~~~
そう簡単には抜かされないっYO!

・・・と頑張るのですが、やはり・・・後ろから追いついてきた若者の方が有利ですネ
自分よりもペースが速い(涙)

最後の心肺能力を出し切って、若者に追いつこうとするのですが・・・
その背中は遠ざかる一方

彼の方が役者が一枚上だったか
この超後半の激坂で追い抜いていくなんて・・・カッコイイじゃん!!

こっちは乾杯だYO



まだまだゴールまでは3~4kmほどあるので無理の無理はせずに、でも心肺機能は限界MAXで迫りくる地獄ヘアピンコーナーを駆け上がります



そして・・・ようやくな感じで残してきた心肺機能を全て使い果たして、地獄ヘアピン坂をクリアすると・・・長い長い緩い登り勾配の直線です



時速40kmでラストスパート~~~

・・・という訳にはいきません

もう、限界を通り越していますから

でも、去年はゴール間近で、突然音も無く現れた者に、ズバァ~~~ッと抜かれた記憶がよみがえります
ここまで来て追い抜かれてたまるか~~~

気力だけでクランクを回します



ゴールが近づいてきた

もう後ろを振り返る体力さえありまえん
死ぬ気でペダルを回すだけ

誰にも後ろから追い抜かれないように
気を抜くことなく、最後まで残る体力を総動員して・・・
走りきります



ゴールだぁぁああxXxAAXぁぁぁ

乗鞍スカイライン
1時間52分14秒

やったぁぁ~~~
去年よりタイムが良くなっているるる

タバタ式トレのせいか??
カーボンフレームのKUOTA空牙105のせいか?



どっちだか分からないけど!?

去年の自分に勝てて良かったです~~~

順位も26位と、なかなかの好成績

苦しかったけど・・・めちゃ×2楽しかったです



これで岐阜県側スタートの乗鞍スカイライン側は4~5回目くらいの登頂になるのかな???

長野県側スタートの乗鞍エコーラインと比べると・・・
こっちの方(岐阜県側の乗鞍スカイライン)が・・・坂はキツイ気がする

毎回ですが、登り終えると・・・少し腰が痛くなりますからネ
腰を使う走りを強要される・・・という点をみても、乗鞍スカイライン側のがキツイような気がします

でも・・・数々の伝説・自転車の聖地的な人気・ヒルクライムに挑戦する方の多さ・全日本大会が開催されるコース・・・等々の圧倒的支持で、本気で走ってみたい~1年の目標にしたいと思うのは・・・やはり長野県側の乗鞍エコーラインですネ!!

BUT、コースから見える景色は・・・晴れてれば絶景の・・・乗鞍スカイラインですYO・・・森林限界を超えてからの景色は最高です

今回は、ダブルで去年の己を追い抜く事が出来ました
ある意味、満足な結果になりました



来年のチャレンジは・・・今年の自分の背中を、追い抜く事が目標になりそうです
来年も元気にアタックが出来るように・・・残す358日を頑張っていきたいと思います
ではでは、最後まで読んでくれて、ありがとうございました~~~
ビバ~ビバ~乗鞍~♪ (=゚ω゚)ノ
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

紅のドカ

Author:紅のドカ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
名言

地球の名言 -名言集-

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR