それでも走り続ける!? Z会 その13

どうもです
ヴァーチャル世界をライドする、孤独な室内トレーニングだけど、実はネット上では孤独ではない!?
そして・・・最後はリアルを拒絶して~~本格的にヴァーチャル世界に没入してしまう!?

引きこもり自転車トレーニング野郎製造機・・・ズイフト

そんなZ会を語るブログも、ついに13回目になりましたネ

“13金のジェイソン君”もビックリですネ~
どんだけ、そのネタ、引っ張るの~~ってネ
\(゜ロ\)(/ロ゜)/


さてさて、つい先日は・・・Dクラスの中でもレベルが高い(パワーメーター・アベレージが高い)方たちのレースイベントに参加したら・・・



皆さん、パワーアベレージ通りに・・・結構速かった~~~

スタート直後は、ほぼほぼドンジリで、どうなる事か~~~とマジで皆さんのペースに着いていけなくて、相当、焦りましたYO

途中で棄権しようか~~

でも自分より後ろに、まだ2人くらい走っているので、リアルに“ドベ”ではないから~~
とにかく前を走っている選手の脚が垂れてくるのを待つか~~~と、焦らずにケツからマイペースで追い上げて行ったら~~~

最後は30人中の真ん中まで、その順位を上げる事が出来たので・・・ヴァーチャル世界の出来事ではありますが・・・ホッとしました
Z会・・・Dクラスと言えども、選手層が厚いです
それ以降は・・・イベントの推奨パワーアベレージもしっかりチェックするようになりましたYO


そして次は、前回のヒヤヒヤな経験を活かして!?
今度はDクラスでも、レベルが中くらいな方たちの、グループ ライド(レースではない)なイベントに参加してみました~~~





でも、やはり、ペースがちょい遅めだったので・・・ペースを無視する狂った方?たちと~~~
ガンガンと前に飛ばして行ったら~~~



パソコン画面にたぶん、スピード落とせ~~的な注意勧告とも取れる?!言う事を聞け!!的なメッセージが沢山出てきましたが~~

全部、英語なので~~~
軽く無視して~~
そのまま走り続けてたら~~~

自分のレベル8では・・・まだ走れないコースである



レベル12以上の方が挑める~~
驚異のアルペンルートに誘導され~~~

仕事に行く前から~~~
驚異の斜度10%越えの地獄坂に、挑まされてしまった~~~



ひぇ~~~
この坂はキツイ!!!

今回、参加している人たち・・・大丈夫?>??
ちょっと心配になってしまうくらいの~激坂です

でも・・・自分、ヘナチョコだけど・・・坂バカなので



変に燃え上ります~~~~

どこまでも、延々と続く・・・10%以上の勾配坂



久しぶりに燃えましたネ~~~~
その後、仕事があるのにも関わらず!?

このライドで、今日一日分のスタミナを、全て消費しても構わない~~~
そんな勢いで~~~ペダルを回しました



仕事がある、ド平日なのに、早朝から1100mも山を登ってしまった~~~~



ゴールした時の達成感は・・・・ヴァーチャル世界の出来事なのに~~~
まるで本当のアルプスの山を制したみたいな
結構な達成感でしたYO



さすがに、走行タイムも1時間40分で、恐ろしいまでの体力を早朝から使ってしまった~~~

でも、楽しかった~~~~
ヒルクライムはヴァーチャル世界でも、楽しいです~~~~



ヒルクライムを走っている時は、前後の選手と距離が離れても、その選手とのタイム差が常に画面右側に表示されているので・・・
前を走る選手とのタイムを縮めつつ、後ろから追いかけてくる選手とのタイム差を広げる~~~

決して眼には見えない坂の先を走る選手と、後ろを走っている選手との、タイム・アドバンテージをかけた争いが、ガチンコで面白いです

目の前を走る選手が少し先に行ってしまって・・・目には見えなくなっても
その選手とのタイム差が出ているので、少しでも縮めてやろうと燃えるし
相手も、きっと後ろの選手(自分)とのタイム差を確認しながら・・・
こいつ少しずつタイムを縮めてきている!!
100m先くらいで、追いつかれるかも!!
・・・との目には見えない争いとプレッシャーが最高に楽しい!!!!

これがズイフトの真骨頂かもしれませんネ

実際のレースでは、目には見えなくなってしまったら・・・その選手との差は全く分からなくなりますからネ~~~



そして当たり前の事を書きますが・・・Z会のワトピア・コースのアルペン・ルートは景色の変化が激しくて、とてもキレイですYO
走っていてワクワクします


ワトピア・コースのアルペン・ルートは高低差が1100mなので、かなりの坂で・・・坂バカ的には本当に面白いですが~~~

Dクラスの中くらいのランクのイベントで、まさか、このコースが選ばれているとは・・・
なかなかのセレクトの妙です
全員、頂上まで走りきれたのでしょうか???

そもそもグループ・ライドなイベントなので、グループで登れば~無理な坂でも頑張れる~
こんなノリだったのかな?

結局、自分は5位でした

まぁ、そもそもレースではなくグループ・ライドなので順位は出ませんでしたが・・・
Z会主催の今回のイベントの時は・・・参加ライダー以外は、ヴァーチャル空間のコース上には現れないので~~~
順位は出なくても~簡単に数えられます♪
自分より前にいた選手くらいなら、少数なら覚えていますからネ


そして、そのアルペンルートの前に参加した~~
300人くらい集まる~Z会主催のワトピア・ライド ステージ6は~~~
アルペンルートほどでは無いですが~~~
もう1つの高い山を登ります



こちらはレースではありません・・・と書いておきながら~~~~常に順位が表示されているので
めちゃ×2燃えます



ヒルクライム区間もしっかりあって、走り応えがあるし
300人もいると~~~
同じレベルの選手の方たちとの熱すぎるバトルが、超燃え上ります♪



この時は、数kmに及び、同じ位のパワー4人集団で、ひたすら抜きつ抜かれつのデッドヒートを繰り返していました
あれはとても面白かった~~~



めちゃ×2疲れたけど、本当に燃えた分だけで、面白いレースとなりました~~~

イベントの時には、クラス分けもあるし、クラス分けがなくても、300人位のイベントだと、同じレベルの選手が沢山いて・・・
追い抜き&追い越しの劇的なデッドヒートの場が必ずどこかで用意されていて!?
本物のレースのようです
いや、本物のレース以上に盛り上がります


そして、本物のレースのように本気で走ると~~~

その後の昼間の仕事が・・・廃人状態になります

でも、廃人状態でも、あのレース楽しかったナ~~と良い思い出にひたれるので~~~Z会はやめられないのです



あと、ワークアウトのイベントもしっかり用意されていて~~~

Z会が常に用意している、トレーニングメニューとはまた違う楽しみがあります

イベントのワークアウトは、クラス分けアリ、ナシとイロイロありますが~~~~
どちらも、楽しめます

イベントの時の特別なワークアウトは・・・
Z会が用意してくれている1人用での通常ワークアウトとは違い!?
20~30人くらいの沢山の方たちとの、集団でのトレーニングになるから、これがまた面白いです
まるで学生の頃の部活動みたいです
いや、自転車部にでも入部したような?楽しい錯覚を起しますネ(笑)

もちろん、レースではないので、調子のって前に飛ばしていくと~~~
後ろに無理矢理に引き戻されたもりします(笑)

基本的にはそれぞれの(FTPテストの結果で出た)基本パワーメーターの数値から、イベントのワークアウト専用の、それぞれのパワーメーター設定数値が決められ~~

その決められた数値の中を維持して走るトレーニングが多いです

これが、本当に絶妙で~~~
いろんなバージョンがありますが・・・

キツイ!!休憩!!!キツイ!!!休憩!!!キツイ!!

そんな感じで気が付けば休憩時も、それなりのパワーメーターで走らされていて(笑)

本当にトレーニングになります

自分で、室内で、1人で、ここまで、己を追い込む事は難しいですネ~
よほどの精神力が必要ですが~~

Z会は、それを気づかぬうちに!?そっとこなしてくれます

画面の下にパワメーターの数値が、グラフで現れていて、自分のトレーニング状態が可視化できていて、とても分かりやすいし

1つトレーニングメニューをクリアすると
メニュー横に☆が貰えて~~
全部集めてやろう~~~という気にさせてくれます

汗だくになりながら、気が付けば1時間が経っている

凄いです

本当に1時間があっという間なのですYO

あの、つまらなくて、時間が過ぎるのが異様に長く感じられる室内トレーニングの1時間が、あっという間~~~
・・・なのだから、Z会は凄いです!!!

そして、早朝の約1時間トレーニングを終えて、シャワーを浴び終えると~
明日の早朝はナニのイベントがあるかな~~~
・・・と、さっそく次のイベントを探してしまう

これがZ会ジャンキーです

こんなに楽しいZ会をやらないのは勿体ないです
自転車乗りなら、是非ぜひ!!
Z会でヴァーチャル・ライドです
オススメですYO
ではでは~~~~
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

紅のドカ

Author:紅のドカ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
名言

地球の名言 -名言集-

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR